【ダウ理論】狙いに繋がる波形の捉え方/高い再現性のトレード手法!

波を小さく見た方がいい理由

この事は、ダウ理論だけのトレードをするときに、どういうチャートが綺麗に見えてるか、どういう所を狙ってトレードした方がいいかなどに深く関係しています。

 

今までは、ダウ理論的トレード手法などの話は、「こうなるとトレンド発生」や「こうなった場合、エントリー」などという機械的なものでした。

 

ですが、今回は波形と言う形で、ダウ理論を使うトレードをより立体的に、どういう場面でエントリーしているかをイメージしやすくなるように、トレードに活かせるように話を進めていきたいと思います

 

再現性の高いトレード手法で狙ってる場面は、日足でトレンドが出ている時に調整からトレンドへと流れが変わった場面でエントリーするというものです。

アップトレンドで話を進めていきますが、ダウントレンドでも同じような事が言えます。

ダウントレンドの場合の切り上げ安値

 

トレンドが出ている時に、調整から流れが変わる部分というのはどこでしょうか。切り上げていく安値となります。

 

こういう調整からトレンド方向に戻るポイントを狙う事は簡単ではないですが、こういう部分を捉える事ができるようになれば、トレードで結果を残せるようになります。

 

しかし、調整でどこまで相場が落ちてくるか誰にも分かりませんし、どうなればトレンドの方向に戻ったとはっきり確信を持って判断したらいいのか、このあたりが結構難しくなってきます。

 

それを分かりやすくエントリー出来るようにしたのが、このダウ理論を使ったトレード手法になるのです。

 

この手法では、「日足がアップトレンドかダウントレンドが発生していること」かが前提となってきます。長期で方向性があるという時になります。

 

そして、1時間足にして、細かい分析をする事によって、調整からトレンドへ戻る部分を捉えるのです。

 

1時間足で日足の部分を見ますと、小さな波形を描いているのが分かります。

 

日足でアップトレンドなので、1時間足でアップトレンドが出ている時にエントリーします。

 

場合によっては1時間足でレンジになってる部分もあちますが、そこで売りのエントリーはだめです。

 

ダウントレンドが崩れて、アップトレンドが出てくるのを待ってエントリーなのです。

 

この事からも、1時間足で波形を小さく見ているか、それをお勧めしているのかがお分かりだと思います。

 

波形を大きく見ると、乗り遅れてしまう!

波形を大きく見るのか、小さく見るのかという事で、何が変わってくるのかといいますと、トレンドの出てくるポイントが変わってきます。

 

具体的にいいますと、波形を大きく捉えれば捉えるほどにトレンドが出てくるのが遅れてしまいます。

 

トレンドが出るのが遅れるという事は、エントリーが遅いと相場の勢いがなくなってエントリーしたけど、落ちてきて損切りになる可能性が高いという事になります。

 

なるべく早くエントリーする為には、コツがありまして、「調整部分の波形は少し細かく見て、トレンド方向への波形は大まかに見る」という事です。

 

調整部分の波形を細かく見る事によって、例えばダウントレンドでは、戻り高値などが沢山ある場面に出会えます。

 

その戻り高値を突破しなければトレンド崩壊にはなりませんので、なるべく早くダウントレンドを崩壊し、アップトレンドの発生を早めてほしいのです。

 

 

トレンドが変わる日足の波形の捉え方

日足は、トレンド判断に使います。トレンドが上なのか下なのか、またトレンドが発生しているのかしていないのかなどによって、その通貨がトレードの対象になるかどうかという事も決まってきますので、とても大事な所となります。

 

日足のトレンドがどうなっているのかという事を判断するには、何を見たらいいのかになります。

 

日足を見るのは間違いない事ですが、日足、特に波形に注目する必要があるのです。

 

まずは、波形を描いていきます。これはトレンド判断をする上で最も重要な事になります。

 

波形を描き終われば、後は機械的に高値や安値を超えてきてるかどうかを確認するだけとなります。

 

波形の捉え方でトレンドが変わるという事をご説明していきます。

 

描いた波形ですが、ある1つの部分が少し違うだけでもトレンドは全然違うものとなってきます。

 

人によって、エントリーするかしないかまで違ってくるのです。

 

ジグザグと捉えるか、1本の線と考えるかによってエントリーの判断の決断に関係してきます。

 

 

突き詰めると、勝ちやすく負けやすいポイントが分かる!

