「意外と知らない通貨ペアの相関」

 

1.「通貨ペアが表す4つの特徴」

私たちFXトレーダーが取引する対象が「通貨ペア」というものになります。この「通貨ペア」とは、ある国の通貨とある国の通貨の交換の比率を表したものとなります。つまり、この事は、通貨と通貨の「パワーバランス」を表していると考える事が出来ます。

 

ですので、例えになりますが、「ドル/円」であれば、「ドル/円」というものが単体で存在するというわけではなく、「米ドル」と「日本円」の綱引きのようなものであるという事、これが特徴の1つになります。

 

2つ目に、「ドル/円」を買いとした場合、それは「ドルを買い」「円を売る」という事になります。「ユーロ/ドル」を買いとした場合、「ユーロを買い」「ドルを売る」という事になり、「ポンド/ドル」を買いとした場合、それは「ポンドを買い」「ドルを売る」という事になります。

 

つまり、「〇〇/△△」を買いとした場合、「〇〇を買い」「△△を売る」となり、「〇〇/△△を売る」とした場合、「△△を売り」「〇〇を買う」となるという事です。

 

そして3つ目が、「通貨ペア」は、大きくは「ストレート通貨」と「クロス通貨」という2種類に分ける事が出来るという事です。

「ストレート通貨」とは、世界の基軸通貨の「ドル」を交換相手とした「通貨ペア」全般の事を言います。「ドル/円」「ユーロ/ドル」「ポンド/ドル」「ドル/スイス」などです。つまり、「ドル」が「/」の前か後ろにあれば、それは「ストレート」であるという事です。

 

一方、「クロス通貨」とは、「/」の前にも後ろにも「ドル」がない通貨ペアの事を」言います。世界的にも為替取引においても、主役的存在の「米ドル」が不在の「クロス通貨」は、「ユーロ/円」「ポンド/円」「豪/ドル」「ユーロ/スイスフラン」などは、「クロスユーロ」と呼ばれ、「豪ドル/円」「ポンド/豪ドル」「ユーロ/豪ドル」「スイス/豪ドル」などは、「豪ドルクロス」と呼ばれています。

 

ここで大事な事は、「クロス通貨の場合は、「ユーロを買い」「円を売る」とはならずに、「円を売り」「ドルを買った」後に、買ったばかりの「ドルを売り」「ユーロを買う」と言う風になるという事です。これが、「クロス通貨」の最大の特徴です。つまり、「クロス通貨」は、「ドルストレート通貨ペアを組み合わせて作られた通貨ペア」という事になります。やはり、主役は「ドル」という事になるのです。

 

最後の4つ目は、どの通貨ペアも、基本的には需要で動いていますが、その他のファンダメンタルや実体経済や政府やファンドの思惑や地震などの災害による地学的なリスクなどさまざまな要因が複雑に絡み合って動いているという事です。

 

そして、理解していただきたい事は、「全ての通貨ペアは繋がっているという事」です。それぞれの通貨ペアはお互いに影響し合ってて、尚且つそれはチャートの価格に反映されているのです。

 

2.「強い通貨と弱い通貨の炙り出し」

どのようにして、「強い通貨」と「弱い通貨」を炙り出すのか、それぞれどのようにしてトレード戦略に落とし込んでいくのか、という所をご説明していきます。

 

「通貨ペア」とは、ある国の通貨とある国の通貨の「綱引き」であるという事であれば、「綱を引く力が強い通貨」と「綱を引く力が弱い通貨」が組み合わさっている通貨ペアをエ選んで、「綱を引く力が強い通貨」を買う、または、「綱を引く力が弱い通貨を売る」という形でのポジションを建てれば勝ちやすくなるという事です。

 

強い通貨の方を買う、弱い通貨の方を売るという事を根拠のある自信と共に決める事が出来るというわけで、これは狙う方向が決まるという事であって、この部分が決まってしまえば戦いやすいという事です。

 

先ほどの通貨の4つの通貨の特徴の、「〇〇/△△」を買いとした場合、「〇〇を買い」「△△を売る」となり、「〇〇/△△を売る」とした場合、「△△を売り」「〇〇を買う」となるという事を利用します。

