トレーダーの間で噂されるているFXの必勝法

満月の売りと新月の買い

FX取引を行っていますと、
「理由はないけど、最終的には相場は何故かその事に従って動いてしまってるかもしれない」
などと言う「根拠はないけれど、相場はそうなっている」アノマリー的な事に気づいてしまった
というような経験はないでしょうか?

 

世界中で知られているFX市場だけでなく、相場の世界では有名な話になるのですが、
「満月の日に売り、新月の日に買ったら儲かる」と言ったトレーダーの間ではかなり有名な話があります。

 

専門家の話になりますが、満月や新月の日には地球の重力のバランスが変化し、
人間にも影響を与えるとし、研究発表が出ているそうです。

 

考えれば、カニなど満月や新月の日にしか産卵しなかったり、
塩の満ち引きも関係しているので人間への影響が無いとは言い切れないのかもしれません。

 

実際に、満月や新月の影響は人間にも見られていて、
アメリカなどでは「新月と満月時期に出産数が増加する」というような研究結果も出ています。

 

歴史では、「本能寺の変」は新月だそうですし、
かの有名な「大暴落相場のブラックマンデー」は、
惑星の直列が起こった年と一致しています。
天体の影響によるさまざまな事件や事故なども研究により発表されているようです。

 

そこで、「満月に売って新月に買う」と言う事は本当なの?
との疑問から、株価によって解析をした結果、
勝率が60%を超えるというような興味深さのある話も有ったそうです。

 

「満月に売る」「新月に買う」少し気にかけて取引してみても面白いかもしれません。

FXの火曜日と木曜日は売り相場が多い?

一見、偶然じゃないの?
とか曜日なんて相場には関係ないんじゃないの?
というような話ですが、市場の噂として出ている話になります。

 

実際の相場では、火曜日に下がる傾向にあるのかも?という話ですが、
それは「ヘッジファンド」が大きく関わってきているという理由かもしれません。

 

「ヘッジファンド」とは、多くの人々からお金を集めて投資を行う投資信託のうちの1つになります。
「ヘッジファンド」では、月曜日にその週のトレードのミーティングや戦略を立てたり、火曜日から本格的な取引を行う会社が多くあります。

 

売りの仕掛けとしての個人投資家達のストップ狩りを得意とした取引ですので、
火曜日に落ちているのが目についてしまうのかもしれません。

 

また、毎週金曜日には手仕舞いに入る「ヘッジファンド」もありますので、
水曜日に火曜に売ったポジションの一部利益確定などの調整をして、
前日の木曜日に手仕舞いをもう一度仕掛けているケースも見受けられます。

 

この事から、「火曜日・木曜日は売り相場になりやすくなる」との話が、
一部の投資家達の間で噂となって、今も多くの個人投資家達の間で広まってる可能性があるようです。

売り買いの情報

取引市場に時々流れる噂で
「〇〇ファンドが〇〇を大量に買っているようだ」
「売っているみたいだ」
と言うものですが、実の所このような噂を流している出所が
〇〇を買っているファンド自身だったりするのかもと言う話があるのです。

 

「ヘッジファンド」同士が情報を共有しながら取引をしているのではないか?
と考えている個人投資家は多いのですが、驚くことに実はその逆で
ヘッジファンド同士は仲良く情報を交換するどころか、
相手をどうやって騙してお金をもぎ取るかを常々考えています。

 

ですので、「〇〇ファンドが買っているみたいだ」と言うのも、
他のファンドがその噂をしているファンドのポジションを予想して噂を流す事もありますが、蓋を開けてみれば、その噂を流した大元は他のファンドを騙す為「噂元のファンドが流してる」などと言うような事もあります。

ジブリ曜日は相場が荒れてしまう?

近年、個人投資家の中で噂となっている「ジブリウィーク」と言うのがあります。

 

「ジブリウィーク」と言うのは、スタジオジブリが作ったアニメがテレビ放送される週の事を言うのですが、
放送されると円高・株安に振れやすく、中でも特に「ジブリが放送される日は相場が荒れてしまう?」
と言う都市伝説かのような「相場伝説」があります。

 

金曜ロードショーなので当たり前なのですが、全て放送が金曜日になっています。
しかしながら、金曜日には週末の手仕舞いの場合が多い為、
実際あまり動かないイメージが多いのですが、どうなのでしょう。

 

ジブリといえば、ユーロのイメージが強いようですが、
放送があった翌週の相場に変動があるような検証結果になったようです。

 

金曜日が手仕舞いの場合が多く、あまり動かないイメージとはいえ、
放送される金曜日が米国の雇用統計の発表と重なってもいます。

 

良く考えてみれば、放送される日が子供たちの休みや連休中を狙っていたりしますので、
日本の相場のお休みの可能性があります。

 

月曜日の窓開きなどで相場が荒れるなど、その影響が出ているようにも思えますが、
「ジブリウィーク」は単なる都市伝説的な噂なのか、
本当にそのような事が関係があって相場に影響があるのか、
このようなアノマリー(理論的根拠が特になくても規則的に起きる事象)が相場には存在するようです。

トレーダーの間で噂されるているFXの必勝法まとめ

世界中で知られているFX市場だけでなく、相場の世界では有名な話になるのですが、
「満月の日に売り、新月の日に買ったら儲かる」と言ったトレーダーの間ではかなり有名な話があります。

 

専門家の話になりますが、満月や新月の日には地球の重力のバランスが変化し、
人間にも影響を与えるとし、研究発表が出ているそうです。

 

一見、偶然じゃないの?とか曜日なんて相場には関係ないんじゃないの?
というような話ですが、市場の噂として出ている話になります。

 

実際の相場では、火曜日に下がる傾向にあるのかも?という話ですが、
それは「ヘッジファンド」が大きく関わってきているという理由かもしれません。

 

また、毎週金曜日には手仕舞いに入る「ヘッジファンド」もありますので、
水曜日に火曜に売ったポジションの一部利益確定などの調整をして、
前日の木曜日に手仕舞いをもう一度仕掛けているケースも見受けられます。

 

この事から、「火曜日・木曜日は売り相場になりやすくなる」との話が、
一部の投資家達の間で噂となって、今も多くの個人投資家達の間で広まってる可能性があるようです。

 

取引市場に時々流れる噂で、「〇〇ファンドが買っているみたいだ」と言うのも、
他のファンドがその噂をしているファンドのポジションを予想して噂を流す事もありますが、
蓋を開けてみれば、その噂を流した大元は他のファンドを騙す為
「噂元のファンドが流してる」などと言うような事もあります。

 

近年、個人投資家の中で噂となっている「ジブリウィーク」と言うのがあります。
「ジブリウィーク」と言うのは、スタジオジブリが作ったアニメがテレビ放送される週の事を言うのですが、
放送されると円高・株安に振れやすく、中でも特に「ジブリが放送される日は相場が荒れてしまう?」
と言う都市伝説かのような、「相場伝説」があります。

 

良く考えてみれば、放送される日が子供たちの休みや連休中を狙っていたりしますので、
日本の相場のお休みの可能性があります。

 

「ジブリウィーク」は単なる都市伝説的な噂なのか、本当にそのような事が関係があって相場に影響があるのか、このようなアノマリー(理論的根拠が特になくても規則的に起きる事象)が相場には存在するようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る