「ブレイクアウトの期待値」

 

1.「ブレイクアウトでの手法」

相場の動きの中で最も爆発的なものの1つには、「ブレイクアウト」があります。レンジ相場になって、上下に行ったり来たりで厳しい感じでも、いきなりどちらかに「ブレイクアウト」して一方的で爆発的な値動きが出る時があります。

 

このような「ブレイクアウト」は、かなり短時間で大きな値動きに繋がります。ですので、「ブレイクアウト」は、賢いトレーダー達にとって素晴らしいリスクレワードでエントリーのチャンスとなります。

「ブレイクアウト」はを上手くとるようにするには、どのような手法でエントリーすれば良いでしょうか?ラインを部ブレイクする瞬間に逆指値注文で一か八かギャンブル的なエントリーをしたり、成り行きでエントリーをするやり方もあるといえばあります。

 

よほど勘の良い方はそれでも良いかもしれませんが、大抵の人にとってそのやり方では長期的には上手くいかない事の方が多いとって言えるでしょう。何故かと言いますと、ラインを抜ければいつも値が伸びていくわけではなく、「ダマシのブレイクアウト」が驚くほど多いからです。「ダマシのブレイクアウト」とは、ラインを「ブレイクアウト」するように見せかけておいて、少しラインを抜けた後にレンジ相場に逆戻りをする事です。

 

その対策として、「ブレイクアウト」を確認できた瞬間に、下位足に降りて行ってチャートを読んでエントリーチャンスを狙う事と、「アキュミレーション」という大口の買占めや、「ディストリビューション」という売り抜けの兆候が見られた後だけ「ブレイクアウト」を狙うという事をすれば、有効です。

 

2.「ブレイクアウトに最適な時間帯」

一日中ブレイクアウトエントリーを狙うというのは賢いやり方ではないです。「ブレイクアウト」が成功しやすい時間帯というのがある為です。その時間帯に合わせて「ブレイクアウト」を狙う必要があると言えます。「ブレイクアウト」が上手くいく鍵となるのは、

 

相場のボラティリティーや相場の勢いとなります。ですので、相場のボラティリティーが高い時間帯に「ブレイクアウト」を狙うべきと言えます。ボラティリティーが高い相場になると、「ブレイクアウト」が伸びてくれ、利食い出来る確率がとても上がります。5分足などの日中足を使いデイトレードをするとする場合は、これは重要なポイントとなります。

 

相場のボラティリティーが高く「ブレイクアウトエントリー」に適している時間帯は「ロンドンセッション」と「ニューヨークセッション」です。クロス円の通貨ペアは日本時間の午前中も可能となります。ですが、基本的には「ロンドンセッション」と「ニューヨークセッション」の前半を優先的にトレードする方が良いでしょう。

 

よくある事ですが、アジア時間でエントリーした「ブレイクアウト」のポジションを利食い出来ないままで、「ロンドンセッション」が始まってしまい、反対側に本格的な「ブレイクアウト」が始まって、損切となってしまうパターンです。このような事を避けるには、「ロンドンセッション」と「ニューヨークセッション」の前半を優先的にトレードするべきだと言えます。

 

3.「保ち合いでの期待値」

保ち合いが長くなると、「ブレイクアウト」した際には値動きに勢いがつきます。トレンド相場の途中で三角保ち合いになって、やがて保ち合いの幅が狭くなっていき、最後にははらみ線が連続します。そういった状況からトレンド方向に「ブレイクアウト」した時は爆発的な値動きに繋がります。相場はバネのようなもので、上下から抑え込まれたりする事によって解放した時の勢いを溜め込むことになります。

 

レジスタンスラインやサポートラインを抜けそうで抜けないというような状態が続くと、抜けた時の値動きに勢いがましていきます。何故かと言いますと、レジスタンスラインやサポートラインという壁は、何度も試される間に弱くなり更に外側の方に火薬が溜まっていくからとなります。レジスタンスラインが壁だとすると、その壁は指値売り注文を原料に作られています。何度も指値売り注文の壁を試す間に壁は薄くなっていくのです。何故なら、指値売り注文が食われて少なくなっていくからです。

 

それと同時に、指値売り注文の約定ごとに、それと同じくらい逆指値の買い注文がレジスタンスラインを少し超えた部分に溜まっていく事になります。何故なら、壁の部分で指値を売った人が「ロスカット注文」を出すからです。逆指値の買い注文(売りのロスカット注文)は、ある特定の値段まで上昇した瞬間に成行買い注文が発動する注文となります。