 

この視点を持ちながら複数の通貨ペアを見ていけば、「どの通貨が強くて、どの通貨が弱いか」という事を炙り出す事が出来るのです。

 

3.「優位性は可能性」

「優位性」は可能性であり、「根拠」は重ねれば重ねるほど強いという事になります。例えば、USD/JPY EUR/USD GBP/USD EUR/JPY GBP/JPY EUR/GBP の6通貨ペアは、USD、JPY、EUR、GBPの4つの通貨を組み合わせたペアたちというわけです。

 

これらの通貨ペアにおいて、長期の方向性を確認していきます。確認してから、各通貨ペアの「綱引きの勝敗」を一つずつ見ていき、成績を付けていきます。「USD/JPY↑」だったとしますと、USDが買われていて、JPYが売られているという事になります。つまりは、「綱引き」はUSDの勝ちという事になります。

 

なので、USDが1ポイント獲得です。次は「EUR/USD↓」これは、EURが売られていて、USDが買われているという事です。という事で、USDがまたまた1ポイント獲得の合計2ポイント!というように、一番ポイントが高いのが「強い通貨」で一番ポイントが低いのが「弱い通貨」という結果になります。

 

その結果を元にして、ロングを狙っていくか、ショートを狙っていくか、その場合ごとのベストを狙っていくという事になります。この事実を「優位性」の1つとして、自分なりの戦略の立て方に付け加えていくと良いと思います。

 

通貨ペアの根本の部分の原理を利用したものなので、かなり有効な事は間違いないわけですので、今日から必ずこの「通貨の強弱」の確認をするようにしてください。この視点を持っているかどうかで、トレードの内容は各段に違ってきます。

 

通貨ペアと言うものの繋がりを意識して、そこから拾えたりする事実も自分のトレード戦略に付け加えていくのです。

 

4.「相関を知るメリット」

実際のFXトレードで通貨の相関を知るメリットを挙げていきたいと思います。

メリット①1つの通貨ペアの動きをみると、相関や逆相関がある通貨ペアの動きの検討がつけやすいと言ったように、相場全体の動くの把握が早くなります。

 

相関関係があるペアを把握しておくと、為替相場や株式相場全体の流れが早く把握出来るようになりますので、相場観の検討をつける目安になりやすいと言えます。

 

テクニカル分析を行ってからのトレードでも、相関から見た方向感を把握しておくと、トレードの参考になると思います。勿論、相関や逆相関が強かったり弱かったりなだけなので、相関関係があるから買う、逆相関になるから売るというわけではないです。

ただ、動きの想定や参考として使えるという事です。

 

メリット②相関関係がある通貨ペアで、同じ方向のポジションを取っていく時に、自分のテクニカル分析でも同じ方向のエントリーのシナリオや相関が強い通貨ペアの場合には、リスクを分散させて投資していく事も可能となります。

 

1つのポジションより、テクニカル分析と相関関係を見たりしながら、ロットをは半分ずつにしていき、分散投資していく事も可能となります。

 

メリット③通貨ペアの相関関係は、一度把握しておけばほぼ変わる事はありません。勿論、相関が強いと言われているような通貨ペア同士でも、短期的には相関が崩れているものもありますので、「根拠はあるけどあくまで参考程度で」という認識が大事という事になります。

 

5.「まとめ」

私たちFXトレーダーが取引する対象が「通貨ペア」というものになります。この「通貨ペア」とは、ある国の通貨とある国の通貨の交換の比率を表したものとなります。つまり、この事は、通貨と通貨の「パワーバランス」を表していると考える事が出来ます。

 

「ドル/円」であれば、「ドル/円」というものが単体で存在するというわけではなく、「米ドル」と「日本円」の綱引きのようなものであるという事、これが特徴の1つになります。

 

2つ目に、「ドル/円」を買いとした場合、それは「ドルを買い」「円を売る」という事になります。「ユーロ/ドル」を買いとした場合、「ユーロを買い」「ドルを売る」という事になり、「ポンド/ドル」を買いとした場合、それは「ポンドを買い」「ドルを売る」という事になります。

