FXのトレードタイミングとルール

買いのタイミング

日々のトレードをしていると、忘れがちなのが月足チャートの存在です。つい見逃しがちになってしまうのですが、月足チャートに現れるシグナルは、全て長期で

力強いものが多いです。「底値圏や安値圏からの連続陽線」は、上昇トレンドへの転換シグナルになります。

 

更に、ローソク足の買いシグナルは、陰線と陽線が拮抗する「保ち合いのボックス相場からの上放れ」や、「安値圏での大陽線」出現や、「安値圏・底値圏での下ヒゲ」となります。

 

一目均衡表の遅行線がローソク足を上にゴールデンクロスや、転換線が基準線にゴールデンクロスも買いシグナルですが、「だまし」も多いのでエントリーの根拠にはしない方が賢明と言えるでしょう。

 

そして、ローソク足が雲を完全に抜けても雲が下値の抵抗ゾーンとなってくれますので、買いのチャンスになります。

 

大陰線を何度もつけて下げてきた安値水準での、陽線のつつみ足や、定番コンビのローソク足と移動平均線の関係で、ローソク足が25日移動平均線を上回ったり、上昇トレンドが続く中での大陽線の出現も有効な買いのタイミングです。

 

トレンドラインから見る買いのシグナルは、右肩下がりのボックスから上に陽線で放たれた時や、高値を付けてから一旦下落する過程での窓開けからの窓埋めや、しっかりとした下値支持線が下に控えてるトレンドラインを割るまでのトレンド中です。

 

ローソク足が移動平均線から離れる事はマーケットの行き過ぎ感を意味しますので、移動平均線の上に位置しているローソク足が移動平均線から大きく乖離したポイントもシグナルの確認が出来ます。

 

底打ちを確認できるものは、「ダブルボトム」、「二点底」、「二重底」などと呼ばれます。同じ最安値を二度つけて反転する形は大底を打った事を示す可能性大となります。これは、投資家の買い意欲が強烈に控えている事の裏付けとも考えられます。二点底値をつけて上昇後、ネックライン(二点底で引かれる補助線で戻り高値の部分です)を抜くと強い動きである事を確認出来ます。

 

売りのシグナル

つつみ足は、底値圏や安値圏で出た時は上昇トレンドへの強力な転換シグナルになりますが、高値圏や天井圏で出た場合は、逆の意味となります。先に出た陽線をすっぽりと包み込む陰線が続いて現れた場合、この陰線つつみ足は強力な売りのシグナルになる可能性が高くなります。

 

上昇してきた所で、突然上ヒゲの長い陰線や大陰線が現れたら、それもサインです。その中でも特に注目したいのが、急上昇で大陽線を続出する形で上昇してきた所での上ヒゲ陰線や大陰線の出現です。

 

買いのシグナルの部分でもご説明しましたが、上昇過程での大陽線の出現は、非常に強いトレンドである事を示しますので、買いが集中し、市場での取引が過熱しています。

 

そんな時に、上ヒゲの陰線や大陰線が立つという事は過熱感が一巡して利益確定の売りなどが出始めた結果という事が多いのです。マーケットでは上がり過ぎたものは売られるのが常です。特に大陽線が続いたような時は、「一旦下がるのでは?」と市場参加者たちも考え始めます。そんなタイミングの時にチャートに変化が現れれば、シグナルに乗ってくるのは当然とも言えます。

 

一目均衡表でも、転換線が基準線をデッドクロスした時や、ローソク足が基準線の下に割り込んできた時や、遅行線とローソク足がのデッドクロスが出現した時点が売りのシグナルの出現です。

 

天井圏や高値圏で出現する反転シグナルのうち、最もダマシが少ないと言われるのがヘッドアンドショルダー(三尊天井)です。その後の高値が、ヘッドアンドショルダーのネックラインを上回れなければ、そこが売りシグナルです。

 

下放れしやすい保ち合いの形の下降フラッグ型は下放れした時が強力な強力な売りのシグナルとなります。ソーサートップの下放れや下降三角形型も絶好の売りのタイミングです。

 

トレードストップの勇気

常にトレードをしていなければならないわけではないのです。「常にポジションを持っていたい」は病気です。FXトレーダーが陥りやすい病気なのですが、市場では大抵どこかのタイミングで大きく動く事がありますが、そんな時にポジションを持っていないと「損した気分」になってしまい、常にポジションを持ってマーケットの動きに一喜一憂していたいという病気になってしまう人がいます。

 

しかし、本当に大きく儲かっている人はこの病気にかかっていないのです。

動かない時に、無理にトレードをするという事は、方向が見えていないのに売りや買いをしかける事になるので、これではギャンブルになります。そんなギャンブルはやめて、相場の方向がつかめる時にだけトレードしましょう。

