一目均衡表雲の謎?ねじれの秘密を公開!

 

一目均衡表とは?

一目均衡表とは、トレンドや売買のタイミングを知りたい際に使われるテクニカル指標になります。5本の線で成り立っていて、「基準」は、一目均衡表の基準となる線で、「転換線」は、最も注目される線で、「先行スパン1」は、先行して動き、一目均衡表の「雲」を形成し、「先行スパン2」は、先行して動き、一目均衡表の「雲」を形成し、「遅行スパン(緑)」は、最も遅れて動き、信頼度を担う線となります。

 

「一目均衡表」で、「先行スパン1」と「先行スパン2」により形成されている部分が「雲」となります。「一目均衡表」の見方として、この5本の線の全てが重なり合う事なく並行に上昇しているような状態の時に売ってはいけないという事です。

 

「一目均衡表」の中で、最も遅れた動きをし、信頼度が高い線となるのが「遅行スパン」となります。この「遅行スパン」が雲を抜ける状態が「買いシグナル」です。

 

「転換線」が「基準線」をを下から上に抜けたら「買いシグナル」(ゴールデンクロス)、反対に上から下に抜いたら「売りシグナル」(デッドクロス)となるのですが、

「基準線」と「転換線」は短期的な値動きを反映しているので、「ダマシ」も多くなります。

ですので、短期の取引であるなら、このシグナルは活かす事は出来ますが、信頼性は高いとは言えないです。もう1つの見方として、ローソク足が雲入りをすると「売りシグナル」、雲抜けをすると「買いシグナル」という見方もあります。

 

一般的な雲の見方

一般的な雲の見方として、ご説明していきます。

「雲」とは、「先行スパン1」と「先行スパン2」の間の部分の事で、「雲」が支持線と抵抗線の役を担います。この「雲」とローソク足との位置関係により、ローソク足の動きを分析するという事が出来ます。

 

価格が雲に近づいたら、(雲が抵抗線や支持線となって)跳ね返されやすくなり、雲の中に入れば、もみ合いになりやすくなります。ローソク足と雲のどちらが上にあるかによって、ローソク足のトレンドを分析するという方法があります。

ローソク足が雲の上にある時は、上昇トレンドと考えられます。ローソク足が、雲の近くにきたら、ローソク足が再度上昇する事もあって、押し目買いをするチャンスのように言われています。

 

このように接触する線は「先行スパン1」であって、綺麗な上昇や下落後である場合は3分の1にあたって、大きなトレンドが継続される時は、1つの「押し目」のタイミングとして意識されるようになります。

ローソク足が雲と接触する時に、先に「先行スパン2」とあたる時は、もみ合い相場となったり、トレンド転換になる可能性があります。

 

反対に、ローソク足が「雲」の下にある時は、下降トレンドと考えられます。「雲」の上にある時とは逆になって、ローソク足が「雲」の近くまで一度上昇した後、再度下落する事があります。

この際も、トレンドが出てる時は、ローソク足が先にぶつかるのは「先行スパン1」であって、同じく3分の1戻しにあたるので、トレンドが継続される場合は、「雲」をポイントとして反転しやすくなります。

 

一目均衡表活用のポイント

「一目均衡表」は、他のチャート分析と比べれば、トレンド転換のシグナルを発するのは少し遅いかもしれません。ですので、他のチャート分析で受け取ったトレンド転換のサインを「一目均衡表」で最終的に確認するという使い方が良いかもしれません。

 

しかし、転換後に発せられるシグナルは強力です。ポジションを持つかどうか迷った時や、相場の節目が見えない時は、雲と遅行線が分かりやすくヒントを伝えてくれます。

チャートを見ている時は、いつも一番右端の動きを見ると思います。それが最新の動きなので当然なのですが、「一目均衡表」は最新のローソク足の先に未来の「雲」が描かれています。

 

そして、26日遅れで発せられるシグナルの「遅行線」は見落とす事が多くなりますが、かなり大切なヒントを与えてくれます。「遅行線」が、ローソク足の上にあるか下にあるかによって、相場の実勢を示します。更に、ローソク足を上に突破したのか下に突破したのか、これにより直近の未来の動きに変化が出てくるのが分かります。

 

「一目均衡表」で、未来と過去と上手に付き合っていきましょう。

 

ねじれの秘密

「一目均衡表」の「先行スパン1」と「先行スパン2」がクロスしている部分を「ねじれ」と言います。「雲」がねじられるのは、相場が不安定になった場合、これから変化が起こるサインのようなものともいわれています。

 

