「FXの理解しておきたい専門用語」

1.「pips」

FXをし始めると、よく耳にすると思いますが、
そもそも「pips」ってなんの事?...今更聞けない...
という初心者の方も多いと思われます。

ですが、FXをするにあたって、1pipsがいくらの損益になるかを知っておかないと、
「想定していた損益は全然違う」という事になりかねないです。

「pips」(ピップス/ピピ/ピップなど)とは、FXトレードを行う際に使われる「通貨の単位」
す。例えますと、日本円にしますと、0.01円=1銭=1pipsとなります。

1銭でいいのではないか?と思うかもですが、FXでは色々な通貨間の取引が行われますので、
基本的に「違う通貨同士のペア」で考える世界になりますですので、
統一の単位があると便利という事です。

実際にトレードする時は、「USD/JPY(ドル対円)100.123」のように表示されますので、
慣れていない初心者の方は「1pips」がどこだかわからないと
悩んでしまう方も多いと思われますが、
基本的に、クロス円(対円の通貨ペア)は「少数第二位」
その他の通貨ペアは「少数点第四位」が1pipsと覚えておくという事で大丈夫です。

 

例えますと。ドル円を100.000ジャストで買い、10・100で決済する場合(売る)、10pipsの利益になるという事です。※表記は、FXの業者によって変わってきたりします。

 

2.「ロスカット」

「ロスカット」とは、含み損が大きくなり過ぎた場合に、
自動的に行われる「強制決済」の事を言います。
FXには、株のように、値幅の制限いっぱいまで売買が出来る
「ストップ高」や「ストップ安」というような仕組みはありません。

 

また、レバレッジを高くかけるという事が出来る反面、
損失もかなり大きくなってしまう可能性があるのです。
「証拠金」が全額なくなってしまうどころか、不足金が発生してしまうような可能性もあるのです。
それらのリスクを避ける為にあるのが「ロスカット」という事になります。

 

「ロスカットレベル」とは、担保として預け入れた証拠金の金額の中から、
現在の含み損(現在のレートで決済した場合に発生すると予測される損失)が
差し引かれた際の割合の事になります。

決められている「ロスカットレベル」を下回りますと、「ロスカット」が適用され、
投資家にとって、不利な為替レートであっても即決済が行われてしまう事になります。
これにより、証拠金の大半を失う事になるのですが、
証拠金以上の損失が出るのを防げる事になります。

 

「ロスカット」が執行されると、コンピューターが自動的に決済をします。
これにより、基本的には、証拠金以上の損失は出る事はありません。
つまりは、不足金が発生したり借金をしたりという事はないのです。

 

ただ為替レートが急激に変動した場合は、
実際に執行されているレート「ロスカット」の水準から大きく離れてしまう事がありますので、
その場合には、預け入れた証拠金以上の損失が発生する事があるのです。

「ロスカット」は、証拠金の大半を失う「強制決済」となります。
これを避けるために、証拠金に余裕がある取引を心がけるようにし、
「レバレッジ」を高く設定しすぎないようにしていきましょう。

 

3.「レバレッジ」

「レバレッジ」とは、証拠金にかける「てこ」のようなものの事になり、
少ない資本金でも大きな取引が出来るようになる事を表しています。
通常は、「レバレッジ〇〇倍」というような言い方をし、
証拠金の数倍~数百倍の金額で取引出来ます。

 

ですが、「レバレッジ」をかけると、利益や損失も大きくなります。
例えるなら、10万円の証拠金でも10倍の「レバレッジ」をかける事で、
100万円として取引が出来るのです。
ですが、当然損失の場合にも「レバレッジ」は勿論かかってきます。
1万円の損失が10倍のレバレッジをかけていれば10万円の損失になるという事です。

 

「レバレッジ」が可能なわけは何なのでしょか?それは、FXの決済方法に理由があるのです。
FXが、通常の商品を売買する時みたいに、
その都度金銭の受け渡しを行うという事は全くありません。
取引によって生まれた差額分だけを決済する「差金決済」という方法ですので、
少額での取引が可能になってきます。

 

4.「順張り・逆張り」

FX初心者には、「逆張り」と「順張り」どちらがいいと思われますか?
「順張り」とは、トレンドに沿って売り買いを行う方法となり、
「逆張り」とは、相場の動きが大きくなった時にトレンドとは
反対方向に売り買いを行うという手法となります。

 

初心者には、順張りがお勧めとなるのですが、理由としましては、
リスクが低いという事が言えます。
上昇トレンドであれば、その流れに沿うように売り買いを行えばいいだけですので、
比較的難しさは少なくなるという事です。
逆張りですと、大きな利益が見込めますが、逆に損失も大きくなる可能性があるという事です。
初心者の場合は、慣れたり裁量がつくまでは、買いと売りのどちらかを決めて、
一方だけに集中してエントリーする方がトレードがやりやすいし、
リスクは少ないと言えるでしょう。

