FXの逆張りに必要なインジケーター!RSIの実体に迫る!

どうもトミオです!

 

テクニカル分析のよって相場分析をたしなんでいる人であれば、誰もが一度は手にした事があるというオシレーター系テクニカル指標のRSI。

 

FXトレーダーにとって無くてはならないテクニカル指標の1つであって、その手法や実績も多くて、とても人気の高い分析ツールとなります。

 

FXを始めたばかりの方や、もっとスキルアップをしたい方に最適なRSIは、使い方によって始めたばかりの初心者でも、大きな利益をあげる事が出来るでしょう。

 

RSIの特徴や手法などをしっかり理解して、正しい使い方をマスターし、上手にトレードしていきましょう。

 

RSIとはテクニカル指標

RSIは、オシレーター系テクニカル指標の中でも非常に分かりやすく、使い勝手の良いツールとして使っている人も多いです。

 

考え方の基本は簡単で、「高値圏で売り」「安値圏で買い」と考えます。

 

FXに使うテクニカル指標は、複雑で慣れない間は判断に困ってしまうものが沢山あります。

ですが、このRSIは本当にシンプル一目見ただけですぐに分析出来てしまったり、一目瞭然でサインの判別がついてしまうテクニカル指標なのです。

 

RSIとはどんなインジケーター?

RSI(アールエスアイ)は、ある一定期間の値動きに対して、どれだけ株価が上昇したかという割合(相対力指数)をグラフに表したオシレーター系分析指標で、その割合により「買われ過ぎ」か「売られ過ぎ」かを判断します。

 

適正値に戻ろうとする「偏差」の考え方によって、トレンド転換期を探っていくインジケーターとなっています。

 

RSIの値は、必ず0~100の間を推移していて、0%になる事は絶対にありえません。

0%に近付けば「売られ過ぎ」という見方ができ、いずれ上がるかもとの予測が出来るのです。

 

反対に、100%に近付けば「買われ過ぎ」という見方ができ、いずれ下がるかもとの予測が出来る事になります。

 

RSIの数値は一般的に30~70%で設定され、30%以下の数値は「売られ過ぎ」、70%以上の数値は「買われ過ぎ」を示します。

 

また、RSIはある一定期間の変動幅の間でどのくらいレートが上下しているかという事を、0%から100%までの間で計るというものとなります。

 

RSIの設定期間は、14日間となり、計算式は、n日間の値上がり幅÷(n日間の値上がり幅+値下がり幅)です。

RSIと組み合わせると相性のいいインジケーターはコチラ

 

RSIの相場を効率的に利用するには?

 

RSIはオシレーター系となりますので、逆張りを狙うものです。

逆張りを狙うという事は、強いトレンドが出ている時には向いていなくて、適しているのはレンジ相場になります。

 

RSIの基本的な使い方は、レンジ相場の中でレンジの上限から下限の中での動きを狙う事がメインとなります。

 

トレンドに乗る事はできませんが、トレンドの初動を掴む事は可能です。

トレンド転換の時は、もっと短い時間足で保ち合ってから反転する事が多いです。

 

そういうレンジの間で逆張りする事により、勢い良くレンジを抜けてくれる場合は、天底を獲る事も可能になります。

 

もっと長い時間足の中での方向性や反転の可能性などをしっかり確認しておいて、長期足のトレンドで順張りエントリーというやり方もあります。

 

RSIと時間足・トレードスタイルの関係

短期的に素早く判断するという能力が問われますので、最初から決済する場所も決定し、値動きの状況により、判断をする事が望ましいです。

 

その観点から見ると、スキャルピングやデイトレードが適しています。

 

もちろん、それ以外のスタイルにも活かせますが、中長期的なトレードの場合「損切りポイントの判断がかなり難しい」事や、ファンダメンタル的な部分が深くかかわってきてしまう」事によって、テクニカル分析で見極める必要が出てきてしまいます。

 

つまり、オシレーター系に頼り切ってのトレードはあまり向いていないということです。

 

短期的なトレードやレンジ相場などの分かりづらい時は、大きな流れを掴むよりも、ある一定の値動きの範囲内によりトレードを考える事が王道となりますので、反発のサインを教えてくれるオシレーター系のテクニカル指標が一番なのです。

 

時間足について、RSIを使っているトレーダーは、1時間足で方向性を確認し、15分足や5分足でトレードするトレーダーが多いです。

 

ただ、オシレーター系のテクニカル指標はダマシが多いことが難点です。

 

短い時間足のトレードは、勝率も低くなりがちで長時間足は誤差が大きくなるので、どの時間足が1番自分に最適なのか検証を重ね、自分にとって1番良い時間足を見つけてください。

スキャルピングの手法について詳しく知りたい方はコチラ 

 

RSIは稼げるのか?効率的な利用法

オシレーター系とはチャートの「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を計測した上で、反転や転換を予測していく「逆張り」の投資手法に適しています。

RSIのダイバージェンス

ダイバージェンスは、そのオシレーター系のテクニカルで、チャートとオシレーターとが反対の方向に動く状態のことを表しています。

 

つまり、価格は高値を更新してるのにRSIは下がっているケースや、反対に安値を更新しているのにRSIが上がっている状態の際に、その後の価格がRSI方向へ動きやすくなる現象の事を言います。

 

ダイバージェンスが起こると、トレンド相場が終わる事を示唆します。

 

ここで間違えないでほしいことは、ダイバージェンスの発生はトレンドが弱まってきたというサインを示しているだけであって、必ずしもトレンドが転換すると決まったわけではありません。

 

また、RSIにトレンドラインを引くという手法もあります。一般的にはトレンドラインはローソク足に引く事が多いのですが、ラインの引き方はローソク足に引くよりも簡単となります。

 

RSIの山や谷の部分を結んで、トレンドラインを引いて、底をブレイクアウトしたらエントリーという方法になります。

まとめ

RSIは相場の売られすぎ・買われすぎを確認するテクニカル指標で、多くのトレーダーが導入して取引を行っています。

 

RSIの一般的な設定として、14日間で上下限は30~70%です。

 

30%に近づけば売られすぎ、70%に近づけば買われすぎを示唆します。

 

RSIを使うことによって、トレンド転換の予兆や、レンジ相場での逆張りが可能です。

 

RSIのようなオシレーター系のテクニカル指標は、ダマしも多いため注意が必要となります。

 

しっかりとRSIの使い方を覚えて今後のFX取引に生かしてください!

プロトレーダートミオにからFXで勝つためのノウハウが聞ける!

 

「取引を始めると相場が逆方向に動いてしまう
「損切りが出来なくてマイナスになってしまう
「利確するポイントがいまいち決まっていない
「FXの取引で結果が出ない」

 

そんな悩みを抱えてるアナタに朗報です!

 

今回、6ヶ月で月収900万円を超えたプロトレーダートミオが1時間以上あなたの相談やアドバイスを、無料でいたします!

 

なんと今回お申し込みいただいた限定20名の方だけに、トミオがトレードで使用している高性能インジケーター6点の他、豪華特典を無料でプレゼント

 

詳しい特典の内容は下記の通りです!

  • トミオが使用しているの高性能インジケーター6点
  • 身内だけに販売していた48万円のFX自動売買システム
  • 自己アフィリエイトノウハウ約30万円分
  • バイナリーオプション取引にも使える15万相当のライントレード教材

 

お申し込みは方法下記のトミオ公式LINE@を追加するだけ!

 

LINE ID:@hoi7215m(@をつけて検索)

関連記事

経済指標

ページ上部へ戻る