「プライスアクションと相場環境」

 

1.「ローソク足は何を表す?」

FXはインジケーターを使わないと勝てないと思っている人もいると思いますが、そんな事はありません。FXはチャートを見て売買を行う投資です。FX初心者は勿論ですが、中・上級者までもさまざまなインジケーターを表示させて、相場の値動きを判断している事だと思います。

「プライスアクション」を日本語に訳すと「値動き」となります。その名の通り、価格の値動きに注目するという手法です。複雑な指標に依存する事はありません。FXにおいて1番シンプルな手法と言っても過言ではないと言えると思います。

 

ローソク足1本から注目していった後、ローソク足のパターンも含め、売買の判断を行ったりしていきます。FXの基本となるようなトレンドの転換、押し目買いや戻り売り狙いなどの目安にもなるという事です。

 

ローソク足は、投資家心理の表れです。「プライスアクション」は、ローソク足に注目し市場心理を把握する事で相場の予測をしていくという事になります。

 

2.「プライスアクションのメリット・デメリット」

「プライスアクションのメリット」は、エントリーの判断が早い事です。移動平均線などのインジケーターは、過去相場を元にしてグラフ化したものを反映しています。「プライスアクション」は、ローソク足によるリアルタイムの値動きによってトレードをしていきます。エントリーの判断が早い事が最大のメリットと言えて、相場が急に上昇や下落をしたとしても、臨機応変に対応しやすいのです。

エントリーの判断が早いという事は、取れる値幅も大きくなりやすいという事です。

 

「プライスアクションのデメリット」は、かなりの裁量的判断力が必要とされるという事です。チャートの知識は勿論ですが、その時に応じた素早い判断力も必要となってきます。自分次第で勝率は上げれますが、慣れたりしていないうちに手を出してしまうと、逆に勝率が下がってしまう恐れがあります。手法を試したりする前にローソク足の知識の復習をしたり、検証や分析を繰り返す事が重要となってきます。

 

3.「プライスアクションの手法」

FXのチャートで表示されているようなローソク足のパターンを押さえたりすると、更に相場の予想がしやすくなります。「プライスアクション」の基本的な手法を覚えておいてください。

「抱き線(包み線)」は、小さいローソク足が直後の大きいローソク足にすっぽりヒゲや実体丸々収まる組み合わせの事となります。包み線は、2本目のローソク足に注目して、2本目のローソクが大陽線である場合、買いの勢力が強いです。下降トレンド後に抱き線が出ると、上昇トレンドに転換していくサインとなります。

2本目のローソク足が大陰線だった時は、売りの勢力が強いという事になります。2本目のローソク足の方向に向かいやすいと覚えていると良いでしょう。

 

「はらみ線」は、「抱き線(包み線)」とは逆で、大きいローソク足が直後の小さいローソク足に覆いかぶさるような組み合わせの事となります。

 

大陽線の後に陰線が出た時は、売りの勢力が強いという事になり、下降トレンドへの転換サインとして見る事も出来たりします。大陰線の後に陽線が出た時は、買いの勢力が強いという事になり、上昇トレンドへの転換サインとして見る事も出来たりします。

 

4.「エントリー方法や応用編」

「はらみ足」は、値動きを理解していないと「ダマシ」にあってしまいます。

何故かといいますと、「はらみ足」は、反転を予兆するローソク足の組み合わせであってまだ反転が確定していないからです。

 

「はらみ足」は、時間足を落として確認すると分かるように、値動きが収縮して保ち合い状態になっているという事を示すローソク足の組み合わせという事になるのです。つまりは、高値圏、安値圏で収縮して「はらみ足」が確認出来れば反転する予兆という事となります。

 

エントリー方法としましては、トレンド転換が確定するポイントがエントリーポイントとなります。「はらみ足」を確認後、1本目のローソク足の高値もしくは安値をブレイクしたポイントでエントリーです。

 

サポートやレジスタンスの反発や転換やMA(移動平均線)の反発など、反発が予測出来るポイントで「はらみ足(インサイドバー)」が確認出来れば、エントリーを検討すると良いと思います。

 

応用編として、複数足のローソク足の「はらみ足」を見ていきましょう。複数足のローソク足を絡めた「はらみ足」は、エネルギーを一気に放出しますので、大きな値動きになる場合が多くありますが、基本的な考え方やエントリーの方法に変わりはないです。

