マインドを制するものはFXを制する!【重要】

 

都合の良いトレード分析

FX初心者にありがちなのが、トレードする時に自分にとって都合の良い分析をしてしまう事です。自分がエントリーしやすいように、都合良く相場を見て判断してしまっているのです。そして、自分が持ってるポジションに都合よく、自分に有利に相場を分析してしまったりする場合もです。

 

トレンド判断をダウ理論でしたのに、エントリーをする時の分析においては、エリオット波動理論や、ダイバージェンスや色々出てきたりします。また、自信がないからかもしれませんが、分析について訊ねたりすると、考えがコロコロと変わる人もそういう傾向が強いと思われます。

 

「そこでエントリーは危険です」と言われれば、「ではこっちのポイントでエントリーします」と答えたり、「トレンドはまだですが…」と質問すれば、「そうですか?ではもう少し待ってみます」と言ったりします。

 

これは、自分自身で根拠のないトレードをしている事に他ならなくて、指摘をされるとその話を鵜呑みにしてしまいます。何故そう思ったか、という理由があっての自分なりの意見や分析があるはずなのに、自分がやってる事に自信がなかったり根拠がなかったりする為、何がいけなかったのかという事が抜けてしまっているのです。

 

これでは、例え勝ったとしてもまた勝てる根拠もないですし、意味もありませんし、いつか資産をなくす日が訪れます。いつまでも根拠や自信のないトレードはやめにして、この状況を抜け出してください。
「そのポジションでのエントリーが危険」と言われた場合でも、「確かに危険かもしれませんが、反発も根拠がありますので、少しリスクを取って検証も含め今回はこちらでポジションを取りました」など、自分の考えや根拠をしっかり言えたトレードを出来る方が、今後の分析の幅が広がっていきます。

認知的不協和で負のスパイラル

「認知的不協和」とは、

人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態、またはそれに耐えられないが為に自身の態度や行動を変更する事を言います。

投資の世界において、「今回は損をしたけど、良い勉強になった」というのが良い例です。

 

投資を始める前の理想として、①投資をする②利益を出す③資産を増やす④目的達成
というのがおおまかな流れとしてある場合、
実際に起こってしまったのは、①投資をした②損益を出した③資産が減る④目的が遠のくという、理想とは違うものとなって、その事実に耐えられなくなって、今回の一件によって反省をして、そのおかげで次回は利益を上げるかもしれないという一文を追加してしまう事により、精神的な不安を解消する行為です。

 

これらの行為は、一見すると「失敗を反省して次回に活かす」という前向きな行為に見えますが、反省する事が目的ではなく、ただ単に、損をしてしまった事実を覆い隠しているために同じ事を繰り返してしまい、何度も繰り返してしまい、「強化の法則」によって、損を出すスパイラルから抜け出しにくくなってしまいます。

 

その連鎖から抜け出す為には何が悪くて次回は何に気をつければいいのかを間違っていてもいいのであげる事です。

確証バイアスによるトレードへの影響

「確証バイアス」とは、個人の先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけ集めて、それによって自己の先入観を補強するという現象の事です。

 

投資での例をあげますと、チャートを見ていて買いでポジションを持ちたい場合、どうしても心のどこかで「アップトレンド」と判断したいがために、「アップトレンド」の情報や判断材料を集め出してしまうのです。

 

目的が「分析」から、「自分の考えを後押しするもの」へとシフトしてしまうのです。

その時、「アップトレンドではない」材料を打ち消したりしてしまうのです。人はこの「確証バイアス」と言うもののために、一度こうだと信じ始めた事を補強するような情報ばかり集めてしまうのです。

 

更に、その反証などを無視してしまう傾向があるのです。そうなりますと、投資の世界では、相場分析ではなく、単なる思い込みとなってしまって、チャート分析とは言えないような、ただの自分の思い込みのトレードになって、無駄なエントリーを繰り返してしまいます。

 

ここで、負けていればまだよいのですが、最悪なケースは、たまたまとはいえ勝ってしまう場合です。自分の単なる思い込みが強化されてしまうので、間違った方法が正しくて儲かる方法とインプットされてしまいます。

 

そのような思い込みや強化が強かった場合、最終的には資産が吹き飛ぶ所までいってしまう事になりかねません。

プロスぺクト理論に隠された真実とは?

