「ファンダメンタルズ分析の基本」

1.「FXにおけるファンダメンタル分析」

「ファンダメンタル分析」とは、「基礎」「根本に関わる」という意味で、そこから「基礎的要因」といった名詞の意味が出てきます。

 

「基礎的要因」という意味でファンダメンタルズという言葉が使用されるのは、主に経済に関わる話題の時ですが、経済に関わる基礎的要因は何を指すのでしょうか?

 

経済における基礎的要因というのは、企業においては売上高、利益、純資産価値などの一企業の価値を評価するような基本的な財務データ、そして国においては経済成長率、物価上昇率、失業率、国際収支など一国の経済状態を評価する基礎的条件である経済指標や、各国の政府関係者、経済関係者の発言、もしくは、戦争やテロなど世界情勢を揺るがす事件の事を示します。

 

FXにおけるファンダメンタルズとは、FX自体が為替を対象にしていますので、経済指標や要人発言の事となります。この事から、FXにおけるファンダメンタルズ分析とは、経済指標また要人発言などに基づく分析という事になります。

 

2.「要人発言が引き起こす事は?」

為替相場は、常に値動きを起こさせるような材料を探しています。

各国の要人発言は、思わぬ値動きを引き起こす要因でもあります。

 

まず、要人としましては、各国の大統領や首相や財務大臣や中央銀行総裁などの事を言います。内容は、金融政策に関するものが一番注目されますが、財政に影響を与える事や為替相場そのものについての発言も注目を集めます。

 

例えとして、欧州中央銀行(ECB)の総裁が現在の金利水準をどう見ているか、アメリカ連邦準備銀行(FRB)総裁はインフレ圧力をどう感じているかなど、政策金利の引き上げなどを匂わすような発言をした時、現在はインターネットが世界中に張り巡らされている状態ですので、瞬時に世界中にその発言がニュースとして流れ、相場の値動きを作り出すという事です。

 

基本的に、要人発言は記者会見などでの発言が多いのですが、いきなり不用意な発言をしてしまったり…なんていう事もあります。よって、予測は不可能ですし、その発言により相場がどう動くかは大衆の判断した結果になりますので、その発言によってトレードをするのは厳禁ですが、注意は払っておく必要性は高いです。

 

3.「最も注目される雇用統計」

アメリカ合衆国は、「完全雇用」を国の方針にしています。そのために、雇用状況を示す数値は、金融政策に大きな影響を及ぼす指標として、為替市場では重要視されています。アメリカ合衆国「雇用統計(米雇用統計)」では、失業率と非農業部門の2つの発表があります。

失業率は、「失業者÷労働力人口×100」で定義されます。労働力人口の定義などは各国によって異なります。アメリカ合衆国では、政策変更のきっかけとなる事も多く、景気低迷期には発表直後に金融緩和に踏み切るような事もあった程です。

 

ただ、景気に遅行しますので、「非農業就業者数」や「新規失業保険申請件数」の方が統計としては、信頼出来るという意見もあります。

「非農業就業者数」は、事業所調査によって、「非農業部門」に属する事業者の給与支払い帳簿などを基に集計された就業者数を指しています。「失業率」とは概念が異なっていて、給与が支払われているかそうでないかが基準となります。

 

集計数は、業種別に分類されていて、特に製造業の就業者数に注目が集まる指標です。雇用の実勢レートが分かりにくい農業部門を除く事で米産業の雇用動向を明確に把握出来るという事で注目されています。

 

アメリカ合衆国経済の最重要指標で、月々では失業率と反対の結果になる事もありますが、その時はこの指標の方が信頼出来るとされています。余程の事がない限り、雇用者数の安定無しでは利上げはあり得ないという事になります。

 

毎月、第一金曜日の日本時間の22時30分【(夏時間/サマータイム時)は、日本時間の21時30分】に発表が行われますが、掲載指標の中でも最も為替の動きに影響を与えるし指標となっているために、必ずチェックすべき経済指標です。

 

4.「各国の政策金利」

各国の「政策金利」は、それぞれの中央銀行の金融政策により決定されます。各国の政策金利により、スワップポイントが変わりますし、該当通貨の値動きに影響を与えるケースが多いために、注目する必要があります。

 

FOMC政策金利(アメリカ合衆国)・FCB政策金利(ユーロ圏)・日本銀行政策金利(日本)・BOE政策金利(イギリス)・SNB政策金利(スイス)・BOC政策金利(カナダ)・RBA政策金利(オーストラリア)・RBNZ政策金利(ニュージーランド)

