FXの上手なリスクの向き合い方|莫大な利益を得るためには!

どうもトミオです!

ハイリスクハイリターンと聞いて
どう思いますか?

「なんか危険だな」と感じられる方も多いと思います!

ですが、FXではハイリスクと向き合うことで
ハイリターンが見込めることはよくあります!

今回はFXでのハイリスクの向き合い方について
ご説明します!

FXにおけるメリットとデメリットの理解

FXは少ない資金や個人で始められる人気の高い投資です。
ですが、気軽な気持ちで始めると後悔をしたしまう恐れがあります。

 

簡単に稼げるという幻想を抱いてる人ほど
簡単に証拠金が溶けてしまうなんてこともあり得ます。

 

ですので、トレードロジックやチャートの環境認識はもちろん、
FXのメリットとデメリットをしっかり理解した上でトレードをし、
実力をつけていきましょう。

 

それが最終的に、利益や大切な資金を失わない事に繋がるのです。

 

FXトレードのメリットはいくつもある

①数万円などの少額の資金から始める事ができ、
口座開設と入金をすればボーナス資金を貰える会社も多いです。

このようにボーナスキャンペーンを行なっているところは沢山あります

 

②国内業者では最大25倍のレバレッジが効き、倍率をかけられる為
少ない資金からでもFXを始めることが可能です。

③エントリーの自由度も高く、為替相場の予想に応じて、
買いと売りのどちらからも注文でき、取引の選択肢が広い事です。

 

④外国通貨取引というと難しく感じられると思いますが、
単純にこの先通貨価格が上がるか下がるかという判断だけなので、
投資ジャンルの中では比較的シンプルで分かりやすいという点です。

 

⑤対象は国が管理する通貨なので、よほどの事がない限り
取引の対象が崩壊するようなリスクが少ないという点です。

 

⑥含み損が一定の数以上増加すれば強制決済(ロスカット)され、
口座入金額以上の損失が出ない事になっている点です。

⑦一昔前より身近な存在となってきており、
TwitterなどのSNSからリアルタイムに情報が確認できる点です。

 

⑧スマホが普及したことにより、24時間(土日を除く)
いつでも好きな時間にどこでも取引が可能という点です。

 

FXのデメリットは以下の通りです。

①手軽に始められる反面で、
早い段階で大きな損失も簡単に出てしまう点です。

 

②少ない資金で大きな取引が出来ることで、
高レバレッジによる大損のパターンも生まれてきます。

 

③24時間いつでも取引が出来るため、
寝てる間に相場が大きく動き、大損になるリスクもあります。

 

④突発的なニュースによる大暴落で目を離した間に、
損をするような流動性のリスクもあります。

 

⑤今は法律で会社の財産と顧客からの預かり金は
分離して管理(信託保全)されていますが、

取引をしている会社のシステムダウンや業者の倒産など、
信託保全としても対処しきれないリスクもゼロではありません。

 

トレード始めたては特に、
デメリットがプレッシャーになると思います。

ですが、時間をかけて勝てる技術や裁量を磨き、
リスクを意識しながらも市場に生き残り続けた場合、

メリットの方が大きくなってくるのです。

 

大切な事は、大きく勝つ事ではなくて大きく負けない事です!

FXのリスクオン・リスクオフの重要さ

リスクオンとは、リスクを好んで選び取っている状態です。
リスクオフとは、リスクを好まず回避している状態です。
綱渡りといったほうが分かりやすいと思います。

 

綱渡りの状態がリスクオンの状態を示します。
つまり、綱を渡ると言うリスクを取り、
渡り切るという事によって大きな成果を収める事が出来るのです。
上記の例をFXに当てはめると、リスクはありますが
リスクを乗り越えたとき、大きな利益を得る事が可能です。

 

この事から、リスクオンとはリスクをおかして
ハイリターンの通貨を好んで選び購入することをさします。

 

リスクオフとはリスクオンの逆で、
リスクは小さいが安定している通貨が好まれて購入され、

ハイリスクハイリターンの通貨は売られるという事をさします。

 

リスクオン相場の中では、どんな通貨が好まれるかといいますと、
発展途上国の通貨がそれにあたります。

 

発展途上国なので経済状態が安定してない場合が多く、
加えて通貨の価値も不安定になりやすいです。

 

ですが、発展途上国の通貨は金利が高いという面で、
リスクオンの相場で買われる傾向があります。

 

根本的に、リスクオン相場が起きるきっかけは、
「世界的経済の安定の観測」から始まります。

 

世界の投資家が「経済状態がこれから安定するかもしれない」と考え、
リスクある資産を買う動きをする傾向があります。

 

リスクオン相場では、日本円やアメリカドルなどの
低金利通貨や安全資産とされる金は売られ、
資源国通貨、発展途上国通貨、更には、
株や原油などが買われるという傾向があります。

