インジケーターの組み合わせが大事!?FXでインジケーターを使いこなそう!

FXトレードをする際には、チャート分析を欠かすことはできませんが、チャート分析をするのにインジケータは欠かせません。

 

インジケータには様々な種類のものがありますが、実はインジケータを組み合わせることによりFXの勝率を上げることができるのです。

 

今回は、インジケータを組み合わせることによるメリットと、実際におすすめのインジケータの組み合わせについて紹介したいと思います。

 

あなたは知っていますか?-インジケーターには大きく分けて2種類ある-

インジケーターは、FXでチャート分析をする際に利用するツールです。

 

過去の為替の値動きや売買の出来高、設定期間中の上昇率などを特定の計算式で数値化して、それぞれチャート上やチャートの下に表示させます。

 

インジケーターを見ることで、「為替が買われすぎか売られすぎか」「これまでの為替の値動きは上昇トレンドか下降トレンドか」などが分かり、それらを分

 

析することにより未来の値動きを予想することもできるようになります。

 

インジケーターは、「移動平均線」や「ストキャスティクス」などの、チャート上に表示させる「トレンド系のインジケーター」と、「MACD」や「RSI」などの、チャートの下部に表示させるタイプの「オシレータ系インジケーター」との2種類に大別されます。

 

トレンド系のインジケーターとは?

トレンド系のインジケーターは、「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」のようにチャート上に表示されるタイプのインジケーターです。

 

トレンド系のインジケーターは、相場の方向性を見るのに役立てることができます。

 

例えば移動平均線なら、チャート上に表示された1~3本の線の傾きを見ることで「今が上昇相場なのか下降相場なのか」を把握することができます。

 

また、トレンド系のインジケーターを応用してエントリーや決済のタイミングを見つけることも可能です。

 

例えば移動平均線の場合、とローソク足との交わり具合から「買い・売りのタイミング」を見つけることもできます。

 

オシレータ系のインジケーターとは?

オシレーター系のインジケーターは、「CCI」や「RSI」のように、チャート下部に表示させるタイプのインジケーターです。

 

オシレータ系のインジケーターでは、為替が今「売られすぎなのか」「買われすぎなのか」を見ることができます。

 

また、トレンド系のインジケーターと同様に、オシレータ系のインジケーターでも応用することでエントリーや決済のタイミングを見つけることができます。

 

オシレータ系のインジケーターは、「レンジ相場」で特に力を発揮させることができます。

 

1つのインジケーターだけを使っても勝てない理由

ここまではインジケーターについて、大きく分けて「トレンド系」と「オシレータ系」があることと、それぞれのインジケーターの特徴について説明しました。

 

インジケーターを使うことは、FXで勝つことには必要不可欠なのですが、1つのインジケーターだけを使っても、FXで勝つのはなかなか難しいです。

 

1つのインジケーターを使っても勝てない理由と、逆にインジケーターを組み合わせれば勝ちやすくなる理由というものがそれぞれ合計2つあります。

 

1つは、トレンド系のインジケーターとオシレータ系のインジケーター、それぞれにデメリットや得意・不得意な相場があるからです。

 

2つ目は、ある法則に従ってインジケーターを組み合わせることにより、それぞれのタイプのインジケータのデメリットを相殺しあうだけではなく1つのインジケーターでは絶対に分からないことが分かるようになるからです。

 

トレンド系・オシレータ系インジケーターのデメリット

トレンド系のインジケーターとオシレータ系のインジケーター、それぞれどのような弱点があるのでしょうか。

 

まず、トレンド系のインジケーターは「相場の方向性(トレンド)を把握するためのインジケーター」だと説明しました。トレンド系のインジケーターを見ることにより、相場の中長期的なトレンドは把握できます。

 

しかし、売買サインとして利用するには、トレンド系のインジケーターは相場転換に対する反応が遅すぎます。

 

次に、オシレータ系のインジケーターは「為替が売られすぎか・買われすぎかを見るインジケーター」だと説明しました。

 

