ローソク足とは?種類と使い方を徹底解説!

1.「基本のローソク足チャート」

値動きを見る為には、ラインチャート、バーチャートなど色々なチャートがありますが、
日本で幅広く使われているのは「ローソク足チャート」になります。
ローソク足は、形がろうそくに似ているという事からその名がつけられ、
古くは江戸時代の米相場を示すのに活用されていたと言われていました。
この、ローソク足は、ある一定の期間の始値、終値、高値、安値の4つの四本値が一目で分かるようになっています。

 

「始値」とは、最初に成立した値の事です。
時間足のスタートラインを教えてくれるものとなります。

「終値」は、11時になる前の為替のレートを刻んだものです。

この「始値」と「終値」の間になるのが、
「実体(胴体)」と呼ばれているもので、様々な

会社のチャートでも表現されています。

 

「高値」とは、時間内で成立した最も高い為替レート値の事を表します。

「安値」とは、時間内での最も低い為替レート値の事を表します。

この「高値」「安値」が、「始値」「終値」を超えた時は、
「上ヒゲ」や「下ヒゲ」と呼ばれている1本線で表現される形を形成します。

 

「終値」が「始値」より低い状態で次足に変わった場合、
「陰線」として表され、また「終値」が「始値」を上回る場合には
「陽線」が表されるという事になります。

 

期間を1日と設定した場合のローソク足には、その日最初についた価格と最後についた価格、
また当日の最高値と最安値が1本のローソク足で表現され、
そのローソク足は「日足(ひあし)」と呼ばれています。
それが、週単位の場合、「週足(しゅうあし)」、月単位の場合、
「月足(つきあし)」、そして5分という短い期間の場合、
「5分足(5ふんあし)」と呼ばれています。

 

2.「ローソク足の見方の基本」

始値よりも終値が高い場合が「陽線」、
始値値よりも終値が低い場合は、「陰線」と呼ばれます。
実体の大きさやヒゲの長さが、ローソク足を分析する上で最も重要な鍵となってきます。
実際、どのようにローソク足を分析すればよいのかをまとめていきます。

ローソク足の実体の長さは、「値動きの勢い」や「トレーダーの強気や弱気」などの
感情などを表します。
実体が長いという事は、買いや売りの勢いが強い事を表します。

つまり、陽線の実体が長い場合、買いの勢いが強いという事になり、
陰線の実体が長い場合、売りの勢いが強いという事になります。
反対に、実体が短い場合は、買いや売りの勢いがないという事となってきます。

 

ヒゲの長さの重要性なのですが、上ヒゲや下ヒゲは、
「トレーダーの強気や弱気の感情の変化」を表しています。
トレーダーが弱気で、感情に大きな変化が無い場合、ローソク足は陰線となり下ヒゲはつきません。

 

例を挙げますと、トレーダーが5時間ずっと弱気となり売られ続けた場合、
下ヒゲがほとんどつかない5時間足の陰線となります。
それに対し、5時間のうち、最初の2時間は弱気だったけど、
後半の3時間は強気に転換し、買われた場合、
その5時間足は大きな下ひげをつける事になるという意味となります。

 

このような、弱気から強気への変化がサポートラインで起きた場合、
「買いのチャンス」という事になります。
反対に、強気から弱気への変化がレジスタンスラインで起きた場合、「空売りのチャンス」という事になります。

 

3.「形状からの買いサイン」

「大陽線」は、非常に強い買いサインとなります。実体が長く、
価格が大きく変動すると買いの勢いが強い事が分かります。
底値で「大陽線」が出た場合、その後は上昇の可能性が高まります。
「陽の丸坊主」は、大陽線の中でも上ヒゲも下ヒゲもないものとなり、
特に強い買いのサインとなります。

また、短い下ヒゲが出来る「陽の大引け坊主」や短い上ヒゲが出来る
「陽の寄り付き坊主」も、同じように強い買いのサインとなります。
「下影陽線」は、下ヒゲが長いのが特徴となり、1度価格が下がったものの、
最終的に上昇した状態となります。
この「下影陽線」が底値で出た場合、この後に上昇へと転換する可能性が高いので、
買いのがサインとなります。

「下影陽線」は、ローソク足の形状からカラカサ(陽線)と呼ばれたりもします。

 

「下影陰線」は、下ヒゲが長いのが特徴となり、1度は価格が下がったものの、
最終的に上昇した状態です。
「下影陰線」が底値で出た場合、この後は上昇へと転換する可能性が高いので、
買いのがサインとなります。
「下影陰線」は、ローソク足の形状からカラカサ(陰線)と呼ばれたりもします。

 

「トンボ」は、始値から1度は下がったものの、最終的に始値まで価格が戻ったものとなり、
「下影陽線」や「下影陰線」と同じく、底値で出た場合、
この後に上昇へと転換する可能性が高いので、買いのがサインとなります。

 

4.「形状からの売りサイン」

「大陰線」は、非常に強い売りサインとなります。実体が長く、
価格が大きく変動すると売りの勢いが強い事が分かります。
天井圏で「大陰線」が出た場合、その後は下落の可能性が高まります。
「陰の丸坊主」は、大陰線の中でも上ヒゲも下ヒゲもないものとなり、
特に強い買いのサインとなります。

 

また、短い下ヒゲが出来る「陰の大引け坊主」や
短い上ヒゲが出来る「陰の寄り付き坊主」も、
同じように強い売りのサインとなります。
「上影陽線」は、上ヒゲが長いのが特徴となり、1度価格が上がったものの、
最終的に下がった状態となります。
陽線であるにもかかわらず、この後は下落の可能性が高まります。
買うというタイミングではないので、注意が必要です
「上影陽線」は、ローソク足の形状からトンカチ(陽線)と呼ばれたりもします。

