相場の正しい知識を知らないって怖い?

トレンド相場がチャンス?

相場には「トレンド相場」「レンジ相場」「「お休み」の」3種類のパターンに分かれます。主にトレードのパターンは「トレンド」と「レンジ」の2種類になります。

相場分析をする時に、最初にしなければならない事は「トレードのメインになりそうなポイントを探して見つける」事です。

 

これを見つけられなければ、どんなに相場分析をしてもトレードしていけないのはお分かりだと思います。この2種類の1つ、「レンジ相場」というのは、上昇や下降がはっきりと分からないような、方向感がない相場状態の事を言います。このはっきりとしない相場状況ではFでXは不利になります。

 

何故なら、FXというのは、相場が大きく動き出す時に大きな利益を得られるからです。なので、方向感がないレンジ相場には」手を出さない事が賢明と言えるでしょう。

 

FXは大きく動き出して上昇している相場、すなわち「トレンド相場」を狙うのが大きなチャンスだという事です。

 

大半の「レンジ相場」の後に大きなトレンドが現れます。この「レンジ相場」が長ければ長いほど、エネルギーが蓄えられますので、その後のトレンドは大きくなる傾向があります。

このかなりの強力に弾き出されたトレンドの威力こそが、最大の利益のチャンスという事になります。

トレンド相場で何をする?

「トレンド相場」の勝率を高める為には、相場に合わせる部分は合わせて、自分なりのトレードスタイルを出さなければならない部分もあります。

「トレンド相場」での勝率の高い裁量トレードが出来るようになる為の大事なステップをご説明致します。
①冒頭でも似た事を触れましたが、トレンドの発生や終了を自分で判断出来るようにする。

②環境認識をして、エントリーをする場面をきちんと絞り込む。

③あらゆる状況を確認してエントリーするのかどうかの最終の決断をする。

④これも、あらゆる状況を確認してエントリーのタイミングをとる。

そして、このステップに入る前には、全ての話がトレンド相場が前提で、トレードする上での条件や、トレンドと時間足との関係を押さえておく事が必須となります。

 

トレンド相場で勝率の高いエントリーをする為には、トレンドを知る事からスタートをします。その後の場面を絞り込む所からは人それぞれのカラーが出てきて、最後のエントリータイミングもそれぞれのベストと思われるタイミングでという事になります。
大事な事は、トレンドの認識と大きなトレンドに上手く乗ることです。

 

トレンドが出ているうちは、トレンド終了のサインがチャートに出て判断出来るまでは、ひたすらトレンドを追い続けますが、トレンドがどこまでも続くものと思いこんで、突っ込んだエントリーをするのではなく、押しや戻しなどを待ってエントリーをする事が重要なポイントとなります。上手にトレンドの発生と終了を判断していきましょう。

「エリオット波動理論」は相場の動き全てを握る?

「エリオット波動理論」とは、、相場には一定のサイクルがあって、値動きにも一定のリズムがあるという相場分析法のことになります。

為替相場の変動は、ランダムに見えますが、実は一定のリズムに則って動いているのです。そして、リズムにはパターンがあります。「エリオット波動」を知る事により、リズムやパターンの全てが分かるようになります。

 

この、「エリオット波動理論」では、1つの相場の中では「上昇5波動」と「下降3波動」があると考えられています。
「上昇5波動」は、上昇・調整・上昇・調整・上昇という形をたどり、「下降3波動」は、下降・戻し・下降という形をたどります。

ここで、気を付けらければならない事は、いくつかルールがあるという事です。
①「上昇第2波動」は「上昇第1波動」の安値を更新(安値より下の値をつける)しない事。

②「上昇第3波動」は「上昇第1波動」「上昇第5波動」よりも長くて最長という事。

③「上昇第4波動」の安値は、「上昇第1波動」の高値の下の値にならない事。

最も狙っていきたいのが第3派のエントリーで、メリットのある動きです。この第3派は、最も伸びる波動とされていて、その理由に、「上から売っていた市場参加者の利確」が次から次へ入ってくるからです。売りの利確=買いとなりますので、売りポジションの終了によっての買い注文による上昇が始まります。

 

更に、売りによるポジションが解消される事と、新規の注文による買いポジションでの「ダブルの圧力」がかかりますので、一番力強く上がっていく波動となる傾向があります。

 

そして重要な原理原則として、エリオット波動の大前提となりますが、最も知っておかなければならない相場の原理があります。それは、「相場はNの字を描きながら動く」という事です。トレンドは、全てN波動を描いていくという事を認識する事が勝率に繋がります。

 

「エクステンション」と言って、大きな波の中で小さな波を確認出来る現象が、第1派、第3派、第5派の中に見られるのも特徴の1つです。
難しいインジケーターなどを使わずに、「エリオット波動理論」を取り入れてトレードをしても利益が得られると思いますので、是非上手く活用してみてください。

フィボナッチ理論で見抜けるものは?

「フィボナッチ理論」とは、フィボナッチ数列をトレードに活かすために考えられたトレード手法です。

「フィボナッチ数列」とは、一番目と二番目の数字を合計すれば、三番目の数字になっていて、これが繰り返される数列の事をいいます。最初のいくつかの数字を除いて、ある数字と次に続いている数字の関係が、どの数字も、次に続いている数字の0.618倍となっていることが分かります。

また、ある数字と2つ後になる数字を比べても、どの数字も2つ後の数字の0.382倍となっているのです。この「0.618倍」「0.382倍」は、「黄金比率」や「フィボナッチ比率」などと呼びます。

 

相場に自然現象的な要素があったりするのなら、チャートに現れる値幅の比率がにも「フィボナッチ比率」になるような傾向があるとしてもおかしくないでしょうか?というような考え方が、「フィボナッチ理論」であり、フィボナッチを使用するトレードの根拠になります。

 

この「フィボナッチ比率」は相場の反転を見抜けると言われています。いずれかの比率で、相場が反転するものだと考えられてますが、想定していたフィボナッチ比率で反転せずに、抜けてしまう事もありますのでその場合の想定もしておきましょう。

相場の正しい知識を知らないって怖い?まとめ

FXは大きく動き出して上昇している相場、すなわち「トレンド相場」を狙うのが大きなチャンスとなりますので、「レンジ相場」後の「トレンド相場」をみつけましょう。
大事な事は、トレンドの認識とその大きなトレンドに上手く乗ることです。
上手にトレンドの発生と終了を判断していきましょう。

 

為替相場の変動は、ランダムに見えますが、実は一定のリズムに則って動いていて、リズムにはパターンがあります。「エリオット波動」を知る事により、リズムやパターンの全てが分かるようになります。第3派が一番力強く上がっていく波動となるので、第3派を狙ってエントリーをしていくのが望ましいでしょう。

 

「フィボナッチ比率」は相場の反転を見抜けると言われていますが、抜けることも想定して負けパターンを少しでも回避出来るようなトレードを心掛けていってもらいたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る