「FX初心者永久保存のプライスアクション」

 

1.「プライスアクションとは?」

「プライスアクション」の手法とは、どんなトレード対象としても、どんな時間軸でも、ローソク足さえ読めれば、優位性があるエントリーポイントとエントリータイミングを見つけたりする事が出来るスキルの事です。

 

ローソク足チャートとして表れるトレーダーの心理や、他のトレーダー達が何をやっているかとか、大口がやろうとしている事がうまく行っているのかなど、そのような事を読み取る事が出来るスキルです。客観的な分析の部分が多い為、誰にでも身につける事が出来るスキルです。

 

私たちが、1時間足で見ていたりするものは、他の誰でも同じものを見たりしてると言えます。頑張ってスキルを身につけさえすれば、誰にでも出来る事という事なのです。「プライスアクション」が機能するのは何故なのでしょうか?そして、何故儲かるのでしょうか?その理由は、人間は習慣の生き物だからなのです。人間は同じような環境に置かれた場合は、何度も何度も同じような反応をしたり、同じような行動を起こしたりします。

 

人間には、いろんな習性があり、相場における人間の行動も同じ感じで人間の習慣が大きく影響したりします。同じようなチャートのパターンやローソク足のパターンが何度も繰り返されるのをあなたも気づいているはずです。

ですので、FXで勝ちたいのであれば、人間のクセや相場でのトレーダーのクセを見つけたりする事が出来て、それをトレード戦略に落とし込む事が出来ればいいという事です。それが出来れば、あなたは他のどんなトレーダー達よりも少しだけ有利に立ち回ったりすることが出来て、長期的に安定して勝つという事が出来ます。

 

相場のパターンは何度も繰り返されたりしますので、相場がそこにあり、人間が習慣の生き物であり続ける限り、ローソク足のプライスアクションの優位性はずっと続きます。

 

2.「どんなチャートが必要?」

チャートに関して、あまり沢山のテクニカル指標を表示しないようにすべきだと思われます。表示しているテクニカル指標は最低でも2つか3つが限度となります。それ以上になれば、ごでゃごちゃして訳が分からなくなってしまうので気を付けましょう。

 

テクニカルは何も表示したりせずに、ローソク足だけというのも全然ありでいいと思います。ローソク足と出来高やローソク足とテクニカルの手法など、組み合わせたりするのはとても有効です。ですが、初心者の時から複数の事を同時に覚えようとすれば頭が混乱してしまい逆効果となります。

 

フィボナッチは、テクニカル指標というよりは、過去の値動きに対する位置を分かりやすくする為のツールと言った感じとなります。フィボナッチトレードの判断につきましても、いつも使用するメインのツールではなく、状況に応じて使う程度でよいと思います。

 

MT4のチャートの表示出来る時間軸が、日足、4時間足、1時間足、30分足、15分足あたりを表示出来たり、フィボナッチが使えるものや日足が週に5本は生成されるような設定になっている事などの条件を満たしているものを選ぶと良いでしょう。

 

3.「エントリーに最適な時間帯」

日中足でトレードをするのであれば、FXは特定の時間帯に値動きが活発になるという事を分かっておく必要があります。どんな市場でも同じことが言えるのですが、FXにおいては特にそうなのです。この事は、今現在どの国の市場が起きているのにかに影響されます。

 

日本時間の9時から17時ぐらいの時間帯は、日本の銀行が営業していますので、「東京セッション」などと言われます。「オセアニアセッション」から、「東京セッション」、そして「ロンドンセッション」、「ニューヨークセッション」の4つのセッションが順番に、オーバーラップしながら回っているのがFX市場です。

 

FXトレーダーとしては、やはり値動きが活発な時間帯にトレードするのがやりやすいと言えると思います。値動きがないという事は、トレードチャンスが少ない事になり、利益を上げる事が出来ないと言えるからです。

 

「オセアニアセッション」と「東京セッション」は値動きがあまり活発ではなく、「ロンドンセッション」「ニューヨークセッション」は活発です。「ロンドンセッション」と「ニューヨークセッション」がオーバーラップする時間帯、ロンドンとニューヨーク両方の地域の銀行が営業してる時間帯にFXの値動きが最も活発になり、これは日本時間の夜から深夜にかけての時間帯になります。

 

