FX初心者の相場分析

 

ファンダメンタルズでする分析

FX相場を分析する最初の窓口として、2種類ある相場分析方法を紹介していきたいと思います。

ファンダメンタルズ分析」とは、経済指標や経済に関するニュースによって為替相場が変動しているというような考えを元にして相場の分析を行う方法です。

経済指標やニュースを分析する事によって未来の相場を予想していくという事になります。

「ファンダメンタルズ」とは、経済活動状況を示す基礎的な要因の事であり、「経済の基本的条件」の事となります。物価指数(CPIなど)、国際収支(経済収支・貿易収支など)、などの経済指標から見れます。金相場や原油相場を代表するような商品相場も「ファンダメンタルズ」の要因に含まれます。

 

「ファンダメンタルズ」を分析して、未来の相場がどんな風に動くかを予想して取引を行っている人たちの事を「ファンダメンタルズトレーダー」と呼んでいます。

この「ファンダメンタルズトレーダー」が分析しているのは、各国で発表されているような経済指標やニュースの格差などです。二か国の「ファンダメンタルズ」の格差を見つけ、将来において、「ファンダメンタルズ」が良好な方向へ相場が動いていくという考え方で取引を行います。

 

ただ、実際の「ファンダメンタルズ分析」は、他国の経済の状態やニュースや季節的な要因なども盛り込まれて行われるという場合が多く、人によって、複雑な分析が行われます。

「日本はファンダメンタルズ的に強い」と言われたりすると、「日本の経済状態的に良い」といった意味と取れます。

「ファンダメンタルズ」の弱点として、最新のニュースが分かるまでは個人投資家は時間がかかってしまい、ニュースの内容を知るまでに相場が先に動いてしまいます。

 

テクニカルでする分析

テクニカル」とは、「技巧的」や「技術的」の事ですが、FXに関する事で「テクニカル」と聞いた時は「テクニカル分析」の事を指します。

「テクニカル分析」とは、その国の経済の状態、または企業業績などを考慮しないで、その通貨の過去の価格や取引量や時間軸などから、未来の為替の値動きを予測するという「相場分析法」の事となります。

 

分かりやすく言いますと、チャートに線を引いたり「インジケーター」と呼ばれている「テクニカル指標」などを使い、未来の相場を予想するとき言う事を指します。「テクニカル分析」を使用し、取引を行うトレーダーは、「テクニカルトレーダー」と呼びます。

 

「テクニカル分析」では、何を分析した結果に導き出すのか、下にまとめていきます。

①現在の相場のトレンド傾向を探す②現在のトレンドの強さを探す③相場の上昇や下降時に転換点を探す④値頃感や相場の変動の幅(売られすぎや買われすぎ)を探す

 

「テクニカル分析」を行う方法は2通りあります。

①チャートに映し出した内容を人間の目で見て判断します。②コンピューターによって自動的に判断します。「テクニカル分析」は、「有益な相場分析法」と考えられていて、世界中で多くのトレーダーによって使用されている相場分析の方法です。

「テクニカル分析」は、過去に起こっていた値動きや相場展開から、これから起こるかもしれない値動きを予想する方法となります。

 

相場が急な展開の動きを見せ、過去に起こった事のないような異常な相場が来た時に、想定されていない値動きに対して、極端な数値を示したり、計算が全て外れると言った弱点があります。

 

ファンダメンタルズとテクニカル2つの違い

「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の2つの相場分析方法の違いを上げていきます。「ファンダメンタルズ分析」は、基本的に長期的な相場が「ファンダメンタルズ」が強い方向へ動くというように考えられています。対して「テクニカル分析」は、短期的な相場を分析するのに強いという事が考えられています。

 

つまり、「スワップポイント」を狙うような長期的な資産運用をお考えの場合、「ファンダメンタルズ分析」を学ぶ事が必要です。一日の間に何度も繰り返しトレードする「スキャルピング」のようなトレードをお考えの場合、「テクニカル分析」を学ぶ事が必要です。

 

しかし、「ファンダメンタルズ」が与えるようなFX相場に影響の大きいニュースが発表された場合、短絡的相場であっても「テクニカル分析機能しない」事もありえます。

逆に長期的運用を考えている方には取引の細かいポイントを知る為に「テクニカル分析」が必要となってきます。初心者の方がどちらの相場分析も習得するのは大変ですので、基本的に自分のトレードスタイルに必要と思われる方を先に学習し、後にもう一方を学習すれば、どちらの局面においても相場を上手く渡っていけると思います。

 

