ボリンジャーバンドの使い方とFXで重要な2つの売買サイン

「ボリンジャーバンド」というテクニカルチャートの名前を、みなさん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

初心者の方はまず、「ボリンジャーバンド」というネーミングを見て「難しそうだ」と感じるのではないでしょうか?

 

一方で、ボリンジャーバンドについて知ってみたい、ボリンジャーバンドを使ってトレードをしてみたいと考えている方も多いと思います。

 

ボリンジャーバンドの教科書通りの使い方については様々なサイトで紹介されていますが、実はその多くが実践的ではなく「本来とは違ったボリンジャーバンドの使い方」であるということはご存知でしょうか?

 

そこで、今回の記事では、ボリンジャーバンドの基本と、教科書通りの使い方についての解説だけではなく、より実践的な「FXで使えるボリンジャーバンドでの売買サインの見つけ方」についても紹介したいと思います。

 

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドは、トレンド分析用のテクニカル指標です。米国の投資研究科「ジョン・ボリンジャー」が1980年に考案したことからこの名前が付きました。

 

上の画像を見ると、チャート上にラインが7つ引かれているのが分かります。

 

真ん中のラインが「移動平均線」で、移動平均線の前後に標準偏差(±σ~3σ(シグマ))が描画されるています。

 

標準偏差σ(シグマ)について覚えるべきこと

ボリンジャーバンドを理解するにあたって、最も引っかかる要素が「標準偏差σの意味」だと思います。

 

しかし、標準偏差の算出方法や考え方などは覚える必要は全くありません。

 

σについて覚えるべきことは2つです。1つは「±2σ内にローソク足が収まる確率は95.4%」、もう1つは「±3σ内にローソクが収まる確率は99.7%」ということです。

 

もっと簡単に言うならば、「±2~3σ内にローソク足が収まる確率が非常に高い」ということだけを覚えましょう。

 

標準偏差は、受験勉強の偏差値と同じような方法で算出がされています。

 

他のサイトだと、「+2σは偏差値70くらい」「+3σは偏差値80くらい」という具合に説明されていますが、このような例えについても特に覚える必要はありません。

 

ボリンジャーバンドの「教科書通り」の売買サインは?

教科書通りの説明によると、ボリンジャーバンドは「逆張りトレード戦略」の際に利用されます。

 

先ほども説明した通り、ボリンジャーバンドは「±2~3σ内にローソク足が収まる確率が非常に高い」です。

 

そのため、「±2~±3σにローソク足がタッチしたとき」が、教科書通りの売買サインとなります。

 

他のテクニカルチャートやオシレータ指標で細かいエントリータイミングを測るケースもありますが、基本的には「バンドにローソク足がタッチしたら逆張りトレードをする」という戦略を紹介している場合が多いです。

 

ボリンジャーバンドの「教科書通り」の使い方は間違っている!

ここまでは、ボリンジャーバンドについての「覚えるべき基本」と「教科書通りの使い方」について紹介しました。

 

しかし、FXでは、上記で説明したような教科書通りの使い方では勝つのは難しいです。

 

むしろ、過去のチャートを見ると「教科書通りの使い方は間違っている」ということが分かります。

 

ここからは教科書通りでは勝てないボリンジャーバンド」について、具体的に過去のチャートを提示しながら解説します。

 

教科書通りでは勝てないボリンジャーバンド①±2σではトレンド転換をしない

ボリンジャーバンドの教科書通りの使い方は、「±2~3σで逆張りトレードをする」という方法だと紹介しました。

 

この方法について、過去半年間のドル円チャートを見て考えてみましょう。

 

上のチャートを見ると、±2σにローソク足がタッチしていますが、その後も±2σに接触したまま相場が進行しているのが分かります。

 

つまり、過去半年間のチャートによると「±2σではトレンド転換するとは限らない」「むしろ±2σに沿って相場が進行する可能性が高い」ということが分かりますね。

 

また、±3σについては、過去にローソク足がタッチしたのは2~3回程度だと確認できます。

 

つまり「±3σにタッチしたら逆張りトレード」については、ほとんど実践的ではないということが言えますね。

 

教科書通りでは勝てないボリンジャーバンド②ボリンジャーバンドは順張りトレードのためのツール

ボリンジャーバンドの考案者であるジョン・ボリンジャーは「ボリンジャーバンドは順張りトレードのためのテクニカルチャートである」と言っています。

 

その理由の根底にあるのは、多くの米国投資家の根底にある「トレンドに乗る」という考え方です。

 