 

ですが、順張りにもリスクは勿論あります。
それは、天井や底などのポイントで売買をしてしまう事です。
順調に上昇を続けていても上昇はいつかは終わりが来ますので、
トレンドが変わる時がやってきます。
天井で買い、最安値へと下がり底値で売ってしまう、
という最悪な事態になれば大きな損失に繋がります。
順張り逆張りどちらでも言えることなのですが、
順張りでもこういった危険性が潜んでる事は忘れないでおくことが賢明です。
どのタイミングで天井となるのか、
底となってしまうのかは専業としているプロの投資家にも分からない事となりますので、
初心者は特に慎重にトレードをしてほしいと思います。

 

5.「まとめ」

FXをし始めると、よく耳にすると思いますが、そもそも「pips」ってなんの事?...
今更聞けない...という初心者の方も多いと思われます。
ですが、FXをするにあたって、1pipsがいくらの損益になるかを知っておかないと、
「想定していた損益は全然違う」という事になりかねないです。
「pips」(ピップス/ピピ/ピップなど)とは、
FXトレードを行う際に使われる「通貨の単位」です。
例えますと、日本円にしますと、0.01円=1銭=1pipsとなります。

1銭でいいのではないか?と思うかもですが、FXでは色々な通貨間の取引が行われますので、
基本的に「違う通貨同士のペア」で考える世界になりますですので、
統一の単位があると便利という事です。

実際にトレードする時は、「USD/JPY(ドル対円)100.123」のように表示されますので、
慣れていない初心者の方は「1pips」がどこだかわからないと
悩んでしまう方も多いと思われますが、基本的に、
クロス円(対円の通貨ペア)は「少数第二位」
その他の通貨ペアは「少数点第四位」が1pipsと覚えておくという事で大丈夫です。

 

「ロスカット」とは、含み損が大きくなり過ぎた場合に、
自動的に行われる「強制決済」の事を言います。
FXには、株のように、値幅の制限いっぱいまで売買が出来る
「ストップ高」や「ストップ安」というような仕組みはありません。

 

また、レバレッジを高くかけるという事が出来る反面、
損失もかなり大きくなってしまう可能性があるのです。
「証拠金」が全額なくなってしまうどころか、不足金が発生してしまうような可能性もあるのです。
それらのリスクを避ける為にあるのが「ロスカット」という事になります。

 

「ロスカット」が執行されると、コンピューターが自動的に決済をします。
これにより、基本的には、証拠金以上の損失は出る事はありません。
つまりは、不足金が発生したり借金をしたりという事はないのです。

 

「ロスカット」は、証拠金の大半を失う「強制決済」となります。
これを避けるために、証拠金に余裕がある取引を心がけるようにし、
「レバレッジ」を高く設定しすぎないようにしていきましょう。

 

「レバレッジ」とは、証拠金にかける「てこ」のようなものの事になり、
少ない資本金でも大きな取引が出来るようになる事を表しています。
通常は、「レバレッジ〇〇倍」というような言い方をし、
証拠金の数倍~数百倍の金額で取引出来ます。

 

ですが、「レバレッジ」をかけると、利益や損失も大きくなります。
例えるなら、10万円の証拠金でも10倍の「レバレッジ」をかける事で、
100万円として取引が出来るのです。
ですが、当然損失の場合にも「レバレッジ」は勿論かかってきます。
1万円の損失が10倍のレバレッジをかけていれば10万円の損失になるという事です。

 

FX初心者には、「逆張り」と「順張り」どちらがいいと思われますか?
「順張り」とは、トレンドに沿って売り買いを行う方法となり、
「逆張り」とは、相場の動きが大きくなった時に
トレンドとは反対方向に売り買いを行うという手法となります。

初心者には、順張りがお勧めとなるのですが、
理由としましては、リスクが低いという事が言えます。
上昇トレンドであれば、その流れに沿うように売り買いを行えばいいだけですので、
比較的難しさは少なくなるという事です。

逆張りですと、大きな利益が見込めますが、逆に損失も大きくなる可能性があるという事です。
初心者の場合は、慣れたり裁量がつくまでは、買いと売りのどちらかを決めて、
一方だけに集中してエントリーする方がトレードがやりやすいし、
リスクは少ないと言えるでしょう。

 

順張りにもリスクは勿論あります。
それは、天井や底などのポイントで売買をしてしまう事です。
順調に上昇を続けていても上昇はいつかは終わりが来ますので、
トレンドが変わる時がやってきます。
天井で買い、最安値へと下がり底値で売ってしまう、
という最悪な事態になれば大きな損失に繋がります。

順張り逆張りどちらでも言えることなのですが、
順張りでもこういった危険性が潜んでる事は忘れないでおくことが賢明です。
どのタイミングで天井となるのか、底となってしまうのかは
専業としているプロの投資家にも分からない事となりますので、
初心者は特に慎重にトレードをしてほしいと思います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る