「トレードルールを守る!」

 

1.「チャートでのルール」

チャート分析をトレードに活かして儲けていく為のルールは、「シグナルに忠実になる」事となります。チャート分析は、投資効率を上げて大きな利益を得るために、絶対的に欠かせないものという事です。

チャートが発するシグナルによって、チャンスになったりリスクを伴なったりするのは、それだけ多くの投資家がチャートの動きに敏感になっていて、その動きに対するリアクションとして投資行動を取るからだと言う事だと思われます。

 

チャート分析をしてトレードに活かそうとしているにも拘わらず、途中から判断が鈍ってしまったりする人がいます。判断を鈍らせる原因としては、人の心の中にある「願望」や「予測」や「感情」やその他の多くのニュースがあると言えるでしょう。

 

チャート分析によるシグナルでトレードをスタートしたのなら、終了するまでそうするべきと言えます。ダマシにあって損をする事もあるかもしれませんが、チャートのシグナルに忠実である事が最終的には利益をもたらしてくれると思われるからです。

 

2.「根拠に自信を持つ!」

FX初心者にありがちなのが、トレードする時に自分にとって都合の良い分析をしてしまう事となります。自分がエントリーしやすく、都合良く相場を見て判断してしまっているのです。そして、自分が持ってるポジションに都合よく、自分に有利に相場を分析してしまったりする場合も多く見られます。

 

トレンド判断をダウ理論でしたのに、エントリーをする時の分析においては、エリオット波動理論や、ダイバージェンスや色々出てきたりするのはおかしい話です。また、自信がないからかもしれませんが、分析について訊ねたりすると、考えがコロコロと変わる人もそういう傾向が強いと思われます。「そこでエントリーは危険です」と言われれば、「ではこっちのポイントでエントリーします」と答えてしまったり、「トレンドはまだですが…」と質問すれば、「そうですか?ではもう少し待ってみます」と言ったり人の意見に左右されます。

 

これは、自分自身で根拠のないトレードをしている事に他ならなくて、指摘をされるとその話を鵜呑みにしてしまい、良くないです。何故そう思ったか、という理由があっての自分なりの意見や分析があるはずなのに、自分がやってる事に自信がなかったり根拠がなかったりする為、何がいけなかったのかという事が抜けてしまっていると言えるでしょう。

 

これでは、例え勝ったとしてもまた勝てる根拠もないですし、意味もありませんし、いずれ資産をなくす日が必ず訪れます。いつまでも根拠や自信のないトレードはやめにして、この状況を抜け出してください。

「そのポジションでのエントリーが危険」と言われた場合でも、「確かに危険かもしれませんが、私なりの根拠がありますので、少しリスクを取って今回はこちらでポジションを取りました」など、自分の考えや根拠をしっかり言えたトレードを出来る方が、妥協のないトレードに繋がり、今後の分析の幅も広がっていきます。

他のルールも知っておきたい方は(FXトレーダーの6つのリスク)をクリック!

 

3.「優位性のあるルール」

考えられる「優位性のある手法」とは、「50%以上の確率で勝てる手法」の事となります。FXトレードは何も考えずに当てずっぽうなどで行ってしまうと勝率は50%以下となるのです。何故なら、価格が上がるか下がるかの確率は半分としても、スプレッドや手数料の分だけ確実にマイナスが出るからという事になるからです。ですので、50%以上の確率で勝てるトレードをする場合は、どうしてもそれなりに根拠のある手法が必要となってきます。

50%以上の確率で勝つために必要となってくる「根拠」は実は沢山あるのです。「通貨」や「時間」や「相場環境」や「チャート」や「テクニカル」や「ファンダメンタル」や「インジケーター」や「アノマリー」などなど、これらを用いることによって、50%以上の確率で勝てるような手法を確立出来る事になります。勝率50%以上の確率で勝てる手法を作る為には、「根拠」をまず徹底的に頭に叩き込む必要があるという事になります。そして、それが本当に機能するのかどうかという事も、過去のチャートや実際のリアルチャートやトレードの中で確認していく事が必要となってきます。

 

そして、自分に合っている、自分にとって使いやすいものを取捨選択していく事が大事となります。そのようにする事で、取捨選択した根拠を重ねれば重ねるほどに「優位性のある手法」となっていくのです。分かりやすい通貨を選択して、値動きが出る時間帯に絞って、トレンド相場が出ている環境によって..そんな風にいくつもの「根拠」を重ねる事によって、より精度の高く、勝率が高いトレードをする事が可能となっていくと言えるのです。

 

4.「資金管理におけるルール」

FXで最も大事なのは手法だと思う方が多いとは思いますが、実際は、最も重要になってくるのは資金管理になります。マインドは勿論言うまでもありませんが、一気に稼ぎたい思いから一回で大きな利益を出そうと、無茶な金額をかけたりする事はギャンブルと変わらないのです。資金額を予め設定して、資金がなくなっても生活には支障がない程度の資金を用意するのが賢明だと言えるでしょう。

 

では、具体的にはどのように資金管理をしていけばよいのでしょうか?

