「FXにおける通貨ペアの選び方」

 

1.「どの通貨ペアを選択する?」

どの通貨ペアを選択するか?という問題は、全てのFXトレーダーにとって最も重要な問題の1つとなります。1つの通貨ペアでエントリーすると、その資金は他の通貨ペアのトレードでは使う事が出来ません。動きがない通貨ペアでエントリーしてしまった場合、動きのある通貨ペアでエントリー出来なくなってしまって、大きな機会損失となってしまいます。

 

自分はドル円しかトレードしないと決めて、ドル円のスペシャリストとなるのも良いでしょう。ただ、それでは、市場のどこかで毎日起きる大きな値動きを逃してしまって勿体ない事になります。FX市場では全ての通貨ペアが互いに影響しあって繋がっています。

 

株のデイトレードをする場合は、まず森を見てから木を見るという事で、その日一番チャンスが多いと思われる銘柄が分かります。例えばになありますが、相場全体の雰囲気や出来高から、株式市場が活発になっている事が読み取れるとします、ですが、資金にも集中力にも限りがありますので、慎重に1つか2つの銘柄に絞り込んでトレードする事になるでしょう。

 

まず、セクターごとに比べ、どのセクターで動いているかを調べる事から始めます。最も動意のあるセクターが判明すれば、次はその中で最も出来高が増えていて動意がある銘柄をピックアップするのです。株のデイトレの銘柄選びでは、相場全体→セクター別→銘柄別というように、まず森を見た後に木を見て、その日のデイトレードで有利な銘柄を選択していきます。FXデイトレードでも、上記とよく似た考え方で通貨ペアを選択する事となっています。

 

2.「それぞれの通貨ペアの動き」

トレードするべき通貨ペアを選択する為には、広く様々な通貨ペアを見なければならないです。ストレート通貨ペアだけではなく、勿論クロス通貨ペアの分析も必要となってきます。FX市場におきまして、全ての通貨ペアは繋がっていますので、どこかの超大口の機関投資家がユーロを買ってドルを売りたいと思っても、必ずしもユーロドルを買うとは限らないのです。

彼らは自分たちのやっている事を隠す為に、円英ポンド/豪ドル/カナダドルなど、その通貨以外の通貨ペアを使って「ユーロ買い/ドル売り」相当のポジションを作る場合が多いかと思われます。

ですので、ユーロを分析する為には、ユーロドルだけでなく、ユーロ円やユーロポンド、ユーロフラン。ユーロ豪ドル、ユーロフラン、ユーロカナダなど様々な通貨ペアをまとめて分析する事が必要となってきます。

 

様々な通貨ペアを比べたりする事で、その日その週のFX相場をリードしている通貨はなんなのかが見えるようになります。このテクニックを知らずにドル円やユーロドルだけを見たりしているような人は、動かないポジションに捕まってしまって美味しい値動きをみすみす逃してしまったりする事になるでしょう。

 

3.「クロス通貨ペアの分析」

例えばになりますが、何らかの理由で米ドル買いのポジションを持ちたいとします。米ドルを買う為には、ドル円を買う以外にも色々なルートがあるのです。USD/JPY買い、USD/CAD買い、USD/CHF買い、EUR/USD売り、GBP/USD売り、AUD/USD売り…といったようなルートで、「米ドル買い」のポジションを持つ事が出来たりします。どの通貨ペアを選ぶか迷う事があるとは思いますが、そんな場合は、「クロス通貨ペア」を分析する事によって根拠のある意思決定が出来るかもしれないのです。

 

ドルを買う場合は、ドルが開いて通貨に対して上がってほしいという事になりますので、なるべく今後弱まりそうな通貨を相手通貨としてドルを買う方が良いという理屈になります。どう買えば有利になるのかという事を考えてトレードしていきましょう。通貨ペアを選ぶ時には、こんな風に「クロス通貨ペア」を分析して決定する事があるという事を理解しておいてください。

 