逆張り派が多い日本人は「+2σにタッチしたなら、ここから円高になるだろう」と予想する一方で、アメリカ人は「+2σまで値が上がっているんだからここからさらに円安になるだろ」と考えます。

 

ジョン・ボリンジャーの考え方はもちろん後者です。そして、実際のチャートを見るとやはりアメリカ人の考え方が正しいように見えます。

 

もちろん、±2~3σ内でローソク足が収まっているケースもチャートでは確認できますが、大きなトレンドが発生するとほとんどの場合は±2にローソク足がタッチしたまま相場が進行していることが分かります。

 

「±2σ以内にローソク足が収まる」という考え方自体は標準偏差の理論に基づいていますので、理屈では正しいように感じます。

 

しかし、為替相場のようなトレンド方向への値動きが激しくなりがちな商品のチャートだと、「±2σにローソク足がタッチ」では反発は起きにくい、むしろトレンドが継続するサインになると言えるのです。

 

ボリンジャーバンドとMACDを使った勝てるトレード方法

ボリンジャーバンドは順張りトレードに使うべきだということが理解できたかと思います。

 

ここからは、実際にボリンジャーバンドを使った順張りトレード方法について解説をします。

 

今回紹介するのはトレード方法のポイントは、ボリンジャーバンドの「バンドウォーク」を狙うことと、オシレータ系指標「MACD」を利用することです。

 

ボリンジャーバンドで勝ちたければバンドウォークを狙おう

ボリンジャーバンドのσに沿ってローソク足が推移している相場を「バンドウォーク」と呼びます。

 

上の画像を見ると、ローソク足が+2σにタッチしたまま相場が推移しているのが分かります。

 

バンドウォークはトレンドが進行している証拠となるので、ここで順張りトレードができれば大きな利益を得られる可能性が高まります。

 

しかし、一方でボリンジャーバンドだけを使うと、「バンドウォークかと思ったら反発してしまった」となってしまう場合もあります。

 

相場がバンドウォークを描いて進むか否かは、その相場の勢いがあるかどうかを測らなければ判断が難しいです。

 

また、できるだけ大きな利益を得るためには「トレンドの終わり付近で利益確定決済」をする必要があります

 

これもまた、ボリンジャーバンドだけだと難しいことですね。

 

そこで、バンドウォークで利益を上げたいのなら、「相場の勢いがあるのか」を把握できて、かつ「トレンドの終わり」を見つけることができるオシレータ指標「MACD」との併用をおススメします。

 

MACDとボリンジャーバンドを使った「バンドウォークトレード手法」

早速説明に入ります。

 

チャートの表示させるボリンジャーバンドは「25日移動平均線、±σ~±3σ」、MACDは「MACD12.26、シグナル9」です。

 

これらはほとんどのFXサイトでは初期設定として設定されている数値ですね。

 

では、実際に過去のチャートを見てエントリーポイントと利益確定決済ポイントを説明しましょう。

 

上のチャートは2018年9月10日~10月9日までのドル円の日足チャートです。

 

まずエントリータイミングですが、買いの場合は+2σにローソク足の終値がタッチしており、かつMACDとシグナル両方が0以上であるときになります。

 

上のチャートで言えば、9月13日がそのタイミングになります。

 

MACDは相場の勢いを示す指標です。MACDが0以上であるということは、相場の上昇力があるという証明ですので、その後相場は+2σに沿ってバンドウォークを描く可能性が高いとも言えます。

 

次に、利益確定のタイミングを紹介します。

 

利益確定タイミングは、シグナルがMACDを上から下に突き抜けたときです。

 

上のチャートで言えば、10月9日といえますね。

 

シグナルがMACDを上から下に突き抜けることを「MACDがデッドクロスを描く」と呼びます。

 

デッドクロスは、下降トレンドへのトレンド転換を示すサインとして有名ですね。

 

今回のトレードでは、およそ120pipsの利益(10万通貨なら12万円の利益!)を得られたことになります。

 

まとめ

以上、ボリンジャーバンドの基本と、教科書通りの使い方と、おすすめの勝てるトレード手法の紹介でした。

 

ボリンジャーバンドの基本を押さえるうえで、教科書通りの使い方についても覚えておいたほうがいいです。

 

しかし、実際にトレードをするのなら、ボリンジャーバンドは順張りトレードで利用することを私はお勧めします。

関連記事

経済指標

ページ上部へ戻る