FXのチャートパターンで周りと差がつく!勝てる立ち回り方とは

どうもトミオです!
今回は覚えるべきチャートパターンをご紹介します!

プロトレーダーなら必ず知っていますが、
初心者の方はインジケーターを読むことで手一杯なため、
おろそかにしがちな分析でもあります!

ですが、チャートパターンを覚えることで、
周りの初心者よりも一歩抜きに出ることができます!

ですのでしっかりとこの記事を読んで覚えてください!
 

チャートパターンを知る上で必要な3つのライン

始めにFXのチャーチパターンを知る上で必要なものは、
3つのラインを覚えることです。

 

その3つのラインとは以下の通りです。

  • レジスタンスライン
  • サポートライン
  • トレンドライン

チャートパターンを覚えるためには必須なので
この機会にぜひ覚えていきましょう!

レジスタンスライン

レジスタンスラインとは、価格の抵抗線になるポイントに引く水平線ラインです。
相場が、それ以上上昇出来ない可能性を示しています。

 

レジスタンスラインは必ず、
相場を上から支える線になります。

 

サポートライン

サポートラインとは、価格の支持線になるポイントに引く水平線ラインです。
相場が、下げ止まりとなって上昇に転換する可能性を示しています。
サポートラインとレジスタンスラインは共に水平線はになります。

 

サポートラインは必ず、
相場を下から支える線になります。

 

トレンドライン

トレンドラインとは、上昇または下降していく相場の高値と高値、
安値と安値を繋げた斜めの線の事です。

 

引いた先のポイントが複数回意識されていれば、
そのトレンドラインは投資市場の多くの参加者に
注目されているといえます。

 

こちらは、サポートラインやレジスタンスラインと違い斜めの線になります。

 

ラインの引き方

レジサポラインの引き方は、
相場上で価格が数多く止まっているポイントに横線を引きます。

 

FX業者が提供するチャートソフトやMT4(FXトレードソフトのMeta Trader4)に、
線を引くツールがすでに入っています。

 

複数回意識された価格のポイントは、今後も意識される可能性が高いです。

 

トレンドラインの引き方としましては、
上昇もしくは下降トレンドの時に引いていきます。

 

上昇時は切り下ている安値、
下降時は切り下げている高値に線を引きます。

 

高値と高値、安値と安値を繋げたトレンドラインが
平行に引ける相場のトレンドラインを
「チャネルライン」といいます。

 

トレンド転換についてはこちら

相場でよく出るチャートパターン

相場を見ているとよく出るチャートパターンがあります。

ここではよく出るチャートパターンとして、

  • ダブルトップ・ダブルボトム
  • トリプルトップ・トリプルボトム
  • ヘッドアンドショルダー

の3種類です。

上記2つは向きが逆になるだけなので、
セットで覚えましょう!

 

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップとは、上昇トレンドの天井でよく見られるチャートパターンです。
これが現れた時は、上昇トレンド終了のサインと考えることができます。

 

ダブルボトムとは、ダブルトップとは逆で、
下降トレンドによく見られるパターンとなります。

 

このチャートが出来上がった時は、
下降トレンドの終了のサインとして考えることができます。

 

ダブルトップには、3つのパターンがあり、
全て天井となる高値が2つ出来ます。

 

2つの高値はいずれも同じ価格帯で水平になる場合もあれば、
左右どちらかが高くなったりラインが斜めになる事もあります。

 

ダブルトップが形成されると、サポートライン(ネックラインになります)ができ、
ネックラインを下に抜けた時が、上昇トレンドが終わるサインになります。

 

ここで注意していただきたい事は、
シングルトップのように山が1つしかないものは別になります。

 

こちらは出来上がってから気づくものになりますので、
これを何かのサインと思って活かすという事はかなり難しいと言えるでしょう。

 

 

トリプルトップ・トリプルボトム

トリプルトップとは、3つの山から形成される
チャート
パターンになります。

 

上昇トレンドの途中で現れた場合、
上昇トレンドの終了を示唆します。

 

トリプルボトムは、下降トレンドの途中で現れた場合、
下降トレンドの終了を示すことになります。

 

