FXを始めるための手順を世界一やさしく解説【10万円以下から始めるX 】

これから、FXを始めたいと考えている人のために、今回は「FXを始めるためにする準備」や「FXの始め方」について解説します!

 

「FXを始めたいが何が必要なのか?」
「FXの始め方がわからない」
「FXを始めたいがちょっと怖い」

 

などの悩みを抱えてる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

FXとは?

FXとは、「Foreign Exchange」の略で、海外では「Forex」とよばれています。

 

正式名称は外国為替証拠金取引といい、円やドル、ユーロやポンドなどの通貨を買ったり売ったりして、利益をだす取引です。

 

FXの取引では、2つの通貨で取引を行うのが基本で、ドル円やユーロ円、ユーロドルやポンド円といった通貨ペアで取引をします。

 

例えば、ドル円を買ったとすると、「ドル買い」と「円売り」の取引になるということです。

 

通貨ペアは、様々な組み合わせがあり、日本円以外の通貨を売買することもできます。

 

日常的なニュースで、「本日の為替の値動きは、1ドルあたり110円20銭で取引されています」などとアナウンサーが報じるときがありますが、これは通貨の価値を表しています。

 

通貨の価値とは、日本円と米ドルを交換するときの価格(レート)で、「交換レート」ともよびます。

 

通貨のレートは常に変動しており、この変動を利用してFXでは利益を出していきます。

 

FXで利益が出る仕組み

FXの利益が出る仕組みは、通貨を買ったときの価格と、売ったときの価格との差で利益を出します。

 

例えば、1ドル100円のときに、10万円分のドルを買う取引を行った場合、1か月後には110円になったとすると、1万円の利益になります。逆に、90円になった場合、1万円の損失になります。

 

購入金額が100万円になった場合では、100円で購入し、110円まで価格が上がったとすると10万円の利益、90円まで価格が下がったとすと10万円の損失になります。

 

このように、FXの仕組みは、価格の変動による差額で、利益を出していきます。

 

FXを始める前に覚えておきたい基礎知識

FXでは、非常にたくさんの専門用語が出てきます。

 

その中でも、FXを始める前に覚えておきたい基礎知識についてご説明します。

 

基礎知識①:レバレッジ

レバレッジとは、少ない資金で大きい取引をするための仕組みです。

 

FXでは、資金に対して最大25倍ものレバレッジをかけることが出来ます。

 

例えば、1ドル100円のときに10万円の取引を行いたい場合、25倍のレバレッジをかけるとしたら、4万円必要になります。

 

このように、資金よりも大きい取引をするときに、レバレッジが必要になります。

 

ですが、レバレッジのかけすぎにも注意する必要があります。

 

→レバレッジについてもっと詳しく知りたい方はコチラ

 

基礎知識②:スワップポイント

スワップポイントとは、国の金利になります。

 

FXの利益の出し方で、先ほど説明した「取引差益」以外に、通貨の長期保有による「金利」によって利益を出す方法があります。

 

スワップポイントは国によって違いますので、それぞれ確認する必要があります。

 

→スワップポイントの利益の出し方について詳しく知りたい方はコチラ

 

基礎知識③:ロスカット

ロスカットとは、損失が出た場合に、これ以上自分の資金が減らないよう、強制的に自動で決済される仕組みです。

 

FXを始める前に、「借金をするのではないか?」とほとんどの方が心配されると思います。

 

ですが、ロスカットという仕組みがあるおかげで、借金を負うリスクを極限まで下げることができます。

 

→ロスカットの仕組みについてもっと詳しく知りたい方はコチラ

 

FXの取引に必要なFX口座の開設

FXで取引を行う場合に、FX口座が必要になります。

 

FX口座は大きく分けて2種類あり、国内会社と海外会社です。

 

国内会社の特徴は、安全性が高いという点です。

 

国内会社は、日本の金融法という法律で、会社登録を行わないといけないため、安全性で考えれば国内会社が一番です。

 

一方で、海外会社の最大の特徴として、レバレッジ規制がないという点です。

 

国内会社を利用する場合は、2010年のレバレッジ規制により、最大レバレッジが25倍までになっています。

 

国内会社で取引を行う場合は、ある程度の資金が必要になりますが、海外会社では、最大レバレッジが888倍という会社も存在しますので、資金に余裕がない方などは海外会社を利用することも、一つの手段になります。

 

→具体的な口座開設の手順はコチラ

 

通貨の注文方法と決済方法

FX取引を行うためには、通貨の購入・売却をしなければいけません。

 

FXを始めるための、通貨の選び方や注文方法・決済方法について学びましょう。

通貨ペアの選び方

FXでは、さまざま国の通貨があり、最初はどれを選んで取引を開始していいかわからないでしょう。

 

通貨ペアを選ぶ基準として、「安定しているかどうか」「クロス通貨かストレート通貨か」というのを基準に選びましょう。

 

まずは、通貨の安定性いついてご説明します。

 

