RSIの裏技を使って効率UP!

1.RSIとはテクニカル指標

テクニカル分析のよって相場分析をたしなんでいる人であれば、
誰もが一度は手にした事があるというオシレーター系テクニカル指標のRSIは、
FXトレーダーにとって無くてはならないテクニカル指標の1つであって、
その手法や実績も多くて、とても人気の高い分析ツールとなります。

FXを始めたばかりの方や、もっとスキルアップをしたい方には最適なRSIは、
使い方によって始めたばかりの初心者でも大きな利益をあげる事が出来ると言えるでしょう。
RSIの特徴や手法などをしっかり理解して、正しい使い方をマスターし、
上手にトレードしていきましょう。

 

「RSI」は、オシレーター系テクニカル指標の中でも、非常に分かりやすく、
使い勝手の良いツールとして使っている人も多いです。
考え方の基本は簡単で、「高値圏で売り」を考え、「安値圏で買い」を考えます。
FXに使うテクニカル指標は、複雑で慣れない間は判断に困るってしまうものが沢山あります。
ですが、このRSIは本当にシンプル一目見ただけですぐに分析出来てしまったり、
一目瞭然でサインの判別がついてしまうテクニカル指標なのです。

「RSI(アールエスアイ)」は、ある一定期間の値動きに対して、
どれだけ株価が上昇したかという割合(相対力指数)をグラフに表したオシレーター系分析指標で、
その割合により「買われ過ぎ」か「売られ過ぎ」かを判断して、
適正値に戻ろうとする「偏差」の考え方によって
、トレンド転換期を探っていくインジケーターとなっています。

 

「RSI」の値は、必ず0~100の間を推移していて、0%になる事は絶対にありえないです。
0%に近付けば、「売られ過ぎ」との見方が出来て、いずれ上がるかもとの予測が出来るのです。
反対に、100%に近付けば、「買われ過ぎ」との見方が出来、
いずれ下がるかもとの予測が出来る事になります。

 

RSIの数値は、0~100%の間で表示され、30%以下の数値は「売られ過ぎ」、
70%以上の数値は「買われ過ぎ」を示します。
また、RSIはある一定期間の変動幅の間でどのくらいレートが上下しているか
という事を0%から100%までの間で計るというものとなります。
一般的なRSIの設定期間は、14日間となります。
計算式は、n日間の値上がり幅÷(n日間の値上がり幅+値下がり幅)です。

 

2.RSIの相場を効率的に利用するには?

RSIはオシレーター系となりますので、逆張りを狙うものです。
逆張りを狙うという事は、強いトレンドが出ている時には向いていなくて、
適しているのは「レンジ相場」という事になります。
RSIの基本的な使い方は、レンジ相場の中で、レンジの上限から下限の中での動きを
狙う事がメインとなってきます。
トレンドに乗るという事は出来ないですが、トレンドの初動を掴む事は可能となります。
トレンド転換の時は、もっと短い時間足で保ち合ってから反転する事が多いです。

 

そういうレンジの間で逆張りする事により、勢い良くレンジを抜けてくれる場合は
天底を獲る事だって出来てしまいます!
もっと長い時間足の中での方向性や反転の可能性などをしっかり確認しておいて、
長期足のトレンドで順張りエントリーと言うやり方もアリだと思われます。

 

 

3.RSIと時間足・トレードスタイルの関係

短期的に素早く判断するという能力が問われたりしますので、
最初から決済する場所も決定し、値動きの状況により判断をする事が望ましいと言えます。
その観点から見ると、「スキャルピング」や「デイトレード」が適していると言えます。
勿論、それ以外のスタイルにも活かせますが、中長期的なトレードの場合は、
「損切りポイントの判断がかなり難しい」事や、
「ファンダメンタル的な部分が深くかかわってきてしまう」事によって、
テクニカル分析で見極める必要が出てきて、
オシレーター系に頼り切ってのトレードはあまり向いていないと言えるでしょう。

 

短期的なトレードやレンジ相場などの分かりづらい時は、大きな流れを掴むよりも、
ある一定の値動きの範囲内によりトレードを考える事が王道となってきますので、
反発サインを教えてくれるオシレーター系のテクニカル指標が一番なのです!
時間足について、RSIを使っているトレーダーは、
1時間足で方向性を確認して15分足や5分足でトレードする方が多く見られます。
ただ、オシレーター系のテクニカル指標は「ダマシ」が多いと言われます

 

短い時間足のトレードは、勝率も低くなりがちで、長時間足は誤差が大きくなるので、
どの時間枠が1番自分に最適なのか、検証を重ねて自分にとって
1番良い時間枠を見つけてくださいね。

 

4.RSIは稼げるのか?効率的な利用法は

「オシレーター系」とは、株価のチャートの「買われ過ぎ」・「売られ過ぎ」を計測した上で
、その後の反転や転換を予測していく「逆張り」の投資手法になります。

「ダイバージェンス」は、そのオシレーター系のテクニカルで、
チャートとオシレーターとが反対の方向に動く現象
(売られ過ぎの数値が下がっているのに、通貨ペアが大きく売られている)状態のことを表しています。

