「ボックス相場の最適な使い方」

 

1.「ボックス相場のパターン」

「ボックス相場」とは、トレンド途中に現れるレンジ相場の事になります。レンジの高値を結ぶラインと、レンジの安値を結ぶラインが平行になっていて、レンジ部分を囲んだら長方形になります。レンジは、ほとんどの人が嫌がります。

 

しかし、レンジはトレンドの卵みたいなものとなります。大口の投資家が、レンジの中で新しいポジションを作ったり、利食いをしたりして次のトレンドが発生する要因となります。

 

上げると期待をさせては下げて、下げると思わせておいて上げるといった事を繰り返しながら長方形のレンジとなるのです。買いと売りが交互にパンチを出して争ってる感じです。

 

ボックス相場は、忍耐強くチャンスを待てる人にとってはチャンスとなります。トレンド途中で形成される値幅が小さくて分かりやすいボックス相場は特にそうです。ローリスクでエントリー出来るチャンスになります。レンジの値幅が広い場合、レンジの上で売ってレンジの下で買うという逆張りのトレードが出来ます。

 

しかし、基本的にレンジの外へブレイクアウトするのを待ってからエントリーする方がよいと思われます。

 

2.「ボックス相場の参考例」

例えば、下降トレンド途中で小さい幅のレンジになっているボックス相場があるとします。ヒゲの部分が出ているのに!と思うかもしれません。しかし、そちらの方がいいのです。レンジの安値でほぼ揃っていれば、そこで水平のラインが引けます。レンジの上もレンジ途中で出てきたピンバーの上ヒゲ以外はほぼ揃っていたら水平のラインが引けます。

 

実際は、このようなトレンドに逆らっている方向にピンバーなどの「ダマシ」のパターンが突き出している状態が最高のボックス相場なのです。

 

ピンバーの上ヒゲの部分で大勢の買い手が罠にはまっているかもしれないのです。早くとちりして相場の反転を狙ってしまうトレーダーは多いのです。彼らは含み損を抱えたままレンジの値動きを見ています。

 

その後にボックス相場を下にブレイクアウトする事になったら、その彼らのロスカット注文を巻き込みますので、かなり信憑性が高いブレイクアウトとなります。

騙されたトレーダーや、罠にかかったトレーダー達が大勢いればいるほど、反対側へのブレイクアウトの信憑性が高まります!

 

この場合、ブレイクアウトでエントリーしてもいいですし、ブレイクアウト後に下の時間軸チャートで戻しを待ってみてエントリーしても良いでしょう。利食いは、ボックス相場の高さの分だけ取れば、ポジションの半分は利食いするでしょう。そして、その残りは「トレーリングストップ」を使い、利益を伸ばします。

 

ロスカットはボックス相場の上に置くという事が一般的な考えになりますが、この場合はピンバーが突き出しているので、ロスカット幅が広くなり過ぎの状態になってしまいます。ボックス相場を抜ける時の勢いのある陰線の高値を超えた部分にロスカット注文を置くと良いと思われます。

 

3.「ボックス相場がらみの動きのチャンス」

罠にかかってしまったトレーダーのロスカットが更なるトレンドの燃料になるという参考例があります。上昇トレンド中にボックス相場になり、その後トレンドとは全く反対方向にブレイクアウトしたとします。

 

暫くすると、勢いよく下げた後に、下げた分を帳消しにするような強い上昇が起きる場合です。この場合は、「行ってこ来い」の動きになります。トレンドに逆らう値動きが「行って来い」になると最高なレベルのエントリーチャンスになるのです。

そして、こういう動きの場合、元々のボックス相場の上値を上方向に抜けた後は買いが圧倒的に有利になってきます。

 

4.「ボックス相場の売買方法」

ボックス相場は、2つの売買手法が考えられます。

①「順張り」では、放れにつく方法となります。つまりは、相場が上下にある抵抗線を抜けた時に参入するのです。ボックス相場が出現した時にはこの方法を考えましょう。

 

と言いますのは、ボックス圏で揉み合っていると相場のエネルギーが蓄積されるからという事です。時間の経過と共に市場の全体のポジションが中立的となり、方向性が定まった時に一機に「逆張り組」の損切りというものが発生するのです。その為に、初期の段階でかなりの勢いがついてそのままトレンドがつく可能性が高いのです。

 

ただ、チャートの形だけを見ていても「ダマシ」があります。ですので、新しい材料の登場やファンダメンタルズの変化を伴っていることが必要となります。そうした場面に出会ったら、躊躇する事なく参入しましょう。

 

②「逆張り」は、抵抗線に達した時に反対方向で参入するという手法です。ボックス相場がどの程度続くかにかかってきます。新しい材料の登場やファンダメンタルズの変化がなければ、ボックス相場が続く可能性は高いと判断が出来ます。しかし、特別なニュースが出たわけでもないのに、ブレイクアウトする時もありますので注意が必要です。

 

5.「まとめ」

「ボックス相場」とは、トレンド途中に現れるレンジ相場の事になります。レンジの高値を結ぶラインと、レンジの安値を結ぶラインが平行になっていて、レンジ部分を囲んだら長方形になります。レンジは、ほとんどの人が嫌がります。

 

しかし、レンジはトレンドの卵みたいなものとなります。大口の投資家が、レンジの中で新しいポジションを作ったり、利食いをしたりして次のトレンドが発生する要因となります。

基本的にレンジの外へブレイクアウトするのを待ってからエントリーする方がよいと思われます。

 

例えば、下降トレンド途中で小さい幅のレンジになっているボックス相場があるとします。ヒゲの部分が出ているのに!と思うかもしれません。しかし、そちらの方がいいのです。

 

レンジの安値でほぼ揃っていれば、そこで水平のラインが引けます。レンジの上もレンジ途中で出てきたピンバーの上ヒゲ以外はほぼ揃っていたら水平のラインが引けます。

 

実際は、このようなトレンドに逆らっている方向にピンバーなどの「ダマシ」のパターンが突き出している状態が最高のボックス相場なのです。

 

ピンバーの上ヒゲの部分で大勢の買い手が罠にはまっていて、含み損を抱えたまま、その後にボックス相場を下にブレイクアウトする事になったら、その彼らのロスカット注文を巻き込みますので、かなり信憑性が高いブレイクアウトとなります

 

騙されたトレーダーや、罠にかかったトレーダー達が大勢いればいるほど、反対側へのブレイクアウトの信憑性が高まります!

 

ロスカットはボックス相場の上に置くという事が一般的な考えになりますが、この場合はピンバーが突き出しているので、ロスカット幅が広くなり過ぎの状態になってしまいます。ボックス相場を抜ける時の勢いのある陰線の高値を超えた部分にロスカット注文を置くと良いと思われます。

 

ボックス相場は、2つの売買手法が考えられます。

①「順張り」では、放れにつく方法となります。つまりは、相場が上下にある抵抗線を抜けた時に参入するのです。ボックス相場が出現した時にはこの方法を考えましょう。ただ、チャートの形だけを見ていても「ダマシ」があります。ですので、新しい材料の登場やファンダメンタルズの変化を伴っていることが必要となります。そうした場面に出会ったら、躊躇する事なく参入しましょう。

 

②「逆張り」は、抵抗線に達した時に反対方向で参入するという手法です。ボックス相場がどの程度続くかにかかってきます。新しい材料の登場やファンダメンタルズの変化がなければ、ボックス相場が続く可能性は高いと判断が出来ます。しかし、特別なニュースが出たわけでもないのに、ブレイクアウトする時もありますので注意が必要です

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る