ダウ理論のトレード手法は、日足と1時間足を使いダウ理論のトレンド判断が出来ると、エントリーをして勝つ事が出来ます。

 

ですが、前もってこのあたりが勝ちやすいとか、このあたりは負ける可能性が高いという事が分かると、より精度の高いトレードをする事が出来たりします。

 

ダウ理論のトレード手法の弱点ですが、エントリーしても絶対に負けてしまうポイントをお話しします。

 

どのトレードにも言える事ですが、ルール通りにしていて、一度も負ける事がないという事は絶対にありえません。

 

どのトレードの手法におきましても、弱点はあります。

 

どういうこと所で負けやすいのか、どうしても勝てないのかが明確に分かれば、損切りになったとしても感情的になることなく、落ち着いて次のトレードが出来るようになります。

 

ダウ理論のトレード手法の弱点は、「日足のトレンドが終了する部分」となります。

 

ダウ理論のトレード手法は、日足でトレンドが発生したからと言って、そのまま飛び乗ってはいけません。

 

日足でアップトレンドが発生した場合、1時間足でもトレンドが発生していることが多く、ここから一旦トレンドが崩壊してもみ合ってしまうか、ダウントレンドが発生するのを待つのです。

 

それが、最も良いエントリーポイントとなります。最初にお話しした通り、日足でトレンドが崩れる部分は絶対に損切りとなって負けてしまいます。

 

相場は綺麗に上がっていくケースは非常に稀で、もっとレンジのようにダラダラ上がっていく相場が結構多いです。

 

日足のトレンドが終了する部分ではエントリーしても絶対に勝てる事がない事を踏まえ、負けない為にはどうすればいいかなのですが、日足のトレンドが終了するかもしれないという事を事前に察知出来る事になります。

 

ですが、事前に知る事は不可能に近いのですが、トレードスキルを磨いていくうちに、兆候もつかめるようになってきたりもしますので、諦めずに頑張っていきましょう。

 

ダウ理論を使ったエントリー手法

では、ダウ理論に基づいたエントリー手法について紹介します!

 

まずはじめに、①日足を確認して、トレンドの方向を把握します。

 

今回は上昇トレンドが発生している相場なので、トレンド方向は上昇だと確認出来ました。

 

次に、②1時間足では日足で確認した方向にトレンドが出ているかを確認します。

 

さらに、③1時間足のトレンドの中で、押し目買いが入ってさらに相場が上昇するポイントを探します。

 

1時間足で押し目買いのポイントを探し出せたら、④5分足でそのポイントを確認します。

 

最後に、⑤5分足でエントリーポイントを探します。

 

今回は、安値が切り上がっているかつ、高値が更新できないままの相場状況だったので、相場は強気の傾向にあると判断し、レジスタンスラインのブレイクでエントリーします。

 

決済タイミングは、ダブルトップをつけてトレンドが終了したポイントです。結果、獲得pips数は+424pipsでした。

 

今回は、過去のチャートでのエントリーポイントを見つけましたが、これをリアルタイムの相場に置き換えてのエントリーには、経験を積むことが重要です。

 

まずは基本的な、長期足から下位足へと相場を見て、トレンドが同じ方向を向いているかの確認からしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

トレードする際に、波を小さく見た方がいいのですが、この事は、ダウ理論だけのトレードをするときに、どういうチャートが綺麗に見えてるか、どういう所を狙ってトレードした方がいいかなどに深く関係しています。

 

今までは、ダウ理論的トレード手法などの話は、「こうなるとトレンド発生」や「こうなった場合、エントリー」などという機械的なものでした。

 

ですが、今回は波形と言う形で、ダウ理論を使うトレードをより立体的に、どういう場面でエントリーしているかをイメージしやすくなるように、トレードに活かせるように話を進めていきたいと思います。

 

再現性の高いトレード手法で狙ってる場面は、日足でトレンドが出ている時に調整からトレンドへと流れが変わった場面でエントリーするというものです。

 

