移動平行線が相場の強弱を示す!

1.「相場の王道 移動平均線」

「移動平均線」は、一定期間の平均値が連なったものとなり、
この連なったものが相場の状態を教えてくれています。
「移動平均線」は、相場の強弱を測るためのものさしとなっていると言う事です。

価格が「移動平均線」より上での推移の場合は、相場が強気であり、
価格が「移動平均線」の下での推移の場合は、
相場が弱気であるという状態を意味します。
相場が強気を示しているという事は、価格が上昇しやすい状態を示しており、
相場が弱気を示しているという事は、
相場が下落しやすい状態であるという事を表しているという事です。

この事から、価格が上昇しやすい状態という事は
「上がる前に買えば利益が出る」という事となるのです。

 

価格が「移動平均線」の上の推移の場合は相場が強気だから買いで、
価格が「移動平均線」の下の推移の場合は相場が弱気だから売りで取引をする事によって、
利益を出しやすいと言えます。
このように、「移動平均線」を使って相場をみていく事によって、
しっかりとした理由のある取引が行える事となります。
そして、「移動平均線」の向きは「相場の反転する可能性」を表すことになります。

 

気を付けたい事としては、上で推移後に少し上がって、そのまま上昇するかと思えば一気に下に落ちたり、
次は下がるのかと思えば、上に上がって上昇トレンドとなってしまうような惑わされる動きの時となります。
値動きと「移動平均線」の動きは「レンジ」と呼ばれるような相場展開でよく見られます。
このような、「移動平均線」の動きを否定するような動きは「だまし」と呼ばれており、
投資家達の相場予想を難しくもしています。

 

2.「MACDの役割」

「MACD」は、指数平滑移動平均が使用されているオシレーター系指標の1つであり、
テクニカル分析の中でも、活用頻度が高くなっています。
「MACD」を活用すれば、相場のトレンドや乖離具合や絡み方を見て精度が高い売買ポイントを
判断する事が可能となります。
移動平均線や実際の株価より先行して動いたり、売買シグナルを発したりする事になります。

 

 

2本のラインによって構成されており、「MACD」は短期トレンドを表し、
「(MACD)シグナル」はMACDの9日移動平均線を表し、長期トレンドを示します。
基本的には、ゴールデンクロスで買いのシグナル、
デッドクロスで売りのシグナルとして考える事が多いようです。
2本のラインはチャートに先行して交差するといった特徴もあります。

 

「MACD」を単体で使用した場合は、トレンドを理解したつもりでいても相場判断に間違いがある場合もあるので、
RSIやストキャスティクスなど、他のオシレーター系などと一緒に使うと良いかもしれません。

RSIについてはこちら

先行指標として、いち早く売買シグナルを見つける事が出来ますが、
先行するという事は、それだけ「だまし」が多いという事にも繋がります。

 

「だまし」回避の他の見方として「ゼロライン」というものがあります。
「ゼロライン」とはMACDが「0」を表す部分となり、MACDが「ゼロライン」を上回った場合、
上昇トレンドと判断出来て、0から離れるほど強いトレンドを意味します。
MACDが「ゼロライン」を下回っていると下降トレンドと判断出来、0から離れると弱いトレンドを意味します。

 

 

3.「日本が誇る一目均衡表」

「一目均衡表」は、トレンドや売買のタイミングを知りたい際に使われるテクニカル指標となります。
5本線で成り立ち、「基準」は、一目均衡表の基準となる線で、「転換線」は、最も注目される線で、
「先行スパン1」は、先行して動き、一目均衡表の「雲」を形成し、
「先行スパン2」は、先行して動き、一目均衡表の「雲」を形成し、
「遅行スパン(緑)」は、最も遅れて動き、信頼度を担う線という事になっています。
一目均衡表についての記事はこちら
 

「一目均衡表」で、「先行スパン1」と「先行スパン2」により形成されている部分が「雲」という事となります。
「一目均衡表」の見方としては、この5本線の全てが重なり合う事なく
並行に上昇しているような状態の時に売ってはいけないという事になります。

 

「一目均衡表」の中で、最も遅れた動きをし、信頼度が高い線となるのが「遅行スパン」となり、
この「遅行スパン」が雲を抜ける状態が「買いシグナル」です。

 

「転換線」が「基準線」を下から上に抜けると「買いシグナル」(ゴールデンクロス)、
反対に上から下に抜けると「売りシグナル」(デッドクロス)となりますが、

「基準線」と「転換線」は短期的な値動きを反映しているので、「ダマシ」も多くなります。

ですので、短期取引であるなら、このシグナルは活かす事は出来ますが、
信頼性は高いとは言えないという事になります。
もう1つの見方として、ローソク足が雲入りをすると「売りシグナル」、
雲抜けをすると「買いシグナル」という見方も出来ます。

ローソク足についてはこちら

 

4.「グランビルの法則の各ポイント」

「グランビルの法則」は、世界中のプロが知っており、
移動平均線を使うチャートの基本中の基本とも言えます。
移動平均線の取引を行う場合、8つの売買ポイントがあります。

8つの売買ポイントですが、買いのポイント4つと
売りのポイント4つの合計8つのポイントからなっており、
それぞれ市場の値動きや移動平均線の動き方で、買い場所と売り場所を探す手がかりとなっています。
この8つのポイントは、市場参加者に重要視されています。

 