 

本当に勝ち続けるトレーダーは必ずトレードストップをしています。1年を通して動く月や動きのない月がありますので、動くときだけを集中して狙うスタンスに徹し、1年を振り返ったら数回しか売買していないという事もあります。

 

ただ、その数回にかけるエネルギーは大きく、高いレバレッジを設定したり、取引額もかなり大きくしてトレードを行います。「休むも相場」、休むことで活力が湧き、客観的にマーケットを見る事も出来ますので、相場の方向が分からない時はトレードを休み、チャートを冷静に眺め次の一手を考えましょう。

 

チャート分析で勝つための約束事

チャート分析をトレードに活かして儲けていく為のルールは、「シグナルに忠実になる」事です。チャート分析は、投資効率を上げて大きな利益を得るために、絶対的に欠かせないものとなります。

 

チャートが発するシグナルによって、チャンスになったりリスクを伴なったりするのは、それだけ多くの投資家がチャートの動きに敏感になって、その動きに対するリアクションとして投資行動を取るからだと思われます。

 

チャート分析をしてトレードに活かそうとしているのに、途中から判断が鈍ってしまう人がいます。判断を鈍らせる原因としては、人の心の中にある「願望」や「予測」や「感情」やその他の多くのニュースがあります。

 

チャート分析によるシグナルでトレードをスタートしたのなら、終了するまでそうするべきです。ダマシにあって損をする事もあるかもしれませんが、チャートのシグナルに忠実である事が最終的には利益をもたらしてくれる事でしょう。

 

まとめ

「底値圏や安値圏からの連続陽線」は、上昇トレンドへの転換シグナルになります。

更に、ローソク足の買いシグナルは、陰線と陽線が拮抗する「保ち合いのボックス相場からの上放れ」や、「安値圏での大陽線」出現や、「安値圏・底値圏での下ヒゲ」となります。

 

大陰線を何度もつけて下げてきた安値水準での、陽線のつつみ足や、定番コンビのローソク足と移動平均線の関係で、ローソク足が25日移動平均線を上回ったり、上昇トレンドが続く中での大陽線の出現も有効な買いのタイミングです

 

。トレンドラインから見る買いのシグナルは、右肩下がりのボックスから上に陽線で放たれた時や、高値を付けてから一旦下落する過程での窓開けからの窓埋めです。移動平均線の上に位置しているローソク足が移動平均線から大きく乖離したポイントや、「ダブルボトム」、「二点底」、「二重底」をつけて上昇後、ネックライン(二点底で引かれる補助線で戻り高値の部分です)を抜く時も買いのタイミングです。

 

先に出た陽線をすっぽりと包み込む陰線が続いて現れた場合、この陰線つつみ足は強力な売りのシグナルになる可能性が高くなります。

 

上昇してきた所で、突然上ヒゲの長い陰線や大陰線が現れたら、それもサインです。その中でも特に注目したいのが、急上昇で大陽線を続出する形で上昇してきた所での上ヒゲ陰線や大陰線の出現です。

 

天井圏や高値圏で出現する反転シグナルのうち、最もダマシが少ないと言われるのがヘッドアンドショルダー(三尊天井)です。その後の高値が、ヘッドアンドショルダーのネックラインを上回れなければ、そこが売りシグナルです。

 

下放れしやすい保ち合いの形の下降フラッグ型は下放れした時が強力な強力な売りのシグナルとなります。ソーサートップの下放れや下降三角形型も絶好の売りのタイミングです。

 

常にトレードをしていなければならないわけではないのです。「常にポジションを持っていたい」は病気です。動かない時に、無理にトレードをするという事は、方向が見えていないのに売りや買いをしかける事になるので、これではギャンブルになります。

 

「休むも相場」、休むことで活力が湧き、客観的にマーケットを見る事も出来ますので、相場の方向が分からない時はトレードを休み、チャートを冷静に眺め次の一手を考えましょう。

 

チャート分析をトレードに活かして儲けていく為のルールは、「シグナルに忠実になる」事です。チャート分析は、投資効率を上げて大きな利益を得るために、絶対的に欠かせないものとなりますが、チャート分析をしてトレードに活かそうとしているのに、途中から判断が鈍ってしまう人がいます。

 

判断を鈍らせる原因としては、人の心の中にある「願望」や「予測」や「感情」やその他の多くのニュースがありますが、

チャート分析によるシグナルでトレードをスタートしたのなら、終了するまでそうするべきです。ダマシにあって損をする事もあるかもしれませんが、チャートのシグナルに忠実である事が最終的には利益をもたらしてくれる事でしょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る