「FX利益確定のポイント」

1.「手仕舞いの仕方」

トレードをする上で、「いつポジションを持てばよいのか」
という入り口に対する判断は難しいのですが、
「どこでポジションを手仕舞えばよいのか」という出口の判断も難しいと言えるでしょう。

ポジションを建てたのはいいのだけれど、手仕舞う時はどうすればよいのかというのは、
多くの投資家のテーマとなります。
トレードを始める時は、どのタイミングでポジションを建てるか、
どうやって利益を得るかは一生懸命に考えたりしますが、実際に利益を確定させたり、
自分の希望通りに事が運ばず損切りをしたりという手仕舞いの事までは、
想定をしていない人が大半だと言えるでしょう。

 

手仕舞いのポイントは、そのトレンドや投資スタイルなどによって
さまざまとなりますから、一概には言えないです。
ですが、トレンドラインによっての買いのシグナルは、
それとセットになる形で利益確定のシグナルが存在する、というパターンが結構あります。
入口から出口まで、1つの流れで考えるという事が出来れば、
出口で悩まずにスムーズなトレードが出来る事でしょう。

 

2.「トレンドラインで考える」

相場が順調に、トレンドラインに沿って上昇している場合は、
ラインに近付いた所がロング(買い)のエントリーポイントになります。
上昇トレンドラインは下値支持線ですので、
その部分に近付くと値段は反発する事になります。

そして、トレンドラインとの乖離が大きくなってきたら、利益確定ポイントと考えしょう。
一本調子で上がっているように見えたりしても、やはり上下の振り幅は勿論あります。

 

トレンドラインを離れ過ぎた価格は、
再びトレンドラインに向かって下がるという動きを見せやすくなります。
(気を付けていただきたいのですが、絶対ではありません)
この時が利益確定の手仕舞いをするポイントとなります。
勿論、乖離を更に広げる形で、相場が上昇していく可能性もありますが、
そんな時は「もっと持ち続けていればもっと儲かったのに...。損をしてしまった...。」など
とは、思わずに「今回はこれだけ儲けたのでOKとしよう」と割り切る気持ちが肝心です。

 

ボックス相場になっている時は、その予想は更に簡単なものとなります。
下値支持線のラインでロングを建てて、上値抵抗線に近づいたら手仕舞うという方法となります。
いったりきたりしているのがボックス相場ですから、
そのボックスの中での動きによって細かく利益を狙う方法です。
ちなみに、この場合のロスカットですが、下値支持線よりも少し下あたりに構える事になります。
下値支持線に触れる位の事は度々ありますので、その度にロスカットをしていたりすると大変です。
下値支持線を少し割れるぐらいのポイントがちょうどいいと言えるでしょう。

 

大台や節目などの価格をターゲットとしてトレードするという手法もあります。
これらもトレンドラインと同様で、多くの投資家が意識しているポイントになりますので、
それに「乗る」ことです。節目や大台を利益確定ポイントにして売買をするという事なのです。
このように、マーケットに参加している多くの投資家が共通して考える事として、「
トレンドライン」や、「大台」や「節目」と言ったものがあります。
それだけ、影響力の大きいチャート分析になりますので、是非自分のものにしておいてください。
シグナルに従って始めたトレードは、必ずシグナルに従って手仕舞いましょう。
そして、順調に推移している相場ではトレンドラインが判断基準となりますので、
トレンドラインで利益確定ポイントを考えましょう。

3.「AB=CDのパターン&レジサポで決定」

AB=CDのパターンで利益確定の目標を決めて、
その下にあるレジサポまでを利益確定のターゲットにするなど、自分なりのルールを作りましょう。
AB=CDのパターンといいますのは、波形の事を指しています。
相場は1波であるABの長さと、CDの1波の長さが同じ長さになる事が比較的多いです。
従いまして、こういった波形をAB=CDパターンといいまして、
これを利益確定の目標にしている人もいます。
ただ、Dの下にレジスタンスラインがあるようである場合は、
Dまで狙わずにレジスタンスラインまでを利益確定のポイントとします。
利益確定は、Dの下にある、レジスタンスラインの少し下を目標として
決済指値を設定するトレーダーが多いでしょう。
下降の場合も同様になりまして、AB=CDパターンで利益目標を決めて、
その上にサポートラインがあれば、サポートラインの少し上に決済指値を設定となります。

 

4.「高値安値やPIPS数やトレーリングストップ」

最も堅実な利益確定のポイントとなります。
高値でレジスタンスされる可能性がありますので、
高値の少し下を利益確定目標にするのが1番堅実な方法となります。
ただ、利益確定までの値幅が狭くなって、
リスクリワード比が見込めないというような可能性も高くなてきます。
「PIPS数」で固定して、利益確定を定めたりしている勝ち組トレーダーも存在しています。
ただ、相場によりまして、ボラティリティーも違いますので、
「PIPS数」で固定して」しまうというのはあまりお勧めは出来ません。
しかし、相場観を養う為には、最初のうちは「PIPS数」で固定してしまうのも
経験値を積む上ではいい事かもしれないです。

 

