ボリンジャーバンドの使い方・FXで重要な3つの売買サイン

ボリンジャーバンドとは?

「ボリンジャーバンド」とは、米国のアナリスト「ジョン・ボリンジャー」が開発をし、
統計学の標準偏差による考え方を移動平均線に取り入れたもので、
「価格変動の度合い」を計るのに使われて、
FXトレードをするのにと ても人気のあるテクニカル指標です。

「ボリンジャーバンド」は、移動平均線の上下に、
同じ期間の標準偏差ラインを引き、多くの価格がこの中で主に推移するという考え方に基づき、
相場を判断していくインジケーターとなります。

一般的に、移動平均線のミドルバンドと1σ2σ3σラインで構成されています。
標準式は、「ボリンジャーバンド=移動平均線+標準偏差」となります。

「標準偏差」とは、価格がどう分布しているかを表すものです。

±1σ内に価格がおさまる確率 68.3%
±2σ内に価格がおさまる確率 95.5%
±3σ内に価格がおさまる確率 99.7%

この事から、±2σよりも外にレートがある時に「逆張り」のポジションをとると、
95.5%の確率で内側に戻ってくる傾向があります。
しかし、実際にこの考え方だけでは、「逆張り指標」としては使えません。

「ボリンジャーバンド」は、レートがσラインを超えたり大きく動く時をトレンドと判断する指標で、
トレンドが出てるかレンジなのか、相場静かさや騒がしさを教えてくれます。

相場が静かな場合は、「ボリンジャーバンド」は上下の幅は狭まり、
相場が騒がしい場合は上下に広がります。ボリンジャーバンドを使う上で、
価格はボリンジャーバンドの中心に戻る習性と言いますか傾向がある事を知っておかなければなりません。

基本の3つの動き

ボリンジャーバンドには、3つの特徴的な動きがあり、
「スクイーズ」「エクスパンション」「バンドウォーク」と呼ばれている動きです。

「スクイーズ」とは、英語の意味で「押しつぶす」になります。
ボリンジャーバンドがぎゅっと押しつぶされてるような状態を表しています。
値動きがかなり小さくなるので、トレードには難しい局面となります。

「スクイーズ」の状態が長く続くほど、パワーが溜まる事になり、
その後の動きは一気に勢いのついたトレンド発生のきっかけとなります。

「エクスパンション」とは、スクイーズ後に見られるような状態で、
バンドの両方の端が大きく開く事を意味しています。

相場のトレンドに勢いが出た際に見られるような形状で、
レートは一気に急上昇や下落するためにトレードチャンスになる状態です。

値動きとは反対方向のバンドも同時に開くのが「エクスパンション」で、
値動き側だけが開いた状態は「エクスパンション」とは判断しないので注意が必要となります。

両側の共にバンドが開いた「エクスパンション」では
1方向にレートが勢いよく推移するような強いトレンドになってますが、
値動き側の方だけが開いた状態は、例えそっちの方向にレートが推移したとしても、
値動きが上下しやすくなります。

値動き側と反対側のバンドの開くかどうかの有無がポイントになります。

「バンドウォーク」とは、エクスパンションの後に開いたボリンジャーバンドの縁に
沿うようにレートが推移するような状態を言います。

上位足でこの状態の場合、その下位足でトレードしやすい環境になっているのが多くなります。

例を挙げると、日足でエクスパンションしながらバンドウォークしている相場では、
下位足では一日中大きい値幅で、一方通行が強いトレンドが出来やすい環境になります。

バンドの状態で何を判断?

上昇していても、バンドがエクスパンションしていない場合、勢いはありません。
価格も上下を繰り返しつつだらだらと上昇する事が多く、難しいトレードになります。

対して、エクスパンションしている状態ではレートは勢いがついて上昇します。
ローソク足も連続した陽線が出れば、価格が1方向に大きく伸びるのでトレードチャンスになります。

このような状態が、1時間足では見受けられると、
下位足の5分足で小さい押し目を作った時にエントリーがしやすくなります。

ボリンジャーバンドのエクスパンションの有無は、
利益をしっかり伸ばせる相場環境かどうかを判断する1つの指標となります。

エクスパンション後のバンドの動きですが、
バンドが開きエクスパンションする事によって、
レートは一気に勢いよく伸びていきますが、そのうち伸びも衰えてきます。

勢いがなくなってきたのかどうかという事も、ボリンジャーバンドの動きで判断する事が出来ます。

エクスパンションしたバンドは、値動きとは必ず反対方向のバンドが閉じ始めます。
その後、値動き側のバンドが閉じ始めたら本格的に勢いがなくなってきたと判断出来ます。

そして、両側のバンドが閉じた後、上昇の勢いがなくなり、
その後スクイーズして一旦下落に転換していきます。

ボリンジャーバンドの決済のポイント

ボリンジャーバンドの状態によって相場環境を把握する事によって、
これから値が伸びるかも見えてきます。

ミドルバンドに支えられながら、
安値を切り上げ高値を更新したポイントでロングエントリーします。

その後、値動きとは反対側のバンドが開いてエクスパンションした事によって、
勢いがついて上昇していきます。

こうなると、バンドが閉じ始めるまで小さい値動きに惑わされる事もなく、
安心してポジションを持ち続ける事が出来ます。

その後、勢いがなくなって判断出来て値動きと反対側のバンドが閉じ始める時が決済ポイントになります。

更に、値動き側のバンドも閉じ始める事で、
本格的に勢いが衰えたと判断できる場面が第二の決済のポイントとなります。

上位足である15分足のバンドがエクスパンションしているうちは、
相場にはまだその方向に伸びる勢いが残ってると判断が出来ます。

勿論、5分足につられてすぐに収束する事もあります。
ですが、上位足のバンドを見続ける事によって、
より大きな利幅を獲れるようなトレードが増えます。

トレードする時間足より、上位のボリンジャーバンドをしっかり見る事で、
小さな値動きに負けたり薄利で決済する事もなく、
安心して利幅を獲れるようになります。

勿論、更に上位である1時間足や4時間足とバンドのエクスパンションが連鎖するような相場なら、
もっと利益を伸ばしていく事も出来ます。

ボリンジャーバンドの使い方まとめ

ボリンジャーバンドのバンドの動きを把握することで、
相場環境が見て取れます。

その宇動きには3種類あり、

  • スクイーズ・・・バンドが狭まっている状態
  • エクスパンション・・・バンドが大きく開いた状態
  • バンドウォーク・・・バンドに沿ってローソク足が動いている状態

基本的に、スクイズの場合は取引が難しく、
エクスパンションやバンドウォーク時の取引になります。

このようにボリンジャーバンド一つとっても
取引できるかできないかの判断がつきますので、
しっかりと相場分析をして勝てるFXトレーダーになってください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る