他にも沢山方法はありますが、今回は「一回のトレードの損失許容額を決定する」という資金管理の方法をご紹介していきたいと思います。

 

まず、エントリーポイントがきた時の損切りの設定ポイントを予め決めておきます。そして、その時の設定金額は、資金の3%以内にロット数(トレードをする上での、どのくらいの資金で取引するか、その時の取引通貨量の単位)がなるように調整しておきます。例えば、100万円の資金の3%では3万円という事となります。

 

これにより、3万円以上の損失は防げますし、メンタルも不安定にはならずに、次のトレードに向けて、気を取り直して戦略を練ったり出来る事になります。そして、一回のトレード金額を設定する事で、あとどれぐらいトレードが出来るか明確に出来るのです。

 

通貨ペアごとにポジションを分けたり、時間足ごとに分散したりとやり方はまだまだ限りないですが、自分なりの資金管理方法で、資金を守って少しでも不安の少ないトレードになるようにしていきましょう。

 

5.「まとめ」

チャート分析をトレードに活かして儲けていく為のルールは、「シグナルに忠実になる」事となります。チャート分析は、投資効率を上げて大きな利益を得るために、絶対的に欠かせないものという事です。

チャートが発するシグナルによって、チャンスになったりリスクを伴なったりするのは、それだけ多くの投資家がチャートの動きに敏感になっていて、その動きに対するリアクションとして投資行動を取るからだと言う事だと思われます。

 

チャート分析によるシグナルでトレードをスタートしたのなら、終了するまでそうするべきと言えます。ダマシにあって損をする事もあるかもしれませんが、チャートのシグナルに忠実である事が最終的には利益をもたらしてくれると思われるからです。

 

FX初心者にありがちなのが、トレードする時に自分にとって都合の良い分析をしてしまう事となります。自分がエントリーしやすく、都合良く相場を見て判断してしまっているのです。そして、自分が持ってるポジションに都合よく、自分に有利に相場を分析してしまったりする場合も多く見られます。

 

自分自身で根拠のないトレードをしたり、指摘をされるとその話を鵜呑みにしてしまい、という事は良くないです。何故そう思ったか、という理由があっての自分なりの意見や分析があるはずなのに、自分がやってる事に自信がなかったり根拠がなかったりする為、何がいけなかったのかという事が抜けてしまっていると言えるでしょう。これでは、例え勝ったとしてもまた勝てる根拠もないですし、意味もありませんし、いずれ資産をなくす日が必ず訪れます。いつまでも根拠や自信のないトレードはやめにして、この状況を抜け出してください。

 

考えられる「優位性のある手法」とは、「50%以上の確率で勝てる手法」の事となります。FXトレードは何も考えずに当てずっぽうなどで行ってしまうと勝率は50%以下となるのです。何故なら、価格が上がるか下がるかの確率は半分としても、スプレッドや手数料の分だけ確実にマイナスが出るからという事になるからです。ですので、50%以上の確率で勝てるトレードをする場合は、どうしてもそれなりに根拠のある手法が必要となってきます。

勝率50%以上の確率で勝てる手法を作る為には、「根拠」をまず徹底的に頭に叩き込む必要があるという事になります。そして、それが本当に機能するのかどうかという事も、過去のチャートや実際のリアルチャートやトレードの中で確認していく事が必要となってきます。

 

そして、自分に合っている、自分にとって使いやすいものを取捨選択していく事が大事となります。そのようにする事で、取捨選択した根拠を重ねれば重ねるほどに「優位性のある手法」となっていくのです。分かりやすい通貨を選択して、値動きが出る時間帯に絞って、トレンド相場が出ている環境によって..そんな風にいくつもの「根拠」を重ねる事によって、より精度の高く、勝率が高いトレードをする事が可能となっていくと言えるのです。

 

FXで最も大事なのは手法だと思う方が多いとは思いますが、実際は、最も重要になってくるのは資金管理になります。マインドは勿論言うまでもありませんが、一気に稼ぎたい思いから一回で大きな利益を出そうと、無茶な金額をかけたりする事はギャンブルと変わらないのです。資金額を予め設定して、資金がなくなっても生活には支障がない程度の資金を用意するのが賢明だと言えるでしょう。

 

 

通貨ペアごとにポジションを分けたり、時間足ごとに分散したりとやり方はまだまだ限りないですが、自分なりの資金管理方法で、資金を守って少しでも不安の少ないトレードになるようにしていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る