FXの正しい勉強の仕方|本?ネット?YouTube?1番効果的な方法はコレだ!

FXの正しい勉強の仕方|本?ネット?YouTube?1番効果的な方法はコレだ!

 

FXのトレード方法は、日本の義務教育では教えてくれません。そのため、FXについて自分自身で勉強することは必須です。

 

FXを独学する際の勉強方法として「本を読む」「ネットで調べる」「YouTubeで動画を見る」という3つの方法がありますが、実際どの方法が一番効果的だと思いますか?

 

今回は、FXの勉強方法について解説したいと思います。

 

FXの正しい勉強方法は?

FXの勉強方法には「本を読む」「ネットで調べる」「YouTubeで動画を見る」という3つの方法があると紹介しましたが、どの方法が最も効果的にFXの知識を身に付けられるのでしょうか?

 

 

先に結論を言うと、どの方法でもFXの知識を付けることは可能ではあります。ただし、それぞれの方法にそれぞれのメリット・デメリットがあるので、特徴を

 

踏まえてどの方法で勉強をするか決めることをおススメします。

 

「知識の定着=集中×時間×勉強の質」ということを念頭に入れる

独学であれFXスクールで学ぶ場合であれ、知識の定着度は「集中力」「時間」「勉強内容の質」で決まります。

 

 

特に、「集中力」は、勉強をする上で最も大切な要素だと言えます。集中力を保つ上で大切なのは「環境」と「自分自身の知識レベル」です。

 

世界一のFXサイトでどんなに時間をかけて勉強するとしても、ネットサーフィンをしたり動画を見てFXサイトに集中しなければ知識が定着せず結果につながらないことは言うまでもありません。

 

また、FXについて全く分からない人がいきなりエリオット波動論の応用について書かれている原著を読んでも、面白みが全くなくて集中できず時間の無駄になってしまいますね。

 

要するに、「どの方法で勉強をすれば効果的なのか」は、あなたが身に付けているFXの経験や知識、あなたの性格、あなたが勉強に使える時間などによって大きく変わってきます。

 

そして、あなたが置かれている環境やレベルに最もマッチする勉強方法を見つけるには「本」「ネット」「YouTube」3つの方法それぞれについて、メリットとデメリットを把握しなければいけません。

 

タイプ別!「本」「ネット」「YouTube」どの勉強方法がおススメか解説!

ここからはFXの3つの勉強方法「本を読む」「ネットで調べる」「YouTubeで動画を見る」について、その特徴やメリット・デメリットの紹介と、どのタイプのトレーダーにその勉強方法が向いているのかを開設したいと思います。

 

 

集中力に自信がない人、深い知識を学びたい人は「本」

パソコンで勉強をしているといつの間にかネットサーフィンをして関係ないことを調べてしまう方は、紙の本で勉強することがおススメです。

 

 

また、FXについて全く知識がない初心者の方も、勉強を本で始めると知識の定着が早いです。

 

初心者だけではなく、「エリオット波動論の原著が読みたい」という、FXの深い部分まで勉強をしたい方にも本がおススメです。

 

本の最も大きなメリットは「歴史的な名著がある」という点です。海外で半世紀近く慣れ親しまれているトレーダー本も翻訳されているものを読むことができます。

 

これはネットだけでは絶対に見つけることはできません。

 

本のデメリットは、有料であることです。最近は電子書籍なども多く出てきているので一冊ごとの価格が安くなってきてはいますが、無料で情報を得られるネットやYouTubeと比べるとやはりコスパが悪いと感じてしまいます。

 

ただ、「お金を使って買ったから頑張らなきゃ」という気持ちにもなれますし、「世界中で慣れ親しまれている名著を買うための投資」「集中力を持続するための投資」と考えることもできます。

 

下記の記事では、FXの勉強にオススメの本を紹介していますので、ぜひ下記の記事もあわせてご覧ください!

