[5分でわかる]チャネルラインの見方と使い方

1.チャネルラインとは?

「チャネルライン」とは、トレンドラインとそれと平行に引かれたライン2本線の事を言います。ローソク足の安値と安値を結んだ上昇トレンドラインと、
それと平行なラインをローソク足の高値側に移動したラインがあるとします。
この2本線を合わせて「チャネルライン」と呼びます。
2本線のラインの傾きは必ず同じになってきます。

「チャネルライン」について学ぶ事において、「アウトライン」
「チャネルアップ・チャネルダウン」の2つの用語を覚えておくと便利となります。

「アウトライン」とは、トレンドラインと平行に引いた線の事を言います。
下降トレンドの場合は、高値と高値を結んだ下降トレンドラインを、
平行に安値の方に移動させたものがアウトラインとなります。

チャネルラインのうち、下降しているものは「チャネルダウン」
上昇しているものは「チャネルアップ」と呼んでいます。

チャネルラインの引き方として、まずトレンドラインを引いた後に
アウトラインを引くようにする事です。

何故かと言いますと、トレンドラインはトレンドがスタートするポイントを起点とし、
アウトラインはトレンドが終了するポイントを終点とするラインだからです。

ラインを引き相場を正しく理解する為には、時間の流れに沿うようにして、
実況する気持ちでラインを引くのがコツとなってきます。

時間経過で言いますと、トレンドの起点が先で、最後に終点が出来ます。
ですので、先にトレンドラインを引いてから
アウトラインを引く方が相場を把握しやすいと言えます。

2.チャネルラインのルール

チャネルラインの見方は、3つありまして、1つ目は、相場はチャネルラインの値幅で動きます
2つ目は、チャネルラインの長さや角度や値幅などで、相場の強さを判断していきます
3つ目は、1つのチャネルラインで判断しない事です

相場は一定の値幅を何回も往復したりして動く傾向が強いと言えます。
これは、レンジ相場でも同じこととなります。

レンジ相場の場合は、同じ価格帯を往復する事になります。
ですが、チャネルラインの間では一定の値幅が保たれる事が基本となります。
このように、チャネルラインは相場の動きや方向性を分かりやすく
表してくれたりする重要なラインなのです。

何もラインを引いていない時のチャートと比べて見ますと、
チャネルラインがどれほど相場を分かりやすくしてくれているか一目瞭然といえますね。

 

「チャネルラインの長さ」は、長いほど支持され、
抵抗の力が強くてブレイク後の反動も大きいと言えます。

「チャネルラインの角度」は、急なほどトレンドの力が強くはなるが短くなります
「チャネルラインの値幅」は、値幅が広いほどそのトレンドは強く長く続きます。

チャネルラインを覚えたてのトレーダーによくある間違いですが、
チャネルラインの中だけでトレードするようになってしまったりする事です。
単純に、トレンドラインに当たると買い、
アウトラインに当たると売りという戦略では勝つ事は出来ないのです

何故かと言いますと、トレンドラインと同様にチャネルラインは
いずれブレイクする事になるからです。

チャネルラインを引く時に考えてもらいたい事は、
1つのチャネルラインに頼った安易な戦略ではなくチャネルラインの流れが
変わるポイントを探す事となります。

要約しますと、チャネルラインがブレイクするポイントと
ブレイク後の2つの事を考える必要があるという事です。

そうする事により、チャネルラインの中での戦略とブレイク後のチャネルラインの外での
戦略の両方を立てる事が出来ます。

3.ブレイク後のチェックポイント

2つのポイントをお伝えしますが、1つ目は、ブレイク後は
チャネルラインの2倍の値幅が出るという事です。

2つ目は、チャネルラインの値幅が、トレンドの値幅の基準となるという事です。
この2つこそが、チャネルラインの本当の使い方となります。
この使い方を身に着けますと、トレードの成績は驚くほど改善される事になるでしょう。

