「FXトレーダーの6つのリスク」

 

1.「マーケットとイベントのリスク」

「マーケットリスク」とは、相場の方向性などを間違えたりするリスクです。トレードをする際には、相場が上がるかもしれないとか最終的に下がるかもしれないという予測をし、エントリーをします。勿論、予測は当たる時もありますが、外れる時もあるという事を理解しておかなくてはなりません。読みが完全に間違っていたという場合のリスクがあるのは当然と言えるでしょう。

 

「イベントリスク」とは、エントリーする時点での読みは当たっていたにも関わらず、何らかの突発的なニュースなどによって価格がポジションに対して逆行してしまい、、ロスカットになってしまうというリスクです。

このリスクをなめてしまっている人が多いと思います。ただ一人の要人発言や何らかの自然災害や事故などによって、これまでの方向性を完全に覆すというような動きが出るリスクが、いつもあるという事です。

 

イベントによって起こる突発的な値動きは、自分のポジションに逆行するという事もありますし、逆に追い風になる事もあります。

 

「イベントリスク」は、予測不可能ですので、どうする事も出来ないです。私たちに出来る事は、ストップ注文を入れ、リスクを限定しておくという事だけです。

 

2.「レバレッジのリスク」

「レバレッジ」のリスクもちゃんと理解が出来ていないと、とても怖いリスクです。

FXトレーダーにおいて、トレーダーはとても大きなレバレッジを与えたり出来ています。「レバレッジ」とは、実際に口座に入金したという金額以上を賭けれるという仕組みの事を言います。10万円の口座で100万円分の取引が出来るのなら、「レバレッジ」が10倍という事となります。

 

株の場合には、日本国内の業者になると最大25倍の「レバーレッジ」が、海外の業者だと100倍~400倍という「レバレッジ」が与えられることになります。

日本国内の業者の「レバレッジ」は、最大でも25倍で、海外のFX業者に比べて「レバレッジ」が小さいなと不満に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、冷静に考えてください。

 

100倍の「レバレッジ」を考えてみる事にしましょう。口座に10万円を入金すると、「レバレッジ」100倍まで買えたりしますので、1000万円分のドル円が買えたりします。この状態で、ドル円がたった1%下落するだけで、10万円分の口座は跡形もなく吹っ飛ぶという事態になります。120円のドル円が118.8円になっただけも口座残高がゼロとなってしまうのです。

 

1%の下落なんて、半日で起きてしまったりします。これが、25倍の「レバレッジ」だと、4%の下落で口座が吹き飛んでしまったりします。トレーダーに出来る最も簡単なリスク管理としては、「レバレッジ」を下げる事になります。「レバレッジ」を上げれば上げるほど、口座を吹き飛ばしてしまうというリスクが高まってきます。

 

3.「技術的なリスク」

「技術的なリスク」も軽視されがちとなります。トレードはインターネット経由で行われます。という事は私たちのビジネスは、安定した電力とインターネット接続に依存をしているという事になるのです。このリスクは、私たちがトレードする自宅側と、FX業者側との両サイドに言えたりします。

 

こちら側が安定していたとしても、FX業者側で問題が発生すると、トラブルが発生したりします。逆の事も言えます。私たち一般投資家として、2つやるべきことがあります。それは、ノートパソコンとスマートフォンのテザリング機能をスタンバイしておくという事です。そうすると、停電になったとしても、固定回線のインターネット接続が何らかの原因で切れてしまったとしても、ノートパソコン+スマートフォンの接続によってトレードを継続する事が出来るのです。

 

いざという時に、慌てたりしないように、普段からスマートフォンのフォンからの発注作業に慣れておくという事も大切と言えるでしょう。

 

それから、複数のFX業者を用意しておくという事も大切な事です。最近ではほとんど起こりませんが、FX業者側がシステムダウンしてしまったらどうしようもないですので、少なくても2つ、出来れば3つの業者に口座を開設し、それぞれでトレード出来る環境を整えておくことが大事です。

 

4.「カモにされるリスク」

トレードをするとすれば、何をトレードするにしても大口のカモにされるリスクはあるのです。しかしながら、FXは株や先物とは違った特徴を持っていて、そのリスクがより大きいと言えるかもしれません。

 