 

「上影陰線」は、上ヒゲが長いのが特徴となり、1度価格が上がったものの、
最終的に下がった状態となります。
この後は下落の可能性が高まります。
買うというタイミングではないので、注意が必要です。
「上影陰線」は、ローソク足の形状からトンカチ(陰線)と呼ばれたりもします。

「トウバ」は、始値から1度は上がったものの、最終的に始値まで価格が戻ったものとなり、
「上影陽線」や「上影陰線」と同じく、
「トウバ」出現後は、下落へと転換する可能性が高いので、売りのサインとなります。

ローソク足のプライスアクションについてはこちら
ローソク足の種類と応用についてはこちら 

 

5.「まとめ」

値動きを見る為には、ラインチャート、バーチャートなど色々なチャートがありますが、
日本で幅広く使われているのは「ローソク足チャート」になります。
ローソク足は、形がろうそくに似ているという事からその名がつけられ
、古くは江戸時代の米相場を示すのに活用されていたと言われていました。
この、ローソク足は、ある一定の期間の始値、
終値、高値、安値の4つの四本値が一目で分かるようになっています。

 

「始値」とは、最初に成立した値の事です。
時間足のスタートラインを教えてくれるものとなります。

「終値」は、11時になる前の為替のレートを刻んだものです。

この「始値」と「終値」の間になるのが、
「実体(胴体)」と呼ばれているもので、様々な

会社のチャートでも表現されています。

 

始値よりも終値が高い場合が「陽線」、始値値よりも終値が低い場合は、
「陰線」と呼ばれます。
実体の大きさやヒゲの長さが、
ローソク足を分析する上で最も重要な鍵となってきます。
実際、どのようにローソク足を分析すればよいのかをまとめていきます。

ローソク足の実体の長さは、「値動きの勢い」や
「トレーダーの強気や弱気」などの感情などを表します。
実体が長いという事は、買いや売りの勢いが強い事を表します。

つまり、陽線の実体が長い場合、買いの勢いが強いという事になり、
陰線の実体が長い場合、売りの勢いが強いという事になります。
反対に、実体が短い場合は、買いや売りの勢いがないという事となってきます。

 

ヒゲの長さの重要性なのですが、上ヒゲや下ヒゲは、
「トレーダーの強気や弱気の感情の変化」を表しています
。トレーダーが弱気で、感情に大きな変化が無い場合、
ローソク足は陰線となり下ヒゲはつきません。

 

「大陽線」は、非常に強い買いサインとなります
実体が長く、価格が大きく変動すると買いの勢いが強い事が分かります。
底値で「大陽線」が出た場合、その後は上昇の可能性が高まります。
「陽の丸坊主」は、大陽線の中でも上ヒゲも下ヒゲもないものとなり、
特に強い買いのサインとなります。

また、短い下ヒゲが出来る「陽の大引け坊主」や短い上ヒゲが出来る「陽の寄り付き坊主」も、
同じように強い買いのサインとなります。
「下影陽線」は、下ヒゲが長いのが特徴となり、1度価格が下がったものの、
最終的に上昇した状態となります。
この「下影陽線」が底値で出た場合、この後に上昇へと転換する可能性が高いので、
買いのがサインとなります。

「下影陽線」は、ローソク足の形状からカラカサ(陽線)と呼ばれたりもします。

 

「下影陰線」は、下ヒゲが長いのが特徴となり、1度は価格が下がったものの、
最終的に上昇した状態です。
「下影陰線」が底値で出た場合、この後は上昇へと転換する可能性が高いので
、買いのがサインとなります。
「下影陰線」は、ローソク足の形状からカラカサ(陰線)と呼ばれたりもします。

 

「トンボ」は、始値から1度は下がったものの、最終的に始値まで価格が戻ったものとなり、
「下影陽線」や「下影陰線」と同じく、
底値で出た場合、この後に上昇へと転換する可能性が高いので、
買いのがサインとなります。

 

「大陰線」は、非常に強い売りサインとなります。実体が長く、
価格が大きく変動すると売りの勢いが強い事が分かります。
天井圏で「大陰線」が出た場合、その後は下落の可能性が高まります。
「陰の丸坊主」は、大陰線の中でも上ヒゲも下ヒゲもないものとなり
、特に強い買いのサインとなります。

また、短い下ヒゲが出来る「陰の大引け坊主」や短い上ヒゲが出来る「陰の寄り付き坊主」も
、同じように強い売りのサインとなります。
「上影陽線」は、上ヒゲが長いのが特徴となり、1度価格が上がったものの、
最終的に下がった状態となります。
陽線であるにもかかわらず、この後は下落の可能性が高まります。
買うというタイミングではないので、注意が必要です。
「上影陽線」は、ローソク足の形状からトンカチ(陽線)と呼ばれたりもします。

 

「上影陰線」は、上ヒゲが長いのが特徴となり、1度価格が上がったものの、
最終的に下がった状態となります。
この後は下落の可能性が高まります。
買うというタイミングではないので、注意が必要です。
「上影陰線」は、ローソク足の形状からトンカチ(陰線)と呼ばれたりもします。

トウバ」は、始値から1度は上がったものの、最終的に始値まで価格が戻ったものとなり、
「上影陽線」や「上影陰線」と同じく、
「トウバ」出現後は、下落へと転換する可能性が高いので、売りのサインとなります。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 10月 23日
  2. 2018年 10月 23日

ページ上部へ戻る