 

「プロスペクト理論」とは、

リスクを伴う意思表示が期待値にそのまま従って行われるというのではなく、その人が置かれた状況により左右される事を定式化しようとする理論の事を言います。一言で表しますと「人は損をするのが大嫌い」となります。これは、「人は損すると取り返したくなる」と言い換える事が出来ます。

 

これまで、どんな場合も合理的に行動すると思われていた人間は、損得が絡むケースでは、「非合理な行動」を取ってしまうのです。

 

つまり、論理的には間違ってるとしても、人間は感情によって損するように行動してしまうのです。投資家としては、この行動は厄介で、これをどう防ぐか考えなくてはなりません。

有名な「コインの問題」では、コインゲームに参加すると、あなたは大金を手に入れられるか、または手持ちの資金を失います。表が出る場合は100万円もらえて、裏が出る場合は50万円を失います。コインを投げて、表と裏が出る確率は50%です。コインゲームに参加しない場合、ノーリスクで20万円を手に入れれます。

 

しかし、有利なルールで作られているにもかかわらず、多くの人は「確実な20万円」を選択します。行動心理学では、ゲームに参加して100万円GETか50万円失う合理的な選択よりも、人間はローリスクローリターンを好む「リスク回避な生き物」である事が証明されています。
しかし、「現時点で50万円の損失を負っている」という状況が前提条件で付いていることによって、人間はつい「一発逆転」を狙って、期待値の低いギャンブルに参加してしまうのです。

 

それを回避するには、「論理的な行動」「機械的なトレード」「感情にコントロールされない」「理論的に儲かると検証された方法」を「ただ淡々とこなしていくトレーダーになる事です。
これが出来れば「プロスペクト理論」も怖くありません。

まとめ

FX初心者にありがちなのが、トレードする時に自分にとって都合の良い分析をしてしまう事です。自分がエントリーしやすいように、都合良く相場を見て判断してしまっているのです。そして、自分が持ってるポジションに都合よく、自分に有利に相場を分析してしまったりする場合もです。

 

これでは、例え勝ったとしてもまた勝てる根拠もないですし、意味もありませんし、いつか資産をなくす日が訪れます。いつまでも根拠や自信のないトレードはやめにして、この状況を抜け出してください。

 

「そのポジションでのエントリーが危険」と言われた場合でも、「確かに危険かもしれませんが、反発も根拠がありますので、少しリスクを取って検証も含め今回はこちらでポジションを取りました」など、自分の考えや根拠をしっかり言えたトレードを出来る方が、今後の分析の幅が広がっていきます。

 

「認知的不協和」とは、

人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態、またはそれに耐えられないが為に自身の態度や行動を変更する事を言います。

理想とは違うものとなって、その事実に耐えられなくなって、今回の一件によって反省をして、そのおかげで次回は利益を上げるかもしれないという一文を追加してしまう事により、精神的な不安を解消する行為です。

 

これらの行為は、一見すると「失敗を反省して次回に活かす」という前向きな行為に見えますが、反省する事が目的ではなく、ただ単に、損をしてしまった事実を覆い隠しているために同じ事を繰り返してしまい、何度も繰り返してしまい、「強化の法則」によって、損を出すスパイラルから抜け出しにくくなってしまいます。
その連鎖から抜け出す為には何が悪くて次回は何に気をつければいいのかを間違っていてもいいのであげる事です。

 

「確証バイアス」とは、

個人の先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけ集めて、それによって自己の先入観を補強するという現象の事です。
目的が「分析」から、「自分の考えを後押しするもの」へとシフトしてしまうのです。

 

その時、「アップトレンドではない」材料を打ち消したりしてしまうのです。人はこの「確証バイアス」と言うもののために、一度こうだと信じ始めた事を補強するような情報ばかり集めてしまうのです。

更に、その反証などを無視してしまう傾向があるのです。そうなりますと、投資の世界では、相場分析ではなく、単なる思い込みとなってしまって、チャート分析とは言えないような、ただの自分の思い込みのトレードになって、無駄なエントリーを繰り返してしまい、、最悪なケースは、たまたまとはいえ勝ってしまう場合です。

 

自分の単なる思い込みが強化されてしまうので、間違った方法が正しくて儲かる方法とインプットされてしまいます。
そのような思い込みや強化が強かった場合、最終的には資産が吹き飛ぶ所までいってしまう事になりかねません。

「プロスペクト理論」とは、

リスクを伴う意思表示が期待値にそのまま従って行われるというのではなく、その人が置かれた状況により左右される事を定式化しようとする理論の事を言います。一言で表しますと「人は損をするのが大嫌い」となります。これは、「人は損すると取り返したくなる」と言い換える事が出来ます。

 

「現時点で損失を負っている」という状況が前提条件で付いていることによって、人間はつい「一発逆転」を狙って、期待値の低いギャンブルに参加してしまうのです。

 

それを回避するには、「論理的な行動」「機械的なトレード」「感情にコントロールされない」「理論的に儲かると検証された方法」を「ただ淡々とこなしていくトレーダーになる事です。
これが出来れば「プロスペクト理論」も怖くありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る