FXは、中央取引所というものがありませんので、私たち一般トレーダーはFX業者と直接の取引をする事となります。

そうなりますと、FX業者も商売となりますので、FX業者に有利なように約定させられてしまう事があるようです。

 

こうした不利な約定をさせられるような業者を避ける為には、出来れば国内業者で、なるべく規模が大きい業者を選んでおくと無難といえます。

 

5.「まとめ」

「マーケットリスク」とは、相場の方向性などを間違えたりするリスクです。トレードをする際には、相場が上がるかもしれないとか最終的に下がるかもしれないという予測をし、エントリーをします。勿論、予測は当たる時もありますが、外れる時もあるという事を理解しておかなくてはなりません。読みが完全に間違っていたという場合のリスクがあるのは当然と言えるでしょう。

 

「イベントリスク」とは、エントリーする時点での読みは当たっていたにも関わらず、何らかの突発的なニュースなどによって価格がポジションに対して逆行してしまい、、ロスカットになってしまうというリスクです。

このリスクをなめてしまっている人が多いと思います。ただ一人の要人発言や何らかの自然災害や事故などによって、これまでの方向性を完全に覆すというような動きが出るリスクが、いつもあるという事です。

 

「イベントリスク」は、予測不可能ですので、どうする事も出来ないです。私たちに出来る事は、ストップ注文を入れ、リスクを限定しておくという事だけです。

 

「レバレッジ」のリスクもちゃんと理解が出来ていないと、とても怖いリスクです。

FXトレーダーにおいて、トレーダーはとても大きなレバレッジを与えたり出来ています。「レバレッジ」とは、実際に口座に入金したという金額以上を賭けれるという仕組みの事を言います。10万円の口座で100万円分の取引が出来るのなら、「レバレッジ」が10倍という事となります。

 

1%の下落なんて、半日で起きてしまったりします。これが、25倍の「レバレッジ」だと、4%の下落で口座が吹き飛んでしまったりします。トレーダーに出来る最も簡単なリスク管理としては、「レバレッジ」を下げる事になります。「レバレッジ」を上げれば上げるほど、口座を吹き飛ばしてしまうというリスクが高まってきます。

 

「技術的なリスク」も軽視されがちとなります。トレードはインターネット経由で行われます。という事は私たちのビジネスは、安定した電力とインターネット接続に依存をしているという事になるのです。このリスクは、私たちがトレードする自宅側と、FX業者側との両サイドに言えたりします。

 

こちら側が安定していたとしても、FX業者側で問題が発生すると、トラブルが発生したりします。逆の事も言えます。私たち一般投資家として、2つやるべきことがあります。それは、ノートパソコンとスマートフォンのテザリング機能をスタンバイしておくという事です。そうすると、停電になったとしても、固定回線のインターネット接続が何らかの原因で切れてしまったとしても、ノートパソコン+スマートフォンの接続によってトレードを継続する事が出来るのです。

 

複数のFX業者を用意しておくという事も大切な事です。最近ではほとんど起こりませんが、FX業者側がシステムダウンしてしまったらどうしようもないですので、少なくても2つ、出来れば3つの業者に口座を開設し、それぞれでトレード出来る環境を整えておくことが大事です。

 

トレードをするとすれば、何をトレードするにしても大口のカモにされるリスクはあるのです。しかしながら、FXは株や先物とは違った特徴を持っていて、そのリスクがより大きいと言えるかもしれません。

 

FX業者に有利なように、不利な約定をさせられるような業者を避ける為には、出来れば国内業者で、なるべく規模が大きい業者を選んでおくと無難といえます。業者にカモられないようにして頂きたいです。

FXの優位性に関する記事は(「トレードの優位性の必要性」)で確認できます。

 

 

また今回は僕が愛用しているFX自動売買
限定で20名だけに無料でプレゼントいたします!

受け取り方は下記の通りです。

.下記のプレゼントボタンから「公式ライン」を追加する
.サインツールの説明を受ける日程を送る
.サインツールの説明を受けてプレゼントを受け取る

です。

 

  • 今までいろんな手法を試したが勝率があがらない
  • エントリーポイントがまだ分からない
  • すぐに結果を出して稼げるようになりたい

こんな悩みをお持ちの方は是非この機会に受け取ってください!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る