ヘッドアンドショルダー

トリプルトップと似ていますが、違いとして
ヘッドアンドショルダーは、トリプルトップのが真ん中の山が、
最高値をつけて大きく突き出ています。

 

いずれにしても、実際のトレードにおいて
ネックラインをブレイクするかどうかの
分析にかかってきます。

 

ボックス相場のパターン

ボックス相場とは、トレンドの途中に現れるレンジ相場の事を指します。

 

レンジの高値を結ぶラインと、
レンジの安値を結ぶラインが平行になっていて、
レンジ部分を囲んだら長方形になります。

 

しかし、レンジはトレンドの卵みたいなもので
大口の投資家がレンジの中で新しいポジションを作ったり、
利食いをしたりすることで次のトレンドが発生する要因になります。

 

上げると期待をさせては下げ、
下げると思わせておいて上げるといった事を繰り返しながら
形成される長方形のレンジです。

 

ボックス相場は、忍耐強くチャンスを待てる人にとっては
大きなチャンスになります。
トレンド途中で形成される値幅が小さくて
分かりやすいボックス相場は特にそうです。

 

ローリスクでエントリー出来るチャンスになります。
レンジの値幅が広い場合、レンジの上で売って
レンジの下で買うという逆張りのトレードも可能になります。

 

基本的にはレンジの外へブレイクアウトをするのを待ってから
エントリーすることがリスクを抑えて取引できます。

 

ボックス相場での立ち回り方

下降トレンド途中で小さい幅の
レンジになっているボックス相場があるとします。
ヒゲの部分が出ているのに!と思うかもしれません。

 

しかし、レンジの安値でほぼ揃っていれば、そこに水平のラインが引けます。
レンジの上もレンジ途中で出てきたピンバーの上ヒゲ以外が
ほぼ揃っていたら水平のラインが引けるのです。

 

ですので、ヒゲ部分が出ていた方が良いのです。

 

実際は、このようなトレンドとは逆方向にピンバーなどの
ダマシパターンが突き出している状態が最高のボックス相場と言えるのです。

 

ピンバーの上ヒゲの部分で大勢の買い手が
罠にはまっているかもしれないので、
早とちりして相場の反転を狙ってしまうトレーダーは多いです。

 

彼らは含み損を抱えたままレンジの値動きを見ている状態となります。

 

その後にボックス相場を下にブレイクアウトする事になったら、
その彼らのロスカット注文を巻き込みますので、
かなり信憑性が高いブレイクアウトとなるのです。

ボックス相場については詳しく知りたい方はこちら

 

騙されたトレーダーや、罠にかかったトレーダー達が大勢いればいるほど、
反対側へのブレイクアウトの信憑性が高まってきます!

 

この場合、ブレイクアウトでエントリーしてもいいですし、
ブレイクアウト後に下の時間軸チャートで戻しを待って、
エントリーしても良いです。

 

利食いは、ボックス相場の高さの分だけ取れば、
ポジションの半分は利食いするでしょう。
そして、その残りはトレーリングストップを使い、
利益を伸ばします。

 

ロスカットはボックス相場の上に置く
という事が一般的な考えになります。

 

ですが、この場合はピンバーが突き出しているので、
ロスカット幅が広くなり過ぎの状態になってます。
ボックス相場を抜ける時の勢いのある陰線の高値を
超えた部分にロスカット注文を置くと良いでしょう。

まとめ

チャートパターンを覚える上で必須な3種類のライン、

  • レジスタンスライン・・・相場を上から支える線
  • サポートライン・・・相場を下から支える線
  • トレンドライン・・・上昇トレンドでは安値、下降トレンドでは高値を結ぶ線

相場でよく出るチャートパターンは以下です。

  • ダブルトップ・ダブルボトム
  • トリプルトップ・トリプルボトム
  • ヘッドアンドショルダー

これらを全てプロなら絶対知っているパターンです。
しっかりと覚えてチャートに照らし合わせて分析することで、
グンと勝率や利益が伸びることでしょう。

必ず覚えてください!

関連記事

ページ上部へ戻る