FX初心者がまず覚えること

ローソク足とは

ローソク足はチャートの一つで、チャート分析の基礎になります。
その名前の通り、形がローソクに似ているもので構成されています。
一本のローソク足は、一定期間の値動きを表しています。

 

「日足」とは、一日の値段の動きを表すものです。
「週足」とは、一週間の動きを表すものです。
この他に為替相場で、値動きが激しければ使われるものもあります。

 

「時間足」とは、一時間の値動きを表すものです。
「〇分足」とは、〇分間の動きを表すものです。

 

一本のローソク足には、4つの値段が同時に表されています。
期間中の始めについた「始値」、最も高かった「高値」、最も安かった「安値」、最後についた「終値」の4つの値段を合わせて、「4本値」と呼んでいます。

 

ローソクは「実体」と「ヒゲ」という部分で構成されています。四角の胴体部分を「実体」と呼びます。値上がりした時のローソクを「陽線」、値下がりした時のローソクを「陰線」と呼びます。高値や安値を表す実体の上下に伸びる線は「ヒゲ」と呼ばれます。

 

上につくヒゲを「上ヒゲ」、下につくヒゲを「下ヒゲ」と呼びます。
為替のマーケットの流れはローソク足から読み取れ、ローソク足の長さや形で相場の強弱をつかめます。ローソクの長さが値動きの幅を表し、実体の長さが相場の勢い、強さを示します。長い上ヒゲは「売り」、長い下ヒゲは「買い」のメッセージです。

 

原則は、チャート上の最安値の「底」で買い、チャート上の最高値の「天井」で売り、
「天井」で売り、「底」で買い戻します。

順張り、逆張りとは

FX初心者には、「逆張り」と「順張り」どちらがいいのでしょうか
「順張り」とは、トレンドに沿って売り買いを行う方法で、
「逆張り」とは、相場の動きが大きくなった時にトレンドとは反対方向に売り買いを行うという手法です。

 

初心者には、順張りをお勧めなのですが、理由としてリスクが低いという事が言えます。

上昇トレンドであれば、その流れに沿うように売り買いを行えばいいので、比較的難しさは少なくなります。逆張りですと、大きな利益が見込めますが、逆に損失も大きくなる可能性があるという事です。
初心者の場合は、慣れたり裁量がつくまでは、買いと売りのどちらかを決めて、一方だけに集中してエントリーする方がトレードがやりやすいかもしれません。

 

しかし、順張りにもリスクはあります。それは、天井や底などのポイントで売買をしてしまう事です。順調に上昇を続けていても上昇はいつかは終わりトレンドが変わる時がやってきます。天井で買い、最安値へと下がり底値で売ってしまう、という最悪な事態になれば大きな損失に繋がります。

 

順張り逆張りどちらでも言えることなのですが、順張りでもこういった危険性が潜んでる事は忘れないでおくことが賢明です。どのタイミングで天井となるのか、底となってしまうのかは専業としているプロの投資家にも分からない事ですので、
初心者は特に慎重に取引をしてほしいものです。

絶対覚えておきたい経済指標

為替は、各国の経済指標の影響を大きく受けます。
経済指標とは、雇用統計、政策金利、物価指数、GDPなど、各国が発表する統計データの事です。

初心者の人は、自分の持つポジションに関係のある国の全ての指標をチェックするようにすればいいと思います。

 

基軸通貨である米ドルは、全通貨に影響を与えますので、アメリカの指標はとても注目されている事が明確です。経済指標の掲載サイトは様々ですが、自分にとって一番使いやすいサイトで確認するとよいでしょう。

 

絶対に外せない経済指標は、労働者や失業率などの統計の「雇用統計」、速報値が四月、七月、十月、一月に発表される「四半期GDP」、物価が上がった事やデフレが続いてる事を数字で示す代表的な指標の「消費者物価指数」で、
これらの経済指標については、アメリカの数字を確認後は自分の持っている通貨ペアの国や主要な先進国も確認するといいです。

 

経済指標はファンダメンタルズ分析に欠かせず。内容によっては外国為替市場が大きく動くことにもなりますので、指標発表前後は取引を控える、又はそれを取引に生かすなど慎重な判断が必要となってきます。

通貨の特徴を知る

FX初心者が知っておく必要のある通貨の特徴をご紹介していきたいと思います。
「米ドル」と「円」は、値動きが小さい通貨ペアで、値動きが小さいので利益と損益が出にくく、一時的で急激に偏った動きも出にくく、レバレッジについて学べる良い機会になります。そして、じっくりと戦略を練る事が出来ます。

初心者向きの通貨という事になります。

「米ドル」は世界情勢が不安定になると買われる傾向にあります。

 

欧州の通貨「ユーロ」は、取引がアメリカドルとかなり多く、世界中に沢山ある通貨の中で一番多い事です。そして、ユーロ加盟国の共同通貨です。荒っぽい動きをするのも有名で、だましと呼ばれる現象も頻繁に起こる通貨でもあります。

 

イギリスの通貨「ポンド」は、投機通貨としても有名な通貨で荒々しい動きです。
短期間の間に激しく上下する動きは、プロに好まれるだけあって、初心者泣かせの動きを見せるので取引に注意が必要な通貨です。レンジの幅も大きくなる傾向があるようです。

 

オーストラリアの通貨「オーストラリアドル」は、資源国通貨として非常に有名です。中でも通貨取引による金利を表す「スワップポイント」が他の通貨と比べて高いのが圧倒的な魅力です。値動きは、ユーロやポンドほど激しくはなく、ドル円やニュージーランドより大きな動きを見せる傾向にあります。

 

ニュージーランドの通貨「ニュージーランドドル」も、資源国通貨になります。値動きはオーストラリアドルと比べると、穏やかになりますが、隣国の経済状態の影響を受ける通貨になりますので、オーストラリアドルと連動した動きを見せやすいです。

 

また、指標発表が日本時間の朝6時頃におこなわれますので、世界の相場参加者が少なく、資金の流動性も低いので、他の通貨が値動きを見せなくても、ニュージーランドドルだけが指標発表の影響で大きな値動きを見せる時がありますので、突然の動きに要注意です。

まとめ

通貨には各国の経済や投資家の事情で違った特徴を持っています。

 

  • 「米ドル」は基軸通貨として有名で、世界情勢が不安定になると買われる傾向にあります。
  • 「ユーロドル」は世界一取引が行われている通貨ペアになります。
  • 「ポンド」は投機通貨として有名で、短期間に大きな値動きが多いです。
  • 「オーストラリアドル」は「スワップポイント」が人気な高金利の通貨でもあります。
  • 「ニュージーランドドル」は「オーストラリアドル」と似た動きを見せる傾向にあります。

初心者の方は、良く理解して自分なりに通貨ペアの特徴や傾向などを見つけながら取引を行って、取引のスキルを上げていくと良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る