トレンド相場とレンジ相場の違いを把握しよう

 

どうも!トミオです。
早速ですが皆さんはトレンド相場とレンジ相場の違いは
はっきりと把握できていますか?

今回はトレンド相場とレンジ相場について説明していきます!

1.トレンド相場のパターン

相場は、「トレンド相場」「レンジ相場」「お休み」の3種類のパターンに分かれます。
主にトレードのパターンは「トレンド」と「レンジ」の2種類となります。

相場分析をする際に、最初にしなければならない事は
「トレードのメインになりそうなポイントを探して見つける」事です

 

これを見つけられなければ、どんなに相場分析をしてもトレードが出来ないのはお分かりだと思います。
この2種類の1つ、「レンジ相場」というのは、上昇や下降がはっきりと分からないような、
方向感がない相場状態の事を言います。このはっきりとしない相場状況ではFXでは不利となります。
何故なら、FXというのは、相場が大きく動き出す時に大きな利益を得られるからです。
ですので、方向感のないレンジ相場には手を出さない事が賢明と言えるでしょう。

FXは大きく動き出して上昇している相場、つまりは「トレンド相場」を
狙うのが大きなチャンスだという事です。

 

大半の「レンジ相場」の後に大きなトレンドが現れます。
この「レンジ相場」が長ければ長いほど、エネルギーが蓄えられますので、
その後のトレンドは大きくなる傾向があります。

このかなりの強力に弾き出されたトレンドの威力こそが、最大の利益のチャンスという事になります。

 

2.トレンド相場での勝率

「トレンド相場」の勝率を高める為には、相場に合わせる部分は合わせて、
自分なりのトレードスタイルを出さなければならない部分もあります。

「トレンド相場」での勝率の高い裁量トレード
が出来るようになる為の大事なステップをご説明致します。

 

  • ①冒頭でも似た事を触れましたが、トレンドの発生や終了を自分で判断出来るようにする。
  • ②環境認識をして、エントリーする場面をきちんと絞り込む。
  • ③あらゆる状況を確認してエントリーするかどうかの最終決断をする。
  • ④あらゆる状況を確認してエントリーのタイミングをとる。

そして、このステップに入る前には、全ての話がトレンド相場前提で、
トレードする上での条件や、トレンドと時間足との関係を押さえておく事が必須となります。

 

トレンド相場で勝率の高いエントリーをする為には、トレンドを知る事からスタートをします。
その後の場面を絞り込む所からは人それぞれのカラーが出てきて
、最後のエントリータイミングもそれぞれのベストと思われるタイミングという事になります。

大事な事は、トレンドの認識と大きなトレンドに上手く乗ることです。

 

トレンドが出ているうちは、トレンド終了のサインがチャートに出て判断出来るまでは、
ひたすらトレンドを追い続けてよいですが、トレンドがどこまでも続くものと思いこんで、
突っ込んだエントリーをするのではなく、
押しや戻しなどを待ってエントリーをする事が重要なポイントとなります。
上手にトレンドの発生と終了を判断していきましょう。

 

3.レンジ相場のパターン

「ボックス相場」とは、トレンド途中に現れる「レンジ相場」の事になります。
レンジの高値を結ぶラインと、レンジの安値を結ぶラインが平行になっていて、
レンジ部分を囲んだら長方形になります。レンジは、ほとんどの人が嫌がります。

 

しかし、レンジはトレンドの卵みたいなものとなります。
大口の投資家が、レンジの中で新しいポジションを作ったり、
利食いをしたりして次のトレンドが発生する要因となります。

 

上げると期待させては下げて、下げると思わせておいて上げるといった事を繰り返しながら
長方形のレンジとなるのです。
買いと売りが交互にパンチを出して争ってるような感じです。

 

ボックス相場は、忍耐強くチャンスを待てる人にとってはチャンスとなります。
トレンド途中で形成される値幅が小さくて分かりやすいボックス相場は特にそうです。
ローリスクでエントリー出来るチャンスとなります。
レンジの値幅が広い場合、レンジの上で売ってレンジの下で買うという逆張りのトレードが出来ます。

