FX初心者が最初に覚えるべきチャート分析方法4選【勝てるようになるために必要です

FX初心者が最初に覚えるべきチャート分析方法4選【勝てるようになるために必要です

どうもトミオです!

 

FXで勝つためにはチャート分析する力が必要になります。

 

そしてチャートを分析する方法として、4つの分析方法があるって知っていましたか?

 

今回はFXのチャート分析方法4つを詳しくわかりやすくまとめました!

 

本記事を最後まで読むことで、基本的なチャート分析の方法が身につきます!

 

FXの初心者の方はぜひ覚えて、これからのチャート分析に役立ててください!

 

FXはじめたての人がはじめに覚えるべきチャート分析方法4選

基本的な「テクニカル分析」の方法から始まって、少し踏み込んだ内容まで、様々なパターンに分けて説明していきます。

 

初心者トレーダーの方は、テクニカル分析を使って相場状況を判断したり、取引を行う為の材料として役立てて頂けたら良いと思います。

 

そのテクニカル分析の中でも、今回は最も基本的なチャート分析方法として、4つの分析方法を解説します。

 

本記事の内容は以下の通りです。

 

  • トレンド相場分析
  • レンジ相場分析
  • 移動平均線を使った分析
  • グランビルの法則

 

では、さっそく詳しく解説してきます!

 

チャート分析の基本:トレンド相場

チャート分析の基本:トレンド相場

まずはじめに、「トレンド相場分析」についてご説明します。

 

FX相場にはトレンド相場といわれる、「通貨の人気・不人気によって、一方的に買われてたり売られたりする相場」があります。

 

テクニカル分析において、トレンドの発生と終了を、ある程度予測することが可能なのです。

 

相場を深く研究することももちろん大切ですが、基本をしっかりおさえることによって、相場を研究し続けているトレーダー達と肩を並べて、トレードすることが出来ます。

 

上への上がる勢いが強い上昇トレンドが発生しているトレンド相場では、切り上げていく安値をを結ぶトレンドラインを下に突き抜けることで、相場は下落に変わります。

 

これは、安値を結ぶトレンドラインを下に抜けたことにより、1つのトレンドが終了したということを意味します。

 

つまり、トレンドラインに沿うように上がる上昇トレンドの力は失われていき、相場参加者が同時に上げたいと考える相場は終了し、それまで買って取引をしていたのを売る取引に切り替えたと判断することが出来ます。

 

ですが、ひとつのトレンドラインは、上昇トレンドが終わって下抜けをしてしまったら、必要がなくなるというわけではありません。

 

使い終わったと思われるトレンドラインが、次は高値を上から抑える働きをします。

 

下記の記事で、トレンド相場の分析方法について詳しく解説していますので、ぜひ本記事とあわせてご覧ください!

 

→トレンド相場で勝つためのFXの極意!正しい知識を知らないと怖い!

 

チャート分析の基本:レンジ相場

チャート分析の基本:レンジ相場

次に、「レンジ相場分析」についてご説明します。

 

レンジと相場とは、一定の値幅間で相場の売り買いが均衡していて値動きが少ない状態の相場環境です。

 

レンジ相場を分析する事で、テクニカル分析の技術は大きく向上し、無駄な取引を減らすことにも繋がります。

 

また、エントリー以外にも、損切りを行う根拠を見つけることも可能になります。

 

ですので、しっかりとレンジ相場のチャート分析方法について覚えていきましょう!