 

注意点として、リスク選好相場は長く続きやすくなり、
リスクオン相場が終わると安易に売りで取引をしてしまえば、
なかなか落ちないということにもなりかねません。
特に初心者の方は注意が必要になります。

 

リスクオフ相場はリスクオン相場の反対で
日本円やアメリカドルなどの比較的安定した通貨が
買われるという傾向にあります。

 

リスクオフ相場にはリスクオン相場とは
大きく違ってる点が1点あります。

 

それは、リスクオフ相場は、リスクオン相場に比べて
値動きが非常に速いという点です。

 

リスクのある通貨を持っている人々は、
経済に対する悪い材料が出た時点で全て売ってしまうからです。

 

さらに、売りが売りを呼び、相場が大きく下落すれば、
投売り(セリングクライマックス)と言われる
「たとえ損をしても大損する前に売ってしまおう」

というような現象が起こります。

 

資金管理のルールを徹底する事!

FXで最も重要な事は取引手法の確立だと思う方が多いですが、
実際は、最も重要になってくるのは資金管理です。

一気に稼ぎたいという思いから一回で大きな利益を出そうと、
無茶な金額で取引する事はギャンブルトレードと変わりません。

 

資金額を予め設定し、資金がなくなったとしても、
生活に支障がない程度の資金を用意することが大切です。

 

では、具体的にどのように資金管理をすればよいでしょうか?

 

簡単な方法として一回のトレードの損失許容額の決定
という資金管理方法をご説明していきたいと思います。

 

一回のトレードの損失許容額の決定のやり方は、
エントリー時の損切りポイントを予め決めます。

そして、その時の設定金額をロット数(取引通貨量の単位)が
資金の3%以内になるように調整をします。
例えば、100万円の資金で取引する場合は損切価格を3万円に設定します。

 

これにより、3万円以上の損失は防げて、
メンタルも不安定にはならず、

次のトレードに向けた、戦略を練る事ができます。

 

一回のトレード金額を設定する事により、
あとどれぐらいトレードが出来るかが明確になります。

 

通貨ペアごとにポジションを分けたり、
時間足ごとに分散したりなど、

やり方は他にもたくさんあります。


自分なりの資金管理方法によって、
資金を守り少しでも不安が少ない
トレードになるようにしていきましょう。

 

優位性のあるポイントでエントリーのルールを徹底する事!

優位性のある手法とは、50%以上の確率で勝てる手法の事です。
FXトレードは何も考えずに当てずっぽうなどで行ってしまえば、
勝率は50%以下となります。

 

FXでは価格が上がるか下がるかの確率は半分ですが、
スプレッドという手数料でマイナススタートなので、
確実にマイナスになります。

 

ですので、利益を出すには50%以上の確率で
勝てるトレードをする必要があります。

そのため、取引には根拠のある手法が必要です。

 

50%以上の確率で勝つために必要な根拠はいくつもあります。

 

その根拠として、以下の判断材料が挙げられます。

    • 通貨
    • 時間
    • 相場環境
    • テクニカル分析による根拠
    • ファンダメンタル分析による根拠
    • アノマリー

など、これらを用いることにより、
50%以上の確率で勝てるような手法を確立出来るようになります。

 

勝率50%以上の確率で勝てる手法を作るには、
まず根拠になる判断材料を徹底的に頭に叩き込む必要があります。

 

それが本当に機能するかどうかという事も、
過去チャートや実際のリアルチャートやトレードの中で
確認や分析、検証していく必要があります。

 

そして、自分に合った使いやすいものを
抜粋していく事が大事になります。

 

そうする事によって、抜粋した根拠を重ねれば重ねるほど
優位性がある手法となっていきます。

 

分かりやすい通貨を選択し、値動きが出る時間帯を絞り、
トレンド相場が出ている環境で取引をする。
そのように、いくつかの根拠を重ねる事で、
より精度や勝率が高いトレードをする事が可能になります。

 

まとめ

いかがでしょうか?
ハイリスクハイリターンときくと危ないイメージがありますが、
しっかりと相場のリスクオンオフを見極めることで、
利益を高確率取ることが可能になります。

今回紹介した内容は下記です。

  • トレードロジックやチャートの環境認識
  • FXトレードのメリット、デメリットを>しっかり理解した上でトレード
  • 「大きく勝つ事」ではなく「大きく負けない事」
  • リスクオン・リスクオフを大切にする
  • 優位性のあるポイントでエントリーのルールを徹底する事!

 
FXはただ取引するのではなく、
常に相場や取引のリスクを考えて取引するのです。

今回話した内容をしっかりと意識して
これからの取引に生かしてください!

関連記事

ページ上部へ戻る