FXで負けるパターンとは?負ける原因は必ずある!

1.「感情的なトレード」

誰もがFXで勝てているでしょうか?NOだと思います。
ほとんどの人が、負け続けたり大きな負けを経験しているのではないでしょうか?
しかし、負けている人は負ける原因がちゃんとあるのです。
誰もがすぐに解決出来るわけではないですが、
原因を確かめる事で次回の負けをなくしていきましょう。
今回は、FXで勝てない人の「典型的な負けパターン」をご紹介していきます。

 

「損をしたから取り返してやる!」や「もっと利益が伸びていくだろう!」
というような感情に任せた取引は、典型的な負けのパターンの1つです。
「損を取り返す」事や、「もっと利益が伸びるから」というような
自分の思惑通りには相場は動いたりしません。
FXでトレードをするという事は、既に動いている相場に私たちが合わせてトレードをするのです。
感情的なトレードをしていて、勝てるような、そんな相場は甘くはありません!

 

2.「マイルールを持って徹底しよう」

トレードをするにあたって、「ルール」を持っていますか?例えばになりますが、
移動平均線がクロスしたらポジションを取る事や、
ボリンジャーバンドが狭くなってきたら決済をする事や、
ストップはトレンドラインを抜けた部分に設定する事など
といったどこの誰が聞いたとしてもはっきりと分かるような「明確化されたルール」です。
マイルールを明確に設定する事によって、自分のトレードのの良い部分や、
逆に悪い部分などの反省が出来て今後のトレードに生かす事が出来るのです。
FXでつくるべきルールについてはこちら
 

それほど、難しく考える事もないですので、「~する事」をマイルールにしても良いし、
逆に「失敗トレードになってしまうからこれは絶対しない!」
という考えメインで作っても良いと思います。

 

3.「ロスカット(損切り)の大切さ」

相場は、時には自分の思惑とは全然違う動きをしたりする事があります。
そんな時、損切りが出来ないとFXでは勝つ事は不可能と言えるでしょう。
損切りが出来ない人が陥りそうなケースで「塩漬け」や「ナンピン」があります。
また、ポジションをロスカットされないように次から次へとどんどん入金をする人も多いです。

 

「塩漬け」とは、持っているポジションを放置しておくことです。
「塩漬け」をする人の多くは「放置していれば、いつかプラスになるかな~なればいいな~」と
期待しているのではないでしょうか?
「塩漬け」してもプラスにはならずに、大抵FX業者の強制ロスカットをくらってしまうだけです。

 

「ナンピン」とは、例えば、1ドル100円の時に1万通貨の買いポジションを持つとします。
その後に、円高へと相場は動き損失を抱えてしまう事になりました。
そんな時に、更に買いポジションを増やすという事です。先程の状況で、
1ドル98円になった時に1万通貨のポジションを買い増しするとします。
そうしますと、1ドル99円になれば両方のポジションの差益と
差損でプラマイゼロの状態になります。

一見すると、良いように見えるかもしれないのですが、
「戻るかもしれない~」という期待をして「ナンピン」する事は基本的にご法度です!
この事もFXで勝てない人のありがちなパターンなのです!

 

見込みがないポジションは、すぐに損切りをする事です。
これは、FXで勝つためにとても重要な事となります。これらの損切りなどが出来ずに、
「ナンピン」&「塩漬け」するトレーダーに多いのが入金投資法です。
含み損が大きくなってロスカットされそうになってしまうので、
追加でFX口座に資金を入れて生き延びようとします。
時々助かる事もありますが、大抵ドツボにはまってしまう事になるので、
まず、悩み過ぎないで、スパッと損切りする事が基本です。

 

4.「損切り貧乏とポジポジ病」

「損切りをする事は大切です!」と先程言いましたが、
損切りしていればいいというわけではないのです。
損切りし過ぎてFXで勝てないというパターンも存在するのです。
損切りというものは、文字通りに損をした状態で
どんどんポジションを切っていく事になりますので、損切りをし続けていれば、
そのうちに資金は減っていく事でしょう。

 

相場というものは、上がったり下がったりしながら、上昇したり下落したりしますので、
自分の思い通りには動きません。
そのような相場の特性を踏まえた上、適切な所で損切りを行うという事が大切です。
含み損生活にならないようにしていきましょう。

