「FX市場と心理」

 

1.「東京時間の特徴」

FX市場は24時間開いていますが、世界中の市場が時差によって時間が異なります。「ロンドン市場」と「ニューヨーク市場」と「東京市場」は、世界三大市場と呼ばれています。それぞれの市場のオープン時間帯は、「ロンドン時間」「ニューヨーク時間」「東京時間」と呼ばれています。

 

「東京市場」の「東京時間」は、アジア市場の中においては、最もFXの扱いの大きな市場となりまして、ロンドンやニューヨークと並ぶ大型のFX市場となります。ただ、世界的に見ていきますと、FXの取引量が多いのは、ロンドンとニューヨークが重なる「日本時間の夜から深夜」にかけての時間帯になりますので、比較的落ち着いた値動きをします。

 

特徴としましては、「オセアニア市場」に続いて始まる「東京市場」ですが、「オセアニア市場」は小規模となりますので、1日の始まりはこの「東京市場」からが実質的なスタートになるという事がいえます。FX個人投資家のドル市場参入が多い為、逆張りからの参入ケースが多いと言われています。

 

ですので、通常のFX相場では、逆張りによって、他の市場に比べてレンジ相場になりやすいのが「東京時間」の特徴です。レンジ相場の中でも、クロス円は比較的動く通貨となります。ですが、ドルストレート通貨に関しては動きが大人しく傾向があるようです。

 

東京タイムの早朝時間帯は、ニューヨーク勢の夜にあたりますので、この時間帯にニューヨーク勢が仕掛けてくることも考えられるので、前日の相場で激しく動く材料があり、動きが活発化している時などは、注意が必要となります。

 

「東京時間」で注目する経済指標は、豪ドルなどの資源国通貨関連となり、中央銀行の政策決定会合や、中国のCPIなどが挙げられます。

 

「東京時間」では、「午前9時55分」にメガバンクで、「仲値」という銀行での窓口両替の基準レートが毎日発表されます。よって、この時間帯はドル円を中心とし、活発に相場が動く傾向にあります。

 

また、「五十日(ごとうび)」と呼ばれている決済集中日には、売りが多く持ち込まれ、大きな動きになる事もあります。

 

2.「ロンドン時間の特徴」

「ロンドン時間」は、世界最大の為替市場である「ロンドン市場」が動く時間の事を言います。夏は、日本時間の16時~24時、冬は日本時間の17時~25時になります。

 

取引の量が多く、欧州の投資家の参入や指標などによって、「東京市場」で作り上げてきた相場の流れが一気に変わったりする事もあります。ボラティリティーが非常に高くなる時もあるので注意が必要となります。22時から(冬は23時)ニューヨーク市場が始まるので、その時も勿論注意が必要です。

 

主役となっている通貨は、「ポンド」ではなく、「ユーロ」です。一番取引されている通貨ペアは、「ユーロ/ドル」です。意外に思われるかもですが、「ドル/円」もよく取引されています。流動性の高い通貨ペアが好んで取引され、そのために「ドルストレート」の通貨ペアが中心となり、その中でも「ユーロ/ドル」の取引量が多くなります。「ドル/円」も、「ポンド/ドル」以上に取引されています。

 

「ロンドン時間」の午後に入ると、米国市場が動き出しますので、値動きは更に活発になっていきます。「ロンドン時間」のスタートにより、実需要だけでなく、投機筋も多数参加してきます。豊富な資金を元手に一気に仕掛けるので、この時間はそれまでのサポートラインやレジスタンスラインを一気にブレイクする事も多くなります。もう1つトレンドが出やすい要因があります。

 

最終日付が変わり、午前1時に「ロンドンフィックス」というものがあります。その値によって、「為替レート」が大きく動く事があります。サマータイムだと、午前0時という事になります。これは、「東京時間」で書いた「仲値」というもののロンドンバージョンと言う感じです。この「ロンドンフィックス」はマーケットニュースで流れます。「ロンドンフィックスでドル買いが強まるという噂」などは、誰が噂をしているのかは分かりません。

 

今までは、株高だった時には債券が売られて、利率が高くなるのが定石でした。ですが、最近では株が買われるとほぼ同時に、債券も買われるというような市場状況になってきています。従来からの株や債券やFXの関係が大きく崩れて基本的ているという事にもとれて、このあたりの連動性を見るのは、難しくなってきているのが実情とも言えます。

 

3.「ニューヨーク時間の特徴」

「ニューヨーク時間」は、日本時間の「22時~翌日の5時」までとなります。ニューヨーク時間の場合、現地の昼時間を過ぎると極端に動きが少なくなる傾向があり、午前中に集中した動きになる事が多いです。

 

ニューヨーク証券取引所の株価の動きや債券金利など、他の市場に影響を受けます。ニューヨーク証券取引所のスタートタイムで為替が動く事もよくあります。ただ、FXが株価と連動しない事も起きている事によって、その見極めが難しくなります。

 

ボラティリティーが大きい「ニューヨーク市場」ですが、金曜日の午後になりますとFX相場が動かない事が多くなります。これは、1週間単位で取引を行う主力の投資家が、州の前半に仕掛けを作って、金曜の午後までに決済する事が多いのも要因になっています。

 

「ニューヨーク市場」は、「ロンドン市場」の半分ぐらいの取引の量となりますので、「ロンドンフィックス」後は取引の量引量は徐々に薄くなっていきます。ですが、このような場面では仕掛ける投資家が登場すると、短時間で相場が急騰や急落するといった展開となります。

