副業でFXをオススメする5つの理由【FXにはメリットがいっぱい!】

副業でFXをオススメする5つの理由【FXにはメリットがいっぱい!】

副業ブームが訪れた2018年が終わり「副業元年」と呼ばれる2019年が始まり、副業をしようか検討し始めた方も多いのではないでしょうか?

 

副業をする際に最も悩むのは「副業で具体的に何をしようか」という点だと思います。

 

副業で何をしようか悩んでいる方におすすめしたいのが「副業FX」です。

 

今回は、副業でFXをおすすめする5つの理由について紹介したいと思います。

 

副業するならFX!FXが他の副業と比べて優れている5つのポイント

副業には様々なものがあります。代表的な副業であれば

 

  • 転売
  • アパート経営
  • クラウドソーシング
  • 株式取引
  • ユーチューバー
  • 株式投資
  • 仮想通貨の売買
  • 牛丼屋のアルバイト

などがあります。副業の具体例をならべ始めるとキリがないほどですね。

 

そんな中でも、特にFXをおすすめする理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ここでは、FXを副業としておすすめする理由を5つ紹介したいと思います。

 

24時間どこにいても取引ができる

転売やクラウドソーシングの副業だと、取引をする購入者やクライアントとの連絡が必要なので、ある程度の「仕事をする時間帯」というものが限られてきます。

これに対してFXトレードは24時間取引ができます。そのため、夕方には仕事が終わる人でも仕事が夜遅くまでかかる人でも、取引を行うことができます。

 

同じ投資でも、株式取引だと15時には取引時間が終わってしまいますから、取引時間の長さで言えばFXが非常に優秀だと言えますね。

 

また、FXはスマホ一台で取引ができます。さらに、「自動売買システム」を利用することにより、チャートを見なくてもプログラムに自動トレードを行わせることもできます。

 

場所や時間を選ばないのは、FXの最も大きなメリットの一つだと言えるでしょ。

 

在庫リスクがない・初期費用が少ない

転売やアパート・マンション経営には「在庫リスク」や「空き部屋リスク」があります。

 

これに対し、FXトレードは各国の通貨ペアをネット上で取引をするだけですので、在庫リスクというものは生じません。

 

さらに、転売には商品の購入資金が、アパート・マンション経営には部屋の購入資金が必要になりますが、FXの場合は少ない資金でトレードを始めることが可能です。

 

FX会社にもよりますが、ドル円を1000通貨から取引できるFX会社もありますので、この場合は1ドル=110円なら4400円あれば取引ができてしまいます。

 

また、資金以外に用意すべきものはパソコンかスマートフォンだけです。

 

副業FXであればこの記事を読んでいるあなたでも、ある程度の資金さえあればすぐに始めることだってできるのです。

 

世界情勢について詳しくなれる

FXをする際には、「ファンダメンタル分析」という、世界情勢や世界の経済指標をチェックする分析が欠かせません。

 

そのため、副業でFXを始めてファンダメンタル分析を行う習慣をつけることにより、世界情勢についてかなり詳しくなれます。

 

ニュースを見る目も変わりますので、本業にも良い影響を与えてくれます。

 

営業の方であれば、例えば取引先との会話で米中貿易摩擦やEU離脱問題の話題が出た時などは、かなり話が盛り上がると思います。

 

税金や経費などのコスパが良い

FXで利益が出た場合は、利益に対する税金がかかってしまいます。これは、FX以外の副業においても同じことです。

 

さて、FXと同様に、いま話題になっている投資対象として「仮想通貨」がありますが、仮想通貨の利益に対する税金はなんと45%です。利益のほぼ半分が引かれるわけですね。

 

これに対してFXの利益に対する税金は20.315%ですので、仮想通貨の税金と比べて半分以下となります。

 

また、「転売」や「クラウドソーシングサイトでの仕事」などの副業は、基本的にその収入が雑所得に分類されます。
雑所得は、利益が多ければ多いほど税率が高くなってしまいます。

 

