FXの資金管理方法|初心者の95%が知らない極秘手法

はじめに

FXを始めるに当たり大切なのは
資金管理だと言っても過言はありません。

また、すでにFXをされている方も
最も悩むのが資金管理方法と言ってもいいほどです。
資金管理のポイントを押さえておかないと、
FX投資がうまくいくはずがありません。

ここでは95パーセントの人が知らない極秘の
FXの資金管理の方法をお教えしたいと思います。
ぜひ、FXを行う際のご参考になさっていただければと思います。

同じポジションの量で常に取引する

たとえば、1枚とか5枚とか、時間帯や相場の変動の
度合いなどに合わせて同じポジションで常に取り引きすることが重要です。
そうすれば、損益の計算がしやすいと言われています。

この資金管理方法のメリットとしては明快な
資金管理法なので相場によって損益のブレが出にくいというのがあります。
いっぽうで、デメリットとしては勝率が悪い時にも
同じ量で取り引きするので精神的につらいという点です。

ただ、同じロットで行うためあなたのスキルが上がるにつれ
枚数を少しずつ増やせるという点があります。
勝率が上がれば投資できる金額も増えるでしょうから、
ロットを増やしていけるというわけです。

FXを始めた時はたった1枚だったのがどんどん
増やしていくことができ、最終的には50枚以上を張ることもできるでしょう。
100枚を超えたあたりから1回当たりの利益の額が
大きくなるため、トレーダーで生計を立てるのも夢ではなくなるかも。

ただ、FXではどうしても勝てない時期があるので、
この時期にも同じような量で取り引きする必要があり、
資金がどんどん減ってしまうという事態にもなりかねません。
ですので、大きなリターンを早く求めすぎてしまい
枚数を速く上げてしまうとリスクが大きくなります。

資金が多く枚数を少なく

さて、上でご紹介した資金管理方法はいわば攻めと
言っていいかと思いますが、ここからは守りの資金管理方法をお教えします。

FXでは潤沢な資金で少ない枚数を取り引きするのが
最も安全なのは言うまでもありません。
投資は全てそうですが、資金は多いに越したことありませんし、
枚数は少ないに越したことありません。
この場合、損失が多少大きくなっても資金に対して割合が小さいからです。

そのため、精神的ダメージも軽く済みますが、
資金がないのに枚数を多くすると精神的にきつくなるのは当然です。

資金が多く取り引き枚数が少ないのと資金が少なく
取り引き枚数が多いのを比べれば当然、
前者の方が望ましいと言っていいでしょう。

ですが、FXを始めたばかりの人にこれを行うのは難しいですし、
潤沢な資金があればFXを使用とは思わないはずなので、
どうすれば少ない資金から増やしていけるかというのが課題になります。

そのためにも、最適な資金管理を把握していただき、
どの程度リスクを負えるのかバランスを図ることが重要です。

なお、最も重要なのは1回で多額の損失を出さないということ。
多額の損失を出してしまうと、それまで積み上げてきた
資金管理の労力がむだになるからです。
多少の損失なら取り戻せますが、大損すると回復できない場合もありますし、
資金がなくなってしまったり精神的に追い詰められる可能性もあります。

まとめ

FXの資金管理法はさまざまなものがありますが、
最も大切なのはバランスを常に考えながら行うことです。
そうすれば、多少損をしたとしても結果的に
安定して取り引きできるようになるからです。

具体的に言うと、突然気が変わってしまい取り引き方法を変えてしまったり、
突然方向転換したりなどをすることがなくなり、
堅実なトレードになることです。
バランスよくFXの資金管理を行っていただき、
自然に勝ち続けるトレードができるような思考を手に入れてくださいね!

関連記事

ページ上部へ戻る