オシレーター系のテクニカル

 

ダイバージェンスとは?

オシレーター系」とは、株価のチャートの「買われ過ぎ」・「売られ過ぎ」を計測した上で、その後の反転や転換を予測していく「逆張り」の投資手法になります。

 

そして、「ダイバージェンス」とは、そのオシレーター系のテクニカルで、チャートとオシレーターとが反対の方向に動く現象(売られ過ぎの数値が下がっているのに、通貨ペアが大きく売られている)状態のことを表しています。

 

「ダイバージェンス」の状態が起こると、トレンド相場が終わる事を示しています。

 

 

ここで、勘違いしてほしくはないのですが、「ダイバージェンス」の発生は、トレンドが弱まってきたというサインを示しているだけであって、必ずしもトレンドが転換すると決まったわけではないので、くれぐれもこの事を忘れないようにしてください。

 

 

この「ダイバージェンス」が起きたポイントで「逆張り」をすると、利益を得る事が出来ますが、絶対とは言い切れませんので、しっかりと相場の環境認識をした上で、「ダイバージェンス」を使った「逆張り」をしていきましょう。

 

 

「ダイバージェンス」が発生したとしても、相場が下落するような原因がなければ、「ダイバージェンス」はただ単に押し目にしかならないので、「ダイバージェンス」で為替のレートが落ちてきたポイントで、通貨ペアのロングポジションを持つと、利益を生み出す可能性が高くなるでしょう。

 

 

ただ、相場が下落するような要因が生まれた時に、「ダイバージェンス」をただの押し目と勘違いの判断をしてしまうと、大きな損益を生み出す事になるので、注意しなければなりません。

 

そして、「ダイバージェンス」だけでなく、「オシレーター系のテクニカル」は、大きなトレンドが発生すると、全く役に立たなくなります。

 

ヒドゥンダイバージェンスとの見分け方

ヒドゥンダイバージェンス」とは、こちらもチャートとオシレーターとが逆方向に動く現象になります。

 

「ダイバージェンス」も「ヒドゥンダイバージェンス」のどちらも現象は同じですが、判断としては正反対となり、トレンドの転換を示します。

 

この2つのテクニカルサインは、上昇トレンドと下落トレンドで見るポイントが逆となりますので、上昇トレンドと下落トレンドの場合それぞれ見ていきましょう。

 

 

上昇トレンドの「ダイバージェンス」は、最後の高値に注目して、チャートは上昇しているのに、オシレーターのMACDが下落していると成立となり、売りサインとなります。

 

上昇トレンドの「ヒドゥンダイバージェンス」は最後の底値に注目となります。チャートは上昇しているけど、オシレーターのMACDが下落していると成立となり、買いサインとなります。

 

 

下落トレンドの下落トレンドの「ダイバージェンス」は、最後の底値に注目して、チャートは下がっていても、オシレーターのMACD上昇していると成立となり、この場合は買いサインとなります。

 

下落トレンドの「ヒドゥンダイバージェンス」は最後の高値に注目となります。チャートは下がっていても、オシレーターのMACDが上昇していると成立となり、この場合は売りサインとなります

MACD(マックディー)

MACD」とは、指数平滑移動平均が使用されているオシレーター系指標の1つとなり、テクニカル分析の中でも、活用される頻度が高いです。

 

「MACD」を活用すれば、相場のトレンドや乖離具合や絡み方を見て精度が高い売買ポイントを判断していけます。移動平均線や実際の株価よりも先行して動き、売買シグナルを発信します。

 

2本のラインで構成されていて、「MACD」は短期のトレンドを示し、「(MACD)シグナル」はMACDの9日移動平均線を表し、長期のトレンドを示します。

 

基本的には、ゴールデンクロスで買いのシグナル、デッドクロスで売りシグナルとして考える事が多いです。2本のラインはチャートに先行し、交差するという特徴もあります。

 

 

「MACD」を単体で使用すると、トレンドを理解したつもりでいても相場の判断に間違いがある場合もあるので、RSIやストキャスティクスなど、他のオシレーター系チャートなどと一緒に使うと良いでしょう。

 

 

先行指標として、いち早く売買のシグナルを見つけたり出来ますが、先行するという事は、それだけ「だまし」が多いという事にもなります。

 

 

「だまし」回避の他の見方として「ゼロライン」というものがあります。「ゼロライン」とはMACDが「0」を表す部分です。MACDが「ゼロライン」を上回っていると上昇トレンドと判断出来て、0から離れるほど強いトレンドを示します。

 

MACDが「ゼロライン」を下回っていると下降トレンドと判断出来て、0から離れるほど弱いトレンドを示します。

 

RSIとは

RSI(アールエスアイ)」とは、ある一定期間の値動きに対して、どれだけ株価が上昇したかという割合(相対力指数)をグラフに表したオシレーター系分析指標で、その割合により「買われ過ぎ」か「売られ過ぎ」かを判断して、適正値に戻ろうとする「偏差」の考え方により、トレンド転換期を探っていくインジケーターとなります。

 

「RSI」の値は、必ず0~100の間を推移していて、0%になる事は絶対にありえません。0%に近付けば、「売られ過ぎ」との見方が出来、いずれ上がるかもとの予測が出来ます。反対に、100%に近付けば、「買われ過ぎ」との見方が出来、いずれ下がるかもとの予測が出来ます。

 

当然、計算式は14日間の終値から上昇や下落した値上がり値下がり幅の平均になりますので、いわゆる「だまし」の%に近付く事はありますので、判断が必要となります。

まとめ

オシレーター系」とは、株価のチャートの「買われ過ぎ」・「売られ過ぎ」を計測した上で、その後の反転や転換を予測していく「逆張り」の投資手法になります。

 

ダイバージェンス」とは、オシレーター系テクニカルで、チャートとオシレーターとが反対の方向に動く現象(売られ過ぎの数値が下がっているのに、通貨ペアが大きく売られている)状態のことを表しています。

 

ダイバージェンス」の状態が起こると、トレンド相場が終わる事を示しています。
ただ、必ずしもトレンドが転換すると決まったわけではないので、くれぐれもこの事を忘れないようにしてください。

 

 

ヒドゥンダイバージェンス」とは、こちらもチャートとオシレーターとが逆方向に動く現象になります。

 

「ダイバージェンス」も「ヒドゥンダイバージェンス」のどちらも現象は同じですが、判断としては正反対となり、トレンドの転換を示します。
この2つのテクニカルサインは、上昇トレンドと下落トレンドで見るポイントが逆となります。

 

 

指数平滑移動平均が使用されているオシレーター系指標の1つで、テクニカル分析の中でも、活用頻度が高い「MACD」を活用すれば、相場のトレンドや乖離具合や絡み方を見て精度が高い売買ポイントを判断していけます。

 

移動平均線や実際の株価よりも先行して動き、売買シグナルを発信します。

「MACD」を単体で使用すると、トレンドを理解したつもりでいても相場の判断に間違いがある場合もあるので、RSIやストキャスティクスなど、他のオシレーター系チャートなどと一緒に使うと良いでしょう。

 

だまし」回避の他の見方として「ゼロライン」というものもあります。
RSI(アールエスアイ)」とは、ある一定期間の値動きに対して、どれだけ株価が上昇したかという割合(相対力指数)をグラフに表したオシレーター系分析指標で、その割合により「買われ過ぎ」か「売られ過ぎ」かを判断しています。

 

 

当然、計算式は14日間の終値から上昇や下落した値上がり値下がり幅の平均になりますので、いわゆる「だまし」の%に近付く事はありますので、判断が必要となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る