FXのトレンド転換のサインに注目してみよう

1.「トレンド転換の予想」

相場でwトレンド転換が起こる時には、必ずその事を知らせるサインが発生します。
事前に反転を予測していく方法とトレンド転換を判断出来るサインを
いくつかご紹介していきます。
トレンド転換が起こる前には、チャートは事前に私たちにきちんと教えてくれます。
勿論、いつも完璧に反転を捉えれるというわけではないですが、
比較的高い精度でトレンド転換を予測出来る方法の2つをご紹介していきます。

①新値の更新の幅が狭くなります。
この事はまさに、トレンドが伸びきって上昇するパワーが弱くなってきたという証拠です!
こうなりますと、そろそろ下落トレンドに転じてくるのではと予測出来ます。
このパターンは新値の更新が何回か行われた後によく現れます。
だいたいトレンド方向に3回から5回ほど新値が更新されるとチェックが必要です!

②長いヒゲが出ます。
例えば、トレンドの頂上付近で上方向の長いヒゲが出現となりますと、
現在大量の買い手が損失を抱えているという事を意味しています。
ヒゲの頂上付近で買った人達は一瞬にして大きなマイナスとなり、大パニックです!
「やばい!」と感じた彼らは、ポジションを丸投げして損切を行うはずです。
ですので、そこでは大量の売り決済注文が出されて、相場は下方向へと振れやすいのです。
ヒゲは長ければ長いほど、反対方向に振れる力は強くなるという事です。

2.「予想のみのエントリーの危険性」

1つ心掛けてほしい事がありますが、それは、
決して「予測のみでエントリーをしない」という事です。
予測は、あくまで「次はこう動くかも」という心の準備としてだけ使ってください。
そして、その後は具体的な反転パターンが出てからエントリーを行うという事です。
具体的な反転サインとしましては、チャート上に置きまして
トレンド転換のパターンは2通りだけとなります。

①「ヘッド&ショルダー」は、直近の高値まで到達が出来ずにネックラインを割り込んできます。
(ネックラインとは、直近の安値とその1つ前の安値を結んだ線の事です。
こちらの逆張りバージョンで。下落から上昇に転じる時などは、
「リバース・ヘッド&ショルダー」と呼ばれています。
トレンド転換で1番によく見るという形となりまして、また最も信頼しうるチャートパターンです。
こちらは、ネックラインを割ってくるという事でパターンが完成します。

②「ダブルトップ」は、直近の高値付近で止められて、
直近の安値を割り込んでくるのが特徴となります。
こちらの逆バージョンで、下落から上昇に転じるという時は「ダブルボトム」と呼ばれています。
「ヘッド&ショルダー」の次によく見られる形となり、非常に認識がしやすいです。
実際は綺麗に直近の高値で止まるという事は少なくて、ちょっとずれたりもします。
ですので、直近の安値を割ってくるかどうかという事が見極める上で
重要なポイントとなってくるでしょう。
厳密に言えば、これらの他にも反転パターンはいくつも存在します。
(トリプルトップ・V字トップ・ソーサートップetc)
これらは、上記の2パターンの変化形となります。

3.「レジサポのブレイクアウトで見極める」

「レジサポ」とは「レジスタンスライン」と「サポートライン」の略称の事です。
「レジスタンスライン」とは、価格の抵抗線になるポイントに引く水平線ラインです。
相場が、それ以上上昇出来ない可能性を意味しています。

「サポートライン」とは、価格の支持線になるポイントに引く水平線ラインです。
相場が、下げ止まりとなって、上昇に転換する可能性を意味しています。
どちらのラインも共に水平線は横線となります。

「トレンドライン」とは、上昇または下降していく相場の高値と高値、
安値と安値を繋げた斜めの線の事となります。
引いた先のポイントが複数回意識されていれば、
そのトレンドラインは投資市場の多くの参加者に注目されている判断となるでしょう。
こちらは、「サポートライン」や「レジスタンスライン」と違って斜め線となります。

「レジサポ」の引き方は、相場上で価格が数多く止まっているポイントに横線を引きます。
FX業者が提供するチャートソフトやMT4(FXトレードソフトのMeta Trader4)に、
引くツールが付属されています。複数回意識された価格のポイントは、
今後も意識される可能性が高いポイントとなります。