 

中央銀行の金融政策によって決められて、景気が良い場合には、高く設定され、景気が悪い場合には低く設定されます。これにより、景気が良い場合には預貯金やローンの金利が上がり、通貨の流通が抑えられて、景気が悪い場合には金利が低くなり、通貨の流通を促進する意味合いを持たせるという事になります。

 

「FOMC」とは、「連邦公開市場委員会」の事で、アメリカ合衆国の金融政策の一つである公開市場操作(国際買いオペなどを通じて金融機関の資金需要を調節する事)の方針などを決定する委員会となります。

 

「FOMC]は、アメリカの中央銀行ともいうべきFRB(連邦準備制度理事会)の理事の7名や地区ごとの連邦準備銀行総裁5名によって構成されており、アメリカの金融政策を決定する最高意思決定機関です。定期的に、役6週間ごと年8回開催される他に必要に応じて随時開催されます。

 

他としましては、各中央銀行になります。

ECB(ヨーロッパ中央銀行) BOE(イングランド銀行) SNB(スイス国立銀行)

BOC(カナダ銀行)  RBA(オーストラリア準備銀行) RBnZ(ニュージーランド準備銀行)

 

また、「FRB議長発言(アメリカ合衆国)」、「ECB総裁発言(ユーロ圏)」の2つは、アメリカ合衆国、ユーロ圏における経済関係の要人発言によって、為替の値動きに影響を与える事があるために注目した方が良いと思われます。

 

5.「まとめ」

「ファンダメンタル分析」とは、「基礎」「根本に関わる」という意味で、そこから「基礎的要因」といった名詞の意味が出てきます。

 

FXにおけるファンダメンタルズとは、FX自体が為替を対象にしていますので、経済指標や要人発言の事となります。この事から、FXにおけるファンダメンタルズ分析とは、経済指標また要人発言などに基づく分析という事になります。

 

為替相場は、常に値動きを起こさせるような材料を探しています。

各国の要人発言は、思わぬ値動きを引き起こす要因でもあります。

 

まず、要人としましては、各国の大統領や首相や財務大臣や中央銀行総裁などの事を言います。内容は、金融政策に関するものが一番注目されますが、財政に影響を与える事や為替相場そのものについての発言も注目を集めます。

 

基本的に、要人発言は記者会見などでの発言が多いのですが、いきなり不用意な発言をしてしまったり…なんていう事もあります。よって、予測は不可能ですし、その発言により相場がどう動くかは大衆の判断した結果になりますので、その発言によってトレードをするのは厳禁ですが、注意は払っておく必要性は高いです。

 

アメリカ合衆国は、「完全雇用」を国の方針にしています。そのために、雇用状況を示す数値は、金融政策に大きな影響を及ぼす指標として、為替市場では重要視されています。アメリカ合衆国「雇用統計(米雇用統計)」では、失業率と非農業部門の2つの発表があります。

毎月、第一金曜日の日本時間の22時30分【(夏時間/サマータイム時)は、日本時間の21時30分】に発表が行われますが、掲載指標の中でも最も為替の動きに影響を与えるし指標となっているために、必ずチェックすべき経済指標です。

 

各国の「政策金利」は、それぞれの中央銀行の金融政策により決定されます。各国の政策金利により、スワップポイントが変わりますし、該当通貨の値動きに影響を与えるケースが多いために、注目する必要があります。

 

FOMC政策金利(アメリカ合衆国)・FCB政策金利(ユーロ圏)・日本銀行政策金利(日本)・BOE政策金利(イギリス)・SNB政策金利(スイス)・BOC政策金利(カナダ)・RBA政策金利(オーストラリア)・RBNZ政策金利(ニュージーランド)

 

他としましては、各中央銀行になります。

ECB(ヨーロッパ中央銀行) BOE(イングランド銀行) SNB(スイス国立銀行)

BOC(カナダ銀行)  RBA(オーストラリア準備銀行) RBnZ(ニュージーランド準備銀行)

 

また、「FRB議長発言(アメリカ合衆国)」、「ECB総裁発言(ユーロ圏)」の2つは、アメリカ合衆国、ユーロ圏における経済関係の要人発言によって、為替の値動きに影響を与える事があるために注目した方が良いと思われます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る