「トレーリングストップ」とは、損切ラインを徐々に利確方向に移動するという手法となります。
闇雲に利確方向に移動するのではなく、
きちんとした根拠をもって移動する事が必要となってきます。
ただ、注意してします頂きたいのですが、短期足の波形で「トレーリングストップ」を
行ってしまうと、パソコンに張り付かなくてはなりませんし、少し手間かもしれないです。

 

5.「反転のチャートパターンによる撤退と分割決済」

利益目標まで届かなかったとしましても、反転のサインがでてしまった場合は、
そこで利益を確定となります。
エントリーをして、自分の利確ポイントまで届かず反転のサインが出てしまった場合は、
いったん強制撤退するのもありかもしれません。
ただ、ずっとチャートに張り付いて見るという事になりますので、初心者のうちは精神的に厳しく、
反転サインが出ていなくても良くない利食いをしてしまう恐れもあると言えるでしょう。

 

1番近いレジスタンスで、半分を利確して、
残りを次のレジスタンスまで伸ばすという利確手法もあります。
残りの半分を最終目標まで持つ事によって、一旦半分利確していますので、
残りは勝っても負けてもトータルとしてマイナスになる事はないですので、
目標ラインまで上下を繰り返していても精神的な余裕が生まれ落ち着いて見守れる事が出来ます。

 

6.「まとめ」

トレードをする上で、「いつポジションを持てばよいのか」
という入り口に対する判断は難しいのですが、
「どこでポジションを手仕舞えばよいのか」という出口の判断も難しいと言えるでしょう。
ポジションを建てたのはいいのだけれど、手仕舞う時はどうすればよいのかというのは、
多くの投資家のテーマとなります。

 

手仕舞いのポイントは、そのトレンドや投資スタイルなどによって
さまざまとなりますから、一概には言えないです。
ですが、トレンドラインによっての買いのシグナルは、
それとセットになる形で利益確定のシグナルが存在する、というパターンが結構あります。
口から出口まで、1つの流れで考えるという事が出来れば、
出口で悩まずにスムーズなトレードが出来る事でしょう。

 

相場が順調に、トレンドラインに沿って上昇している場合は、
ラインに近付いた所がロング(買い)のエントリーポイントになります。
上昇トレンドラインは下値支持線ですので、その部分に近付くと値段は反発する事になります。

そして、トレンドラインとの乖離が大きくなってきたら、利益確定ポイントと考えしょう。
一本調子で上がっているように見えたりしても、やはり上下の振り幅は勿論あります。

 

ボックス相場になっている時は、その予想は更に簡単なものとなります。
下値支持線のラインでロングを建てて、上値抵抗線に近づいたら手仕舞うという方法となります。いったりきたりしているのがボックス相場ですから、
そのボックスの中での動きによって細かく利益を狙う方法です。
ちなみに、この場合のロスカットですが、下値支持線よりも少し下あたりに構える事になります。
下値支持線に触れる位の事は度々ありますので、その度にロスカットをしていたりすると大変です。
下値支持線を少し割れるぐらいのポイントがちょうどいいと言えるでしょう。

 

大台や節目などの価格をターゲットとしてトレードするという手法もあります。
これらもトレンドラインと同様で、多くの投資家が意識しているポイントになりますので、
それに「乗る」ことです。
節目や大台を利益確定ポイントにして売買をするという事なのです。
このように、マーケットに参加している多くの投資家が共通して考える事として、
「トレンドライン」や、「大台」や「節目」と言ったものがあります。

 

それだけ、影響力の大きいチャート分析になりますので、
是非自分のものにしておいてください。
シグナルに従って始めたトレードは、必ずシグナルに従って手仕舞いましょう。
そして、順調に推移している相場ではトレンドラインが判断基準となりますので、
トレンドラインで利益確定ポイントを考えましょう。

 

高値でレジスタンスされる可能性がありますので、
高値の少し下を利益確定目標にするのが1番堅実な方法となります。
ただ、利益確定までの値幅が狭くなって、
リスクリワード比が見込めないというような可能性も高くなてきます。
「PIPS数」で固定して、利益確定を定めたりしている勝ち組トレーダーも存在しています。
ただ、相場によりまして、ボラティリティーも違いますので、「PIPS数」で固定して」
しまうというのはあまりお勧めは出来ません、しかし、相場観を養う為には、
最初のうちは「PIPS数」で固定してしまうのも経験値を積む上ではいい事かもしれないです。

 

「トレーリングストップ」とは、損切ラインを徐々に利確方向に移動するという手法となります。
闇雲に利確方向に移動するのではなく、
きちんとした根拠をもって移動する事が必要となってきます。
ただ、注意してします頂きたいのですが、短期足の波形で「トレーリングストップ」を
行ってしまうと、パソコンに張り付かなくてはなりませんし、少し手間かもしれないです。

利益目標まで届かなかったとしましても、反転のサインがでてしまった場合は、
そこで利益を確定となります。

 

1番近いレジスタンスで、半分を利確して、残りを次のレジスタンスまで伸ばすという
利確手法もあります。
残りの半分を最終目標まで持つ事によって、一旦半分利確していますので、
残りは勝っても負けてもトータルとしてマイナスになる事はないですので、
目標ラインまで上下を繰り返していても精神的な余裕が生まれ落ち着いて見守れる事が出来ます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る