 

→FXの勉強は本を読むだけ!プロが本気でおすすめするFXの本5選

 

コスパ重視!浅く広い知識を身に付けたいなら「ネット」

ネットで勉強をする最も大きなメリットは「手軽」なことです。もちろん無料ですし、自分が気になるワードで検索をすれば情報がたくさん出てきます。

 

 

また、本と違って常に情報がアップデートされているので、最新の知識を学ぶことができます。

 

本と比べると内容は浅くなりますが、短い時間で広い知識を得ることができると言えるでしょう。

 

ただし、集中力が保てない方の中には、「FXの勉強をしていたはずなのにいつの間にかまとめサイトを閲覧していた」なんて経験がある人もいるのではないでしょうか?

 

集中力が保てずネットサーフィンをしてしまうという方は、FX用のブラウザアカウント(グーグルクロームのアカウントなど)や、トレード用のPCユーザーアカウントを作ってみるのもいいかもしれません。

 

アカウントやユーザーを分けてトレード用のソフトだけをインストールしたりFXの勉強用のサイトだけをブックマークすれば、いやでもトレードの勉強だけをする選択肢だけが残ります。

 

このように、工夫次第で集中力を切れさせないようにすることもできなくはありません。

 

また、インジケーターやオシレータ系指標の勉強なら、ネットで勉強をしながらチャートの操作をすることもできるので効率的だと言えます。

 

FXの勉強にちょっと疲れた人、動画で勉強したい人は「Youtube」

YouTubeもネット検索と同様に無料です。また、YouTubeでの勉強は「動画視聴による受動的な勉強」となるので、ネット記事や本を読むよりも断然楽です。

 

 

また、ネット記事や本を読みこむよりも動画を見たほうが、一通りの内容をざっくり把握するのに時間がかからないのは言うまでもありません。

 

ただし、ネットと比べるとYouTubeはまだまだFX関連の動画が少ないです。また、広告をうっとおしく感じて集中力が途切れてしまうことも懸念されます。

 

YouTubeもネットと同様に「ゲーム実況動画」や「アーティストのMV」などの誘惑があるので、集中力に自信がない方はうまく知識を定着させられないかもしれません。

 

ただし、YouTubeもネットと同じようにトレード用のアカウントを作ることで、少しでも誘惑を減らすことはできます。

 

また、近年中に5G回線が主流になれば動画コンテンツが増えることは明らかですので、おそらくこれからはネット記事よりも動画のほうがコンテンツの質も量も増える傾向になっていくと思います。なので、今のうちに動画で勉強することに慣れておいたほうが良いと言えるでしょう。

 

タイプ別!効果的な勉強方法をまとめてみた

「本を読む」「ネットで調べる」「YouTubeで動画を見る」それぞれの勉強方法のメリットとデメリットについて理解できましたでしょうか?
以上を踏まえて、どの勉強方法がどのようなタイプの人に向いているのかをまとめますと

 

 

本で勉強するのにおすすめなタイプは

  • ネットを開くと集中力が保てない人
  • FXについてもっと深く知りたい人
  • トレード業界で長く親しまれている名著を読みたい人

 

ネットで勉強するのにおすすめなタイプは

  • ネットでも集中できる人
  • FXについてある程度の知識がある人
  • FXについて浅く広く学びたい人
  • チャートをいじりながら勉強したい人

 

YouTubeで勉強するのにおすすめなタイプは

  • ネットや本で勉強するのに疲れた人
  • 能動的ではなく受動的に楽に学びたい人
  • 勉強時間があまり長くとれない人

となります。

 

まとめ

以上、FXの勉強をするにあたって「本を読む」「ネットで調べる」「YouTubeで動画を見る」どの方法が効果的なのかについての解説でした。

 

結局のところ、本でもネット記事でも動画でも、時間をかけて集中して質のいいものを利用すれば効果的に知識を身に付けることはできます。

 

ただし、それぞれの方法ごとのメリット・デメリットを考えると、より効果的に勉強することができるようになります。

 

今回の記事を参考に、ぜひ自分に合った勉強方法を見つけていただければと思います。

関連記事

経済指標

ページ上部へ戻る