FX自動売買は本当に危ないのか?徹底解説

自動売買で勝てるのか?

初心者の方もいらっしゃると思いますので、 改めてご説明させていただきます。
「自動売買」とは、「自動売買システム」の使用によって、「人が売買注文の判断をする事なくトレードを行い続ける」という事です。

 

FXに興味を持っている投資家初心者の方々が、注目しているものに、「自動売買」があると思います。寝てる間にも利益が増えていくイメージを持っていたり、逆にそんなうまい話は怪しくてと思ってらっしゃる方もいると思います。

 

現実には、個人投資家の9割の方々が損失を被っているそうです。過去のデータに基づいての予測の元にプログラムして作られていますので、国際情勢の変化や、自然災害などの異常事態が起きた場合、対応が出来ないのです。

 

他にも勝てない理由はあります。
資金管理が出来ていない事、リスクの分散が出来ていない事、FX自動売買に対する勉強不足、勝ちにくいFX自動売買を選んでいる事などです。
だからといって、「自動売買」が危険だとかアテにならないと決め付ける事ではないのです。

「自動売買で勝てる」ではなく、「正しい方法で行えば勝てる」という事です。
相場にはある程度決まったパターンが存在します。勝ちパターンを捉えて取引を重ねていけば、優秀なEAを選ぶ事が出来れば、自動売買で勝つ事も可能なのです。

 

自動売買のメリット・デメリット

「自動売買のメリット」は、24時間ずっと365日休みなしにトレードしてくれる事です。パソコンに張り付いて為替相場を見張ったりする必要はなく、タイミングやチャンスを逃す事もありません。

 

為替相場のプロやその道に詳しい専門家が考えた計算のモデルを元にストラテジー(プログラム)が開発されていますので、パソコンのスイッチを入れるだけで、何も知らない素人だとしてもプロ並の利益を出していける可能性があります。
そして、精神的に楽になる事も大きなメリットです。

 

「自動売買のデメリット」は、自動売買システムには得意な相場があれば不得意な相場もある事と、急激な相場の変化に対応出来ない事です。得意な相場以外はあまり勝てないのです。更に、サーバーが弱かったりすると、自動売買が正しく行われないで損失が出る事があります。

 

自動売買のメリットとデメリットを理解した上で、自動売買トレードに挑戦する為には、為替の相場状況に応じて、その相場に強いストラテジーを選ぶ事が重要になってきます。

そして、そうするには、相場の状況に応じてストラテジーを自動で選んでくれる機能がある自動売買システムを選ぶ必要があります。

更に、いったん自動売買システムを信じる事を決めたら、中途半端にやめない事です。利益が出る時もありますが、当然相場次第で短期的に損が出る時があります。

自動売買の種類

「自動売買システム」には、種類がいくつかあります。
①「裁量トレード型」(ユーザー設定型シストレ)とは、投資家が自分自身の手で注文を行う事です。システムは、注文タイミングの指示だけで、実際の発注に関しては投資家自身の判断に委ねられたタイプの「自動売買システム」です。

 

②「ストラテジー選択型」(選択型シストレ)は、予め多数のストラテジーが用意されていて、投資家はストラテジーの選択により投資スタイルを決定するタイプの「自動売買システム」です。

 

代表的な存在が、Mirror Trader(ミラートレーダー)」になります。FXで利益を得る為に、知識・経験・時間が必要になります。選択型は、この常識を覆したものです。
人が作ったストラテジーを使用しますので、改良する事は不可能です。

 

③「リピート発注型」(自動発注機能型シストレ)は、投資家が初期設定した発注条件を成立するごとに発注と決済を自動で繰り返してくれる「自動売買システム」です。今、流行のスタイルになります。

 

④「プログラム型シストレ」は、さまざまな発注方法をプログラミングして常に稼動させる「自動売買システム」です。代表的な存在が、Meta Trader4 (メタトレーダー)です。

チャートソフトとして、裁量での取引にも活用出来ますし、操作性、パフォーマンスに優れ、インディケーターを使用しての取引やEAを組み込んだ自動売買も行えます。

 

初心者から中級者の方ですと、「ストラテジー選択型」「裁量トレード型」「リピート発注型」が最適となります。

既にご経験がある方ですと、「プログラム型シストレ」をで経験を深めていけば良いと思われます。

 

自動売買・システムトレードは、このように複数の種類の中から選ぶ事が可能です。

完全放置は危険!!

システムトレードが流行り、FXはシステムトレードが人気となっている傾向です。
誰もが、「放置していても稼いでくれる」「誰でも簡単な設定で稼げる」と思ったんではないでしょうか?半分は合っていますが、半分は間違いです。

 

トレンドと同じ方向にトレードをしていれば、放置でも問題ないですが、そうでない場合はシステムの変更をする必要性が出てきます。

自動売買システムも事情が変わってきて、完全に自動売買で取引をするより、「半自動売買」(リピート系注文機能)が人気になってきています。

 

「完全自動売買」は、急に起こる相場変動のチャンスを逃したり、決められた設定通り機械的なので損失が大きくなったりもありました。

そこで、取引の価格を自分で設定が可能で、その後は自動で取引を任せられる「半自動売買」が人気となってきたわけです。

 

FX自動売買は危ない?まとめ

「自動売買のメリット」は、自分でしなくても自動で取引をしてくれるので、忙しくて取引チャンスを逃すという事がないです。そして、メンタル面の負担が減ります。

反対に、「自動売買のデメリット」は、パソコンの電源を入れっぱなしにしないといけない事や、急な国際情勢の変化や自然災害や異常事態などに対応が出来ないので、損失に繋がる可能性があるという事です。

 

自動売買システムの種類の中から、自分のスタイルに合うものを選び、
指標や自然災害など異常事態で相場が大きく動くような時は設定が出来たり、優秀なEAを使っている自動売買システムを選んだり、
半自動売買システムなどに変えたり、正しい方法で行えば、自動売買は決して危ないものや勝てないものではないと言えるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る