FXチャート分析の種類

トレンド分析の基本

 

ここでは「FXチャート分析」とは、「テクニカル分析」の事を意味します。

基本的な「テクニカル分析」の方法から始まって、少し踏み込んだ内容まで、様々なパターンに分けて説明していきます。初心者トレーダーの方は、「テクニカル分析」を相場状況を判断したり、取引を行う為の材料として役立てて頂けたら良いと思います。ただ、「テクニカル分析」も100%ではない事は念頭に置いておいてください。

 

「トレンド分析」ですが、FX相場には「トレンド」といって、通貨の人気・不人気によって、一方的に買われてたり売られたりするものがありますが、「テクニカル分析」において、この「トレンド」の発生と終了をある程度予測する事が可能となってきます。

 

相場を深く研究擦ることも勿論大事ですが、基本をしっかりする事によって、相場を研究し続けてるトレーダー達と肩を並べてトレードする事が出来ます。

 

 

「トレンド」がおこっている「トレンドライン」を下に抜けてきたら相場が下に下がってきます。これが、何を意味しているかですが、ラインを下に抜けた事により1つの「トレンド」が終了したという事が分かります。

 

つまり、ラインに沿うように上がる「トレンド」の力は失われていき、相場参加者が同じように上げの相場は終了と考え、それまで買って取引をしていたのを売る取引に切り替えたのです。そして、あまり紹介されてないのですが、「トレンドライン」は、上昇トレンドが終わって下抜けをしてしまったら終了ではないのです。

 

使い終わったと思われる「トレンドライン」が、上値を抑えるように高値をサポートしている部分も出てきますし、1つの「トレンド」に対して引ける「トレンドライン」は3本あります。

 

レンジ分析の基本

 

 

FXでよく聞く事があると思いますが、「レンジ」という、一定の値幅間で相場の売り買いが均衡していて値動きが少ない状態があります。

 

「レンジ」を分析する事で、「テクニカル分析」の技術は大きく向上し、無駄な取引を減らす事にもなり、しっかりとした損切りを行う為の理由も見つけたり出来ます。

 

高値を抑えるように引かれているラインをレジスタンスライン」、安値を支えるように引かれているラインを「サポートライン」と呼び、その2つに挟まれている間で動いている相場を「レンジ相場」と呼びます。

 

そして、「レジスタンスライン」から上に突き抜けたり、「サポートライン」を下抜けて「レンジ相場」が崩れる事を「レンジブレイク」と呼びますが、「レンジ」をブレイクした場合、上抜ければ相場は上がっていき、下抜ければ相場は下がっていく事になります。

 

「レジスタンスライン」を上抜けしているのに、元に戻ってしまっている相場の動きを「だまし」と呼びます。

 

そして、使い終わったラインが次の相場に機能してくる事もある事から、初心者にとって必要なラインがどれで、どれが不必要なラインかを見極めるのは非常に重要な事だと思います。過去の「レジスタンスやサポートライン」は、大きい「レンジ」内の相場のバロメーターとして使えますので、1度使ったラインを安易に消さないようにする事は、将来の相場展開において、重要な事と言えるでしょう。

 

移動平均線分析の基本

移動平均線は、一定期間の平均値が連なったとなりますが、この連なったものが相場の状態を教えてくれる事になります。「移動平均線」は、相場の強弱を測るためのものさしになります。

価格が「移動平均線」より上での推移の場合、相場が強気であり、価格が「移動平均線」の下での推移の場合、相場が弱気であるという状態を表します。相場が強気を示しているという事は、価格が上昇しやすい状態を示しており、相場が弱気を示しているという事は、相場が下落しやすい状態であるという事を示しています。

この事から、価格が上昇しやすい状態という事は「上がる前に買えば利益が出る」という事になります。

 

まとめますと、価格が「移動平均線」の上での推移の場合は相場が強気だから買い、価格が「移動平均線」の下での推移の場合は相場が弱気だから売りで取引をする事によって利益を出しやすいと言えます。このように、「移動平均線」を使って相場をみていく事によって、しっかりとした理由のある取引が行えるようになってきます。そして、「移動平均線」の向きは「相場の反転する可能性」を示します。

 