1つ目の、ブレイク後はチャネルラインの2倍の値幅が出るという事ですが、
何故2倍の値幅が出るのでしょうか?相場に関しての格言で、
「相場は達成感があるまで進む」というのがありますが
、市場参加者が、「ここまで値が動いたので充分だろう」と感じる事です。

チャネルラインがブレイクしたら、相場は達成感があるまで進んでいきます。
そして、市場参加者が達成感を得る1つの基準がチャネルラインの値幅という事になります。

チャネルラインがブレイク後に2倍の値幅が出た時、
それは引いたチャネルラインがしっかり機能している事を意味します。
機能しているという事は、多くのトレーダー達が同様に
そのチャネルラインを意識しているという事なのです。

という事は、今後も、そのチャネルラインを基準に動く可能性が高いという事になります。
その場合は、その後のトレンドの値幅も、
チャネルラインの値幅と同じになる事が多いのです。

チャネルラインをブレイクしたとしても、2倍の値幅が出ない場合、
トレンドが弱い証拠となります。

このような場合は、上下に振られるリスクが高くなり、
急反転したり値がダラダラと進んだりしますので、様子を見る事をおススメします。

4.チャネルラインと組み合わせ

チャネルラインは、トレードスタイルを問わず、有効なテクニカルの指標となります。
順張りでも逆張りでも可能で、更にはサポートラインなどの他の根拠と組み合わせたりしますと、
より確信度が高いトレードが出来ます。

1本だけで判断するのではなく、チャネルラインで相場の波を把握し、
他の根拠と組み合わせて判断しているという点を意識してください
1つめの組み合わせは、チャネルラインのブレイクとトレンドラインや
レジスタンスラインを組み合わせた逆張りトレードです。

手順としましては、チャネルラインのブレイクで上昇トレンド終了を確認し、
その後ダラダラと上下どちらかに迷った状態が続き、
一時的な上昇を見せたがレジスタンスラインとトレンドラインが抵抗帯として機能し、
チャネルラインの値幅の2倍を利益確定のポイントと設定し逆張りトレードをします。

2つ目の組み合わせは、チャネルラインを活用した順張りトレードとなります。
チャネルラインを引く事で下降トレンドの認識をし、
チャネルラインとレジスタンスライン2つの根拠から、反転ポイントを見つけ、
利益確定ポイントを見つけるトレードです。

ちなみに、チャネルラインを抜けた時は、4つの可能性が考えられます。
①チャネルラインをブレイク
②一時的なだましでその後ブレイク
③だましからトレンド転換
④強いトレンドで一時的な推進

3つ目は、ラインとの組み合わせで判断する事です。
ローソク足がチャネルラインを上抜けた時は、根拠が何もなくトレードを行う事は出来ません。

その後相場は下がって上昇トレンドラインと接触したりするところで反発したりし、
これによって水平に引いたラインとチャネルラインの2本が
支持線として機能している事が分かります。

こんな風に、トレード戦略を立てる場合は、チャネルライン1本だけでなく、
他の根拠と組み合わせて判断すると良いと思われます。

5.まとめ

「チャネルライン」とは、トレンドラインとそれと平行に引かれたライン2本線の事を言います。ローソク足の安値と安値を結んだ上昇トレンドラインと、
それと平行なラインをローソク足の高値側に移動したラインがあるとします。

この2本線を合わせて「チャネルライン」と呼びます。
2本線のラインの傾きは必ず同じになってきます。

 

「チャネルライン」について学ぶ事において、
「アウトライン」や「チャネルアップ・チャネルダウン」の
2つの用語を覚えておくと便利となります。

「アウトライン」とは、トレンドラインと平行に引いた線の事を言います。
下降トレンドの場合は、高値と高値を結んだ下降トレンドラインを、
平行に安値の方に移動させたものがアウトラインとなります。

