通貨の価値

経済状態による通貨の上昇と下降

FX初心者にとっては、経済の状態を予想するというのはかなり難しい事となります。

ですが、どういう状態になると通貨の価値が上がったり下がったりするのかを覚えておく事で、トレードにある程度の予想をつける事が出来ます。

 

通貨価値が上昇や下降をする場合には、市場参加者の誰かが売買しているから変動するという事になるのですが、この市場参加者の誰かが売買している状態といいますのは、現在のその国の経済状態を見て行ってるわけではないという事が大変重要です。

 

現在の国の経済状態が絶好調だとして、その国の景気が好調な時は既にその国の通貨が上がり切った状態になっています。というのは、投資家達がその国の経済状態が悪い時に「これからその国の経済状態が経済状態は好調になるだろう」と予想をして、既にその国の通貨を買ってしまっているからです。

 

逆に、経済状態が絶好調の状態になれば、投資家達は「これ以上その国の経済は伸びないだろう」と考え、逆に売る方向に既にシフトしています。

その為、未来の事に対しての通貨価値は上がったり下がったりするという事です。

投資家の見方を左右するようなニュースや発表が行われた時に、予想が良好か悪化かで、買われたり売られたりする事になります。

 

良い経済状態に予想が出来る国の通貨が買われ、反対に悪い経済状態になると予想が出来る国の通貨は売られるという事になります。

 

通貨の価値が変わるのはどんな場面?

どんな場面で通貨の価値が変動するかですが、「どうして通貨の価値が変動するのか」という事について説明させて頂きたいと思います。

勿論、「買う人がいるから」や「売る人がいるから」という事になるのですが、この買い手・売り手のバランスによって通貨価値が変動しています。

 

買い手が多いと、少し高くてもその国の通貨が欲しいという考えによって通貨価値は上がっていく事になりますし、逆に買い手がない場合には、その通貨を売りたい人は少し値段が下がってでもその国の通貨を売ってしまおうという動きになるので、通貨の価値が下がっていきます。

 

通貨の価値が上下する理由は、その通貨が使われている国の経済状況となります。経済状況が良くて価値が安定している国の通貨はみんなが欲しいと思いますし、経済状況が悪くて潰れそうな国の通貨は誰も欲しいと思ったりしないと思います。

 

これらの事から、取引したい通貨が使用されている国の経済状態を予想出来れば、通貨価値上下の変動も予想出来るかもという事が考えられます。

 

通貨の価値は、各国の経済状態によって変動しますので、国の経済状態の先行きを予想する事により、将来の為替相場、つまりは、通貨の価値の動きを予想しようとするという事です。

 

日本円の通貨価値の変動と他国との違いは?

経済状態の先行きが良い国で使用されている通貨は買われて、経済状態の先行きが不透明だったり悪い国で使用されている通貨は売られると言いましたが、実は「日本円」はその状態には当てはまらないというような変わった特徴があります。

 

その理由は、「日本の経済を支えているのは輸出企業の力がある為」との考えがある為で、今現在日本の景気が良かったとしても、海外の景気が悪い場合、日本の輸出企業の物が売れなくなって、その結果日本の景気は後退していくだろうと考えられるからです。

 

その為に、日本の経済の指標の数値がどんなに良かったとしても、「日本円」が買われるような動きにならない相場展開が予想されます。という事は、日本の経済状態は無視されてしまう事になり、世界情勢が悪いと日本もそれに付随するという状態になります。

 

そして、先ほどは世界情勢が悪いと日本もとの懸念を考え「日本円」も一緒に売られるかと思いますが、こちらも簡単ではなく「日本円」は特殊な通貨になります。

 

日本は、世界中見渡しても経済大国の1つになります。その為に、通貨価値が他国より「安定している」「安全な通貨」と考えられています。(勿論、将来的にはどう考えられるかは分かりません)

そこで、世界経済の先行きに不安な材料が出る場合、「日本円」が買われるという傾向があります。(あと1つの要因としては、日本がバブル崩壊以来の深刻過ぎるデフレ状態になっている事も上げられます)

 

FXの場合、1つの通貨の売買で他の通貨と交換する事により、為替差益を得る事を狙うという投資運用となります。ですので、一か国の経済状態の先行きを頭に入れておくという事によって分かりやすくなり、ニュースなどによってどの通貨が売買されるかの反応が分かりやすくなります。

 

通貨ペアの本質

通貨ペアとは、左側の通貨と右側の通貨を比べ、その比率を「数値化」したものという意味となります。

FX取引は、交換レートという大変曖昧なものを売買している事になります。

ドルVS日本円や、ドルVSスイスフランなど、2つの通貨価値を相対的に見比べる事によって通貨価値を認知していると考えられます。

 

複数の通貨ペアを見て、通貨同士の相対的価値を見抜くという事で、優位なトレードをする事が可能となります。

 

FXとは、どの通貨が買われてどの通貨が売られているかを明確に判断し、明らかに買われてる通貨売られてる通貨同士を組み合わせた通貨ペアで取引をするという事で勝率の高いトレードが出来るという事です。

 

今まで、ドル円を「ドル円」という風にしか見てこなかった人や、ユーロドルを「ユーロドル」という風にしか見てこなかった人は、通貨ペアを両方の通貨を相対的に見比べるというような思考で見てください。

 

まとめ

FX初心者にとっては、経済の状態を予想するというのはかなり難しい事となります。

ですが、どういう状態になると通貨の価値が上がったり下がったりするのかを覚えておく事で、トレードにある程度の予想をつける事が出来ます。

 

良い経済状態に予想が出来る国の通貨が買われ、反対に悪い経済状態になると予想が出来る国の通貨は売られるという事になります。

通貨の価値が上下する理由は、その通貨が使われている国の経済状況となります。

 

経済状況が良くて価値が安定している国の通貨はみんなが欲しいと思いますし、経済状況が悪くて潰れそうな国の通貨は誰も欲しいと思ったりしないと思います。通貨の価値は、各国の経済状態によって変動しますので、国の経済状態の先行きを予想する事により、将来の為替相場、つまりは、通貨の価値の動きを予想しようとするという事です。

 

経済状態の先行きが良い国で使用されている通貨は買われて、経済状態の先行きが不透明だったり悪い国で使用されている通貨は売られると言いましたが、実は「日本円」はその状態には当てはまらないというような変わった特徴があります。

 

日本は、世界中見渡しても経済大国の1つになります。

その為に、通貨価値が他国より「安定している」「安全な通貨」と考えられています。

そこで、世界経済の先行きに不安な材料が出る場合、「日本円」が買われるという傾向があります。

 

通貨ペアとは、左側の通貨と右側の通貨を比べ、その比率を「数値化」したものという意味となります。FXとは、どの通貨が買われてどの通貨が売られているかを明確に判断し、明らかに買われてる通貨売られてる通貨同士を組み合わせた通貨ペアで取引をするという事で勝率の高いトレードが出来るという事です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る