「トレンドライン」の引き方としましては、上昇もしくは下降トレンドの時に引いていきます。
「チャネルライン」とは、高値と高値、安値と安値を繋げたトレンドラインが
平行に引ける相場状況のトレンドラインの事となります。

レジスタンスラインやサポートラインを抜けそうで抜けないというような状態が続くと、
抜けた時の値動きに勢いがましていきます。
何故かと言いますと、レジスタンスラインやサポートラインという壁は、
何度も試される間に弱くなり更に外側の方に火薬が溜まっていくからというわけです。
レジスタンスラインが壁だとすると、その壁は指値売り注文を原料に作られています。
何度も指値売り注文の壁を試す間に壁は薄くなっていくのです。
何故なら、指値売り注文が食われて少なくなっていく事によるからです。

それと同時に、指値売り注文の約定ごとに、それと同じくらい逆指値の買い注文が
レジスタンスラインを少し超えた部分に溜まっていく事になります。
何故なら、壁の部分で指値を売った人が「ロスカット注文」を出すからになります
逆指値の買い注文(売りのロスカット注文)は、
ある特定の値段まで上昇した瞬間に成行買い注文が発動する注文となります。

4.「ダブルトップ・トリプルトップ・ヘッドアンドショルダー」

「ダブルトップ」とは、基本上昇トレンドの天井でよく見られるチャートのパターンとなります。
これが現れた時は、絶対とはいえませんが、上昇トレンドの終了のサインと言えるでしょう。
「ダブルボトム」とは、「ダブルトップ」と正反対で、
下降トレンドによく見られるパターンになります。
このチャートが出来上がった時は、下降トレンドの終了の合図という意味に取れます。

そして、「ダブルトップ・ダブルボトム」「トリプルトップ・トリプルボトム」の
進化形のチャートのパターンに「ヘッドアンドショルダー」があります。

「ダブルトップ」には、3つのパターンがありまして、全て天井となる高値が2つ出来て、
2つの高値はいずれも同じ価格帯で水平になる場合もあれば、
左右どちらかが高くなったりラインが斜めになる事もあると言えます。
「ダブルトップ」が形成されると、サポートライン(ネックラインになります)が出来、
その「ネックライン」を下に抜けてチャートパターンが完成した時が、
上昇トレンドが終わるサインを表します。

気をつけて頂きたい事は、「シングルトップ」のように山が1つしかないものは別になってきます。
こちらは出来上がってから気づくものになりますので、
これを何かのサインと思って活かすという事はかなり難しいと言えるでしょう。

「トリプルトップ」とは、表す意味はダブル系と同じものになりますが、
ダブル系は山が2つという事に比べて、3つの山のパターンという事になります。上昇トレンドの途中で現れた場合、上昇トレンドの終了を意味します。
「トリプルボトム」は、下降トレンドの途中で現れた場合、
下降トレンドの終了を表すことになります。
「ヘッドアンドショルダー」と似ていますが、違いとしましては、
山の形が「ヘッドアンドショルダー」は、最高値が真ん中の山で、
「トリプルトップ」は、最高値は3つの山のどの山でも成り立つという事です。

いずれにしましても、実際のトレードにおいて、
「ネックライン」をブレイクするかどうかという分析にかかってくることとなるでしょう。

5.「まとめ」

相場でトレンド転換が起こる時には、必ずその事を知らせるサインが発生します。
事前に反転を予測していく方法とトレンド転換を
判断出来るサインをいくつかご紹介していきます。
トレンド転換が起こる前には、チャートは事前に私たちにきちんと教えてくれます。

トレンド転換を予測出来る方法の2つの方法としまして、①新値の更新の幅が狭くなります。
この事はまさに、トレンドが伸びきって上昇するパワーが弱くなってきたという証拠です!
こうなりますと、そろそろ下落トレンドに転じてくるのではと予測出来ます。
このパターンは新値の更新が何回か行われた後によく現れます。
だいたいトレンド方向に3回から5回ほど新値が更新されるとチェックが必要です!