 

4.「下位足を見るのがコツ!」

「ブレイクアウト」でエントリーをする方法はいくつかあります。ラインを1pips超えた部分で成行きエントリーをする方法になりますと「ダマシのブレイクアウト」に引っかかるという事が多くなります。そういった方法ではトータルすると、プラスにはならないと思います。

有効な方法としましては、「ブレイクアウト」した後にローソク足がラインの外にあって長いヒゲを作るような事なくクローズした時にエントリーする事や、「ブレイクアウト」した後に、ライン付近に戻ってきた部分で「プライスアクション」を読んで「ブレイクアウト」方向にエントリーをする事や、上記と同じような事を下の時間軸のチャート、下位足を使って行う方法があります。

 

5.「まとめ」

相場の動きの中で最も爆発的なものの1つには、「ブレイクアウト」があります。レンジ相場になって、上下に行ったり来たりで厳しい感じでも、いきなりどちらかに「ブレイクアウト」して一方的で爆発的な値動きが出る時があります。

 

「ブレイクアウト」は、賢いトレーダー達にとって素晴らしいリスクレワードでエントリーのチャンスとなります。しかし、よほど勘の良い方はギャンブル的なエントリーでも良いかもしれませんが、大抵の人にとってそのやり方では長期的には上手くいかない事の方が多いとって言えるでしょう

「ダマシのブレイクアウト」という、ラインを「ブレイクアウト」するように見せかけておいて、少しラインを抜けた後にレンジ相場に逆戻りをする事が多いからです。

 

その対策として、「ブレイクアウト」を確認できた瞬間に、下位足に降りて行ってチャートを読んでエントリーチャンスを狙う事と、「アキュミレーション」という大口の買占めや、「ディストリビューション」という売り抜けの兆候が見られた後だけ「ブレイクアウト」を狙うという事をすれば、有効です。

 

一日中ブレイクアウトエントリーを狙うというのは賢いやり方ではないです。「ブレイクアウト」が成功しやすい時間帯というのがある為です。その時間帯に合わせて「ブレイクアウト」を狙う必要があると言えます。「ブレイクアウト」が上手くいく鍵となるのは、

 

相場のボラティリティーや相場の勢いとなります。ですので、相場のボラティリティーが高い時間帯に「ブレイクアウト」を狙うべきと言えます。ボラティリティーが高い相場になると、「ブレイクアウト」が伸びてくれ、利食い出来る確率がとても上がります。5分足など

 

相場のボラティリティーが高く「ブレイクアウトエントリー」に適している時間帯は「ロンドンセッション」と「ニューヨークセッション」です。クロス円の通貨ペアは日本時間の午前中も可能となります。ですが、基本的には「ロンドンセッション」と「ニューヨークセッション」の前半を優先的にトレードする方が良いでしょう。の日中足を使いデイトレードをするとする場合は、これは重要なポイントとなります。

 

保ち合いが長くなると、「ブレイクアウト」した際には値動きに勢いがつきます。トレンド相場の途中で三角保ち合いになって、やがて保ち合いの幅が狭くなっていき、最後にははらみ線が連続します。

そういった状況からトレンド方向に「ブレイクアウト」した時は爆発的な値動きに繋がります。相場はバネのようなもので、上下から抑え込まれたりする事によって解放した時の勢いを溜め込むことになります。

 

レジスタンスラインやサポートラインを抜けそうで抜けないというような状態が続くと、抜けた時の値動きに勢いがましていきます。何故かと言いますと、レジスタンスラインやサポートラインという壁は、何度も試される間に弱くなり更に外側の方に火薬が溜まっていくからとなります。

 

それと同時に、壁の部分で指値を売った人が「ロスカット注文」を出す為、指値売り注文の約定ごとに、それと同じくらい逆指値の買い注文がレジスタンスラインを少し超えた部分に溜まっていく事になります。

 

「ブレイクアウト」でエントリーをする有効な方法としましては、「ブレイクアウト」した後にローソク足がラインの外にあって長いヒゲを作るような事なくクローズした時にエントリーする事や、「ブレイクアウト」した後に、ライン付近に戻ってきた部分で「プライスアクション」を読んで「ブレイクアウト」方向にエントリーをする事や、上記と同じような事を下の時間軸のチャート、下位足を使って行う方法があります。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る