覚えるべきローソク足の形4種!?FXで勝てるトレーダーになろう!

どうもトミオです!

ローソク足の必要性については前回の
ローソク足で相場を攻略!トミオ式FX相場分析法を大公開!」でお話ししました。

相場分析に必要なローソク足ですが、
形やパターンに種類があるって知っていましたか?

今回は相場分析をよりよくするために、
ローソク足の種類についてご説明します!

実体とヒゲのローソク足分析の鍵とは?

実体の大きさやヒゲの長さが、ローソク足を分析する最も重要な鍵となります。
実際にどのようにしてローソク足を分析すればよいのかをまとめていきます。

 

ローソク足の実体の長さは「値動きの勢い」「トレーダーの強気や弱気」の感情などを表します。
実体が長いという事は、買いや売りの勢いが強いという事になります。

 

つまり、陽線の実体が長い場合は買いの勢いが強いという事で、陰線の実体が長い場合は売りの勢いが強いという事になります。反対に、実体が短い場合は、買いや売りの勢いがないという事となります。

 

ヒゲの長さの重要性ですが、上ヒゲや下ヒゲは、「トレーダーの強気や弱気の感情の変化」を示しています。
トレーダーが弱気で、その感情に大きく変化が無い場合は、ローソク足は陰線となって下ヒゲはつきません。

 

例を挙げれば、トレーダーが5時間ずっと弱気で売られ続けた時は、
下ヒゲがほとんどついてない5時間足の陰線になります。

 

それに対して、5時間のうち、最初の2時間は弱気だったけど、
後半の3時間は強気に転換して買われた場合は、その5時間足は大きな下ひげをつける事になるという事です。

 

このような弱気から強気への変化がサポートラインで起きた場合は「買いのチャンス」となります。
反対に、強気から弱気への変化がレジスタンスラインで起きた場合は「空売りのチャンス」となります。

チャンスに繋がるローソク足

チャートには色々なローソク足があります。
中でもチャンスに繋がるローソク足のパターンに焦点をあてていきます。

 

種類はかなり沢山ありますが、
FXトレーダーなら絶対に覚えておいた方が良い4つのパターンをご説明していきます。

 

①ピンバー(上ヒゲと下ヒゲ)
②含み線
③合成ピンバー
④フクピンバー
上記4つですが、これらのパターンはどれも、
トレーダーの強気や弱気の急激な変化を表すパターンです。

トレンド転換を捉えたり、押し戻し完了の瞬間を捉える為に使ったりします。

 

ピンバー(上ヒゲと下ヒゲ)

こちらは、ヒゲのローソク足で、
その中でも長いヒゲでチャート上の良い位置で現れるものの事となります。

 

含み線(エングルフィンバー)

こちらは「ピンバー」と違い2本のローソク足から成り立つパターンです。
2本目のローソク足が、1本目のローソク足を包んでしまうパターンです。

 

2本目のローソク足が、1本目と逆方向のローソク足で、値幅が広いのが特徴となります。
含み線もトレーダーの強気や弱気の変化を掴みとるローソク足です。

 

合成ピンバー

「合成ピンバー」とは、2本のローソク足を合体すれば
良い感じのピンバーになる2本のローソク足のパターンとなります。

 

ピンバーと全く同じ意味で、トレーダー達の感情の変化を表しています。

 

フクピンバー

「含み線」と「ピンバー」の条件を2つ一緒に満たすローソク足の事を意味します。

 

ローソク足の信憑性判断のコツ

ローソク足パターンをご紹介してきましたが、
ローソク足パターン自体が重要というわけではありません。

 

なんの考えも無しにローソク足のパターンだけ意識してトレードしても勝てるわけではないです。
そのローソク足のパターンが、勝てる見込みがあるのかを判断出来ないといけないです。

 

といいますのは、いくつかコツがありまして、
「サポートラインやレジスタンスラインを意識していく事」と、
「上昇トレンドや下降トレンドやレンジなどの相場環境を意識していく事」です。

 

誰にも意識をされてないポイントでローソク足のパターンが出ても意味がないので、
より多くの人から意識されているサポートラインやレジスタンスラインまで引き付けて、
そこでローソク足のパターンが出たらチャンスという事になります。

 

レンジ中のごちゃごちゃとしてる動きの中で、
押し目・戻しのエントリーをを狙ったりしても上手くは行きません。
レンジ相場では、上でローソク足、下で買いのローソク足を見つけ逆張りをします。

 

その一方で強いトレンドが出ている時は、
良いピンバーが出たとしてもトレンドに逆らうような方向にエントリーしても上手くいかないでしょう。

 

今現在どんな相場環境なのかという状況を認識した上でローソク足を読んでいく必要があります。

相場環境を見極めるプライスアクション

FXトレードをする際に最初にする事は、
ローソク足チャートを見て相場環境を見極める事となります。

 

相場環境がどんな状態かを知る事によって、エントリーする位置、
ポジションの利食い、損切りの方法を決定する事が出来ます。

 

「トレンド相場」か「レンジ相場」を見極めて、
今出ているトレンドがどちらに出ているか見極める事です。

 

チャートが右肩上がりになっていたら「上昇トレンド」です。
反対に、チャートが右肩下がりになっていたら「下降トレンド」です。
そして、全ての時間軸を独立したものとして考えます。

 

日足が上昇トレンドだからと言っても、4時間足や1時間足など、
日中足で買いを狙ったりするトレーダーが多いですが、これは危険です。

 

マルチタイムフレーム分析を上手く利用したり、
難しければ、もっとシンプルな分析で、
自分がトレードする時間軸に出ているトレンドに沿って取引すると成功率が高くなるでしょう。

 

また、相場では3対7または2対8というように、
トレンド相場よりレンジ相場の時間の方が断然長いのです。

 

ですので、トレンドがなかなかこなくても普通の事なので焦らないでください。
シンプルに分析し、じっくりと待ち、良い状況になったらエントリーする事です。

勝つためのローソク足の応用まとめ

ローソク足は「ヒゲ」と「実体」も2つでできており、
それぞれ、

  • ヒゲ・・・「値動きの勢い」「トレーダーの強気や弱気」
  • 実体・・・「トレーダーの強気や弱気の感情の変化」

を表します。

また、実体やひげの大きさでローソク足の名前がつき、
代表的なものは

  • ピンバー(上ヒゲと下ヒゲ)
  • 含み線
  • 合成ピンバー
  • フクピンバー

の4種類です。

また、4種類のローソク足のいずれかがでても、
相場全体の流れから分析を行わないと逆方向に動いてしまう可能性もあります。
しっかりとその場の相場環境から考える必要があります。

ローソク足での分析はFXの基本になりますので
しっかりと覚えてこれからのFX取引に役立ててください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る