通貨の安定性とは、値動きに一貫性があり、値動きがない相場や値動きがある相場に規則性があります。

 

基本的に、安定性のある通貨は、ドル円、ユーロ円、ユーロドルの3通貨です。

 

一方で、安定性が通貨とは、突発的な値動きが多く、予測しづらい通貨を指します。

 

例えば、オーストラリアドル米ドル、オーストラリアドル円、ニュージーランドドル円などの、発展途上国の通貨に多く見られます。

 

もう一つ見るポイントとして、クロス通貨かストレート通貨です。

 

クロス通貨とは、米ドルが絡んでいない通貨のことを指します。

 

例えば、ユーロ円、オーストラリア円、ポンド円などの円が絡んでる通貨をクロス円とよびます。

 

一方で、ストレート通貨とは、米ドルが絡んでいる通貨を指します。

 

例えば、ユーロドルやポンドドル、オーストラリアドル米ドルなどです。

 

このように、クロス通貨かストレート通貨も、通貨ペアを選ぶ基準になります。

 

→ストレート通貨・クロス通貨と通貨の選び方について詳しく学びたい方はコチラ

 

FXの注文方法

それでは、通貨ペアの選び方がわかったら、次に注文をしていきましょう。

 

注文方法は、「成り行き注文」と「指値注文(さしねちゅうもん)」の2種類があります。

 

それぞれ具体的にご説明します。

 

成り行き注文

成り行き注文とは、価格の指定をしない注文方法で、現在のレートで注文を入れます。

 

例えば、現在のドル円の相場価格が1ドル100円だった場合、成り行き注文を行うと、100円の時点で注文が成立します。

 

ただ、注文時にはスプレッドが生じますので、ピッタリ100円で注文が出来るわけではありません。

 

→スプレッドについて詳しく知りたい方はコチラ

 

指値注文

指値注文とは、成り行き注文と違い、注文するときに「この価格になったら注文を入れる」という、注文時の価格設定を行う注文方法です。

 

例えば、現在のドル円の相場価格が1ドル100円だった場合、101円まで上がったら買いで注文を入れるように設定が出来ます。

 

注文設定を行うと、その価格にレートが到達したときに、自動で注文が入れられます。

 

決済方法

次に、決済方法について説明します。

 

FXでは、「注文→ポジション保有(通貨ペアを持っている状態)→決済」までが、1トレードとします。

 

ですので、「注文して終わり」ではなく、決済して初めて損益になるということです。

 

成り行き決済

成り行き決済とは、成り行き注文同様に、現在の相場価格で決済を行うことです。

 

例えば、現在のドル円の相場価格が1ドル100円で購入した場合、101円まで価格が上がった時点で決済注文を行うと、持っているポジションを決済し、取引が終了します。

 

これが、成り行き決済になります。

 

指値決済

指値決済とは、「ここまで相場が動くだろう」と注文時に予測し、決済時の価格をあらかじめ設定しておきます。

 

例えば、現在のドル円の相場価格が1ドル100円のときに購入したポジションを、101円まで上がるだろうと予測し、101円で決済をおこなうように設定します。

 

指値決済を入れていた場合、上の例でいうと101円まで相場が動いたときに、自動的に決済されます。

 

FXのトレードスタイルを決めよう

FXには、3種類の取引する際のトレードスタイルがあります。

 

超短期的取引方法のスキャルピング、短期的な取引方法のデイトレード、中長期的な取引方法のスウィングトレードの3種類です。

 

スキャルピング

スキャルピングとは、超短期的な取引方法で、一回のトレードが数分~数十分で終了します。

 

スキャルピングの特徴として、値幅をあまりとらず、回数で利益を上げていきます。

 

ただ、スキャルピングのような超短期的な取引を行えないFX会社もありますので、注意が必要です。

 

→スキャルピングの取引手法について詳しく知りたい方はコチラ

 

デイトレード

デイトレードとは、短期的な取引手法で、取引を開始したその日のうちに、決済をする手法です。

 

一回の取引にかかる時間は、数十分~数時間程度で、もっとも精神的ストレスがからない取引手法です。

 

デイトレードの特徴として、ポジションを次の日まで持ち越さないということです。

 

→デイトレードの取引手法について詳しく知りたい方はコチラ

 

スウィングトレード

スウィングトレードとは、中長期的な取引手法です。

 

一回の取引にかかる期間は、数日~数週間ほどで、相場全体の方向性を予測する必要がある取引手法になります。

 

スウィングトレードの特徴として、スワップポイントでも利益が出るという特徴があります。

 

→スウィングトレードの取引手法について詳しく知りたい方はコチラ

 

まとめ

今回はFXを始めるための手順についてご説明しました!

 

FXはやればやるほど奥が深い投資ですが、怖いものではありません!

 

しっかりとこの記事を読んで、FXを始める事前準備をすることで、FXの取引で躓くことはなくなります。

 

ぜひ、これからFXをはじめてみませんか?

 

では、また次回の記事でお会いしましょう!

関連記事

経済指標

ページ上部へ戻る