FXで勝ち続けるために必要な視点

FXで負けている人の原因とは?

FXで勝てている人は、勝てている理由があります。
負けている人にも、必ず負けている理由があります。ですので、負けている理由を納得がいくまで調べ、負けている理由を勝てる理由に変えてFXで勝てるようになりましょう。

 

負け続けている人の考えられる敗因をあげていきます。

単純に勉強不足

これでは負けるのは当たり前ですが、そもそも勉強せずにFXで勝ち続ける事は不可能に近いです。そしてリスク管理を全くしていない事もです。

 

どれだけFXに対しての知識がないととしても、損切りを設ける事は必ず必要になってきます。

単位足でのトレードをしている

複数の時間軸やマルチタイムフレームなどで、単位足だけでは分からない相場を見る事が利益をあげていくのに最善と言えます。

トレードスタイルを頻繁に変えたりする

トレードスタイルや手法は人により違いますし、さまざまです。トレードスタイルをコロコロと変えていく人は、相場で勝っていく事は難しいと言えるでしょう。

 

1つのスタイルを使い続ける事で、敗因を見直していけたり良い点に気づけたりして、自分のトレードの精度をあげる事が出来るのです。

トレード記録を全くつけていない

自分のトレードを振り返り、トレードを分析しないと精度は上がらず、いつまでもずっと勝てない可能性が高いと言えます。

検証をしていない

最初から完璧に出来るトレーダーはいません。

トレードを見直し、改めたりする事で精度が高く勝てるトレードに近づけます。

インジケーターを組み合わせれば勝てると思っている

インジケーターを上手く組み合わせれば聖杯な手法が完成と思っている事です。インジケーターのみに頼ったトレードでは必勝法は出来ない事は確かです。

相場がどのように動いているのか根本的な事を深く追求していかなければ、ずっと負け続けるといった現象に陥ってしまいます。

自分のトレードルールを持つ事

これは、負けてる人の敗因にもなるのですが、ルールを確立してないのは危険です。
相場にルールはないので、自分なりの一定のルールを必ず作らなければなりません。

資金がなくなるまでエントリーのままでは、その間はずっとどこまでも利益を伸ばしていけますし、逆に損失もどんどん大きくなっていきます。

 

トレードの回数や負けた時どうするかや、損切りに対してなど、ルールを設けてない場合、FX市場からいずれ退場する可能性はとても高くなります。

 

最低限、損切りは必ずつけておく事が大事です。決めた損失の範囲から損を伸ばさない事です。

経済指標は必ず確認するべし

初心者が始めにやる事でも触れましたが、ファンダメンタルにおいて経済指標は外せません。経済指標を更に詳しく説明しますと、各国の政府や、日本で財務省や経済産業省や内閣府にあたる経済関係の中央省庁、日本では日本銀行にあたる中央銀行が発表している「経済に関連する統計」の事になります。

 

注目すべき重要な経済指標

米国雇用統計(非農業部門雇用者数・失業率)」は、「経済指標が注目されやすくなる3つの条件」の、

毎月の発表頻度が高い

統計調査の対象が幅広い

比較的発表時期が早い

という条件を満たしています。毎月、第一金曜日に発表されます。

 

GDP(国内総生産)」は、一定期間内に国内で産み出される付加価値の総額の事で、ほとんどの国や地域での発表で、その国の経済の規模を示す最も重宝されている指標の一つです。四半期ごとに発表され、同じ国や時期の数値が複数にわたり発表される特徴もあります。

 

小売売上高」は、百貨店やスーパーマーケット、コンビニなど小売業者の売上額をまとめたもので、毎月中旬に発表されています。消費動向を見極める上で最も重宝されています。

 

鉱工業生産」は、コンピューターや電化製品、自動車など工業品の生産高などを表す指標です。経済の状況が推測できますし、消費動向も分析出来ます。

 

ZEW景況感指数」は、ドイツで毎月下旬に発表され、数値がプラスの時は好景気、数値がマイナスの時は景気が後退してると見られています。

 

IFO景況感指数」は、ドイツで毎月発表され、1991年を100とする指数です。数値が100未満の場合、1991年よりも不景気と見られていて、逆に100以上の場合は1991年より好景気と考えられています。

 

米国消費者信頼感指数」は、カンファレンスボード(米国民間調査機関)が毎月発表する指数です。1985年を100とする指数で、数値が100未満の場合、1985年よりも不景気と見られ、100以上の場合は1985年より好景気と考えられています。

 

ミシガン大消費者信頼感指数」は、米国のミシガン大学が毎月発表する指数です。
考え方は上記二つと同じで、1966年が基準値になります。

はじめは大きな流れを読み取る事が重要

大きな流れをつかむという事は目線を決定する事です。目線=今どちらの方向を狙っていけばいいのかという戦略を決定するという事です。

 

波の考え方をつかんでおく事が大事です。相場の上下運動の繰り返しの流れは波のように見えます。短期足の波と長期足の波とでは、大きさや値幅が変わってきます。
大きな波の中には、小さな波の存在が分かります。

 

短期足と長期足のトレンドが逆方向であれば、流れがどこで転換するのか見極めが必要となってきます。大きな流れの中でどのような状況にいるのかをつかむ事が重要です。

FXで勝ち続けるために必要な視点まとめ

  • ルールやトレードロジックを自分なりに検証して確認する
  • 決めたルールやトレードロジックの通りにトレードをする
  • 経済指標や大きな流れを確認する
  • 成績や勝率を安定させ、同時にメンタルも安定させる

勝ち続けている理由や負け続けている敗因は、細かくいえば他にもさまざまな要因は考えられますが、上記で事柄が原因となってる事が多いと思われます。

 

自分なりに負けている原因を確認し、そのままトレードするのではなく、FXで自分が出来ていない足りていない部分を改善や克服していく事が、FXで勝てるトレーダーへの最善の方法になると思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る