一見すると売買サインとして、「売られすぎなら買いエントリー」「買われすぎなら売りエントリー」という具合に使えそうだと感じます。

 

しかし、オシレータ系指標は短期的な値動きに対して「売られすぎ・買われすぎ」を数値化しているため、売買サインとしてはダマシが多いです。

 

また、レンジ相場などのトレンドが発生していない相場では、オシレータ系のインジケーターはほとんど機能しないです。

 

また、トレンド系のインジケータでは上昇サインである一方、オシレータ系のインジケータではトレンド転換を起こすサインが出ているという様な「トレンド系とオシレータ系のインジケータが違うサインを出している」という状態を「ダイバージェンス」と呼びます。

 

このダイバージェンスは大きなトレードチャンスにもなるのですが、トレンド系のインジケータだけ、オシレータ系のインジケータだけを利用していては絶対に見つけることはできません。

 

以上のことから、「トレンド系のインジケータだけを使ってトレードする」ことと「オシレータ系のインジケータだけを使ってトレードする」ことは、危険であったりチャンスを逃してしまうリスクがあるので、おすすめできません。

 

インジケーターをどのように組み合わせればFXで勝てる?

インジケータでトレードをする際は、必ず「トレンド系のインジケーター」と「オシレータ系のインジケータ」とを組み合わせて使うことをお勧めします。

 

ただし、その場合もただ単にトレンド系とオシレータ系を無造作に選んでそれぞれを組み合わせるのではなく、それぞれのインジケーターがそれぞれの弱点を補えるような組み合わせをする必要があります。

 

しかし、数百、数千もあるインジケータの中から相性の良いペアを自分だけの力で見つけるのは、特に初心者の方にとっては難しいと思います。

 

そこで、ここからは私がおすすめするトレンド系・オシレータ系それぞれのインジケータの組み合わせと、具体的なトレード方法について紹介したいと思います。

 

FX初心者におすすめできる移動平均線とMACDを組み合わせたトレード手法

今回おススメするのは、トレンド系のインジケータ「200日・75日移動平均線」と、オシレータ系のインジケータ「MACD」を組み合わせる方法です。

 

200日移動平均線では、ラインの傾きで現在の長期的なトレンドを、75日移動平均線で中期的なトレンドを見ることができます。

 

また、75日移動平均線と200日移動平均線のゴールデンクロスは買いサインを意味し、逆にデッドクロスは売りを意味すると判断することもできますが、ここでは移動平均線では売買判断は行いません。

 

移動平均線は、あくまでも相場の方向性を見るためだけに使います。

 

MACDは「シグナル」と「MACD」2つのラインが0以上であれば「買いが多い相場」、0以下であれば「売りが多い相場」であると判断ができます。

 

売り・買いのタイミングは「MACDのクロス」と「移動平均線の傾き」で判断

買いのタイミングは、200日移動平均線が上向きに傾ている状態で、MACDがシグナルを下から上に突き抜けたタイミングになります。

 

この場合は、決済のタイミングはMACDがシグナルを上から下に突き抜けたタイミングとなります。

 

次に、売りのタイミングは、200日移動平均線が下向きに傾いている状態で、MACDがシグナルを下から上に突き抜けたタイミングです。

 

この場合は、決済のタイミングはMACDがシグナルを下から上に突き抜けたタイミングとなります。

 

まとめ

以上、インジケータについての説明と、インジケータを組み合わせるメリットについての紹介でした。

 

インジケータにはトレンド系・オシレータ系の2種類があり、それぞれに弱点があります。

 

その弱点を補うために、トレンド系・オシレータ系のインジケータを組み合わせることをお勧めします。

 

今回は、その一例としてMACDと移動平均線との組み合わせを紹介しましたが、このブログではほかにも様々なインジケータの組み合わせを紹介しています。ぜひ参考にしていただければと思います。

関連記事

経済指標

ページ上部へ戻る