これに対しFXは「先物取引にかかる雑所得等」に分類されるため、どれだけ多く稼いでも税率は20.135%で一定です。

 

「FXは副業ではなく投資である」と主張できる

様々な企業で副業が容認されつつありますが、まだまだ副業に対して前向きでない企業も少なくありません。

 

この記事を読んでいる方の中にも、「勤務先に副業をしていることを知られたらどうしよう」と考え、FXをするかしないか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

 

しかし安心してください。FXは、株や不動産と同じく投資だとみなされているため、万が一勤め先にばれたとしても「投資です」と主張すれば乗り切ることができる可能性が高いです。

 

これがもしもFXではなく「すき屋のアルバイト」などだと、副業禁止の会社で副業がばれた場合は言い逃れの余地もありませんが、FXなら大丈夫である可能性が高いです。

 

ただし、これはあくまでも「可能性」の話です。

 

就業規則に明確に「FXは禁止する」と書かれていたりすると、「FXは投資」が通用せず処分されてしまう可能性もあります。

 

副業に一定の規制がある勤め先の方は注意したほうが良いかもしれません。

 

FXを副業にする際に気を付けるべきポイントは?

以上が、副業をするならFXをするべき5つの理由の紹介でした。

 

ここまで読んで「FXを副業でやりたい!」と思った方が多いかもしれませんが、ちょっと待ってください。

 

副業でFXをする際には、いくつか気を付けるべきポイントもあります。

 

リスクを把握すること、必ず余裕資金でFXをやること、努力し続けること

FXは、FXならではの為替変動のリスクや、ロスカットのリスクがあります。

 

これらのリスクを把握せずに取引をしてしまうと、絶対に負け組トレーダーになってしまいます。

 

FXで考えるべきリスクについてはほかの記事でも紹介しているので、しっかりと読んで勉強してください。

 

また、副業全般に言えることですが、絶対に余裕資金でFXをしてください。生活費に手を出してFXをすると、「絶対に資金を減らしてはいけない」という焦りから、全く理にかなっていないトレードをしてしまう危険性が増します。

 

最後に、FXで勝つための努力を惜しまないでください。FXで勝つためには、テクニカル分析の勉強、日々のチャートや

 

ニュースチェック、勝ち続けるためのトレーダーメンタルを鍛えるなど、様々な努力をしなければいけません。勝ち組トレーダーになるための力を養うための努力を日々続けるようにしてください。

 

勤務先にばれたくない人は住民税の対策を!

これはFX以外の副業全般に言えることですが、副業をしていると勤務先に申告していないにもかかわらずばれてしまうことがあります。

 

その原因は「住民税」です。FXやその他の副業で利益が出て確定申告をした結果、勤め先で源泉徴収される住民税の税額が増えてしまう場合があります。

 

少額ならばれない可能性もありますが、給与所得に対してあまりにも大きな住民税が発生していると「なんでこんなに多いの?」と経理の人から聞かれてしまう可能性があります。

ただし、FXで稼いだ分の住民税について、確定申告の際に自分自身で納付する手続きをすれば、勤務先にばれることはありません。

 

また、年間を通して20万円以下の利益であれば、申告の義務は発生しないので、年末に利益額の調整を行うのも良いでしょう。

 

証券会社・金融機関・保険会社に勤務している人はFXはNG

残念なお知らせですが、証券会社や金融機関に勤めている方は、FXは基本的には禁止されています。

 

これは、正社員・契約社員・派遣社員など関係なしに、原則一律禁止です。

 

もしもバレてしまうと非常に重い処分が下されるそうですので、証券会社・金融機関・保険会社に勤めている方はFXはやめておいたほうがいいです。

 

まとめ

以上、副業でFXをするメリットについての解説でした。

 

FXは24時間どこでもスマホ一台あればできる副業です。また、FXは在庫リスクがなく、初期費用が非常に少なく済む副業です。

 

「副業元年」と呼ばれる2019年ですが、副業を始めてみたいという方は、副業FXを検討してはいかがでしょうか。

関連記事

経済指標

ページ上部へ戻る