FXトレード|保ち合いの形とは?トレードに重要な鉄則を一挙公開

上放れの保ち合い

為替相場では、値動きの振れ幅が狭くなり、「お休み」的な場面になる事がよくあります。

これが「保ち合い」で、上値抵抗線と下値支持線を引くと次の転換点の事前サインになります。

小さい動きの相場に、高値同士を線で結んだ上値抵抗線と、安値同士を線で結んだ下値支持線を引いてみると、三角形や変形四角形などさまざまな形になるはずです。

この形が、次のトレンドを示唆する事前のシグナルを送ってくれるという事です。

 

このような、さまざまな「保ち合い」から上に放たれると上昇シグナルになりやすく、次の4つが典型的なパターンです。

①「上昇三角型」

上昇トレンドの途中で、ちょっと一つ休みという所で出やすくなる形です。上値抵抗線は水平で、下値支持線が見つかりません右肩上がりに三角形の形となります。徐々に、高値と安値の値幅が小さくなり上に放たれていく事が多い形です。

②「上昇フラッグ型」

上値抵抗線と下値支持線が、並行して下降していく変形ボックスみたいな形が、この上昇フラッグ型です。上昇トレンドの中で一時的に下に向いて動く事から、「押し目買い」のチャンスになりやすく、これを上に抜けると本格的な上昇のスタートです。

③「上昇ペナント型」

上昇トレンド、または上がり始めた所で、直前に1本調子で上昇してから作られる形となります。高値は切り下がるので上値抵抗線は右肩下がりになり、下値は切り上がるから下値支持線は右肩上がりになる三角形の形となり、上に放たれやすくなります。

④「下降ウェッジ型」

ゴルフクラブのウェッジみたいな形をしている事から、ウェッジ型と呼ばれているようです。これは、買い意欲である下値支持線より上に売り意欲である上値抵抗線の方が強く、徐々に買い意欲の方が増して、再び上向きに転換しやすくなるという形です。

下値は徐々に切り下がり、上値はそれ以上に切り下がって、最後に上に放たれやすくなるという事です。

 

下放れの保ち合い

上下の振れ幅が狭くなり、上下へ放たれる動きを事前のサインで知らせてくれる保ち合いの形の中、下に放たれやすいもののパターンについてご説明していきます。

下に放れやすい保ち合いの形として3つをご説明していきます。

 

①「下降三角型」

下降トレンドの途中で出やすい形となります。上値は切り下がるから、上値抵抗線は右肩下がりになり、下値は同じ水準で推移するので、下値支持線が水平となる三角形が形成され、下に放たれる動きが出やすくなります。

②「下降フラッグ型」

下降トレンドの下向きの動きから、一時的に戻り場面を作りやすいのがこの形で、上値抵抗線と下値支持線が右肩上がりに並行に推移し、変形ボックスの形となります。こちらも、ある程度もみ合った後に下に放れやすい形となります。売り損ねた人や追撃売りを仕掛けたい人には、この下降フラッグ型が出現したら戻り売りのチャンスとなります。

「FXのタイミングとルール」について知りたい方はこちらをクリック。

 

③「下降ペナント型」

ペナント型の特徴は、直前の1本調子の上げ下げです。下降ペナント型の場合は、直前に1本調子の下げがあった後、一時的に下値はkり上がるので下値支持線は右肩上がりになります。ですが、売りの圧力が強いので、高値にも勢いがない為、上値抵抗線は右肩下がりになってペナント型になります。その後、下に放れやすくなります。

 

ダブルの保ち合い

最後の2つは、判断が難しいですので、放れた方につきましょう。

①「対称三角型」

保ち合いの動きの中で、高値は切り下がるので、上値抵抗線は右肩下がりになって、安値は切りあがるから下値支持線は右肩上がりとなります。

売りと買いの圧力が拮抗して、どちらが勝るかの判断が難しい時に出る形です。

 

②「コイル型」

対称三角形に似ていますが、対称三角形より長い時間をかけて形成されて、コイルのように横に長い三角形になる事から、長い時間保ち合いが続く時に現れる形です。

 

保ち合いの鉄則

保ち合いの形によって、上昇や下降や両方アリとそれぞれの形をご説明しましたが、基本は「放れた方につく」事です。

 