②長いヒゲが出ます。例えば、トレンドの頂上付近で上方向の長いヒゲが出現となりますと、
現在大量の買い手が損失を抱えているという事を意味しています。
ヒゲの頂上付近で買った人達は一瞬にして大きなマイナスとなり、大パニックです!
「やばい!」と感じた彼らは、ポジションを丸投げして損切を行うはずです。
ですので、そこでは大量の売り決済注文が出されて、相場は下方向へと振れやすいのです。
ヒゲは長ければ長いほど、反対方向に振れる力は強くなるという事です。

1つ心掛けてほしい事がありますが、それは、
決して「予測のみでエントリーをしない」という事です。
具体的な反転サインとしましては、チャート上に置きまして
トレンド転換のパターンは2通りだけとなります。

①「ヘッド&ショルダー」は、直近の高値まで到達が出来ずにネックラインを割り込んできます。
(ネックラインとは、直近の安値とその1つ前の安値を結んだ線の事です。
こちらの逆張りバージョンで。
こちらは、ネックラインを割ってくるという事でパターンが完成します。

②「ダブルトップ」は、直近の高値付近で止められて、
直近の安値を割り込んでくるのが特徴となります。
直近の安値を割ってくるかどうかという事が見極める上で重要なポイントとなってくるでしょう。
厳密に言えば、これらの他にも反転パターンはいくつも存在します。
(トリプルトップ・V字トップ・ソーサートップetc)これらは、
上記の2パターンの変化形となります。

「レジサポ」とは「レジスタンスライン」と「サポートライン」の略称の事です。
「レジスタンスライン」とは、価格の抵抗線になるポイントに引く水平線ラインです。
相場が、それ以上上昇出来ない可能性を意味しています。

「サポートライン」とは、価格の支持線になるポイントに引く水平線ラインです。
相場が、下げ止まりとなって、上昇に転換する可能性を意味しています。
どちらのラインも共に水平線は横線となります。

「レジサポ」の引き方は、相場上で価格が数多く止まっているポイントに横線を引きます。
FX業者が提供するチャートソフトやMT4(FXトレードソフトのMeta Trader4)に、
引くツールが付属されています。複数回意識された価格のポイントは、
今後も意識される可能性が高いポイントとなります。

レジスタンスラインやサポートラインを抜けそうで抜けないというような状態が続くと、
抜けた時の値動きに勢いがましていきます。
何故かと言いますと、レジスタンスラインやサポートラインという壁は、
何度も試される間に弱くなり更に外側の方に火薬が溜まっていくからというわけです
レジスタンスラインが壁だとすると、その壁は指値売り注文を原料に作られています。
何度も指値売り注文の壁を試す間に壁は薄くなっていくのです。
何故なら、指値売り注文が食われて少なくなっていく事によるからです。

それと同時に、指値売り注文の約定ごとに、
それと同じくらい逆指値の買い注文がレジスタンスラインを
少し超えた部分に溜まっていく事になります。
何故なら、壁の部分で指値を売った人が「ロスカット注文」を出すからになります。
逆指値の買い注文(売りのロスカット注文)は、
ある特定の値段まで上昇した瞬間に成行買い注文が発動する注文となります。

「ダブルトップ」とは、基本上昇トレンドの天井でよく見られるチャートのパターンとなります。
これが現れた時は、絶対とはいえませんが、上昇トレンドの終了のサインと言えるでしょう。
「ダブルボトム」とは、「ダブルトップ」と正反対で、
下降トレンドによく見られるパターンになります。
このチャートが出来上がった時は、下降トレンドの終了の合図という意味に取れます

「ダブルトップ」には、3つのパターンがありまして、全て天井となる高値が2つ出来て、
2つの高値はいずれも同じ価格帯で水平になる場合もあれば、
左右どちらかが高くなったりラインが斜めになる事もあると言えます。
「ダブルトップ」が形成されると、サポートライン(ネックラインになります)が出来、
その「ネックライン」を下に抜けてチャートパターンが完成した時が、
上昇トレンドが終わるサインを表します。

「トリプルトップ」とは、表す意味はダブル系と同じものになりますが、
ダブル系は山が2つという事に比べて、3つの山のパターンという事になります。
上昇トレンドの途中で現れた場合、上昇トレンドの終了を意味します。
「トリプルボトム」は、下降トレンドの途中で現れた場合、
下降トレンドの終了を表すことになります。「ヘッドアンドショルダー」と似ていますが、
違いとしましては、山の形が「ヘッドアンドショルダー」は、最高値が真ん中の山で、
「トリプルトップ」は、最高値は3つの山のどの山でも成り立つという事です。

いずれにしましても、実際のトレードにおいて、
「ネックライン」をブレイクするかどうかという分析にかかってくることとなるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る