4.「リーダーは誰?」

7つの主要な通貨の中で、どの通貨がFX市場をリードしているのかを見極めるという所から始めていきます。米ドル、ユーロ、日本円、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドルの各通貨のプロファイルが出来ていれば良いと思います。各通貨のページをざっと目を通し、各ページに表示されている6つのチャートが同じ方向性になるなら、その通貨がFX市場をリードしてると言えます。

 

「通貨ペア」とは、「ある国の通貨」と「ある国の通貨」の綱引きになります。ですので、「綱を引く力が強い通貨」と「綱を引く力が弱い通貨」が組み合わさっている通貨ペアを選び、「綱を引く力が強い通貨」を買ったり、または「綱を引く力が弱い通貨」を売るという形でのポジションを建てれば、勝ちの可能性が高まるのは言うまでもないです。

 

「綱を引く力が強い通貨の方を買う」、「綱を引く力が弱い通貨の方を売る」という事を根拠のある自信と共に決める事が出来ると言う事で、この事は「狙う方向が決定する」という事になり、この事が決まってさえすれば、戦いやすいというわけなのです。

 

このような考えや視点を持ちながら複数の通貨ペアを見ていく事で「どの通貨が強くて、その通貨が弱いか」という事を炙り出す事が出来ます。

 

5.「まとめ」

どの通貨ペアを選択するか?という問題は、全てのFXトレーダーにとって最も重要な問題の1つとなります。1つの通貨ペアでエントリーすると、その資金は他の通貨ペアのトレードでは使う事が出来ません。動きがない通貨ペアでエントリーしてしまった場合、動きのある通貨ペアでエントリー出来なくなってしまって、大きな機会損失となってしまいます。

 

まず、セクターごとに比べ、どのセクターで動いているかを調べる事から始めます。最も動意のあるセクターが判明すれば、次はその中で最も出来高が増えていて動意がある銘柄をピックアップするのです。株のデイトレの銘柄選びでは、相場全体→セクター別→銘柄別というように、まず森を見た後に木を見て、その日のデイトレードで有利な銘柄を選択していきます。FXデイトレードでも、上記とよく似た考え方で通貨ペアを選択する事となっています。

 

トレードするべき通貨ペアを選択する為には、広く様々な通貨ペアを見なければならないです。ストレート通貨ペアだけではなく、勿論クロス通貨ペアの分析も必要となってきます。FX市場におきまして、全ての通貨ペアは繋がっていますので、どこかの超大口の機関投資家がユーロを買ってドルを売りたいと思っても、必ずしもユーロドルを買うとは限らないのです。

 

様々な通貨ペアを比べたりする事で、その日その週のFX相場をリードしている通貨はなんなのかが見えるようになります。このテクニックを知らずにドル円やユーロドルだけを見たりしているような人は、動かないポジションに捕まったドルを買う場合は、ドルが開いて通貨に対して上がってほしいという事になりますので、なるべく今後弱まりそうな通貨を相手通貨としてドルを買う方が良いという理屈になります。

 

ドルを買う場合は、ドルが開いて通貨に対して上がってほしいという事になりますので、なるべく今後弱まりそうな通貨を相手通貨としてドルを買う方が良いという理屈になります。どう買えば有利になるのかという事を考えてトレードしていきましょう。通貨ペアを選ぶ時には、こんな風に「クロス通貨ペア」を分析して決定する事があるという事を理解しておいてください。

 

「通貨ペア」とは、「ある国の通貨」と「ある国の通貨」の綱引きになります。ですので、「綱を引く力が強い通貨」と「綱を引く力が弱い通貨」が組み合わさっている通貨ペアを選び、「綱を引く力が強い通貨」を買ったり、または「綱を引く力が弱い通貨」を売るという形でのポジションを建てれば、勝ちの可能性が高まるのは言うまでもないです。

 

「綱を引く力が強い通貨の方を買う」、「綱を引く力が弱い通貨の方を売る」という事を根拠のある自信と共に決める事が出来ると言う事で、この事は「狙う方向が決定する」という事になり、この事が決まってさえすれば、戦いやすいというわけなのです。

 

このような考えや視点を持ちながら複数の通貨ペアを見ていく事で「どの通貨が強くて、その通貨が弱いか」という事を炙り出す事が出来ます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る