 

「ポジポジ病」とは、常にポジションを持っている人の事を言います
。この「ポジポジ病」は、負けている人にありがちな病気なのです。
ただ、ポジションを持っていても差益は出ないので、ここぞ!という場面でポジションを持って、
差益を出していくのがFXトレーダーなのです。
しかし、ここぞのタイミングって1日に何回あると思いますか?
24時間相場が動いているとはいえ、常にそのタイミングがくるわけではないのです。
という事は、「ポジポジ病」とは、
「儲けたいけど、適当にトレードしている人がなる病気」なのです。
「ポジポジ病」の人の多くがマイルールを持っていない人だと思うので、
そのあたりを見直す事が大切です。
FXにおいてのマインドについてはこちら

 

5.「まとめ」

FXで勝てない人の「典型的な負けパターン」をご紹介していきます。

 

「損をしたから取り返してやる!」や「もっと利益が伸びていくだろう!」
というような感情に任せた取引は、典型的な負けのパターンの1つです。
「損を取り返す」事や、「もっと利益が伸びるから」
というような自分の思惑通りには相場は動いたりしません。
FXでトレードをするという事は、既に動いている相場に私たちが合わせてトレードをするのです。
感情的なトレードをしていて、勝てるような、そんな相場は甘くはありません!

 

どこの誰が聞いたとしてもはっきりと分かるような
「明確化されたルール」を明確に設定する事によって、
自分のトレードのの良い部分や、逆に悪い部分などの反省が出来て
今後のトレードに生かす事が出来るのです。

 

それほど、難しく考える事もないですので、「~する事」をマイルールにしても良いし、
逆に「失敗トレードになってしまうからこれは絶対しない!」
という考えメインで作っても良いと思います。

 

相場は、時には自分の思惑とは全然違う動きをしたりする事があります。
そんな時、損切りが出来ないとFXでは勝つ事は不可能と言えるでしょう。
損切りが出来ない人が陥りそうなケースで「塩漬け」や「ナンピン」があります。
また、ポジションをロスカットされないように次から次へとどんどん入金をする人も多いです。

 

「塩漬け」とは、持っているポジションを放置しておくことです。
「塩漬け」してもプラスにはならずに、大抵FX業者の強制ロスカットをくらってしまうだけです。

 

「ナンピン」とは、例えば、1ドル100円の時に1万通貨の買いポジションを持つとします。
その後に、円高へと相場は動き損失を抱えてしまう事になりました。
そんな時に、更に買いポジションを増やすという事です。
戻るかもしれない~」という期待をして「ナンピン」する事は基本的にご法度です!
この事もFXで勝てない人のありがちなパターンなのです!

 

見込みがないポジションは、すぐに損切りをする事です。
これは、FXで勝つためにとても重要な事となります。これらの損切りなどが出来ずに、
「ナンピン」&「塩漬け」するトレーダーに多いのが入金投資法です。
含み損が大きくなってロスカットされそうになってしまうので、
追加でFX口座に資金を入れて生き延びようとします。
時々助かる事もありますが、大抵ドツボにはまってしまう事になるので、
まず、悩み過ぎないで、スパッと損切りする事が基本です。

 

相場というものは、上がったり下がったりしながら、上昇したり下落したりしますので、
自分の思い通りには動きません。
そのような相場の特性を踏まえた上、適切な所で損切りを行うという事が大切です。
含み損生活にならないようにしていきましょう。

 

「ポジポジ病」とは、常にポジションを持っている人の事を言います。
この「ポジポジ病」は、負けている人にありがちな病気なのです。
ただ、ポジションを持っていても差益は出ないので、
ここぞ!という場面でポジションを持って、差益を出していくのがFXトレーダーなのです。
しかし、ここぞのタイミングって1日に何回あると思いますか?
24時間相場が動いているとはいえ、常にそのタイミングがくるわけではないのです。
という事は、「ポジポジ病」とは、
「儲けたいけど、適当にトレードしている人がなる病気」なのです。
「ポジポジ病」の人の多くがマイルールを持っていない人だと思うので、
そのあたりを見直す事が大切となってきます!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る