必須知識のチャートパターン

「ヘッドアンドショルダーの重要度」

「ヘッドアンドショルダートップ」は、「頭(ヘッド)」と「肩(ショルダー)とで構成されています。人間の上半身のようなので、このような名称がついています。日本では、三尊の仏像が並んでいるかのようですので、「三尊(さんぞん)」という呼ばれ方もします。

数あるチャートパターンの中でも、かなり重要なものとなり、上昇トレンドの終了時に形成されるパターンとなります。

 

勿論、トレンドが終わるとき必ず現れるという事ではないですが、これが現れた時はかなり有効なトレードの指標となります。また、トレンドがある時でないと見る事が出来ないという事も知っておけば、レンジ相場で探したりする必要もなくります。

 

上昇トレンドが終了する時に見られるパターンは、「ヘッドアンドショルダートップ」と言われ、逆に下降トレンドが終了する時に見られるパターンは、「ヘッドアンドショルダーボトム(逆三尊)」と言われています。

 

「ネック(首)ライン」は、ヘッド(頭)とショルダー(肩)の間にある「首」のように見えるので、そのように呼ばれています。「ネックライン」は、サポートラインやレジスタンスラインとして機能することになります。

 

ゆっくり時間をかけて形成されますが、それだけ多くのトレーダーから意識されていて、単体での活用だけでも十分なほど固いパターンで重要度が高いという事になります。

「三角保ち合いでの戦略」

「三角保ち合い」は、別の名を「P波動」や「トライアングル」などとも呼ばれ、「レンジ相場」で見られるパターンになります。

 

レンジ相場の中で、1本のトレンドラインと1本の水平ライン、もしくは2本のトレンドラインにより形成される三角形の形をした相場の事です。「レンジ相場」で通常見られるような「ボックス相場」とは違い、「三角保ち合い」はラインが斜めになるので、毎回角度が違っているので意識をしていないと見落としがちになります。

 

「三角保ち合い」での戦略は、ブレイクを活用したトレード戦略となり、トレードスタイルによっては変わってきます。

  • 全てのトレードスタイルで共通するトレードルールは、綺麗な形の三角保ち合いの形を狙うという事です。
  • トレードスタイルがスキャルピングの場合は、ブレイク後のだましは考慮しないのがルールになります。
  • トレードスタイルがデイやスイングの場合は、ブレイク後は押し目や戻し目でポジション持つ事がルールになります。

安定したトレード戦略とする為には、「レンジ」と「三角保ち合い」と「ブレイク」を極める事が勝ちへの近道となるでしょう。

トレードでは、勝つための努力を惜しまなければ、いずれきっと勝てるようになります。

是非、これら3つを意識しながらチャートを見て、パターンの違いによってトレードスタイルやルールを相場に合わせて勝率の高くなるトレードをしていってください。

「ダブルトップとトリプルトップが表すサイン」

「ダブルトップ」とは、基本上昇トレンドの天井でよく見られるチャートのパターンになります。これが現れた時は、上昇トレンドの終了のサインになります。

 

「ダブルボトム」とは、「ダブルトップ」と反対で、下降トレンドによく見られるパターンになります。このチャートが出来上がった時は、下降トレンドの終了の合図という事になります。

 

そして、「ダブルトップ・ダブルボトム」「トリプルトップ・トリプルボトム」の進化していったチャートのパターンに「ヘッドアンドショルダー」があります。

 

「ダブルトップ」には、3つのパターンがありまして、全て天井となる高値が2つ出来ます。2つの高値はいずれも同じ価格帯で水平になる場合もあれば、左右どちらかが高くなったりラインが斜めになる事もあります。

 

「ダブルトップ」が形成されると、サポートライン(ネックラインになります)が出来て、その「ネックライン」を下に抜けてチャートパターンが完成した時が、上昇トレンドが終わるサインになります。

 

気をつけて頂きたい事は、「シングルトップ」のように山が1つしかないものは別になります。こちらは出来上がってから気づくものであって、これを何かのサインと思って活かすという事はとても難しいです。

 

「トリプルトップ」とは、表す意味はダブル系と同じものになりますが、ダブル系は山が2つという事に比べて、山は3つのパターンになります。上昇トレンドの途中で現れた場合、上昇トレンドの終了を示します。

 

「トリプルボトム」は、下降トレンドの途中で現れた場合、下降トレンドの終了を示します。「ヘッドアンドショルダー」と似ていますが、違いとして、山の形が「ヘッドアンドショルダー」は、最高値が真ん中の山で、「トリプルトップ」は、最高値は3つの山のどの山でも成り立ちます。

 

いずれにしましても、実際のトレードにおいて、「ネックライン」をブレイクするかどうかの分析にかかってきます。

「窓開けと窓埋めは狙い目?」

FXや株などで、とく「窓が開いた」など耳にすることがありませんか。「前日終値と翌日始値の価格に乖離が起こる」という事を、ローソク足チャートにおいて「窓が開く」と呼びます。乖離された場所にはローソク足がない、真空地帯的な空間が生まれます。この「空間」が「窓」と呼ばれます。

 

FXの場合、「窓」が開くのは、「金曜の終値~翌週月曜日の始値」の間になります。
「窓」は、開いた瞬間から「埋める方向」に向かって力が働くという事が多いですので、早朝の一発目から市場に参加出来る方々が有利となります。

 

窓が開いた時に、「狙い目」として、価格の乖離が縮小していく方向にポジションを持つ取ります。本当に窓は埋まるのでしょうか?FXの場合は、狙えると思されるような大きな窓が開くことはそうそうに年に何度も起こらないと言われています。

 

窓が埋まるかどうかという事は、週末の金曜日の終値がある場所によるんだそうです。という事は、終値の場所次第によっては、窓は埋まらないという事になります。
例として、金曜日の終値が「底値(トレンドの底)」に位置されてる場合、「窓」が埋まる事なく、トレンドが先に進んでいってしまうケースもあるようなのです。

 

いつまでも「窓埋め」に固執してしまって、トレンドの逆のポジションを取り続ける事のないように気をつけてトレードをしましょう。

「必須知識のチャートパターンまとめ」

チャートパターンでは意味のあるサインを表すものが多くあります。
「ヘッドアンドショルダートップ」と「ヘッドアンドショルダーボトム(逆三尊)」は、上昇や下降トレンドの終了時に形成されるパターンとなります。

 

「ダブルトップ・ダブルボトム」は、基本上昇トレンドの天井や下降トレンドの底でよく見られるチャートのパターンで、上昇や下降トレンドの終了のサインになります。

 

「ヘッドアンドショルダー」は、「ダブルトップ・ダブルボトム」「トリプルトップ・トリプルボトム」の進化していったチャートのパターンと似てますが、最高値が真ん中の山で、「トリプルトップ」は、最高値は3つの山のどの山でも成り立ちます。
いずれにしましても、実際のトレードにおいて、「ネックライン」をブレイクするかどうかの分析にかかってきます。

 

そして、「金曜の終値~翌週月曜日の始値」の間の「窓」が開いた時に、「狙い目」として、価格の乖離が縮小していく方向にポジションを持つ取りますが、
窓が埋まるかどうかという事は、週末の金曜日の終値がある場所によりますので、終値の場所次第によっては、窓は埋まらないという事になります。

 

チャートパターンや相場の状況をよく観察や分析し、根拠ある判断でのトレードをしていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る