 

そして3つ目が、「通貨ペア」は、大きくは「ストレート通貨」と「クロス通貨」という2種類に分ける事が出来るという事です。

「ストレート通貨」とは、世界の基軸通貨の「ドル」を交換相手とした「通貨ペア」全般の事を言います。「ドル/円」「ユーロ/ドル」「ポンド/ドル」「ドル/スイス」などです。つまり、「ドル」が「/」の前か後ろにあれば、それは「ストレート」であるという事です。

ここで大事な事は、「クロス通貨の場合は、「ユーロを買い」「円を売る」とはならずに、「円を売り」「ドルを買った」後に、買ったばかりの「ドルを売り」「ユーロを買う」と言う風になるという事です。これが、「クロス通貨」の最大の特徴です。つまり、「クロス通貨」は、「ドルストレート通貨ペアを組み合わせて作られた通貨ペア」という事になります。やはり、主役は「ドル」という事になるのです。

 

最後の4つ目は、どの通貨ペアも、基本的には需要で動いていますが、その他のファンダメンタルや実体経済や政府やファンドの思惑や地震などの災害による地学的なリスクなどさまざまな要因が複雑に絡み合って動いているという事です。

 

そして、理解していただきたい事は、「全ての通貨ペアは繋がっているという事」です。それぞれの通貨ペアはお互いに影響し合ってて、尚且つそれはチャートの価格に反映されているのです。

 

「強い通貨と弱い通貨の炙り出し」として、「通貨ペア」とは、ある国の通貨とある国の通貨の「綱引き」であるという事であれば、「綱を引く力が強い通貨」と「綱を引く力が弱い通貨」が組み合わさっている通貨ペアをエ選んで、「綱を引く力が強い通貨」を買う、または、「綱を引く力が弱い通貨を売る」という形でのポジションを建てれば勝ちやすくなるという事です。

 

通貨ペアにおいて、長期の方向性を確認していきます。確認してから、各通貨ペアの「綱引きの勝敗」を一つずつ見ていき、成績を付けていきます。その結果を元にして、ロングを狙っていくか、ショートを狙っていくか、その場合ごとのベストを狙っていくという事になります。この事実を「優位性」の1つとして、自分なりの戦略の立て方に付け加えていくと良いと思います。

 

通貨ペアの根本の部分の原理を利用したものなので、かなり有効な事は間違いないわけですので、今日から必ずこの「通貨の強弱」の確認をするようにしてください。この視点を持っているかどうかで、トレードの内容は各段に違ってきます。

 

通貨ペアと言うものの繋がりを意識して、そこから拾えたりする事実も自分のトレード戦略に付け加えていくのです。

 

相関関係があるペアを把握しておくと、為替相場や株式相場全体の流れが早く把握出来るようになりますので、相場観の検討をつける目安になりやすいと言えます。

 

テクニカル分析を行ってからのトレードでも、相関から見た方向感を把握しておくと、トレードの参考になると思います。勿論、相関や逆相関が強かったり弱かったりなだけなので、相関関係があるから買う、逆相関になるから売るというわけではないです。

ただ、動きの想定や参考として使えるという事です。

 

1つのポジションより、テクニカル分析と相関関係を見たりしながら、ロットをは半分ずつにしていき、分散投資していく事も可能となります。

 

通貨ペアの相関関係は、一度把握しておけばほぼ変わる事はありません。勿論、相関が強いと言われているような通貨ペア同士でも、短期的には相関が崩れているものもありますので、「根拠はあるけどあくまで参考程度で」という認識が大事という事になります。

 

 

 

また今回は僕が愛用しているFX自動売買
限定で20名だけに無料でプレゼントいたします!

受け取り方は下記の通りです。

.下記のプレゼントボタンから「公式ライン」を追加する
.サインツールの説明を受ける日程を送る
.サインツールの説明を受けてプレゼントを受け取る

です。

 

  • 今までいろんな手法を試したが勝率があがらない
  • エントリーポイントがまだ分からない
  • すぐに結果を出して稼げるようになりたい

こんな悩みをお持ちの方は是非この機会に受け取ってください!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る