 

レンジ相場の定義として、高値を抑えるように引かれる「レジスタンスライン」と、安値を支えるように引かれる「サポートライン」の、2つのラインに挟まれて動いている相場を「レンジ相場」と呼びます。

 

そして、レジスタンスラインから上に突き抜けたり、サポートラインを下抜けてレンジ相場が崩れることを「レンジブレイク」とよびます。

 

レンジ相場をブレイクした場合、上抜ければ相場は上昇していき、下抜ければ相場は下落する傾向が高くなります。

 

レジスタンスラインを上抜けしているのに、元に戻ってしまっている相場の動きを「ダマし」とよびます。

 

また、使い終わったラインが次の相場に機能する場合があります。

 

初心者にとって、「必要なラインはどれか」「どれが不必要なラインか」を見極めるのは非常に重要です。

 

過去の、レジスタンス・サポートラインは、大きいレンジ相場内のバロメーターとして使えますので、1度使ったラインをすぐに消さないようにすることが重要です。

 

チャート分析の基本:移動平均線

チャート分析の基本:移動平均線

移動平均線は、一定期間の平均値を連ならせたテクニカル指標です。

 

移動平均線は相場の強弱を表し、相場が移動平均線より上に位置している場合、相場は強気相場、相場が移動平均線の下に位置している場合、相場が弱気であるという状態を表します

 

相場が強気をしめしているということは、価格が上昇しやすい状態と言うことを表し、相場が弱気をしめしているということは、相場が下落しやすい状態であるということを表します。

 

このことから、価格が上昇しやすい状態という事は「上がる前に買えば利益が出る」という判断ができます。

 

まとめますと、相場が移動平均線の上に位置している場合は相場が強気だから買い、価格が移動平均線の下に位置している場合は相場が弱気だから売りで取引をする、と判断し取引を開始することで、利益が出しやすくなります。

 

このように、移動平均線を使って相場を分析することによって、しっかりとした根拠のある取引が行えるようになります。

 

→トミオ式FXトレード手法を公開!移動平均線を使ったトレンドフォロー

 

チャート分析の基本:グランビルの法則

チャート分析の基本:グランビルの法則

「グランビルの法則」とは、先ほどご説明した移動平均線を使ったチャート分析の手法です。

 

グランビルの法則では、移動平均線の取引において8つの売買ポイントがあるとしています。

 

8つの売買ポイントはそれぞれ、買いのポイントが4つ、売りのポイントが4つの合計8つのポイントからなり、それぞれ市場の値動きと移動平均線の動き方で、買いをいれるタイミングと売りをいれるタイミングを探す手がかりとなります。

 

この8つの売買ポイントは、市場参加者に重要視されています。

 

買いの法則①」は、移動平均線の下落後、横ばいになるか上昇していく局面で価格(ローソク足)が移動平均線を下から上にクロスします。

 

買いの法則②」は、移動平均線の上昇していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線を上から下にクロスします。

 

買いの法則③」は、価格(ローソク足)が上昇していく移動平均線の上にあり、移動平均線に向かって下落していくもクロスする事なく再度上昇します。

 

買いの法則④」は、移動平均線平均線が下落していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線と離れて大きく下落していきます。

 

売りの法則①」は、移動平均線の上昇後、横ばいになるか下落していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線を上から下にクロスします。

 

売りの法則②」は、移動平均線が下落していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線を下から上にクロスします。

 

売りの法則③」は、価格(ローソク足)が下落していく移動平均線の下にあって、移動平均線に向かって上昇するがクロスする事なく下落します。

 

売りの法則④」は、移動平均線が上昇していく局面で、価格(ローソク足)が移動平均線と離れて大きく上昇します。

 

グランビルの法則」に従っているように見えた相場展開でも急変する場合もありますので、鵜呑みにしないでよく相場を観察する事が大事です。

 

まとめ

以上が、FXはじめたての人がはじめに覚えるべきチャート分析方法4選になります!

 

FXで何から覚えて良いか分からない方は、まずは今回紹介したチャート分析について、覚え、それぞれの知識について深掘りしていけば、スムーズにFXで勝てる知識が身につきます!

 

ですので、今回紹介したチャート分析の方法4つを再度復習し、実際のチャートで実践して見てください!

 

では、また次回の記事でお会いしましょう!

 

関連記事

経済指標

ページ上部へ戻る