つまり、価格は高値を更新してるのにRSIは下がっているケースや、
反対に安値を更新しているのにRSIが上がっている状態の際に、
その後の価格がRSI方向へ動きやすくなる現象の事を言います。

 

「ダイバージェンス」の状態が起こると、トレンド相場が終わる事を示しています。

 

ここで、勘違いしてほしくはないのですが、「ダイバージェンス」の発生は、
トレンドが弱まってきたというサインを示しているだけであって、
必ずしもトレンドが転換すると決まったわけではないので、
くれぐれもこの事を忘れないようにしてください。

 

この「ダイバージェンス」が起きたポイントで「逆張り」をすると、利益を得る事が出来ますが、
絶対とは言い切れませんので、しっかりと相場の環境認識をした上で、
「ダイバージェンス」を使った「逆張り」をしていきましょう。

 

また、RSIにトレンドラインを引くという手法もあります。
一般的にはトレンドラインはローソク足に引く事が多いのですが、
ラインの引き方はローソク足に引くよりも簡単となります。
「RSIの山や谷の部分を結んで、トレンドラインを引いて、
底をブレイクアウトしたらエントリー」という方法になります。

RSIを使った逆張りインジケーターについてはこちら
 

5.まとめ

「RSI]は、オシレーター系テクニカル指標の中でも、非常に分かりやすく、
使い勝手の良いツールとして使っている人も多いです。
考え方の基本は簡単で、「高値圏で売り」を考え、「安値圏で買い」を考えます。
FXに使うテクニカル指標は、複雑で慣れない間は判断に困るってしまうものが沢山あります。
ですが、このRSIは本当にシンプル一目見ただけですぐに分析出来てしまったり、
一目瞭然でサインの判別がついてしまうテクニカル指標なのです。

 

「RSI(アールエスアイ)」は、ある一定期間の値動きに対して、
どれだけ株価が上昇したかという割合(相対力指数)をグラフに表したオシレーター系分析指標で、
その割合により「買われ過ぎ」か「売られ過ぎ」かを判断して、
適正値に戻ろうとする「偏差」の考え方によって、
トレンド転換期を探っていくインジケーターとなっています。

 

RSIの数値は、0~100%の間で表示され、30%以下の数値は「売られ過ぎ」、
70%以上の数値は「買われ過ぎ」を示します。
また、RSIはある一定期間の変動幅の間でどのくらいレートが上下しているかという事を
0%から100%までの間で計るというものとなります。
一般的なRSIの設定期間は、14日間となります。
計算式は、n日間の値上がり幅÷(n日間の値上がり幅+値下がり幅)です。

 

RSIはオシレーター系となりますので、逆張りを狙うものです。
逆張りを狙うという事は、強いトレンドが出ている時には向いていなくて、
適しているのは「レンジ相場」という事になります。
RSIの基本的な使い方は、レンジ相場の中で、
レンジの上限から下限の中での動きを狙う事がメインとなってきます。
トレンドに乗るという事は出来ないですが、トレンドの初動を掴む事は可能となります。
トレンド転換の時は、もっと短い時間足で保ち合ってから反転する事が多いです。

 

短期的なトレードやレンジ相場などの分かりづらい時は、
大きな流れを掴むよりも、ある一定の値動きの範囲内によりトレードを考える事が王道となってきますので、
反発サインを教えてくれるオシレーター系のテクニカル指標が一番なのです!
時間足について、RSIを使っているトレーダーは、
1時間足で方向性を確認して15分足や5分足でトレードする方が多く見られます。
ただ、オシレーター系のテクニカル指標は「ダマシ」が多いと言われます。

 

短い時間足のトレードは、勝率も低くなりがちで、長時間足は誤差が大きくなるので、
どの時間枠が1番自分に最適なのか、
検証を重ねて自分にとって1番良い時間枠を見つけてくださいね。

 

RSIで効率的に稼ぐ方法として、価格は高値を更新してるのにRSIは下がっているケースや、
反対に安値を更新しているのにRSIが上がっている際に、
その後の価格がRSI方向へ動きやすくなる現象の
「ダイバージェンス」の状態で「逆張り」をする方法があります。

 

「ダイバージェンス」が起きたポイントで「逆張り」をすると、利益を得る事が出来ますが、
絶対とは言い切れませんので、しっかりと相場の環境認識をした上で、
「ダイバージェンス」を使った「逆張り」をしていきましょう。

 

また、「RSIにトレンドラインを引く」という手法もあります。
一般的にはトレンドラインはローソク足に引く事が多いのですが、
ラインの引き方はローソク足に引くよりも簡単となります。
「RSIの山や谷の部分を結んで、トレンドラインを引いて、
底をブレイクアウトしたらエントリー」という方法になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 10月 23日
  2. 2018年 10月 23日

ページ上部へ戻る