ボックス相場を上に抜けだした時は、それまでにたまっていたエネルギーが噴出する事が多いので、強力な売買開始のシグナルとなります。ボックス相場は、暫く一定の水準の中で上下に振幅しながら、次の方向性をうかがうような動きです。上に放れやすい形や、下に放たれやすい形がありますが、現実にはどちらになるか放たれた瞬間まで分かりません。

ですので、上でも下でも事前に決めつけて動き出す事はお勧めできません。

 

保ち合い放れは、色々な形がありますが、どんな形にも上には上値抵抗線、下には下値支持線があります。まずは、「そこからどう放れたか」を確認する事が大切です。

 

買いシグナルの場合は、上値抵抗線をブレイクアップした瞬間が買いポジションの入り口です。売りシグナルの場合は、下値支持線をブレイクダウンした瞬間が売りポジションの入り口です。

 

いずれの場合も、放れる直前にはかなりのエネルギーが集まっていますので、放れた瞬間の動きは急激に加速するケースが多いです。

 

まとめ

為替相場では、値動きの振れ幅が狭くなり、「お休み」的な場面になる事がよくあります。

これが「保ち合い」で、上値抵抗線と下値支持線を引くと次の転換点の事前サインになります。

小さい動きの相場に、高値同士を線で結んだ上値抵抗線と、安値同士を線で結んだ下値支持線を引いてみると、三角形や変形四角形などさまざまな形になるはずです。

この形が、次のトレンドを示唆する事前のシグナルを送ってくれるという事です。

 

さまざまな「保ち合い」から上に放たれると上昇シグナルになりやすい4つの典型的なパターンが、①「上昇三角型」②「上昇フラッグ型」③「上昇ペナント型」④「下降ウェッジ型」で、

 

「上昇三角型」は、上昇トレンドの途中で、ちょっと一つ休みという所で出やすくなる形です。「上昇フラッグ型」は、上値抵抗線と下値支持線が、並行して下降していく変形ボックスみたいな形が、この上昇フラッグ型です。「上昇ペナント型」は、上昇トレンド、または上がり始めた所で、直前に1本調子で上昇してから作られる形となります。「下降ウェッジ型」は、ゴルフクラブのウェッジみたいな形をしている事から、ウェッジ型と呼ばれているようです。これは、買い意欲である下値支持線より上に売り意欲である上値抵抗線の方が強く、徐々に買い意欲の方が増して、再び上向きに転換しやすくなるという形です。

 

上下の振れ幅が狭くなり、上下へ放たれる動きを事前のサインで知らせてくれる保ち合いの形の中、下に放れやすい保ち合いの形として3つのパターンが、①「下降三角型」②「下降フラッグ型」③「下降ペナント型」で、

 

「下降三角型」は、下降トレンドの途中で出やすい形となります。「下降フラッグ型」

は、下降トレンドの下向きの動きから、一時的に戻り場面を作りやすいのがこの形で、上値抵抗線と下値支持線が右肩上がりに並行に推移し、変形ボックスの形となります。「下降ペナント型」は、、直前の1本調子の上げ下げです。

 

最後の2つは、判断が難しいですが、①「対称三角型」②「コイル型」で、「対称三角型」

は、保ち合いの動きの中で、高値は切り下がるので、上値抵抗線は右肩下がりになって、安値は切りあがるから下値支持線は右肩上がりとなります。「コイル型」は、対称三角形に似ていますが、対称三角形より長い時間をかけて形成されて、コイルのように横に長い三角形になる事から、長い時間保ち合いが続く時に現れる形です。

 

保ち合いの形によって、上昇や下降や両方アリとそれぞれの形をご説明しましたが、基本は「放れた方につく」事です。

 

保ち合い放れは、色々な形がありますが、どんな形にも上には上値抵抗線、下には下値支持線があります。まずは、「そこからどう放れたか」を確認する事が大切です。

 

買いシグナルの場合は、上値抵抗線をブレイクアップした瞬間が買いポジションの入り口です。売りシグナルの場合は、下値支持線をブレイクダウンした瞬間が売りポジションの入り口です。

 

いずれの場合も、放れる直前にはかなりのエネルギーが集まっていますので、放れた瞬間の動きは急激に加速するケースが多いです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る