FX取引を始める前の精神状態

FXを始めなければ感じたりする事が出来ないFX取引を行う際の精神状態についてご紹介していきたいと思います。

 

FX取引はパソコンに向かって毎日世界のトレーダーと争う孤独の戦いとなります。

その孤独の戦いが「お金」というものを挟む事により、人々の精神に大きな影響を与えるという事を、これからFXを始める方々や既に始めてらっしゃる方々に知って頂きたいと思います。自分の精神状態をコントロールする事が、勝率の高いトレードへの近道と言えます。

 

FX初心者が大金のかかるトレードで一番陥りやすい症状として、「お金」という魔法にかかってしまうという「ギャンブル脳」です。FXを始められる方々は、誰もが資産運用という気持ちで始められた事と思います。しかし、トレードを重ねていくうちに、気が付くと運用金額も上がってしまって、更には資産運用との思いから始めたはずのFXがギャンブルのようになっていかれる方が沢山いらっしゃいます。

 

多くの場合、負けこんだ時に「ギャンブル脳」になってしまいます。経験のない方は特に「次こそ勝てるはず!次で全部取り返してやる!」という思いに駆られどんどん深みにはまっていきます。この考えに支配されてしまうと、行き着く先は天国か地獄かになります。

 

この場合のよくあるパターンでは、地獄へ落ちる方がほとんどになります。それは、FXが精神状態を搔き乱してしまっていて冷静な判断が出来なくなっているからです。

 

「ギャンブル脳」にさせない方法として、「決めたルールは絶対に破らない事」がとても大切です。そして、ルール構築をする時は1日のトレードの最大の損失に対して上限を決めて

おく事も大切です。負けた時はあっさりと引く事が鉄則です。

トレードを安定させる為に、「逆指値」を設置したり、「IFO注文(最初に約定が起こった場合、1つはキャンセルでもう一方は注文する事)」などで取引を行ったりする事です。

その他の方法としましては、集中する時間を設定します。利益がある場合でもない場合でも、その決めた時間で止めるようにします。そうする事で、毎日新しい気持ちでトレードが行えて、「明日があるから」と気持ちを切り替えたり出来ますので、「ギャンブル脳」になる前に踏み留まれます。

「ギャンブル脳」との戦いは、どんなにトレードの技術を磨いても、何年何十年FX取引経験を重ねても消えたりするものではないです。ですので、特に経験が浅い初心者の投資家は、自分をコントロールしながら取引を心掛ける事が重要です。

 

まとめ

ファンダメンタルズ分析」とは、経済指標や経済に関するニュースによって為替相場が変動しているというような考えを元にして相場の分析を行う方法で、実際の「ファンダメンタルズ分析」は、他国の経済の状態やニュースや季節的な要因なども盛り込まれて行われるという場合が多く、人によって、複雑な分析が行われます。

日本はファンダメンタルズ的に強い」と言われたりすると、「日本の経済状態的に良い」といった意味と取れます。

「ファンダメンタルズ」の弱点として、最新のニュースが分かるまでは個人投資家は時間がかかってしまい、ニュースの内容を知るまでに相場が先に動いてしまいます。

 

「テクニカル」とは、「技巧的」や「技術的」の事ですが、FXに関する事で「テクニカル」と聞いた時は「テクニカル分析」の事を指します。

「テクニカル分析」は、過去に起こっていた値動きや相場展開から、これから起こるかもしれない値動きを予想する方法となります。

相場が急な展開の動きを見せ、過去に起こった事のないような異常な相場が来た時に、想定されていない値動きに対して、極端な数値を示したり、計算が全て外れると言った弱点があります。

 

ファンダメンタルズ分析」は、基本的に長期的な相場が「ファンダメンタルズ」が強い方向へ動くというように考えられています。対して「テクニカル分析」は、短期的な相場を分析するのに強いという事が考えられています。初心者の方がどちらの相場分析も習得するのは大変ですので、基本的に自分のトレードスタイルに必要と思われる方を先に学習し、後にもう一方を学習すれば、どちらの局面においても相場を上手く渡っていけると思います。

 

初心者にありがちな「ギャンブル脳」にさせない方法として、「決めたルールは絶対に破らない事」がとても大切です。そして、ルール構築をする時は1日のトレードの最大の損失に対して上限を決めて

おく事も大切です。負けた時はあっさりと引く事が鉄則です。

「ギャンブル脳」との戦いは、どんなにトレードの技術を磨いても、何年何十年FX取引経験を重ねても消えたりするものではないです。ですので、特に経験が浅い初心者の投資家は、自分をコントロールしながら取引を心掛ける事が重要です。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る