「買いの法則①」は、移動平均線の下落後、横ばいか上昇していく局面
で価格(ローソク足)が移動平均線を下から上にクロスする事です。

「買いの法則②」は、移動平均線の上昇局面で、価
格(ローソク足)が移動平均線を上から下にクロスする事です。

「買いの法則③」は、価格(ローソク足)が上昇していく移動平均線の上にあり、移
動平均線に向かって下落していくもクロスする事なく再度上昇していく事です。

「買いの法則④」は、移動平均線平均線の下落局面で、
価格(ローソク足)が移動平均線と離れて大きく下落する事です。

「売りの法則①」は、移動平均線の上昇後、横ばいか下落局面で、
価格(ローソク足)が移動平均線を上から下にクロスする事です。

「売りの法則②」は、移動平均線の下落局面で、
価格(ローソク足)が移動平均線を下から上にクロスする事です。

「売りの法則③」は、価格(ローソク足)が下落していく移動平均線の下にあって、
移動平均線に向かって上昇するがクロスする事なく下落する事です。

「売りの法則④」は、移動平均線の上昇局面で、
価格(ローソク足)が移動平均線と離れて大きく上昇する事です。

「グランビルの法則」に従っているような相場展開でも急変する場合もありますので、
鵜呑みにせず、よく相場を観察する事が大事と言えます。

 

5.「まとめ」

「移動平均線」は、一定期間の平均値が連なったものとなり、この連なったものが相場の状態を教えてくれています。
「移動平均線」は、相場の強弱を測るためのものさしとなっていると言う事です。

価格が「移動平均線」より上での推移の場合は、相場が強気であり
、価格が「移動平均線」の下での推移の場合は、相場が弱気であるという状態を意味します。
相場が強気を示しているという事は、価格が上昇しやすい状態を示しており、
相場が弱気を示しているという事は、相場が下落しやすい状態であるという事を表しているという事です。

この事から、価格が上昇しやすい状態という事は
「上がる前に買えば利益が出る」という事となるのです。

 

価格が「移動平均線」の上の推移の場合は相場が強気だから買いで、
価格が「移動平均線」の下の推移の場合は相場が弱気だから売りで取引をする事によって、
利益を出しやすいと言えます。
このように、「移動平均線」を使って相場をみていく事によって、
しっかりとした理由のある取引が行える事となります。
そして、「移動平均線」の向きは「相場の反転する可能性」を表すことになります。

 

「MACD」は、指数平滑移動平均が使用されているオシレーター系指標の1つであり、
テクニカル分析の中でも、活用頻度が高くなっています。
「MACD」を活用すれば、相場のトレンドや乖離具合や絡み方を見て精度が高い
売買ポイントを判断する事が可能となります。
移動平均線や実際の株価より先行して動いたり、売買シグナルを発したりする事になります。

 

2本のラインによって構成されており、「MACD」は短期トレンドを表し、
「(MACD)シグナル」はMACDの9日移動平均線を表し、長期トレンドを示します。
基本的には、ゴールデンクロスで買いのシグナル、
デッドクロスで売りのシグナルとして考える事が多いようです。
2本のラインはチャートに先行して交差するといった特徴もあります。

 

「一目均衡表」は、トレンドや売買のタイミングを知りたい際に使われるテクニカル指標となります。
5本線で成り立ち、「基準」は、一目均衡表の基準となる線で、「転換線」は、最も注目される線で、
「先行スパン1」は、先行して動き、一目均衡表の「雲」を形成し、
「先行スパン2」は、先行して動き、一目均衡表の「雲」を形成し、「遅行スパン(緑)」は、
最も遅れて動き、信頼度を担う線という事になっています。

 

「グランビルの法則」は、世界中のプロが知っており、
移動平均線を使うチャートの基本中の基本とも言えます。
移動平均線の取引を行う場合、8つの売買ポイントがあります。

 

8つの売買ポイントですが、買いのポイント4つと売りのポイント4つの合計8つのポイントからなっており、
それぞれ市場の値動きや移動平均線の動き方で、買い場所と売り場所を探す手がかりとなっています。
この8つのポイントは、市場参加者に重要視されています。

 

「買いの法則①」は、移動平均線の下落後、横ばいか上昇していく局面で価格
(ローソク足)が移動平均線を下から上にクロスする事です。

 

「買いの法則②」は、移動平均線の上昇局面で、
価格(ローソク足)が移動平均線を上から下にクロスする事です。

 

「買いの法則③」は、価格(ローソク足)が上昇していく移動平均線の上にあり、
移動平均線に向かって下落していくもクロスする事なく再度上昇していく事です。

 

「買いの法則④」は、移動平均線平均線の下落局面で、
価格(ローソク足)が移動平均線と離れて大きく下落する事です。

 

「売りの法則①」は、移動平均線の上昇後、横ばいか下落局面で、
価格(ローソク足)が移動平均線を上から下にクロスする事です。

 

「売りの法則②」は、移動平均線の下落局面で、
価格(ローソク足)が移動平均線を下から上にクロスする事です。

 

「売りの法則③」は、価格(ローソク足)が下落していく移動平均線の下にあって、
移動平均線に向かって上昇するがクロスする事なく下落する事です。

 

「売りの法則④」は、移動平均線の上昇局面で、価格(ローソク足)が移動平均線と離れて大きく上昇する事です。

 

「グランビルの法則」に従っているような相場展開でも急変する場合もありますので、
鵜呑みにせず、よく相場を観察する事が大事と言えます。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 10月 23日

ページ上部へ戻る