 

ローソク足が多くなればなるほど、エネルギーを蓄える事になりますので、エントリーのポイントで複数足を絡めた「はらみ足」を確認出来たら、大きな利益をつかみ取るチャンスになりますので、見逃さずしっかりエントリーの検討をしておいた方が賢明です。

エントリーの方法やストップの位置は、2本のローソク足のパターンと同じ手順となります。

5.「まとめ」

「プライスアクション」を日本語に訳すと「値動き」となります。その名の通り、価格の値動きに注目するという手法です。複雑な指標に依存する事はありません。FXにおいて1番シンプルな手法と言っても過言ではないと言えると思います。

 

ローソク足1本から注目していった後、ローソク足のパターンも含め、売買の判断を行ったりしていきます。FXの基本となるようなトレンドの転換、押し目買いや戻り売り狙いなどの目安にもなるという事です。

 

ローソク足は、投資家心理の表れです。「プライスアクション」は、ローソク足に注目し市場心理を把握する事で相場の予測をしていくという事になります。

 

「プライスアクションのメリット」は、エントリーの判断が早い事です。移動平均線などのインジケーターは、過去相場を元にしてグラフ化したものを反映しています。「プライスアクション」は、ローソク足によるリアルタイムの値動きによってトレードをしていきます。エントリーの判断が早い事が最大のメリットと言えて、相場が急に上昇や下落をしたとしても、臨機応変に対応しやすいのです。

エントリーの判断が早いという事は、取れる値幅も大きくなりやすいという事です。

 

「プライスアクションのデメリット」は、かなりの裁量的判断力が必要とされるという事です。チャートの知識は勿論ですが、その時に応じた素早い判断力も必要となってきます。自分次第で勝率は上げれますが、慣れたりしていないうちに手を出してしまうと、逆に勝率が下がってしまう恐れがあります。手法を試したりする前にローソク足の知識の復習をしたり、検証や分析を繰り返す事が重要となってきます。

 

FXのチャートで表示されているようなローソク足のパターンを押さえたりすると、更に相場の予想がしやすくなります。「プライスアクション」の基本的な手法を覚えておいてください。

「抱き線(包み線)」は、小さいローソク足が直後の大きいローソク足にすっぽりヒゲや実体丸々収まる組み合わせの事となります。包み線は、2本目のローソク足に注目して、2本目のローソクが大陽線である場合、買いの勢力が強いです。下降トレンド後に抱き線が出ると、上昇トレンドに転換していくサインとなります。

2本目のローソク足が大陰線だった時は、売りの勢力が強いという事になります。2本目のローソク足の方向に向かいやすいと覚えていると良いでしょう。

 

「はらみ線」は、「抱き線(包み線)」とは逆で、大きいローソク足が直後の小さいローソク足に覆いかぶさるような組み合わせの事となります。大陽線の後に陰線が出た時は、売りの勢力が強いという事になり、下降トレンドへの転換サインとして見る事も出来たりします。大陰線の後に陽線が出た時は、買いの勢力が強いという事になり、上昇トレンドへの転換サインとして見る事も出来たりします。

 

エントリー方法としましては、トレンド転換が確定するポイントがエントリーポイントとなります。「はらみ足」を確認後、1本目のローソク足の高値もしくは安値をブレイクしたポイントでエントリーとなります。

 

サポートやレジスタンスの反発や転換やMA(移動平均線)の反発など、反発が予測出来るポイントで「はらみ足(インサイドバー)」が確認出来さえすれば、エントリーを検討すると良いと思われます。

 

応用編として、複数足のローソク足の「はらみ足」を見ていきましょう。複数足のローソク足を絡めた「はらみ足」は、エネルギーを一気に放出しますので、大きな値動きになる場合が多くありますが、基本的な考え方やエントリーの方法に変わりはないと言えるでしょう。

 

また今回は【限定20名】に人工知能搭載FX自動売買を無料プレゼント!!

FX自動売買を受け取る流れは、

簡単3STEP!!

 

1、LINE@に送られている記入例に従い日時を2つ送る

2、担当者から返信がくる

3、説明を受けて、FX自動売買を受け取る

 

あなたのFXライフの稼げるきっかきになれば幸いです!!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る