【要注意】FXで負けるパターンと原因5選|あなたはいくつ当てはまる?

【要注意】FXで負けるパターンと原因5選|あなたはいくつ当てはまる?

どうもトミオです!

 

「FXで思うように利益がでない」

「もうすぐロスカットされそう」

「取引の度に含み損を抱えてしまう」

 

など、FX取引をしていて上記のような悩みを持たれている方は少なくないでしょう。

 

FXで負ける人は、まずトレード手法云々より「なぜ自分が負けるのか」という原因を理解しなければなりません!

 

今回はFXで負ける原因の中でも、多くの方が当てはまる5つの特徴についてまとめました!

 

この記事を読んでいるアナタは、一体いくつ当てはまりますか?

 

FXで負ける人の特徴5選【あなたはいくつ当てはまりますか?】

FXで負ける人は、まず負けている原因について理解して、改善していく必要があります。

 

今回紹介する、負ける原因の中でも、多くの人が当てはまる5つの特徴は以下になります。

 

  • 感情的なトレード
  • 決めたルールを守れない
  • 損切りをしない・できない
  • 常にポジションを持っていたい
  • トレードスタイルが一定ではない

 

では、さっそくそれぞれの特徴について見ていきましょう!

 

FXで負けるパターン①:感情的なトレードをしてしまう

FXで負ける人の特徴の中で、もっとも多い特徴が「感情的なトレード」です。

 

「もう少ししたら上がりそうだな~」

 

「利食いポイントだけどもう少し伸びるかな~」

 

「損切りポイントだけどもう少ししたら反転するかも・・・」

 

など、トレードに感情が入ってしまう人は、この記事を読んでいる方の中にもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

このような、感情的なトレードには、全く根拠がない場合ほとんどで、取れる利益も取れず、抑えられた損失も膨らむといった事態になりかねません。

 

このような感情的なトレードでは、多少のラッキーがあるかもしれませんが、思わぬ損失を食らう可能性もあることを念頭においておきましょう。

 

以上が、FXで負ける人の特徴の一つ目です。

 

FXで負けるパターン②:自分で決めたルールを守れない

自分で決めた取引ルールを守れない人も、FXで負ける人の特徴の1つです。

 

例えば、移動平均線のクロスを狙った手法において、ミドルレンジの移動平均線の反発が取引ルールとします。

 

上記の取引ルールで決めたエントリーポイントまで待てずに、エントリーしてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

また、取引ルール以外にも、利確・損切りルールや、トレードストップのルールなど、自分で決めたルールを守れない人は、FXで勝ち続けることは難しいでしょう。

 

しっかりと自分で決めたルールを守って、取引を行うように心がけましょう!

 

FXで負けるパターン③:損切りをしない・できない

損切りをしない人や、出来ない人もFXで勝つには難しいでしょう。

 

特に、損切りをしない人や出来ない人の中でも、持っているポジションを長期間放置しておき「放置していれば、いつかプラスにればいいな」と期待する「塩漬け」や、同じ方向にさらにポジションを増やしてしまう「ナンピン」などをしてしまう人です。

 

このように、損切りすべきポイントで損切りができないと、資金がロスカットラインに触れてしまい、取引不能になりかねません!

 

FXで負けないためには、損失額をいかに抑えられるかがポイントです!

 

そのためには、しっかりと損切り出来るように、損切りラインを決めておくことや決済逆指し値注文をあらかじめいれておくことをオススメします。

 

FXで負けるパターン④:常にポジションを持っていたい

常にポジションを持っていたいという特徴は、FXをはじめたての初心者に多くみられる特徴です。

 

FXの初心者は、「トレードを常にしていたい」と思うあまりに、無駄にポジションを持ってしまう傾向があります。

 

これが、FXでよく耳にする「ポジポジ病」とよばれるものです。

 

常にトレードをしていたいという心がけは非常に素晴らしいことですが、常にトレードしたからといって、億万長者になれるほどFXは甘くはありません。

 

無駄にポジションをいくつも持った状態で含み損が出てしまうと、FXのマーケットから撤退せざるを得ないという、最悪な状況を招く結果になってしまう恐れがあります。

 

慎重さが欠けていたり、根拠のないエントリーでポジションを複数持つことは、非常に危険な行為です。

 

FXの口座を開設して浮き足立っていると足下をすくわれるますよ?

 

「もしかして自分はポジポジ病かな?」と思ったら、すぐにその状況から抜け出してください!

 

FXで負けるパターン⑤:トレードスタイルがコロコロ変わる

トレードスタイルがコロコロ変わる人も、FXで負ける人の特徴の1つです。

 

トレードスタイルが変わるとはどういうことかと言いますと、「スキャルピングで取引を行っていたが、マイナスからプラスに転じないため、この取引はデイトレードしよう」や、「デイトレードで取引を行っていたが、利確ラインに触れないら明日までポジションを持ち越そう」ということです。

 

「スキャルピングで取引を行うと決めたら死ぬまでスキャルピング!」「デイトレードで取引を行うと決めたら死ぬまでデイトレード!」くらいの気持ちで取引手法を変えないように心がけて下さい!

 

また、複数のトレードスタイルで取引を行いたいという方がいらっしゃるのであれば、口座を分けて、「A社の口座ではスキャルピング」「B社の口座ではスイングトレード」というように取引をおこなうことで、マイナスからの取引開始を防ぐことが出来ます。

 

FXで勝てる人の特徴は?

逆にFXで勝てている人は、どのような特徴があるのでしょうか?

 

それは、FXの取引を1日の生活の一部と考えて、淡々と取引を行っています。

 

また、取引で損失がでても焦りは出ないように、余剰資金で取引を行っています。

 

そもそも、FXに対する考え方が「稼ぐ」ではなく「資産運用」と考えているため、一日の中でマイナスがでてもさほど気にしていません。

 

このように、FXで勝てている人はトレード手法がすごい以前に、メンタルが図太いのが特徴です。

 

また、相場から得られる情報は莫大なため、自分がいくら勝てていても、学ぶことを怠らず、自分の力を過信しすぎないことも、勝てている人の特徴になります。

 

FXで負けないための対処法

では、上記の5つの特徴に1つでも当てはまってしまったらどうすれば良いのでしょうか?

 

全ての特徴に共通していることは、「マインド管理がされていない」ということです。

 

どうしてもFXのような投資行動は、一人で行わなければならないため、欲や焦り、甘えなどが顕著に出てしまいます。

 

「少しでも多く稼ぎたい」「マイナスを取り返したい」「ルール外だけどこのポイントだったらいけるだろう」などの気持ちでは、いつまで経っても勝てるようにはならないでしょう。

 

もしそのような、欲や焦りや甘えが出てしまったら、いったんチャート画面から離れることも重要です。

 

FX取引を1日しないで、のんびり過ごすこともFXで勝つためのマインド管理になります。

 

ぜひ実践してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

今回はFXで負ける人の特徴を5つ紹介しました!

 

今回紹介した負ける人の特徴は以下のとおりです。

 

  • 感情的なトレード
  • 決めたルールを守れない
  • 損切りをしない・できない
  • 常にポジションを持っていたい
  • トレードスタイルが一定ではない

アナタはいくつ当てはまりましたか?

 

今回紹介した特徴にひとつでも当てはまった方は、FXで勝ち続けることが難しくなります!

 

もし明日にでも、FXで稼げるようになりたならば今日から改善していく必要があります!

 

しっかりと、負ける理由を理解し改善し、勝てている人の鬼メンタルも真似してみてはいかがでしょうか?

関連記事

経済指標

ページ上部へ戻る