気を付けたいのは、上で推移後に少し上がりそのまま上昇するのかと思ったら一気に下に落ちたり、次は下がるのかなと思ったら上に上がって上昇トレンドとなってしまうような惑わされる動きの時です。値動きと「移動平均線」の動きは「レンジ」と呼ばれるような相場展開で見られます。このような、「移動平均線」の動きを否定しているような動きは「だまし」と呼ばれて、投資家達の相場予想を難しくします。

 

グランビル分析の基本

「グランビルの法則」とは、移動平均線を使うチャートの基本ともいえ、世界中のプロが知っています。移動平均線の取引を行う場合、8つの売買ポイントがあります。

8つの売買ポイントですが、買いのポイントが4つと売りのポイントが4つの合計8つのポイントからなり、それぞれ市場の値動きと移動平均線の動き方で、買い場所と売り場所を探す手がかりとなります。この8つのポイントは、市場参加者に重要視されています。

 

買いの法則①」は、移動平均線の下落後、横ばいになるか上昇していく局面で価格(ローソク足)が移動平均線を下から上にクロスします。

買いの法則②」は、移動平均線の上昇していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線を上から下にクロスします。

買いの法則③」は、価格(ローソク足)が上昇していく移動平均線の上にあり、移動平均線に向かって下落していくもクロスする事なく再度上昇します。

買いの法則④」は、移動平均線平均線が下落していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線と離れて大きく下落していきます。

売りの法則①」は、移動平均線の上昇後、横ばいになるか下落していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線を上から下にクロスします。

売りの法則②」は、移動平均線が下落していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線を下から上にクロスします。

売りの法則③」は、価格(ローソク足)が下落していく移動平均線の下にあって、移動平均線に向かって上昇するがクロスする事なく下落します。

売りの法則④」は、移動平均線が上昇していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線と離れて大きく上昇します。

グランビルの法則」に従っているように見えた相場展開でも急変する場合もありますので、鵜呑みにしないでよく相場を観察する事が大事です。

 

まとめ

FXの相場には「トレンド」という、通貨の人気・不人気によって、一方的に買われてたり売られたりするものがあります。「トレンド」は、「テクニカル分析」において、発生と終了をある程度予測する事が可能となってきます。「トレンドライン」を下に抜けてきたら相場が下に下がり、ラインを下に抜けた事により1つの「トレンド」が終了したという事が分かります。1つの「トレンド」に対して引ける「トレンドライン」は3本あります。

 

高値を抑えるように引かれているラインを「レジスタンスライン」、安値を支えるように引かれているラインを「サポートライン」と呼び、その2つに挟まれている間で動いている相場を「レンジ相場」と呼びます。「レジスタンスライン」から上に突き抜けたり、「サポートライン」を下抜けて「レンジ相場」が崩れる事を「レンジブレイク」と呼びますが、「レンジ」をブレイクした場合、上抜ければ相場は上がっていき、下抜ければ相場は下がっていく事になります。「レジスタンスライン」を上抜けしているのに、元に戻ってしまっている相場の動きを「だまし」と呼びます。

 

「移動平均線」は、相場の強弱を測るためのものさしになります。価格が「移動平均線」の上での推移の場合は相場が強気だから買い、価格が「移動平均線」の下での推移の場合は相場が弱気だから売りで取引をする事によって利益を出しやすいと言えます。このように、「移動平均線」を使って相場をみていく事によって、しっかりとした理由のある取引が行えるようになってきます。そして、「移動平均線」の向きは「相場の反転する可能性」を示します。

 

「グランビルの法則」とは、移動平均線を使うチャートの基本で、移動平均線の取引を行う場合、8つの売買ポイントがあります。

8つの売買ポイントですが、買いのポイントが4つと売りのポイントが4つの合計8つのポイントからなり、それぞれ市場の値動きと移動平均線の動き方で、買い場所と売り場所を探す手がかりとなります。この8つのポイントは、市場参加者に重要視されています。

 

「グランビルの法則」に従っているように見えた相場展開でも急変する場合もありますので、鵜呑みにしないでよく相場を観察する事が大事です。ですが、移動平均線の基礎となる事がたくさん入っていますので、是非覚えて相場分析の知識として使っていって頂きたいです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る