「雲」には、「分厚い雲」と「薄い雲」があるのですが、当然、抜けやすくなるのは薄い雲となります。ローソク足は、分厚い雲にあたれば跳ね返されたり、または雲の中で推移しながらも結局最後は跳ね返される事になります。

分厚い雲の突き抜けた場合は、ローソク足が大きく動き出す時でもあると言えます。「雲」の分厚さは支持線や抵抗線の強さを表していて、「雲」の「ねじれ」は「変化日」を表します。

 

ローソク足の位置と比べて、当日の「遅行スパン」がローソク足よりも上にある場合は強気、下にある場合は弱気と判断が出来ます。「転換線」と「基準線」との関係のように、「遅行スパン」と「ローソク足」にも、「好転」や「逆転」のサインがあるといえます。

 

雲が分厚くなっている場合は、強力な節目として「ダマシ」が多く発生する可能性が高いです。リアルタイムチャートで雲が薄くなっている場合は、節目としての機能が低くなっているので、ブレイクアウトしやすくなっていると思われます。

 

一目均衡表活用のポイント

「一目均衡表」は、他のチャート分析と比べれば、トレンド転換のシグナルを発するのは少し遅いかもしれません。ですので、他のチャート分析で受け取ったトレンド転換のサインを「一目均衡表」で最終的に確認するという使い方が良いかもしれません。

 

しかし、転換後に発せられるシグナルは強力です。ポジションを持つかどうか迷った時や、相場の節目が見えない時は、雲と遅行線が分かりやすくヒントを伝えてくれます。

チャートを見ている時は、いつも一番右端の動きを見ると思います。それが最新の動きなので当然なのですが、「一目均衡表」は最新のローソク足の先に未来の「雲」が描かれています。

 

そして、26日遅れで発せられるシグナルの「遅行線」は見落とす事が多くなりますが、かなり大切なヒントを与えてくれます。「遅行線」が、ローソク足の上にあるか下にあるかによって、相場の実勢を示します。更に、ローソク足を上に突破したのか下に突破したのか、これにより直近の未来の動きに変化が出てくるのが分かります。

 

「一目均衡表」で、未来と過去と上手に付き合っていきましょう。

 

まとめ

一目均衡表とは、トレンドや売買のタイミングを知りたい際に使われるテクニカル指標になります。5本の線で成り立っていて、「基準」は、一目均衡表の基準となる線で、「転換線」は、最も注目される線で、「先行スパン1」は、先行して動き、一目均衡表の「雲」を形成し、「先行スパン2」は、先行して動き、一目均衡表の「雲」を形成し、「遅行スパン(緑)」は、最も遅れて動き、信頼度を担う線となります。

 

短期の取引であるなら、このシグナルは活かす事は出来ますが、信頼性は高いとは言えないです。もう1つの見方として、ローソク足が雲入りをすると「売りシグナル」、雲抜けをすると「買いシグナル」という見方もあります。

 

「雲」とは、「先行スパン1」と「先行スパン2」の間の部分の事で、「雲」が支持線と抵抗線の役を担います。この「雲」と株価との位置関係により、ローソク足の動きを分析するという事が出来ます。

価格が雲に近づいたら、(雲が抵抗線や支持線となって)跳ね返されやすくなり、雲の中に入れば、もみ合いになりやすくなります。ローソク足と雲のどちらが上にあるかによって、ローソク足のトレンドを分析するという方法があります。

 

「一目均衡表」の「先行スパン1」と「先行スパン2」がクロスしている部分を「ねじれ」と言います。「雲」がねじられるのは、相場が不安定になった場合、これから変化が起こるサインのようなものともいわれています。分厚い雲の突き抜けた場合は、ローソク足が大きく動き出す時でもあると言えます。「雲」の分厚さは支持線や抵抗線の強さを表していて、「雲」の「ねじれ」は「変化日」を表します。

 

「一目均衡表」は、他のチャート分析と比べれば、トレンド転換のシグナルを発するのは少し遅いかもしれなくて、他のチャート分析で受け取ったトレンド転換のサインを「一目均衡表」で最終的に確認するという使い方が良いかもしれません。

 

ですが、転換後に発せられるシグナルは強力です。ポジションを持つかどうか迷った時や、相場の節目が見えない時は、雲と遅行線が分かりやすくヒントを伝えてくれます。

 

26日遅れで発せられるシグナルの「遅行線」は見落とす事が多くなりますが、かなり大切なヒントを与えてくれます。「遅行線」が、ローソク足の上にあるか下にあるかによって、相場の実勢を示し、更に、ローソク足を上に突破したのか下に突破したのか、これにより直近の未来の動きに変化が出てくるのが分かります。

 

「一目均衡表」で、未来と過去と上手に付き合っていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る