初心者がまず覚えなきゃいけない4つの鉄則

こんにちは!トミオです。
今回はFXを行うに当たって必須の考え方について
ご紹介させていただきます。

1.エントリーすべき波形は綺麗な波形

ダウ理論のトレード手法に限ってではなく、FXの世界で共通する考えとなりますが、
勝ちやすいポイントはチャートが綺麗な形をしています。

綺麗なチャートとはどんな形かなと思うかもしれませんが、
押し安値と戻り売り高値が明確なチャートとなります。

チャートが動く中で、押し安値と戻り高値が綺麗に誰が見ても
分かりやすく発生しているかどうかが判断ポイントになると思います。
綺麗に発生している場合、勝ちやすい場面といえます。

反対に、押し安値や戻り高値がごちゃごちゃしてしまっていたり、
どこを基準にしたらいいか判断に迷う感じのチャートの場合、
エントリーの条件が揃ったとしても、勝ちやすいとは言えないのです。

ダウ理論トレードにおいて、「絶対に勝てないポイント」はあります。
ダウ理論トレード手法の弱点といえるかもしれませんね。
それは、「日足のトレンドが終了する部分」となります。

とはいうものの、日足のトレンドがいつ終了するかは、
トレンドが終了した後にならなければわからないのです。

日足のトレンドが終了するような場所での損切りは仕方のないことだと考え、
損切りを受け入れる事が大事となります。
全てのトレードにおいて負けなしの聖杯のようなトレード手法は
この世に存在しないのです。

相場の本質を理解し、美味しいと思われる場面でエントリーしていきましょう。
「相場の本質」とは、「相場は上がれば下がる」という事です。

2.トレンドを待ってエントリーする

FXトレードをする際に最初にする事は、ローソク足チャートを見て
相場環境を見極める事となります。

相場環境がどんな状態かを知る事によって、
エントリーする位置、ポジションの利食い、
損切りの方法を決定する事が出来ます。

「トレンド相場」か「レンジ相場」を見極めて、
今出ているトレンドがどちらに出ているか見極める事です。

チャートが右肩上がりになっていたら「上昇トレンド」です。
反対に、チャートが右肩下がりになっていたら「下降トレンド」です。

そして、全ての時間軸を独立したものとして考えます。
日足が上昇トレンドだからと言っても、4時間足や1時間足など、
日中足で買いを狙ったりするトレーダーが多いですが、これは危険です。

マルチタイムフレーム分析を上手く利用したり、難しければ、
もっとシンプルな分析で、自分がトレードする時間軸に出ている
トレンドに沿って取引すると成功率が高くなるでしょう。

また、相場では3対7または2対8というように、
トレンド相場よりレンジ相場の時間の方が断然長いのです。

ですので、トレンドがなかなかこなくても普通の事なので焦らないでください。
シンプルに分析し、じっくりと待ち、良い状況になったらエントリーする事です。

3.ブレイクアウトでエントリー

相場の動きの中で最も爆発的なものの1つには、「ブレイクアウト」があります。
レンジ相場になって、上下に行ったり来たりで厳しい感じでも、
いきなりどちらかに「ブレイクアウト」して一方的で爆発的な値動きが出る時があります。

このような「ブレイクアウト」は、かなり短時間で大きな値動きに繋がります。
ですので、「ブレイクアウト」は、賢いトレーダー達にとって
素晴らしいリスクレワードでエントリーのチャンスとなります。

「ブレイクアウト」はを上手くとるようにするには、
どのような手法でエントリーすれば良いでしょうか?

ラインを部ブレイクする瞬間に逆指値注文で一か八かギャンブル的な
エントリーをしたり、成り行きでエントリーをするやり方もあるといえばあります。

よほど勘の良い方はそれでも良いかもしれませんが、大抵の人にとって
そのやり方では長期的には上手くいかない事の方が多いとって言えるでしょう。

何故かと言いますと、ラインを抜ければいつも値が伸びていくわけではなく、
「ダマシのブレイクアウト」が驚くほど多いからです。

「ダマシのブレイクアウト」とは、ラインを「ブレイクアウト」するように見せかけておいて、
少しラインを抜けた後にレンジ相場に逆戻りをする事です。

4.トレンドラインでエントリー

相場が順調に、トレンドラインに沿って上昇している場合は、
ラインに近付いた所がロング(買い)のエントリーポイントになります。

上昇トレンドラインは下値支持線ですので、その部分に近付くと値段は反発する事になります。
そして、トレンドラインとの乖離が大きくなってきたら、利益確定ポイントと考えしょう。
一本調子で上がっているように見えたりしても、やはり上下の振り幅は勿論あります。

トレンドラインを離れ過ぎた価格は、再びトレンドラインに
向かって下がるという動きを見せやすくなります。
(気を付けていただきたいのですが、絶対ではありません)

この時が利益確定の手仕舞いをするポイントとなります。
勿論、乖離を更に広げる形で、相場が上昇していく可能性もありますが、
そんな時は「もっと持ち続けていればもっと儲かったのに...。
損をしてしまった...。」などとは、思わずに
「今回はこれだけ儲けたのでOKとしよう」と割り切る気持ちが肝心です。

ボックス相場になっている時は、その予想は更に簡単なものとなります。
下値支持線のラインでロングを建てて、
上値抵抗線に近づいたら手仕舞うという方法となります。

いったりきたりしているのがボックス相場ですから、
そのボックスの中での動きによって細かく利益を狙う方法です。

ちなみに、この場合のロスカットですが、下値支持線よりも
少し下あたりに構える事になります。

下値支持線に触れる位の事は度々ありますので、
その度にロスカットをしていたりすると大変です。
下値支持線を少し割れるぐらいのポイントがちょうどいいと言えるでしょう。

大台や節目などの価格をターゲットとしてトレードするという手法もあります。
これらもトレンドラインと同様で、多くの投資家が意識している
ポイントになりますので、それに「乗る」ことです。

節目や大台を利益確定ポイントにして売買をするという事なのです。
このように、マーケットに参加している多くの投資家が共通して考える事として、
「トレンドライン」や、「大台」や「節目」と言ったものがあります。

それだけ、影響力の大きいチャート分析になりますので、
是非自分のものにしておいてください。

シグナルに従って始めたトレードは、必ずシグナルに従って手仕舞いましょう。

そして、順調に推移している相場ではトレンドラインが
判断基準となりますので、トレンドラインで利益確定ポイントを考えましょう。

5.まとめ

  • チャートが動く中で、押し安値と戻り高値が綺麗に誰が見ても
    分かりやすく発生しているかどうかが判断ポイントになる
  • トレンドを待ってエントリー
  • 爆発的なものを選択して「ブレイクアウト」でエントリー
  • 節目や大台を利益確定ポイントにしてエントリー

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る