 

「日本時間の深夜なら動きがないからストップを入れなくても大丈夫」という安易な考えが、FXでの失敗を招いてしまいますので注意が必要です。

 

4.「市場での心理」

「為替レート」は、経済情勢が変わったから動くのではありません。経済情勢が変わっても、市場参入者が売買しなければ値段は動きません。「為替レート」は、「人々の心理が変わる」から動くのであって、経済情勢が変わって「人々の心理が変わる」から「為替レート」は動くのです。

 

ですから、FXで勝ちたいのであれが、画面の向こう側のプレーヤーの気持ちを考える必要があります。「外国為替市場はゼロサムであり、誰かが勝てば誰かが負けています」なので、負けないとれーそをするためには、顔の見えない画面向こう側のプレーヤーの出方を知る必要があります。ただ単に闇雲にしても、他のプレーヤーに搾取されるだけなのです。

 

ここで、投機筋の気持ちを考えますと、彼らは短期トレーダーが多く、次の日までポジションを持ちこしたくありません。更にもっと短期トレーダーになると、次の市場にまでポジションを持ちこしたくないという事になります。

 

この事から考えられることは、ある市場がオープンし、市場がクローズするまでにポジションを解消したいというニーズであるという事になります。

 

市場が変われば、市場参入者も変わります。参入者が変わるという事は、トレンドも変わる可能性が生じるという事です。

 

5.「まとめ」

FX市場は24時間開いていますが、世界中の市場が時差によって時間が異なります。

「ロンドン市場」と「ニューヨーク市場」と「東京市場」は、世界三大市場と呼ばれています。それぞれの市場のオープン時間帯は、「ロンドン時間」「ニューヨーク時間」「東京時間」と呼ばれています。

 

東京市場の「東京時間」は、アジア市場の中においては、最もFXの扱いの大きな市場となりまして、ロンドンやニューヨークと並ぶ大型のFX市場となります。ただ、世界的に見ていきますと、FXの取引量が多いのは、ロンドンとニューヨークが重なる「日本時間の夜から深夜」にかけての時間帯になりますので、比較的落ち着いた値動きをします。

 

特徴としましては、オセアニア市場に続いて始まる東京市場ですが、オセアニア市場は小規模となりますので、1日の始まりはこの東京市場からが実質的なスタートになるという事がいえます。FX個人投資家のドル市場参入が多い為、逆張りからの参入ケースが多いと言われています。

 

「東京時間」では、「午前9時55分」にメガバンクで、「仲値」という銀行での窓口両替の基準レートが毎日発表されます。よって、この時間帯はドル円を中心とし、活発に相場が動く傾向にあります。

 

また、「五十日(ごとうび)」と呼ばれている決済集中日には、売りが多く持ち込まれ、大きな動きになる事もあります。

 

「ロンドン時間」は、世界最大の為替市場である「ロンドン市場」が動く時間の事を言います。夏は、日本時間の16時~24時、冬は日本時間の17時~25時になります。

 

取引の量が多く、欧州の投資家の参入や指標などによって、東京市場で作り上げてきた相場の流れが一気に変わったりする事もあります。ボラティリティーが非常に高くなる時もあるので注意が必要となります。22時から(冬は23時)ニューヨーク市場が始まるので、その時も勿論注意が必要です。

 

「ロンドン時間」の午後に入ると、米国市場が動き出しますので、値動きは更に活発になっていきます。「ロンドン時間」のスタートにより、実需要だけでなく、投機筋も多数参加してきます。豊富な資金を元手に一気に仕掛けるので、この時間は「ニューヨーク時間」は、日本時間の「22時~翌日の5時」までとなります。

 

「ニューヨーク時間」の場合、現地の昼時間を過ぎると極端に動きが少なくなる傾向があり、午前中に集中した動きになる事が多いです。

 

ニューヨーク証券取引所の株価の動きや債券金利など、他の市場に影響を受けます。ニューヨーク証券取引所のスタートタイムで為替が動く事もよくあります。ただ、FXが株価と連動しない事も起きている事によって、その見極めが難しくなります。それまでのサポートラインやレジスタンスラインを一気にブレイクする事も多くなります。

 

「ニューヨーク市場」は、「ロンドン市場」の半分ぐらいの取引の量となりますので、「ロンドンフィックス」後は取引の量引量は徐々に薄くなっていきます。ですが、このような場面では仕掛ける投資家が登場すると、短時間で相場が急騰や急落するといった展開となります。

 

「日本時間の深夜なら動きがないからストップを入れなくても大丈夫」という安易な考えが、FXでの失敗を招いてしまいますので注意が必要です。

 

「為替レート」は、経済情勢が変わったから動くのではありません。経済情勢が変わっても、市場参入者が売買しなければ値段は動きません。「為替レート」は、「人々の心理が変わる」から動くのであって、経済情勢が変わって「人々の心理が変わる」から「為替レート」は動くのです。

 

この事から、FXで勝ちたいのであれが、画面の向こう側のプレーヤーの気持ちを考える必要があります。「外国為替市場はゼロサムであり、誰かが勝てば誰かが負けています」なので、負けないとれーそをするためには、顔の見えない画面向こう側のプレーヤーの出方を知る必要があります。ただ単に闇雲にしても、他のプレーヤーに搾取されるだけなのです。

 

市場が変われば、市場参入者も変わります。参入者が変わるという事は、トレンドも変わる可能性が生じるという事です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る