 

しかし、基本的にレンジの外へブレイクアウトするのを待ってから
エントリーする方がよいと思われます。

 

4.レンジ相場からのブレイク

例えば、下降トレンド途中で小さい幅のレンジになっているボックス相場があるとします。
ヒゲの部分が出ているのに!と思うかもしれません。しかし、そちらの方がいいのです!
レンジの安値でほぼ揃っていれば、そこで水平のラインが引けます。
レンジの上もレンジ途中で出てきたピンバーの上ヒゲ以外は
ほぼ揃っていたら水平のラインが引けるのです。

 

実際は、このようなトレンドに逆らっている方向にピンバーなどの
「ダマシ」のパターンが突き出している状態が最高のボックス相場なのです。

 

ピンバーの上ヒゲの部分で大勢の買い手が罠にはまっているかもしれないのです。
早とちりして相場の反転を狙ってしまうトレーダーは多いのです。
彼らは含み損を抱えたままレンジの値動きを見ているのです。

 

その後にボックス相場を下にブレイクアウトする事になれば、
その彼らのロスカット注文を巻き込みますので、
かなり信憑性が高いブレイクアウトとなります。

騙されたトレーダーや、罠にかかったトレーダー達が大勢いればいるほど、
反対側へのブレイクアウトの信憑性が高まります!

 

この場合、ブレイクアウトでエントリーしてもいいですし、
ブレイクアウト後に下の時間軸チャートで戻しを待ってみてエントリーしても良いでしょう。
利食いは、ボックス相場の高さの分だけ取れば、ポジションの半分は利食いするでしょう。
そして、その残りは「トレーリングストップ」を使い、利益を伸ばしていきます。

 

ロスカットはボックス相場の上に置くという事が一般的な考えとなりますが
、この場合はピンバーが突き出しているので、
ロスカット幅が広くなり過ぎの状態になってしまっています。
ボックス相場を抜ける時の勢いのある陰線の高値を超えた部分に
ロスカット注文を置くと良いと思われます。

5.レンジ相場の売買手法

ボックス相場は、2つの売買手法が考えられます。

①「順張り」では、放れにつく方法となります。
つまりは、相場が上下にある抵抗線を抜けた時に参入するという形です。
ボックス相場が出現した場合にはこの方法を考えましょう。

 

と言いますのは、ボックス圏で揉み合っていると相場のエネルギーが蓄積されるからです。
時間の経過と共に市場の全体のポジションが中立的となり、
方向性が定まった時に一機に「逆張り組」の損切りというものが発生するのです
。その為に、初期の段階でかなり勢いがついてそのままトレンドがつく可能性が高くなります。

 

ただ、チャートの形だけを見ていても「ダマシ」があります。
ですので、新しい材料の登場やファンダメンタルズの変化を伴っていることが必要となります。
そうした場面に出会ったら、躊躇する事なく参入していきましょう。

 

②「逆張り」は、抵抗線に達した時に反対方向で参入するという手法です。
ボックス相場がどの程度続くかにかかってきます。
新しい材料の登場やファンダメンタルズの変化がなければ
、ボックス相場が続く可能性は高いと判断が出来ます。
しかし、特別なニュースが出たわけでもないのに、
ブレイクアウトする時もありますのでどんな時も注意が必要です。

 

6.まとめ

相場は、「トレンド相場」「レンジ相場」「「お休み」の」3種類のパターンに分かれます。
主にトレードのパターンは「トレンド」と「レンジ」の2種類となります。

相場分析をする際に、最初にしなければならない事は
「トレードのメインになりそうなポイントを探して見つける」事です。

 

FXは大きく動き出して上昇している相場、
つまりは「トレンド相場」を狙うのが大きなチャンスだという事です。

大半の「レンジ相場」の後に大きなトレンドが現れます。
この「レンジ相場」が長ければ長いほど、
エネルギーが蓄えられますので、その後のトレンドは大きくなる傾向があります。