アップトレンドで話を進めていきますが、ダウントレンドでも同じような事が言えます。

 

トレンドが出ている時に、調整から流れが変わる部分というのはどこでしょうか。切り上げていく安値となります。

 

こういう調整からトレンド方向に戻るポイントを狙う事は簡単ではないですが、こういう部分を捉える事ができるようになれば、トレードで結果を残せるようになります。

 

波形を大きく見るのか、小さく見るのかという事で、何が変わってくるのかといいますと、トレンドの出てくるポイントが変わってきます。

 

具体的にいいますと、波形を大きく捉えれば捉えるほどにトレンドが出てくるのが遅れてしまいます。

 

トレンドが出るのが遅れるという事は、エントリーが遅いと相場の勢いがなくなってエントリーしたけど、落ちてきて損切りになる可能性が高いという事になります。

 

早くエントリーする為のコツとしましては、「調整部分の波形は少し細かく見て、トレンド方向への波形は大まかに見る」という事です。

 

調整部分の波形を細かく見る事によって、例えばダウントレンドでは、戻り高値などが沢山ある場面に出会えます。

 

その戻り高値を突破しなければトレンド崩壊にはなりませんので、なるべく早くダウントレンドを崩壊し、アップトレンドの発生を早めてほしいのです。

 

日足は、「トレンド判断」に使います。トレンドが上なのか下なのか、またトレンドが発生しているのかしていないのかなどによって、その通貨がトレードの対象になるかどうかという事も決まってきますので、とても大事な所となります。

 

日足のトレンドがどうなっているのかという事を判断するには、何を見たらいいのかになります。

 

日足は、特に波形に注目する必要があるのです。まずは、波形を描いていきます。

 

これはトレンド判断をする上で最も重要な事になります。

 

波形を描き終われば、後は機械的に高値や安値を超えてきてるかどうかを確認するだけとなります。

 

ダウ理論のトレード手法の弱点は、「日足のトレンドが終了する部分」となります。

 

ダウ理論のトレード手法は、日足でトレンドが発生したからと言って、そのまま飛び乗ってはいけません。日足でアップトレンドが発生した場合、1時間足でもトレンドが発生していることが多く、ここから一旦トレンドが崩壊してもみ合ってしまうか、ダウントレンドが発生するのを待つのです。

 

 

それが、最も良いエントリーポイントとなります。

 

最初にお話しした通り、日足でトレンドが崩れる部分は絶対に損切りとなって負けてしまいます。

 

相場は綺麗に上がっていくケースは非常に稀で、もっとレンジのようにダラダラ上がっていく相場が結構多いです。

 

日足のトレンドが終了する部分ではエントリーしても絶対に勝てる事がない事を踏まえ、負けない為にはどうすればいいかなのですが、日足のトレンドが終了するかもしれないという事を事前に察知出来る事になります。

 

ですが、事前に知る事は不可能に近いのですが、トレードスキルを磨いていくうちに、兆候もつかめるようになってきたりもしますので、諦めずに頑張っていきましょう。

 

プロトレーダートミオにからFXで勝つためのノウハウが聞ける!

 

「取引を始めると相場が逆方向に動いてしまう
「損切りが出来なくてマイナスになってしまう
「利確するポイントがいまいち決まっていない
「FXの取引で結果が出ない」

 

そんな悩みを抱えてるアナタに朗報です!

 

今回、6ヶ月で月収900万円を超えたプロトレーダートミオが1時間以上あなたの相談やアドバイスを、無料でいたします!

 

なんと今回お申し込みいただいた限定20名の方だけに、トミオがトレードで使用している高性能インジケーター6点の他、豪華特典を無料でプレゼント

 

詳しい特典の内容は下記の通りです!

  • トミオが使用しているの高性能インジケーター6点
  • 身内だけに販売していた48万円のFX自動売買システム
  • 自己アフィリエイトノウハウ約30万円分
  • バイナリーオプション取引にも使える15万相当のライントレード教材

 

お申し込みは方法下記のトミオ公式LINE@を追加するだけ!

 

LINE ID:@hoi7215m(@をつけて検索)

関連記事

経済指標

ページ上部へ戻る