チャネルラインの見方は、3つありまして、1つ目は、相場はチャネルラインの値幅で動きます。
2つ目は、チャネルラインの長さや角度や値幅などで、相場の強さを判断していきます。
3つ目は、1つのチャネルラインで判断しない事です。

相場は一定の値幅を何回も往復したりして動く傾向が強いと言えます。
これは、レンジ相場でも同じこととなります。

レンジ相場の場合は、同じ価格帯を往復する事になります。
ですが、チャネルラインの間では一定の値幅が保たれる事が基本となります。

このように、チャネルラインは相場の動きや方向性を分かりやすく
表してくれたりする重要なラインなのです。

何もラインを引いていない時のチャートと比べて見ますと、
チャネルラインがどれほど相場を分かりやすくしてくれているか一目瞭然といえますね。

チャネルラインは、トレードスタイルを問わず、有効なテクニカルの指標となります。
順張りでも逆張りでも可能で、更にはサポートラインなどの他の根拠と組み合わせたりしますと、
より確信度が高いトレードが出来ます。

1本だけで判断するのではなく、チャネルラインで相場の波を把握し、
他の根拠と組み合わせて判断しているという点を意識してください。

1つめの組み合わせは、チャネルラインのブレイクとトレンドラインや
レジスタンスラインを組み合わせた逆張りトレードです。

手順としましては、チャネルラインのブレイクで上昇トレンド終了を確認し、
その後ダラダラと上下どちらかに迷った状態が続き、
一時的な上昇を見せたがレジスタンスラインとトレンドラインが抵抗帯として機能し、
チャネルラインの値幅の2倍を利益確定のポイントと設定し逆張りトレードをします。

2つ目の組み合わせは、チャネルラインを活用した順張りトレードとなります。
チャネルラインを引く事で下降トレンドの認識をし、
チャネルラインとレジスタンスライン2つの根拠から、反転ポイントを見つけ、
利益確定ポイントを見つけるトレードです。

「チャネルラインの長さ」は、長いほど支持され、
抵抗の力が強くてブレイク後の反動も大きいと言えます。

「チャネルラインの角度」は、急なほどトレンドの力が強くはなるが短くなります。
「チャネルラインの値幅」は、値幅が広いほどそのトレンドは強く長く続きます。

2つのポイントをお伝えしますが、1つ目は、
ブレイク後はチャネルラインの2倍の値幅が出るという事です。

2つ目は、チャネルラインの値幅が、トレンドの値幅の基準となるという事です。
この2つこそが、チャネルラインの本当の使い方となります。

この使い方を身に着けますと、トレードの成績は驚くほど改善される事になるでしょう。

1つ目の、ブレイク後はチャネルラインの2倍の値幅が出るという事ですが、
何故2倍の値幅が出るのでしょうか?相場に関しての格言で、
「相場は達成感があるまで進む」というのがありますが、市場参加者が、
「ここまで値が動いたので充分だろう」と感じる事です。

チャネルラインがブレイクしたら、相場は達成感があるまで進んでいきます。
そして、市場参加者が達成感を得る1つの基準がチャネルラインの値幅という事になります。

チャネルラインがブレイク後に2倍の値幅が出た時、
それは引いたチャネルラインがしっかり機能している事を意味します。

機能しているという事は、多くのトレーダー達が同様に
そのチャネルラインを意識しているという事なのです。

という事は、今後も、そのチャネルラインを基準に動く可能性が高いという事になります。
その場合は、その後のトレンドの値幅も、チャネルラインの値幅と同じになる事が多いのです。

3つ目は、ラインとの組み合わせで判断する事です。
ローソク足がチャネルラインを上抜けた時は、根拠が何もなくトレードを行う事は出来ません。

その後相場は下がって上昇トレンドラインと接触したりするところで反発したりし、
これによって水平に引いたラインとチャネルラインの2本が
支持線として機能している事が分かります。

こんな風に、トレード戦略を立てる場合は、チャネルライン1本だけでなく、
他の根拠と組み合わせて判断すると良いと思われます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る