このかなりの強力に弾き出されたトレンドの威力こそが、
最大の利益のチャンスという事になります。

 

「トレンド相場」の勝率を高める為には、相場に合わせる部分は合わせて、
自分なりのトレードスタイルを出さなければならない部分もあります。

「トレンド相場」での勝率の高い裁量トレードが出来るようになる為の
大事なステップをご説明致します。

 

①冒頭でも似た事を触れましたが、トレンドの発生や終了を自分で判断出来るようにする。

②環境認識をして、エントリーする場面をきちんと絞り込む。

③あらゆる状況を確認してエントリーするかどうかの最終決断をする。

④あらゆる状況を確認してエントリーのタイミングをとる。

そして、このステップに入る前には、全ての話がトレンド相場前提で
、トレードする上での条件や、トレンドと時間足との関係を押さえておく事が必須となります。

 

トレンドが出ているうちは、トレンド終了のサインがチャートに出て判断出来るまでは、
ひたすらトレンドを追い続けてよいですが、トレンドがどこまでも続くものと思いこんで
、突っ込んだエントリーをするのではなく、
押しや戻しなどを待ってエントリーをする事が重要なポイントとなります
。上手にトレンドの発生と終了を判断していきましょう。

 

「ボックス相場」とは、トレンド途中に現れる「レンジ相場」の事になります。レンジの高値を結ぶラインと、
レンジの安値を結ぶラインが平行になっていて、レンジ部分を囲んだら長方形になります。
レンジは、ほとんどの人が嫌がります。

 

レンジはトレンドの卵みたいなものとなります。大口の投資家が、
レンジの中で新しいポジションを作ったり、利食いをしたりして次のトレンドが発生する要因となります。

 

ボックス相場は、忍耐強くチャンスを待てる人にとってはチャンスとなります
。トレンド途中で形成される値幅が小さくて分かりやすいボックス相場は特にそうです。
ローリスクでエントリー出来るチャンスとなります。レンジの値幅が広い場合、
レンジの上で売ってレンジの下で買うという逆張りのトレードが出来ます。

 

しかし、基本的にレンジの外へブレイクアウトするのを待ってからエントリーする方がよいと思われます。

 

例えば、下降トレンド途中で小さい幅のレンジになっているボックス相場があるとします
。ヒゲの部分が出ているのに!と思うかもしれません。
しかし、そちらの方がいいのです!
レンジの安値でほぼ揃っていれば、そこで水平のラインが引けます。
レンジの上もレンジ途中で出てきたピンバーの上ヒゲ以外はほぼ揃っていたら水平のラインが引けるのです。

 

実際は、このようなトレンドに逆らっている方向にピンバーなどの
「ダマシ」のパターンが突き出している状態が最高のボックス相場なのです。

 

ロスカットはボックス相場の上に置くという事が一般的な考えとなりますが、
この場合はピンバーが突き出しているので、ロスカット幅が広くなり過ぎの状態になってしまっています。
ボックス相場を抜ける時の勢いのある陰線の高値を超えた部分にロスカット注文を置くと良いと思われます。

 

ボックス相場は、2つの売買手法が考えられます。

①「順張り」では、放れにつく方法となります。
つまりは、相場が上下にある抵抗線を抜けた時に参入するという形です。
ボックス相場が出現した場合にはこの方法を考えましょう。

 

と言いますのは、ボックス圏で揉み合っていると相場のエネルギーが蓄積されるからです
。時間の経過と共に市場の全体のポジションが中立的となり、
方向性が定まった時に一機に「逆張り組」の損切りというものが発生するのです。
その為に、初期の段階でかなり勢いがついてそのままトレンドがつく可能性が高くなります。

 

②「逆張り」は、抵抗線に達した時に反対方向で参入するという手法です
。ボックス相場がどの程度続くかにかかってきます。
新しい材料の登場やファンダメンタルズの変化がなければ、
ボックス相場が続く可能性は高いと判断が出来ます。
しかし、特別なニュースが出たわけでもないのに、
ブレイクアウトする時もありますのでどんな時も注意が必要です。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る