FXでは売買ルールを作らないと危険!

1.「トレード手法をパターン化する」

FXトレードをしていく上で、売買ルールは作成した方が良いといえます。
何故なら、「たまたま勝てた」「たまたま負けた」という事
を繰り返していても意味がないからです。
このようなものは、投資とは呼べないですし、ただのギャンブルとしか言えません。
しっかりと、データを蓄積していって活用したり、仮説を立てて実践してみたりと
狙いを据えてトレードする事が大切となります。
FXにおいてのマインドについてはこちら
FXにおいての心理についてはこちら
 

自分のトレード方法を「パターン化」していく事は強みとなります。
「自分がどういうトレードで買っているのか?」という事が分かる事によって、
今後その勝てていた時の、勝ちやすいトレード手法の割合を増やしていけば良いからとなります。

 

2.「勝ちパターンと負けパターン」

勝てる投資家は、勝ちパターンを知っています。
売買ルールを作る事により、パターン化をする事が出来、
勝てる確率が上がるというのは何もFXに限った事ではありません。
「成功した経験」「失敗した経験」を自分の中でデータベース化し、
今後のエントリーのタイミングや、イグジットタイミングに活かしていくという事で、
投資が上手くなっていきます。

 

また、勝つ事だけではなく、「負けパターンを知る事」もかなり大切となります。
「負けたトレードなんて振り返りたくないんだけど…」と思いがちになりますが
、優秀な人は自分の失敗した経験を将来に活かす的な言葉もあるくらいですので、
目を背けたりせずに見てみる事をおすすめさせて頂きます。
「いつもこういうチャートの形で逆張りして負けているかもしれない…」
といった事がデータから分かれば、少なからず今後のトレードに活かせたり出来るはずです。
つまりは、「復習ってやっぱり大切だね」という事です。

 

他にも、「コツコツドカン」というFXや株界隈で定番とも言えるワードがあるのですが、
FX初心者にありがちなパターンとして「勝ちトレードではちょっとの利益で確定」
「負けトレードでは、含み損をギリギリまで我慢してしまって結果大きな損失に
」という事態になってしまいますよ。

 

3.「検証による知識の定着」

FXトレードが上手くなる方法の1つとして、復習をして自分のトレードを検証するという事です。
もしかすると、学校の勉強に似ているかもしれないです。
どんなに優秀な人でも1回で全て覚えられる人はいないですし、
勉強した部分を何回か復習する事によって、着実な知識の定着が得られるという事です。
FXの基礎事項についてはこちら

そして、FX売買のルールを作る方法として、
まず、自分の過去のトレードを振り返り検証してみるという事です。

勝てている人であれば、勝ちパターンが出てきやすいはずですし、負けている人であれば、
負けのパターンが見えてくるはずです。
FXが全然詳しくないような「私は初心者です!」と言った方でも、
10回、20回とトレードを繰り返して行く事によって、
無意識の中でも自分のクセが出ている事があります。

 

4.「PIPSの勝ちと損益額の矛盾」

獲得PIPSでは、勝てているのに、損益額ではマイナスといったケースもあります。
「今回は1万通貨」「今回は3万通貨」など、発注数量を毎回のように変えている方は、
獲得PIPS」と「損益額」の両方で比較して見てみるという事もおすすめとなります。
発注量が少ない時は勝っているのに、発注量が多い時は負けてるという事も
見えてくる可能性もあるからなのです。
このような場合は、メンタル面の影響の可能性もあります。
デモトレードではFXで勝てるのに、リアルトレードでは勝てないという方も同様となります。

 

自分にとって、許容度を超えてしまっている(ほとんどギャンブル)ようなトレードをした時に
大きく負けてしまっているような方は、発注量を制限して、
身の丈にあったトレード量を繰り返すという事でお金を増やしていけるという事になります。
何故なら、「獲得PIPS]で見たら、プラスですので、マネーマネージメントさえ上手く出来ていれば、
損益額もプラスとなっていたからです。
こういう方の場合、エントリーやイグジットタイミングなどのトレード手法は通用しているのに、
メンタル的な悪影響や資金管理方法が出来ていない事で負けているケースが多いのです。

 

5.「まとめ」

FXトレードをしていく上で、売買ルールは作成した方が良いといえます。
何故なら、「たまたま勝てた」「たまたま負けた」という事を
繰り返していても意味がないからです。
このようなものは、投資とは呼べないですし、ただのギャンブルとしか言えません。
しっかりと、データを蓄積していって活用したり、仮説を立てて実践してみたりと
狙いを据えてトレードする事が大切となります。

 

自分のトレード方法を「パターン化」していく事は強みとなります。
「自分がどういうトレードで買っているのか?」という事が分かる事によって、
今後その勝てていた時の、勝ちやすいトレード手法の割合を増やしていけば良いからとなります。

 

勝てる投資家は、勝ちパターンを知っています。
売買ルールを作る事により、パターン化をする事が出来、
勝てる確率が上がるというのは何もFXに限った事ではありません。
「成功した経験」「失敗した経験」を自分の中でデータベース化し、
今後のエントリーのタイミングや、イグジットタイミングに活かしていくという事で、
投資が上手くなっていきます。

 

また、勝つ事だけではなく、「負けパターンを知る事」もかなり大切となります。
「負けたトレードなんて振り返りたくないんだけど…」と思いがちになりますが、
優秀な人は自分の失敗した経験を将来に活かす的な言葉もあるくらいですので、
目を背けたりせずに見てみる事をおすすめさせて頂きます。

 

「いつもこういうチャートの形で逆張りして負けているかもしれない…」
といった事がデータから分かれば、少なからず今後のトレードに活かせたり出来るはずです。
つまりは、「復習ってやっぱり大切だね」という事です。

 

FXトレードが上手くなる方法の1つとして、復習をして自分のトレードを検証するという事です。
もしかすると、学校の勉強に似ているかもしれないです。
どんなに優秀な人でも1回で全て覚えられる人はいないですし、
勉強した部分を何回か復習する事によって、着実な知識の定着が得られるという事です。

 

そして、FX売買のルールを作る方法として、まず、
自分の過去のトレードを振り返り検証してみるという事です。

発注数量を毎回のように変えている方は、「獲得PIPS」と「損益額」の両方で比較して見てみる
という事もおすすめとなります。
発注量が少ない時は勝っているのに、発注量が多い時は負けてるという事も
見えてくる可能性もあるからなのです。このような場合は、メンタル面の影響の可能性もあります。
デモトレードではFXで勝てるのに、リアルトレードでは勝てないという方も同様となります。

 

自分にとって、許容度を超えてしまっている(ほとんどギャンブル)ようなトレードをした時に
大きく負けてしまっているような方は、発注量を制限して、
身の丈にあったトレード量を繰り返すという事でお金を増やしていけるという事になります。
何故なら、「獲得PIPS]で見たら、プラスですので、
マネーマネージメントさえ上手く出来ていれば、損益額もプラスとなっていたからなのです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る