FXトレード実力upノウハウ

FX勉強の最善のやり方

FXは、闇雲にトレードをしていても利益が上がるわけではありません。
しっかりと勝率を上げるようにして、利幅が取れるトレードの勉強方法を知って、
検証や勉強を続けてトレードの実力を上げ、裁量を磨く必要があります。

しかし

、稀にでもなく、トレード初心者が偶然やまぐれでビギナーズラックや短期間で利益を上げる事もあります。そして、誰もがとは言いませんが、人間は美味しい経験をしてしまうと、なかなか勝ち逃げでは終われないものです。

 

その結果、すぐにおとずれる負けから負のメンタルループに突入し、FXの厳しさを知る事となります。そうなる事を防ぎ、安定したトレードで長期的に利益を出し続ける為には、自分のトレードスタイルをしっかりと確率する必要があります。

 

FX勉強方法の流れとして、基本的な取り組み方の手順をまとめていきます。
①FXそのものを理解する事から始める。
②FXのトレード方法をデモトレードで体験する
③過去チャート検証して環境認識能力とテクニカルやファンダメンタルを学ぶ
⑥繰り返しチャートとトレードの検証をする。

 

学ぶ方法は一つではなくやり方は様々ですが、勝率が上がるようにし、継続した利益を出せるようになればいいのです。その為に、必要な知識と手法はインプットしていきましょう。

 

学ぶ方法の選び方は人それぞれですが、

書籍・インターネットWEBサイト・FXトレーダーのメルマガ・トレードロジック教材・インジケーター商材・FXコミュニティー(スカイプやフェイスブックやインスタやライングループなど多種多様なチャットコミュニティーなど)・セミナー(会場でのオフラインセミナーやインターネット上で視聴可能なオンラインセミナーなど)

などの中から自分に合ったスタイルで学んだり、参考にしたりで裁量を磨いて勝率を上げるFXトレードに繋げていきましょう。

FX情報商材への賛否

FXトレードは、安定して長期で勝ち続けるのは現実ではかなり大変な長い旅になると思います。とはいうものの、実際には「正しいFXトレードの知識と利益を出していけるトレードロジックを知って確率するまでのハードルが高いと感じます。

 

全て正しい情報かは疑問もありますが、基本的な情報や最低限の情報は無料のサイトなどから得れますが、実戦で役立てていける具体的なトレードロジックやFXの実力を構築する進め方は、無料で見れるようなサイトなどからは見つけにくいと言えるかもしれません。

 

初心者は、一度はメンタルのコントロールがおかしくなり、ギャンブルのようなトレード経験をすると思う(した事がある)のですが、そんな神経をすり減らすようなトレードは、FXの正しい知識や取り組み方、そしてトレードロジック学習の機会がないのが理由でしょう。

 

「情報商材」とは、インターネット販売が主流で、PDFファイルや動画ファイル、DVDなどの総称の事です。負けを味わった事のある人なら、「聖杯探し」に走った事があるのではないでしょうか?

 

FX情報商材の中には詐欺商材もあるでしょうし、中には本物もあると思います。ただ、FX情報商材だけで楽に勝てるようになるとは言い難いです。

 

しかしながら、勉強になったり、比較的勝ちやすいポイントを示してくれたり、勝てるきっかけになる事も多々あります。どの情報を有益と取るのか、判断は自分となると思いますし、FX情報商材だけで勝ち続けていけるわけではないので、裁量は磨いていく事が何よりも大事だと思います。

 

知識や裁量が身につけば情報弱者ではなくなり、商材への判断や見極めも出来ると思いますので、自分が付き合っていくFXの事を知り、知識を深めていきましょう。

みんなが知りたいレジサポとトレンドラインの引き方

「レジサポ」とは「レジスタンスライン」と「サポートライン」の事です。
「レジスタンスライン」とは、価格の抵抗線になるポイントに引く水平線ラインです。
相場が、それ以上上昇出来ない可能性を示しています。

 

「サポートライン」とは、価格の支持線になるポイントに引く水平線ラインです。
相場が、下げ止まりとなって、上昇に転換する可能性を示します。
どちらのラインも共に水平線は横線です。

 

「トレンドライン」とは、上昇または下降していく相場の高値と高値、安値と安値を繋げた斜めの線の事です。引いた先のポイントが複数回意識されていれば、そのトレンドラインは投資市場の多くの参加者に注目されている判断となります。こちらは、斜め線になります。

 

「レジサポ」の引き方は、相場上で価格が数多く止まっているポイントに横線を引きます。
FX業者が提供するチャートソフトやMT4(FXトレードソフトのMeta Trader4)に、引くツールが付属しています。複数回意識された価格のポイントは、今後も意識される可能性が高いです。

 

「トレンドライン」の引き方は、上昇もしくは下降トレンドの時に引いていきます。
「チャネルライン」とは、高値と高値、安値と安値を繋げたトレンドラインが平行に引ける相場状況のトレンドラインの事です。

トレンドの定義「ダウ理論」は必要?

「トレンドの定義」とは、連続する高値と安値それぞれが、その前にある高値と安値より上の場合はアップトレンド、連続する高値と安値それぞれが、その前にある高値と安値より下の場合はダウントレンドとみなす事です。

 

私たちがトレンド相場において利益を出す為には、「そのトレンドは、これからまだ継続していくのか?」または、「転換しそうなのか?」と言う事を判断する事が必要となってきます。その判断をする為には、「目線」というものが重要になってきます。

 

決定的な判断基準は、最高値の一つ前の押し安値をレートが下抜けるか、最安値の一つ前の高値をレートが下抜けるかどうかという事です。
アップトレンドの継続かそうでないかを決定する最後の意識される安値よりレートが上にある場合は「上目線」、ダウントレンドの継続かそうでないかを決定する最後の意識される高値をレートが下抜いた場合は「上目線終了」を疑う事です。

 

相場を語る上では「ダウ理論」は欠かせませんが、「ダウ理論」はだましもありますし、出来高なども関係する為替において、「ダウ理論」だけでは勝つことは出来ないでしょう。

 

「ダウ理論」は知らないとお話になりませんが、「ダウ理論」だけでは戦えないという事です。とはいうものの、その根幹部分は時代が変わったとしても有効であり、現在でのFXトレード取引でも有用だと言われているようです。

FXトレード実力upノウハウまとめ

FXトレードの勉強で大事なことは、様々な情報から確かなものを判断し、自分に合った正しい勉強法を身につける事と、自分自身がトレードを検証して勝率のよいロジックを確立していく事です。

 

情報商材を鵜呑みにしないで、情報弱者から判断出来るトレーダーになるように勉強をし、自分のトレードスタイルとして上手く活用していきましょう。

 

相場は投資家の心理で動いています。「ダウ理論」だけで勝つことは難しいですが、「ダウ理論」を理解した上で、トレンドの時や転換の時などの目線に注意すれば、相場状況が更に分かりチャートがより深く見えるようになると思うのです。

 

そして、「レジサポ」や「トレンドライン」は、市場参加者に意識されているポイントを見極めて引くことを心掛けていけば、勝率の高いFXトレードにも繋がる事に相違ありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る