4.「プライスアクションで相場環境を見極める」

FXのトレードにおいて、最初にすることは、ローソク足チャートを見た上で相場環境を見極める事です。いま、どんな環境にあるかという事を知る事によって、エントリーする位置やポジションの利食いと損切りの方法を決める事が出来ます。

相場環境により、あらかじめ自分が持っているいくつかのエントリーの手法の中でどれを使うのか、どのエグジット戦略を使用するのかと言った重要な事を決定したり出来るののです。

「トレンド相場」(上げ下げ、どちらかの方向感をもって推移している)と「レンジ相場」(方向感がないまま上下に動いている)の2つの相場環境があり、トレードするのに最適な相場環境は「トレンド相場」となります。トレンドの重要性を理解した上で、そのトレンドが終了するまで「トレンドについていく」事が出来れば安定した勝ちに繋がる事でしょう。

 

5.「まとめ」

「プライスアクション」の手法とは、どんなトレード対象としても、どんな時間軸でも、ローソク足さえ読めれば、優位性があるエントリーポイントとエントリータイミングを見つけたりする事が出来るスキルの事です。

 

ローソク足チャートとして表れるトレーダーの心理や、他のトレーダー達が何をやっているかとか、大口がやろうとしている事がうまく行っているのかなど、そのような事を読み取る事が出来るスキルです。客観的な分析の部分が多い為、誰にでも身につける事が出来るスキルです。

 

FXで勝ちたいのであれば、人間のクセや相場でのトレーダーのクセを見つけたりする事が出来て、それをトレード戦略に落とし込む事が出来ればいいという事です。それが出来れば、あなたは他のどんなトレーダー達よりも少しだけ有利に立ち回ったりすることが出来て、長期的に安定して勝つという事が出来ます。

 

相場のパターンは何度も繰り返されたりしますので、相場がそこにあり、人間が習慣の生き物であり続ける限り、ローソク足のプライスアクションの優位性はずっと続きます。

 

チャートに関して、あまり沢山のテクニカル指標を表示しないようにすべきだと思われます。表示しているテクニカル指標は最低でも2つか3つが限度となります。それ以上になれば、ごでゃごちゃして訳が分からなくなってしまうので気を付けましょう。

 

テクニカルは何も表示したりせずに、ローソク足だけというのも全然ありでいいと思います。ローソク足と出来高やローソク足とテクニカルの手法など、組み合わせたりするのはとても有効です。ですが、初心者の時から複数の事を同時に覚えようとすれば頭が混乱してしまい逆効果となります。

 

MT4のチャートの表示出来る時間軸が、日足、4時間足、1時間足、30分足、15分足あたりを表示出来たり、フィボナッチが使えるものや日足が週に5本は生成されるような設定になっている事などの条件を満たしているものを選ぶと良いでしょう。

日中足でトレードをするのであれば、FXは特定の時間帯に値動きが活発になるという事を分かっておく必要があります。どんな市場でも同じことが言えるのですが、FXにおいては特にそうなのです。この事は、今現在どの国の市場が起きているのにかに影響されます。

 

日本時間の9時から17時ぐらいの時間帯は、日本の銀行が営業していますので、「東京セッション」などと言われます。「オセアニアセッション」から、「東京セッション」、そして「ロンドンセッション」、「ニューヨークセッション」の4つのセッションが順番に、オーバーラップしながら回っているのがFX市場です。

 

「オセアニアセッション」と「東京セッション」は値動きがあまり活発ではなく、「ロンドンセッション」「ニューヨークセッション」は活発です。「ロンドンセッション」と「ニューヨークセッション」がオーバーラップする時間帯、ロンドンとニューヨーク両方の地域の銀行が営業してる時間帯にFXの値動きが最も活発になり、これは日本時間の夜から深夜にかけての時間帯になります。

 

FXのトレードにおいて、最初にすることは、ローソク足チャートを見た上で相場環境を見極める事です。いま、どんな環境にあるかという事を知る事によって、エントリーする位置やポジションの利食いと損切りの方法を決める事が出来ます。

 

「トレンド相場」(上げ下げ、どちらかの方向感をもって推移している)と「レンジ相場」(方向感がないまま上下に動いている)の2つの相場環境があり、トレードするのに最適な相場環境は「トレンド相場」となります。トレンドの重要性を理解した上で、そのトレンドが終了するまで「トレンドについていく」事が出来れば安定した勝ちに繋がる事でしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る